シャープ aquos zero。 シャープ AQUOS zero2と前機種AQUOS zeroのスペック比較!どこが進化した!?

「AQUOS zero2」と「AQUOS zero」の違い

シャープ aquos zero

取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などの理由により、予告なく変更される場合があります。 そのため、本サービスに掲載されている取扱説明書は、購入された製品に同梱されているクイックスタート、お願いとご注意や、現時点で発売されている製品に同梱されているクイックスタート、お願いとご注意と内容が異なる場合があります。 本サービスの取扱説明書は、あくまでも製品に同梱されているクイックスタート、お願いとご注意の補足的情報としてご利用ください。 製品には、安全上及び使用上のご注意、操作早見表や正誤表など、クイックスタート、お願いとご注意以外の補足印刷物が同梱されている場合があります。 本サービスでは、それらについては掲載しておりませんので、あらかじめご了承ください。 安全上のご注意は、お願いとご注意が制作された時点での法的及び業界基準に応じた内容になっているため、最新の内容ではない場合があります。 あらかじめご了承ください。 本サービスに掲載されている取扱説明書は、主に製品が発売された当初のものです。 そのため、マイナーチェンジなどの理由により、本サービスに掲載されている取扱説明書の記載内容とお客さまがお持ちの製品の仕様が異なる場合があります。 あらかじめご了承ください。 製品に同梱されるクイックスタート、お願いとご注意が改訂されている場合、予告なく改訂版を本サービスに掲載する場合もあります。 ただし、製品に同梱するクイックスタート、お願いとご注意の変更の度に修正・更新をするものではありません。 取扱説明書は製品を購入していただいたお客さまを読者として想定しております。 本サービスで掲載している取扱説明書について、購入されたお客さま以外からのお問い合わせにはお応えできない場合があります。 あらかじめご了承ください。 本サービスに掲載されている取扱説明書の製品が、すでに生産中止などの理由でご購入できない場合があります。 あらかじめご了承ください。 本サービスの利用、または利用できなかったことにより万一損害(データの破損・業務の中断・営業情報の損失などによる損害を含む)が生じ、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについてあらかじめ知らされた場合でも、当社は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。 取扱説明書の著作権は携帯電話製造メーカーに帰属します。 権利者の許諾を得ることなく、取扱説明書の内容の全部または一部を複製することは、著作権法上禁止されています。 ただし、商業取引以外の個人的用途に用いる場合に1コピーのみ複製することは、この限りではありません。 本サービスは、予告なく中止または内容を変更する場合もあります。 あらかじめご了承ください。

