バッタ大量発生 アヒル。 バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

バッタ大量発生 アヒル

4,000億ものバッタが中国国境へ 新型コロナウイルスの次は 「バッタ」が中国へ迫っている。 古くから「蝗害(こうがい)」といわれ中国やヨーロッパでは「天変地異」や「神々の怒り」の一種とされるなど神格化されるくらいの被害をもたらしてきました。 すでにケニア、エチオピア、ソマリアなどの東アフリカで農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こしています。 ソマリアでは2020年2月に 「国家非常事態宣言」を宣言しました。 私たち日本人には想像がつかないかもしれませんが、昔の話ではなく、 2020年現在の話です。 国連に バッタの専門部署があるほどバッタの被害は深刻な問題と捉えられています。 パキスタンとインドではこの バッタの大群により一時休戦との情報もあります。 昔から中国でもいくつかの戦争がバッタにより、休戦となったという記録が残っているほどです。 現在、インドのラジャスタン州という所まで、このバッタの大群が迫っています。 正確にはまだ中国大陸には到達していませんが、目前に迫っているという感じです。 パキスタンとの 国境地域です。 体調は約5cmくらいで、日本のバッタの緑色のイメージではなく、黄色っぽい色をしたバッタです。 まさに生息地はアマゾンのバッタです。 正解! — のぞみん nozomi56345634 今回大量発生してるのはこのサバクトビバッタで体長は大きくて6、7cmほどです。 あなたが言ってるのは2013年7月29日に「planet hopper」と投稿された大型のバッタです。 嘘ってバレるんですよ? — ソルアギウス soruagiusu1 この大きなバッタはアマゾン生息の別のバッタなのでこれが4,000億匹の大群で移動している訳ではありません。 サバクトビバッタの特徴としては• 自分と同じ体重の量の植物を食べる• 1日にかなりの距離を移動できる• 短期間で繁殖する というものがあります。 食べるものがなくなると 共食いするようになり、共食を避ける為に逃げたサバクトビバッタが先頭となり群れが移動しているとも言われています。 距離にして1日150kmも移動するそうです。 その億を超える数で長距離を移動しながら、草や農作物などを食べるので、食糧危機になるのですね。 サバクトビバッタのまとめ 現在までの情報をまとめると、まだ中国国境までは到達しておらず、日本へは海を渡らなければならないので、 日本に限定すれば直接的な影響はまだなさそうです。 ネットで出回っている大型バッタもデマなので騙されないようにしましょう! 新型コロナウイルスが中国から発生し猛威をふるっているので、やはり過敏になる所はありますね。 しかし、世界的に見れば、大きな問題ではあるので、今後注目が必要な 「サバクトビバッタ」です。 また新しい情報があれば追記したいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

