羽田 美智子 ドラマ。 羽田美智子

いよいよ『隕石家族』が最終回!羽田美智子「笑い転げて、泣いて…またこの家族に会いたいです」

羽田 美智子 ドラマ

女優羽田美智子(51)が11日にスタートする、フジテレビ系連続ドラマ「隕石家族」(土曜午後11時40分)で、5年ぶりに連続ドラマに主演する。 巨大隕石(いんせき)が近づき地球滅亡まで半年となったところで、家族を捨てて高校時代に憧れた彼のもとへと走る主婦を演じる。 5年前に新米だった松崎智宏プロデューサー(29)と約束した通り、その初プロデュース作品でスペクタクルなホームドラマの主役を務める。 金沢の老舗旅館を舞台に、元キャリアウーマンの嫁(羽田)としゅうとめ(野際)のバトルが人気を呼び、10年から15年まで4シリーズ制作された。 「松崎プロデューサーが最後のシリーズの時に新入社員で入ってきて、かわいいなと思っていました。 その時に『プロデューサーになったら使ってね』ってお願いしてたんです。 それが初めてのプロデュース作品で声をかけていただいて、ビックリしました。 有言実行ですね」 古き良き日本の伝統を描いた「花嫁のれん」は、現在までに世界20カ国以上で放送されている。 「野際さんと一緒にできて、素晴らしい経験をさせてもらった作品。 再放送が決まったミャンマーで、今年1月に開催された国際ドラマフェスティバルに出席させてもらいました。 現地のビルマ語の訳が付いたものを見せていただいたんですけど、野際さんが、そこに生きていらっしゃった」 「隕石家族」は「花嫁-」と同じスタッフで、脚本も同じくNHK大河「天地人」「花燃ゆ」などの小松江里子氏(58)。 だが、日本情緒たっぷりの世界とは正反対のSFチックなホームドラマだった。 「もう連ドラの主役をやらせてもらうような年じゃないと思っていたけど、台本を読ませていただいたら、すごく面白い。 小松さんやスタッフが作るテーマの温かさ、面白さ、ぶっ飛び具合がすごい。 これは、ぜひやらせてもらいたいと思いました」 羽田が演じるのは、地球滅亡の時を知り、高校時代の恋へ走る主婦・門倉久美子。 「人は多分、自分の死期が明確に分かった時、今までの自分の人生に後悔とか反省とかをしつつ、やり残したことはなんだろうかと、絶対に考えると思うんですよね。 久美子は自分の初恋、純愛に飛び込んでいくんですよね。 分からなくはない、そういう人生もありかもしれない」 夫を演じるのがお笑いコンビ、キャイ~ン天野ひろゆき(50)。 「すごく柔らかい方なんですけど、その中にとってもおとこ気を抱えていらっしゃるんですね。 リーダーシップもすごい。 いろいろな人の痛みが分かる方で、今回のキャストは本当の家族みたいです」 しゅうとめ役は松原智恵子(75)。 立ち居振る舞いが違う。 いまでもおきれいな銀幕の世界の女優さん。 お着物も似合っていて、みんなが大好きなお婆ちゃんです」 2人の娘のうち、長女を演じるのが泉里香(31)。 「すごい美人なんだけど、ツンデレな役。 こびない感じがかわいい。 天野さんと私の子で、こんな子は生まれないと思うんだけど、両方のいいとこ取りをしたら、あんな感じになるのかな(笑い)」 北香那(22)が演じる次女には、かつての自身の姿を重ね合わせている。 「すごくはつらつとしていて、なんか私の若い頃を見ている感じ。 モデルから映画「会社物語」で女優デビューした。 キャリアは30年以上に及ぶ。 「一生懸命、がむしゃらにやってきたら、月日がたっちゃったっていうだけ。 