次の

シャープの新型ハイエンドスマホ「AQUOS zero」が実現したのは「価値ある軽量」。開発陣にコンセプトと技術的ポイントを聞いてみた

シャープ aquos zero

「」の『Shadowverse』フライト式トーナメントや、『ブロスタ』のバトルロイヤルチャレンジなどに協賛し、ゲーミングスマホとしての立ち位置をアピールしてきたシャープのスマートフォン「AQUOS zero」。 2019年11月23日に開催された「RAGE 2019 Winter」では、シャープが冠スポンサーとして協賛し、eスポーツやゲームとAQUOSの親和性の高さをアピールしています。 そこで、AQUOS zeroシリーズの開発者3人に、AQUOS zeroシリーズとゲームの関わり、シャープとeスポーツの関わりについて話を聞きました。 篠宮大樹氏(以下、篠宮):AQUOS Rシリーズもゲームに関する機能は入れていましたが、ゲームに強いことを打ち出したのはAQUOS zeroからですね。 eスポーツは世の中の流れとして無視できないほど存在が大きくなってきましたし、ずっと何かやりたいとは思っていました。 ただ、単純にAQUOS zeroを「ゲーミングスマホ」として押し出すと、ユーザーからゲーム用の「ハイエンドマシン」と捉えられてしまい、幅広く手に取ってもらえなくなる一面があります。 そこで、あくまでも使いやすいスマートフォンとして、ゲームにも強いというコンセプトを重視。 薄型軽量のスマートフォンの魅力を損なわずに、しっかりとゲーマーにもアピールできていると思います。 ほかにゲーム向けとして重視した点はありますか? 林孝之氏(以下、林):AQUOS zeroでは、「パラレル充電」と「放熱処理技術」によって、充電しながらゲームをしても、端末が熱くならないようにしています。 CPUのパフォーマンスを最大限に引き出すには、熱処理が重要なので、AQUOS zero2でも同様に熱処理には気をつけています。 AQUOS zeroのあとにリリースされたAQUOS R3では、ハイスピードIGZOによる画面のなめらかさ、画質のよさが、ゲームプレイを快適にしていたので、AQUOS zero2でも同様にディスプレイには気を遣いました。 AQUOS zeroはリフレッシュレートが60Hzだったのですが、AQUOS zero2は120Hzで駆動するうえ、フレームごとに黒画面を挿入することで240Hz更新を実現しました。 120Hzで動くゲームも増えてきていますし、AQUOS zero2のなめらかでくっきりした表示が、ゲームをプレイするうえで快適なのは間違いありませんからね。 例えば、通知機能の抑制。 ゲーム中に、メールやメッセージ受信の通知を出さなくすることで、ゲームの集中を削がれることが減るでしょう。 「ゲーム画質モード」では、視認性がよくキレイな画面でプレイができますよ。 ゲーム録画も簡単で、ゲームの音だけでなく、マイク音声と合わせて録ることができます。 また、AQUOS zero2は端末のギリギリまで画面があるので、なにもしないとエッジ部分で「誤タッチ」が起こる可能性があります。 ゲーム中の誤タッチは操作性の悪さに直結するので、タッチ感覚をチューニングし、誤タッチしにくく、それでいてエッジまでしっかりタッチ操作できるようにしています。 AQUOS zeroが好評だったためでしょうか。 篠宮:AQUOS zeroは、若者を中心に響いたと思います。 AQUOS zero2は複数キャリアで展開されますので、より多くの方に手に取っていただければうれしいですね。 カラーバリエーションでは、選択肢の幅を広げられればと考えています。 AQUOS zero以上に多くの人にリーチすると思いますので、どのようなフィードバックがあるか楽しみです。 2020年発売予定のAQUOS zero2。 篠宮:ブランドイメージが高まるのはもちろんですが、商品へのフィードバックに期待しています。 実際、DetonatioN Gamingには端末の提供を行っており、プロ選手の感想や要望、不満などを聞いています。 単純にシャープやAQUOS zeroの宣伝をするだけではなく、よりよい製品づくりに役立てていきたいですね。 宣伝として考えた場合でも、ゲームファンには比較的コアな層が多いイメージなので、一度魅力を感じてもらえれば、製品の深いファンにもなってもらえるのではないでしょうか。 普及するには数年かかると思いますが、この技術についてはどう見ていますか。 林:いろいろなソリューションがあると思いますが、通信をやっている会社としてはもちろん無視できない存在。 やはり、ゲームでの利用シーンが増えていくと思いますので、eスポーツやゲームに向けた端末を展開していく以上、5Gについても考えていく必要があるでしょう。 RAGEの会場では、スマホの充電ができる休憩所を用意。 篠宮:今後もeスポーツ業界は盛り上がってほしいと思っています。 今回のRAGEのような冠スポンサーとしても、AQUOS zero2のようなゲームに強い端末をリリースするメーカーとしても、さまざまな面でeスポーツを支えていきたいですね。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

[「AQUOS zero」開発者インタビュー] シャープが“世界最軽量”を目指した理由

シャープ aquos zero

8mmという薄さも特徴だ 「AQUOS zero SH-M10」の主な仕様 機種名 AQUOS zero SH-M10 メーカー シャープ OS Android 9 Pie プロセッサ Snapdragon 845 メインメモリ 6GB ストレージ 128GB 外部メモリ 非対応 ディスプレイ 約6. 8(奥行き)mm 重量 約146g 対応バンド LTE:B1、2、3、4、8、11、12、17、19、26、28、41、42 W-CDMA:B1、2、4、8、19 関連記事• シリーズ初の有機ELを搭載したシャープのスマートフォン「AQUOS zero」。 2型と大画面ながら146gという軽さを実現した。 そんなAQUOS zeroの実力と使い勝手を見ていこう。 シャープの「AQUOS zero」は、同社製のスマートフォンとして初めて有機ELを採用したモデル。 なぜこのタイミングで有機ELの採用に踏み切ったのか。 キーワードは「軽量化」と「没頭」だ。 シャープがスマートフォンAQUOSの新製品「AQUOS zero」を2018年冬に投入する。 最大の特徴は、シャープのスマートフォンとして初めて有機ELディスプレイを搭載したこと。 IGZOディスプレイを搭載した従来機種とは何が違うのか?• 「AQUOS zero」は有機ELを搭載していることが大きな特徴だが、Android 9. 0をプリインストールしたことで操作法も大きく変わっている。 従来の操作法に戻すことはできるのだろうか?• ソフトバンクは、12月21日に有機ELディスプレイの軽量スマホ「AQUOS zero」と、IGZO液晶ディスプレイを搭載した「Android One S5」を発売。 いずれもシャープ製だ。 関連リンク•

次の