ドコモ光 サポート 解約。 ドコモ光の解約

ドコモ光の遠隔サポート「リモートサポート」を利用する方法

ドコモ光 サポート 解約

ドコモ光の解約手続きをすれば、自動でGMOとくとくBBも解約されるんだね! ちなみにGMOとくとくBBで使っていたメールアドレスを残す場合は、月額430円 税抜 の「フレッツISDN接続サービス」といった安価なプランへ自分で変更しなければいけません。 OCNでは他社ネットサービスを使っていても「OCNのメールアドレス」が使えるというものがあるのですが、GMOとくとくBBにはそういった安価なプランがありません。 そのためドコモ光解約時に今後使うメールアドレスを、 「Gmailなど無料のアドレス」に変更してしまうことをオススメします。 レンタルルーターは基本的に同時解約 GMOとくとくBBでドコモ光を使っている人の中には、無料で使えるレンタルルーターを使っている人も多いでしょう。 注意しなければいけないのは、 ドコモ光を解約するとGMOとくとくBBの接続コースを変更していない限りはレンタルルーターも同時解約になることです。 ちなみに接続コースを変更する場合はレンタルルーターを引き続き使えるものの、無料では使えなくなります(月額300円)。 解約となったルーターは、37カ月以上利用して返却不要になっている場合を除いて返却が必要です。 ただし 37カ月以上レンタルルーターを使っているのであれば返却は不要です。 3年以内にドコモ光を解約する方は、返却を忘れずに行うよう注意しましょう。 auひかりに乗り換えれば解約費用を負担してもらえる ドコモ光を解約すると最大13,000円 税抜 の解約金がかかってしまいますが、他社の光回線をこれから契約する場合は特典を利用することで解約金を負担してもらえます。 またauひかりでは、 「auひかりスタートサポート」の適用で解約費用を最大30,000円還元されます。 So-netにおけるauひかりスタートサポートを例に条件を説明すると、 ドコモ光ってどうやって解約すれば良いの? ドコモ光を解約するには、 ドコモインフォメーションセンターへ連絡するか、 ドコモショップで直接解約といった2つの方法のみです。 ドコモ光はWebから解約できないの? Webからドコモ光の解約はできません!直接ドコモインフォメーションセンターへ電話するか、ドコモショップへ行って解約する旨を伝えるしかありません。 契約しているプロバイダにも解約を伝えないとダメ? ドコモ光の契約先プロバイダには、 基本的に解約の旨を伝える必要はありません。 しかし、契約先のプロバイダに準じるため、プロバイダ契約書をあらかじめ確認しておく必要があります! レンタルしているルーターは返却しなくて良いの? ドコモ光を契約したときにレンタルしたルーターの返却は、 プロバイダに準じます!契約期間に達していなかったら返却必須となってしまい、また返却漏れがあれば 機器損害金として10,000円ほど発生してしまうため、プロバイダに確認してみましょう!• 工事費40,000円が実質無料• 開通月は日割で請求• com•