バッタの被害を食い止める“生物兵器”、中国が10万羽のアヒルをパキスタンに派遣

バッタ大量発生 アヒル

アフリカでは2月の時点でバッタの大量発生が深刻な問題となっていました。 そのメカニズムは上記Forbesの記事に詳しく、バッタ博士こと前野ウルド浩太郎氏が丁寧に解説しています。 ざっくりした内容は下の日経のインタビューがわかりやすいでしょう。 同氏はこのように述べています。 「気候変動によって直接的に引き起こされたものではないが、普段は乾燥している地域にサイクロンが大雨を降らしたことがきっかけになっており、間接的に大発生の引き金を引いたとは言える。 1967年から69年にかけての同地域での大発生もサイクロンがもたらした大雨が原因のひとつと考えられている」 「今回は2018年5月と10月にサイクロンがアラビア半島南部に大雨をもたらした。 オマーンやイエメンでバッタが大量発生し、群れの一部はアフリカ東部に移動した。 アフリカ東部では、本来なら乾期で草がない2019年12月にサイクロンが雨を降らした。 バッタにとって好環境が存在し、そこで繁殖しさらに個体群が大きくなって近隣諸国に侵入したため、被害が拡大したとみられている」 前野氏は、アフリカを中心に大発生して食物を食い荒らすサバクトビバッタの研究者で、殺虫剤を使わずにバッタの大量発生を食い止めるための研究などを行っています。 本書は、蝗害の恐ろしさやサバクトビバッタの生体がわかる科学読み物です。 この機会に未読の方にもお読みいただきたく、まえがき全文を公開します。 続きが気になりましたら、ぜひポチってみてください。 ------------------------------------------------------------- バッタを倒しにアフリカへ まえがき 100万人の群衆の中から、この本の著者を簡単に見つけ出す方法がある。 まずは、空が真っ黒になるほどのバッタの大群を、人々に向けて飛ばしていただきたい。 人々はさぞかし血相を変えて逃げ出すことだろう。 その狂乱の中、逃げ惑う人々の反対方向へと一人駆けていく、やけに興奮している全身緑色の男が著者である。 私はバッタアレルギーのため、バッタに触られるとじんましんが出てひどい痒みに襲われる。 そんなの普段の生活には支障はなさそうだが、あろうことかバッタを研究しているため、死活問題となっている。 こんな奇病を患ったのも、14年間にわたりひたすらバッタを触り続けたのが原因だろう。 全身バッタまみれになったら、あまりの痒さで命を落としかねない。 それでも自主的にバッタの群れに突撃したがるのは、自暴自棄になったからではない。 子供の頃からの夢 「バッタに食べられたい」を叶えるためなのだ。 小学生の頃に読んだ科学雑誌の記事で、外国で大発生したバッタを見学していた女性観光客がバッタの大群に巻き込まれ、緑色の服を喰われてしまったことを知った。 バッタに恐怖を覚えると同時に、その女性を羨ましく思った。 その頃、『ファーブル昆虫記』に感銘を受け、将来は昆虫学者になろうと心に誓っていたため、虫にたかられるのが羨ましくてしかたなかったのだ。 虫を愛し、虫に愛される昆虫学者になりたかった。 それ以来、緑色の服を着てバッタの群れに飛び込み、全身でバッタと愛を語り合うのが夢になった。 時は流れ、数多くの昆虫の中でたまたま巡り合ったバッタの研究をはじめ、博士号を取得した。 着実に昆虫学者への道を歩んでいたが、子供の頃には想定だにしなかった難問に直面した。 大人は、飯を食うために社会で金を稼がなければならない。 バッタを観察して誰がお金を恵んでくれようか。 あのファーブルですら、教師をして金を稼いでいたのだ。 なんということでしょう。 生活のことをうっかり忘れていた。 軽く取り返しのつかないところまで、私は人生を進めていた。 「末は博士か、大臣か」ともてはやされた一昔前、いや二昔前とは違い、世の中には、道を少々歩けばぶつかるほど博士がひしめきあっている。 過剰に生みだされた博士たちは職にあぶれ、職を求め彷徨っている。 ライバルひしめきあう中で、職業として昆虫学者をこのまま目指してもいいものなのか。 いくら博士過多でも、社会から研究内容が必要とされていれば、就職先はある。 しかし、現在の日本ではほとんどバッタの被害がないため、バッタ研究の必要性は低く、バッタ関係の就職先を見つけることは至難の業もいいところだ。 「日本がバッタの大群に襲われればいいのに」と黒い祈りを捧げてみても、「バッタの大群、現ル」の一報は飛び込んできやしない。 途方に暮れて遠くを眺めたその目には、世界事情が飛び込んできた。 アフリカではバッタが大発生して農作物を喰い荒らし、深刻な飢饉を引き起こしている。 そんな重大な国際問題なら、さぞかし世界各国が力を入れて研究し、ほとんどのことが解明され、いまさらアフリカから遠く離れた日本の研究者なんかお呼びではなさそうだ。 と、思いきや、過去40年間、修行を積んだバッタ研究者は、誰もアフリカで腰を据えて研究しておらず、おかげでバッタ研究の歴史が止まったままだということを知った。 誰もやっていないのなら、未熟な博士でも全力をかませば新しい発見ができるかもしれない。 バッタの大群に巻き込まれながら、アフリカの食糧問題も解決できる。 