幸せですよね。 30年もやらせてもらって」 50代での連続ドラマ主演は、先人たちに導かれた。 「私の場合は、本当に先輩に恵まれてきました。 野際さんに、『警視長捜査一課9係』でご一緒した渡瀬恒彦さん。 そして『おかしな刑事』で親子の伊東四朗さん。 年を重ねるごとに魅力的になる先輩ばかりに囲まれてきました。 目標とするすてきな人ばかり。 伊東さんなんか、いまだにタフマンのCMをやっていて振り幅が大きい。 何事も一生懸命、真剣に取り組んでいる姿を、ずっとそばで見させていただいて、私は恵まれている」 充実の女優業の一方で、昨年はネットのセレクトショップ「羽田甚商店」をオープンした。 1865年(慶応元)から続く、宮大工だった茨城・水海道の実家の屋号だ。 宮大工から文房具、たばこ、食品を売る「羽田甚商店」へと受け継がれたが、15年に羽田の両親の代で幕を閉じた。 それを6代目として復活させた。 「屋号をなくすのは、いつでもできるけど、続けられるものなら続けていきたいという思いがありました。 もったいないですもの」 米、野菜、果物、しょうゆ、漬物…羽田自身が見極めたものを、ネットを通じて届ける。 「基本は、忙しい主婦の方に寄り添いたいなと思っています。 『私が選んだものは絶対安全、安心なもの』っていうのを確証してからやっている。 私を信じてくれてさえいれば、調べる必要はありません。 そういう思いを込めています。 『羽田甚マークのものは安心、安全ですよ』というイメージを付けていきたい」 先祖への思いから復活させた「羽田甚」の屋号。 自ら産地に足を運び、生産者と話し合って選んでいる。 「実際に自分が食べていたり、使っているものだけにしています。 知らないけど売っている、というものはなしにしています。 何か事故があったら自分自身も、スタッフも傷つくことになる。 そこは細心の注意を払っています」 休みの日には、たっぷりと休養を取り、体のメンテナンスや美容のケアに時間をかける。 「いつまで女優を続けるとかは、あまり考えていません。 やりたいって言ってても、受け入れてもらえなければやれない仕事」 新人テレビマンがプロデューサーになって、いの一番に指名してくれた主役。 「本当に泣けてきました。 感動します」 明日は分からない。 だからこそ今、全力で頑張っている。 修羅場があると思っていましたが、おふたりのおかげで、そんなこともありませんでした。 これが初プロデュース作品ですが、いつかプロデューサーをやらせてもらう時は、ぜひ羽田さんに主演をお願いしようと思っていました。 1年くらい前から企画を考えていたんですが、ホームドラマは何か1つ変なことが起きたら面白くなる。 それが「隕石家族」です。 88年、日本旅行のキャンペーンガールに選ばれ芸能界入り。 同年映画「会社物語」で女優デビュー。 94年映画「RAMPO」で日本アカデミー賞新人俳優賞。 02~06年テレビ朝日系「科学捜査研究所」シリーズ主演。 03~16年テレビ朝日系「おかしな刑事」シリーズ主演。 06年から「警視庁捜査一課9係」「特捜9」シリーズ。 10~15年フジテレビ系「花嫁のれん」主演。 163センチ。 血液型A。 巨大隕石が地球に衝突するまであと半年。 終末が迫る中、東京・世田谷に住む門倉家の主婦・久美子(羽田)は「あたし、好きな人がいます」と告白して家出。 夫の和彦(天野)をはじめ門倉家は大混乱に陥る。 (2020年4月5日本紙掲載).