次の

ドコモ光のオプションを解除する方法

ドコモ光 サポート 解約

ドコモ光の解約 「ドコモ光」の解約のお手続きをされる際に必要なものなどをご案内いたします。 ドコモ光の解約方法 ご確認の前に 「ドコモ光」から「フレッツ光」の設備を使った「他社光サービスにきりかえ(事業者変更)」をご希望される場合は、下記をご覧ください。 ご契約者さまがお亡くなりになったことによる、「ドコモ光」の解約をご希望される場合は、「ご契約者の死亡による承継または解約」をご覧ください。 携帯電話回線の解約については、「携帯電話の解約お手続き方法」をご覧ください。 ご用意いただくもの ドコモの携帯電話契約内容を確認させていただきます。 その際にネットワーク暗証番号、口頭などでご本人さま確認をさせていただきます。 原則本人確認書類は不要です。 なお、ドコモの携帯電話契約がないお客さま、または「ドコモ光」のペア回線を設定されないお客さまについては、契約ID(お客さまID)等によりご本人さま確認をさせていただきます。 必要な費用• 解約月までにご利用いただいた料金• お手続きにあたっての注意事項• 解約されますと、再度「ドコモ光」をご契約いただいても、同一の契約IDはご利用できませんのでご注意願います。 「ドコモ光」の解約お手続き後、回線の停止までに数日かかる場合があります。 NTT東日本・NTT西日本(以下、「NTT東西」とする)のひかり電話をご利用の場合、ご利用中の電話番号が廃止となる場合があります。 詳細はNTT東西にご確認ください。 NTT東西の提供する「ドコモ光」に関連するサービスも自動的に契約解除となります。 その他の事業者が提供する「ドコモ光」に関連するサービスも自動的に契約解除となります。 その他の事業者が提供する「ドコモ光」に関連するサービスについては提供元の事業者にご確認ください。 宅内機器などの取り外し工事の調整にあたり、ドコモ光サービスセンターからお客さまへご連絡をさせていただく場合があります。 当社がお貸出しした機器の返却をお願いしたときは速やかにご返却願います。 一定期間経過後、機器の返却がないお客さまについては、NTT東西より督促状または電話による連絡がある場合があります。 最終的に未返却の場合、機器相当額を請求させていただく場合があります。 「ドコモ光テレビオプション」を契約中の回線を解約された場合、「ドコモ光テレビオプション」の契約解除月の月額使用料については、日割り計算されませんので1か月分の月額使用料を請求させていただきます ご利用料金、プロバイダなどについて• 解約月の「ドコモ光」の基本使用料については、日割り計算されませんので1か月分の基本使用料を請求させていただきます。 定期契約プランをご契約で契約期間内の契約解除の場合、解約金をお支払いいただきます。 ただし、契約満了月の当月・翌月・翌々月はかかりません。 「プロバイダがセットになったプラン」をご契約の場合、「ドコモ光」解約をした場合も、旧プロバイダは自動解約となる場合だけでなく、有料プランへ変更となる場合、無料プランへ変更となる場合等、プロバイダによって契約の取り扱いが異なりますのでご注意ください。 提携のプロバイダの契約の扱いについては、をご確認ください。 「単独プラン」をご契約の場合、プロバイダの解約は、お客さまから各プロバイダに直接お申込みください。 「ドコモ光」の工事料を分割でお支払いいただいている場合、またはNTT東西からの転用の場合でフレッツ光の工事料の分割払いの残債がある場合、契約解除の翌月に残債を一括で請求させていただきます。 ただし、NTT東西からの転用の場合でフレッツ光の工事料の分割払いの残債がある場合、契約月に「ドコモ光」の契約解除を行うと、その翌々月に残債を一括で請求させていただきます。 NTT東日本の月額利用料割引を適用されている場合、解約月で割引は終了します。 Xi/FOMAのパケットパックと「ドコモ光」をセットでご契約いただいている状態(以下「ドコモ光パック」という)が解消された場合、ドコモ光パックの割引は廃止となります。 ただし、「ドコモ光パック」が継続された場合(シェアグループ内に携帯電話回線の1回線以上が「ドコモ光」をセットでご契約いただいている場合)、割引は継続されますが、割引料が変更となる場合があります。 預託金について• 預託金をお預かりの場合は、ご利用いただきましたすべての料金のお支払いを確認させていただいた後、お客さまの口座へ返還させていただきます。

次の

ドコモ光の問い合わせ先一覧!サポート電話が繋がらないときの対処法も!

