からかい 上手 の 元 高木 さん 西片 死亡。 からかい上手の高木さん(2019年11月号)ネタバレ!西片がついに高木さんに勝利!…のはずが。

【悲報】からかい上手の高木さん作者、暇潰しにとんでもなくエッチな漫画を描いてしまうwwwwww(画像あり)

からかい 上手 の 元 高木 さん 西片 死亡

・・・あったかい・・・。 まくらかな、でも少し感覚が違う、それに暖かいのは・・・ ま、いいか。 きもちいいし。 覚醒しきっていない頭でそう結論付け、俺はまくらをさっきよりも強い力で抱きしめた。 「んーーーーー」 と、瞬間まくらが苦しげな声をだした。 俺の知ってるまくらは喋らないはずだ。 薄目を開けて確認すると、目の前いっぱいに高木さんの顔が広がっていた。 ああ、高木さんか。 どうやら昨日抱きまくらにして眠ってしまったらしい。 お互いの部屋に泊まった時は、高木さんが布団に潜り込んで来る事は、よくあることだ。 俺も成長しており、それほど驚きもしない。 いつまでも、中学の時の様に大きな声を出したり騒いだりしたりするもんか。 日々大人の男になっているのだから、そんな事を考えながら視線を下ろす。 「はああぁああぁあああっ!!??」 叫んだ途端、脳内で鐘をつかれたような衝撃が襲って来て俺は頭を押さえた。 うう、痛い。 なんでこんなに頭が痛むんだろう? 「んーー西片うるさいよ」 俺の叫び声で目を覚ましたらしい高木さんが、眠たそうな表情で起き上がる。 ………………ぜんらで。 待て待て待て待て!!! 落ち着け俺ッ!! 手の平に三回『人』の文字を書いて飲み込む。 正面に居た高木さんが、それって緊張を取るやつじゃなかったっけ? と首を傾げながら言う 可愛い!! いやいや、それどころじゃない! あらためて周りを見ると下着やらスカートやらが散乱していて。 もちろん俺も一糸纏わぬ姿だった。 高木さんとはもうずいぶん前に恋人同士になって、……その、することもしてるわけだから 驚く必要はない、と言われるかも知れないけど、過程を全く覚えていないとなれば話は別だ。 深呼吸をして昨日のことを回想する。 ええと…確か中井君と真野さんと俺達でここの近くにある居酒屋に入って……入って……? 無い。 二杯目を飲んで、から揚げを頼んだところで記憶は途切れている。 こめかみを押さえて五分程粘ってみたけれど無駄だった。 「………高木さん………俺、昨日、何した…?」 「なんでそんなカタコトなの。 …でもやっぱり覚えてないんだ」 今まで楽しそうに俺の様子を見ていた高木さんがからかう時の様にニヤリと笑う。 目がキランと効果音付きで怪しく光った気がした。 ごくり、と唾液を飲み込む。 記憶がないのがこんなに恐ろしいことだとは思わなかった。 「いやあ、昨日の西片は激しかったねー。 それに可愛いかったよ。 自分からおねだりとかしちゃってさ」 さああああああああ、と音を立てて血が下がって、冷や汗が頬を伝ったのが解った。 おね………!? 何をヤッ……もとい、やったんだ俺。 「お酒が入るとあんなに積極的になるなんて思わなかったよ。 キスだって………」 朝から赤裸々に昨日の様子を語る高木さんを尻目に、俺は布団に突っ伏していた。 止めて!……いっそひと思いに殺してくれ! はしたない自分を想像して打ちひしがれていると、一つの光景が脳裏に浮かんで来た。 「……高木さん……」 「んー?」 「そんな事全然してないじゃないっか!」 ああ、また頭痛がする。 ようやく解った、これが二日酔いってやつか。 「あれ?西片思い出したの?」 「思い出したよ全部!!」 徐々に、ではあったけれど確実に失われていた記憶が戻って来た。 「で、なんで服脱いでるわけ?……高木さんまさか寝てる間に……」 「心外だなぁ。 さすがに私でも からかう為とはいえ、そこまではしないって」 変わらずニヤニヤとした顔で俺を見ながら言う。 「思い出したんなら解るでしょ? 自分から誘うようなこと言っといて、 あんな中途半端なとこで寝ちゃっうんだもん。 おかげで寝付けないし、当の本人は 気持ちよさそーに寝てるし」 だからちょっとした意趣返し。 そう言ってにやっと笑う。 「当たり前だよ!!…もう!二度とこんなことしないでよ!」 顔に熱が集中するのをごまかすように強い調子で言う。 「むぅ、昨日の西片は本当に可愛かったのに…。 好きだからして、とか…」 「わーーーーーー!!」 あらん限りの声で叫ぶ。 「まあ…でも私としては、シラフの時に聞きたかったんだよね」 するりと、体を滑らせ俺の前まで来たと思ったら両手首を上に持ち上げられ、 そのまま重心が傾いていく。 今まで目線の先にはソファーやらテレビがあったはずなのに、天井が見えるようになった。 ………あれ? 「とりあえず、今から西片が言いたくなるようなことをしてみようかと」 「な、に言って…!」 「んー?愛してるとか」 ああああ!死にたくなるほど恥ずかしい。 昨日の俺を抹殺したい。 ってか!! したくなるようなことってなんだ!! 「学校、あるし…!」 「一日ぐらい大丈夫だって。 それにこんな格好で私が諦めるまで逃げ切れると思う?」 ………忘れてた。 最初から今までの俺たちの格好。 というかそうしたのは高木さんじゃないか、という ツッコミは唇に塞がれ、声にならずに消えた。 触れるだけの軽いキスをした高木がからかう様にで笑う。

次の

からかい上手の高木さん西片の本名をネタバレ考察!本編中に名前は出てきた? | マジマジ情報局

からかい 上手 の 元 高木 さん 西片 死亡

ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww 関連記事.

次の

大人になったからかい上手の元高木さんマンガワンで連載開始|あらすじ・ネタバレ

からかい 上手 の 元 高木 さん 西片 死亡

ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww 関連記事.

次の