次の

ドラマ『隕石家族』に主演『特捜9 Season3』に出演の羽田美智子さんのプロフィール・経歴・過去の出演ドラマまとめ!|テレビドラマのあみちゃんねる

羽田 美智子 ドラマ

話題のTVドラマ『隕石家族』(東海テレビ・フジテレビ系毎週土曜日23時40分〜)。 スタート日の4月11日には、このドラマ主演の天野ひろゆきがパーソナリティを務めるラジオ番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(ニッポン放送・毎週土曜13時〜)に、同ドラマに出演の女優・羽田美智子と泉里香が生出演し、同ドラマの主題歌『STARRY SKY』を担当するPassCodeのメンバーである南菜生が番組アシスタントを務める中、様々な裏話も明かされた。 そして5月23日には、出演の北香那と中尾暢樹、PassCodeから南菜生と高嶋楓も登場して盛り上がった。 そしてストーリーは、回を追うごとに登場人物それぞれの隠された過去などが次第に明らかになり、第7話にしてものすごい展開となっている『隕石家族』だが、いよいよ最終回・5月30日の第8話の放送を目前に、羽田、泉、天野のインタビューレポートが「オトナの土ドラ」チームから到着した。 クランクアップの心境は??—— いよいよ最終話を迎える羽田美智子主演・オトナの土ドラ『隕石家族』(原作・脚本:小松江里子)。 先週の放送では久美子(羽田美智子)と片瀬(中村俊介)が別れ、火星移住するはずの結月(北香那)と翔太(中尾暢樹)がまさかの帰宅。 和彦(天野ひろゆき)が逮捕され…と、スペクタクルが止まらない展開にSNSでは終わり方の予想合戦が白熱している。 3月中旬に撮影を終えた本作。 最終話を迎えた今の想いを羽田・(美咲役)泉・天野に聞いた。 門倉久美子(羽田美智子) Q. 続編があるとしたら何年後の、どんな状況を演じたい? 続編は3年後。 結月と翔太に子どもが産まれて、晴れておばあちゃんになった私(久美子)。 産まれたその子が、隕石のパワーで特殊な力を持った隕石王子で、この世を救うと予言者に言われ、世界中の人が我が家を訪れ、てんやわんやする…というストーリーはいかがでしょうか(笑)?またこの家族に会いたいです! Q. 視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。 地球最後の時に自分は何をしていたいか。 今までは漠然とした答えしか出てきませんでしたが、このドラマを撮り終わった今はハッキリとしています。 やはり、大切な人達と一緒にいたいと。 あの世に持っていけるのは、この地球で経験した思い出、心の中に灯る愛だけなんだと実感しました。 おもしろおかしく、そしてふんわりと切なく、残された家族の時間を描いています。 物語がどこに向かうのか?今、家族はどうしているのか?…明日の最終話をどうぞお楽しみください! 門倉久美子(羽田美智子)、門倉和彦(天野ひろゆき) Q. 門倉家を「〇〇家族」と名付けるとしたら?その理由は? 「楽屋ない家族」。 一軒家を借りての作品でしたので、一人楽屋がなく、みんなが本当にひとつ屋根の下で暮らしている感覚でした。 共演者の寝顔をよく見ました。 続編があるとしたら何年後の、どんな状況を演じたい? 隕石の危機に対峙した家族ですからね、どんな困難でも平気かと思うけど、半地下で暮らし、お金持ちに寄生しながら生きている家族を演じてみたいです。 あと、余命100日のワニを飼うことになった門倉家の話とか、料理に目覚めた和彦が三ツ星を目指すグランメゾン門倉なんていうのもいいですね 笑。 視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。 それぞれの個性が炸裂した門倉家。 果たして、和彦の願いである、最後の時を家族みんなで迎える事ができるのかっ! 刮目せよ!!.

次の

いよいよ『隕石家族』が最終回!羽田美智子「笑い転げて、泣いて…またこの家族に会いたいです」

羽田 美智子 ドラマ

第7話では、久美子(羽田美智子)と片瀬(中村俊介)が別れ、火星移住するはずの結月(北香那)と翔太(中尾暢樹)がまさかの帰宅。 和彦(天野ひろゆき)が逮捕され…と、スペクタクルが止まらない展開に、SNSでは終わり方の予想合戦が白熱している。 3月中旬に撮影を終えた本作。 クランクアップスペシャル動画が到着! さらに、最終話を迎えた今の思いを、羽田美智子、泉里香、天野ひろゆきに聞いた。 隕石ファミリーロスに陥っています。 家族が本物の家族のように、ひとつにまとまって、笑って、笑い転げて、そして泣いて…感動と涙をたくさん共有しました。 もうひとつ、別次元にこの家族とともに生きた時間軸が確かにあるという感じです。 ちょっとずつ皆ずれていて、どこかズッコケているけど、愛でまとまっている。 この家族でいれば、何が起きても心強いし、どんなことにも立ち向かえ、必ず勝利の女神が微笑んでくれると思う家族です。 結月と翔太に子どもが産まれて、晴れておばあちゃんになった私(久美子)。 産まれたその子が、隕石のパワーで特殊な力を持った隕石王子で、この世を救うと予言者に言われ、世界中の人が我が家を訪れ、てんやわんやする…というストーリーはいかがでしょうか(笑)。 地球最後の時に自分は何をしていたいか。 今までは漠然とした答えしか出てきませんでしたが、このドラマを撮り終わった今は、ハッキリとしています。 やはり、大切な人達と一緒にいたいと。 あの世に持っていけるのは、この地球で経験した思い出、心の中に灯る愛だけなんだと実感しました。 おもしろおかしく、そしてふんわりと切なく、残された家族の時間を描いています。 現場はとても賑やかで楽しく、もうひとつの家族ができたみたいな感覚です。 家族みんながそれぞれ星のように輝いているし、隕石のような破壊力もある素敵な家族なので。 一軒家を借りての作品でしたので、一人楽屋がなく、みんなが本当にひとつ屋根の下で暮らしている感覚でした。 共演者の寝顔をよく見ました。 あと、余命100日のワニを飼うことになった門倉家の話とか、料理に目覚めた和彦が三ツ星を目指すグランメゾン門倉なんていうのもいいですね(笑)。 それぞれの個性が炸裂した門倉家。 盛り上がるそばでは、静かに眠る正子(松原智恵子)の姿が…。

次の