ドコモ光 サポート 解約

「ネットトータルサポート」を契約すべきか悩んでいる方は多いでしょう。 「ネットトータルサポート」とは、ドコモ光が提供しているインターネットに関する困りごとを、電話やリモートサポート、訪問サポートで解決してくれるサポートサービスです。 幅広いサポート力が魅力ですが、「サービスの種類が多くて分かりづらい」「場合によって追加料金が請求される」などの問題があるため、サービスの内容が把握できるよう、以下3つの情報をわかりやすくお伝えしています。 ドコモ光のネットトータルサポートとは ネットトータルサポートとは、インターネットに関する困りごとを解決しサポートしてくれるドコモ光が提供するサービスです。 月額料金500円がかかるオプションですが、初回の申し込みから31日間は無料で利用でき、気軽に試しやすい料金設定となっています。 ネットトータルサポートは、インターネットの問題を自力で解決する自信がない方に、ぜひ頼ってもらいたい心強いサポートサービスです。 ドコモ光のネットトータルサポートの内容 ネットトータルサポートは、インターネットに関する相談を中心に、以下6つの幅広いサポートが受けられます。 専門ダイヤル ネットトータルサポートでは、「ネットが繋がらない」「メールができない」などのインターネット全般の困りごとを電話で解決してくれます。 ドコモ光に関する相談は、ドコモの総合窓口でも対応してくれますが、より専門の知識をもったオペレータに解決策を求めるならば、ネットトータルサポートを活用したほうが確実です。 専門スタッフの方に、パソコンの基本的な使い方をじっくり教わりたい方は、30分1,800円の料金でマンツーマンのオンラインパソコン教室を依頼することも可能です。 リモートサポートや訪問サポート、買取や修理などの依頼も、以下の専門ダイヤルよりおこなえます。 ネットトータルサポートでは、をつかった問い合わせが可能です。 順次対応となるため、すぐに返答はないですが、24時間いつでも問い合わせられるメリットがあるので、気軽に質問したい方や、忙しくてなかなか電話ができない方におすすめの問い合わせ方法です。 リモートサポート リモートサポートとは、ネットの接続設定などのトラブルに対し、専門オペレーターによるリモートサポート(遠隔操作)が受けれるサービスです。 利用回数の上限はないので何回でも利用できます。 利用方法は、電話の指示に従い指定のリモートサポートツールをインストールするだけ。 あとは専門オペレーターが遠隔でパソコンを操作し、同じ画面を確認しながら作業をおこなってくれるので、知識がない方でも安心して作業が任せられます。 インターネットができる環境なら、パソコンだけでなく、スマホやタブレットでもリモートサービスが受けられます。 訪問サポート 訪問サポートの訪問料金は月2回まで無料なので、かかる費用はサービスごとにかかる料金だけです。 訪問サポートの利用が3回以上になると、通常通り6,000円かかってしまうため、翌月1日のリセット日まで待ったほうがよいでしょう。 以下では、訪問サポートのサービス内容や料金について詳しくお伝えしています。 ネットや周辺機器の設定 訪問サポートでは、自分のかわりにインターネットの設定や、テレビやプリンターなどの接続設定を代行してくれます。 ネットの開通工事の業者はネットの設定まではやってくれないので、設定に自信がない方や、はじめてインターネットを利用する方にとって頼もしいサービスといえます。 依頼する内容によって料金が加算される料金設定になっているため、以下の訪問サポート料金表の一例を参考にしてください。 ・インターネット接続設定 1台3,000円 ・プリンタやスキャナの接続設定 1台4,000円 ・マウスやキーボードの設定 3,500円 サポートを依頼すればするほど料金が高くなってしまうので、どうしても自分で出来ないことだけ依頼するよう心がけるとよいでしょう。 パソコンや周辺機器の修理 ネットトータルサポートでは、パソコンや周辺機器の訪問修理やデータ復旧、引取修理を有料で引き受けてくれます。 基本的にネットに繋げて使用するパソコン、テレビ、デジタルカメラ、ゲーム機であれば修理対象ですが、国内製造メーカーで修理が依頼できる製品に限ります。 またスマホの修理やデータ復旧は、スマホの契約で別のオプションが適用されるため、対象外となっています。 機器の修理期間は通常2~3週間を目安にしておくとよいでしょう。 パソコンの訪問修理の場合は即日修理が可能です。 補償サービス加入で修理費が無料 ネットトータルサービスとは別のオプション「デジタル機器補償サービス(月額500円)」に加入すれば、1年に2回まで機器の修理費が無料になります。 ネットトータルサポートで配送費が無料になり、補償サービスで修理費が無料になるので、合わせてオプションに加入しておくと安心です。 補償対象 補償額の上限 パソコン 50,000円 パソコンのデータ復旧 50,000円 テレビ 60,000円 タブレット 30,000円 ゲーム機器ほか 20,000円 ネットトータルサポートと補償サービスに同時加入すると月額料金が1,000円かかるので、3つのオプションがパックになっている「あんしんパックホーム」に加入すると、お得な料金で利用できるようになります。 パソコンやテレビなどネットに接続して使う機器であれば査定対象となりますが、発売から5年以上経過したものは対象外なのでご注意ください。 査定後に提示される金額にOKをだすと、買い取り金額がdポイントで付与されます。 ドコモ光のネットトータルサポートの申し込み方法 ネットトータルサポートは、ドコモ光を契約する方だけでなく、現在ドコモ光を利用中の方も申し込みが可能です。 それぞれ申し込み方法が違うため、以下の申し込み方法を参考にしてください。 ドコモ光と同時に申し込む人 ドコモ光とネットトータルサポートを同時に申し込みたい方は、契約時に担当の方にオプション加入を伝えるだけで申し込みが可能です。 「ドコモ光」と「ドコモのスマホ」をセットで契約している方は、ネット開通後にネットトータルサポートが適用されるので、31日間の無料期間がムダになることはありません。 ドコモのスマホを使っていない方は、申し込んだ時点で利用日数がカウントされるため、ネット開通後にご自身のタイミングでネットトータルサポートに加入することをおすすめします。 現在ドコモ光を利用している人 現在ドコモ光を利用している方は、「ウェブサイト」「電話」「ドコモショップ」にて、ネットトータルサポートの申し込みを受け付けています。 申し込みと同時にサービスを利用したい方は、直接ネットトータルサポートの窓口に電話して申し込むと、そのまま相談ができスムーズです。 ウェブサイトでの申し込みは、My docomoの公式サイトにログインし、「契約内容・手続き」のページよりおこなえます。 「全てのご契約内容の確認」のリンク先へ進み、契約内容一覧の中から「トータルネットサポート」の項目を探し、「申込」ボタンを押し、申し込み手続きを進めてください。 プロバイダによってサービス内容や料金が変わることはないので、好きなプロバイダを選んで問題ありません。 ただ、ネットトータルサポートよりお得なサポートサービスを用意しているプロバイダがあるため、プロバイダが提供するサポートサービスを前もって確認しておくとよいでしょう。 プロバイダでもサポートサービスが利用できる 基本的にどこのプロバイダを契約しても、独自のサポートサービスが初回無料で利用できる特典がついてきます。 ネットトータルサポートの訪問サービスの利用を検討している方は、プロバイダのサポートサービスを活用し、お得にサポートが受けられないか前もって確認しておくことをおすすめします。 ドコモ光のネットトータルサポートの解約方法 ネットトータルサポートは、無料で利用できる期間があるため気軽に申し込めるメリットがありますが、そのままにしておくと月額料金が請求されてしまうため注意が必要です。 1年間ネットトータルサポートのオプション料金を支払った場合、合計6,000円かかるため、必要がなければ早急に解約したほうがよいでしょう。 解約月のオプション料金は日割り計算となりますので、月始めの解約でも安心です。 解約はウェブサイト、電話、ドコモショップの3つで受け付けています。 それぞれの解約方法について以下を参考にしてください。 ウェブサイトで解約 いちばん手っ取り早く解約できる方法は、ドコモのマイページから解約する方法です。 電話で解約 電話で解約する場合、「ドコモインフォメーションセンター」と「ネットトータルサポートセンター」にて解約を受け付けています。 ドコモインフォメーションセンターは、時間帯によって混雑しやすく繋がりにくいので、基本的にはネットトータルサポートセンターへの連絡がおすすめです。 ネットトータルサポート以外のオプションの解約や、他の用件がある場合はドコモインフォメーションセンターへ連絡するとよいでしょう。 店員にドコモ光のオプションの解約をしたいことを伝えれば、その場で解約手続きが進められます。 週末は混雑して待ち時間が長くなってしまうので、あらかじめお店の来店予約をしておくとスムーズです。 来店予約は直接お店に電話するか、公式サイトの来店予約のページから2ヵ月先の予約が可能です。 まとめ ドコモ光のサポートサービス「ネットトータルサポート」について詳しく解説させていただきました。 ドコモ光に関することだけではなく、インターネット全般の問題や疑問が相談できるので頼もしいサービス内容となっています。 ただし、プロバイダによって訪問サポートが1回だけ無料で利用できる申し込み特典が用意されているので、人によってはネットトータルサポートを契約する必要性はないかもしれません。 しかしながら、31日間無料で利用でき、期間内なら何度でも電話の相談は無料ですので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

次の