その上、成果を引っ提げて凱旋すれば、日本の研究機関に就職が決まる可能性も極めて高い。 見えた! バッタに喰ってもらえて、昆虫学者としても食っていける道が開けるではないか! 夢を叶えるのに手っ取り早そうなので、アフリカに行ってみたのは31歳の春。 向かった先は日本の国土のほぼ3倍を誇る砂漠の国・西アフリカのモーリタニア。 当時、日本人は13人しか住んでおらず、『地球の歩き方』(ダイヤモンド社)にも載っていない未知なる異国が闘いの舞台となった。 研究対象となるサバクトビバッタは砂漠に生息しており、野外生態をじっくりと観察するためにはサハラ砂漠で野宿しなくてはならない。 どう考えても、雪国・秋田県出身者には砂漠は暑そうだし、おまけに東北訛りは通用しない。 などなど、億千万の心配事から目を背け、前だけ見据えて単身アフリカに旅立った。 その結果、自然現象に進路を委ねる人生設計がいかに危険なことかを思い知らされた。 バッタが大発生することで定評のあるモーリタニアだったが、建国以来最悪の大干ばつに見舞われ、バッタが忽然と姿を消してしまった。 人生を賭けてわざわざアフリカまで来たのに、肝心のバッタがいないという地味な不幸が待っていた。 不幸は続き、さしたる成果をあげることなく無収入に陥った。 なけなしの貯金を切り崩してアフリカに居座り、バッタの大群に相見える日がくるまで耐え忍ぶ日々。 バッタのせいで蝕まれていく時間と財産、そして精神。 貯金はもってあと一年。 全てがバッタに喰われる前に、望みを次に繋げることができるだろうか。 本書は、人類を救うため、そして、自身の夢を叶えるために、若い博士が単身サハラ砂漠に乗り込み、バッタと大人の事情を相手に繰り広げた死闘の日々を綴った一冊である。 (了) ------------------------------------------------------------- 5月には『バッタを倒しにアフリカへ』の児童書版『ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ』も刊行しました。 前野さんは今、研究中心の生活を送っており、専門家としての見解が求められた記事(上記Forbesや日経)以外、限られたメディアにしか出ていません。 それなのになぜ、わざわざこの時期に児童書版を刊行したのか? 実はすでに1年前には、児童書版刊行の準備はできていました。 ただ、当時は前野さんに執筆や講演、取材など様々な依頼が殺到しており、そちらをお断りするだけでも研究生活に支障が出ていたそうです。 その状況で児童書版を刊行すると、さらに依頼が増える可能性があり、出版を見合わせていました。 今回、前野さんが出版に踏み切った理由の一つに、新型コロナの影響があります。 休校になり、外遊びも制限され、お子さんが家にいる時間が増えました。 当然、読書をする機会も増えるでしょう。 児童書版を刊行することで、その一助となればと考えたそうです。 加えて、サバクトビバッタ大発生のニュースもありました。 興味を持ったお子さんに、何かしらの情報を提供したいという思いもあったようです。 バッタ博士の性格から言って、本当ならば、全ての依頼に応えてバッタのことを説明したいはずですが(自分の研究を知ってもらえる、またとないチャンス!)、ここはグッとこらえて、世界的なバッタ研究者になるために、世界の窮地を救うために、論文の執筆に専念されています。 光文社新書編集部も、バッタ博士の研究活動を邪魔しないよう極力連絡を控えています。 児童書版の最後のページには、バッタ博士からのお願いが綴られていますので、引用しましょう。 【バッタ博士より皆様へ】 いつも応援していただき、ありがとうございます。 新書を出版してから、執筆・取材・講演依頼等、たくさん声をかけていただきました。 しかし、研究と広報活動の二足のわらじを履くことは今の私にはできず、そのほとんどをお引き受けできない状況です。 児童書版が出版されたことにより、新たに興味を持ってくださる方がいらっしゃるかもしれませんが、研究に専念するため、そっと見守ってくださいましたら幸いです。 新たな研究成果を引っ提げて、再び皆様にお会いできることを楽しみにしております。 最後になりますが、バッタ博士からのメッセージで締めくくりたいと思います。 「バッタを倒す前に、こちらが過労に倒されそうですが、バッタを鎮める一手を編み出すため、日夜闘っています。 皆様からの応援を胸に秘め、立ち向かっています」 次なる登場まで、ぜひバッタ博士のことを温かく見守ってあげてください!.

次の

食べたり爆撃したり火炎放射したりでは蝗害を防げない!|Yasufumi|note

バッタ大量発生 アヒル

そこで中国政府は、水際でバッタの襲来を止めるため、駆除専門家チームを結成してパキスタンに送り込み、更に10万羽のアヒル(Ducksなのでアヒルかカモ)軍をパキスタンに派遣して蝗害(こうがい)に備えるというニュースが、海外メディア各紙で報道された。 だがどうやら、アヒル軍のパキスタンへの派遣はなさそうだ。 【記録的な大雨によりバッタが大量繁殖したのは事実】 サバクトビバッタは、体長5cmほどの黄緑っぽい色をしており、短期間で繁殖し、1日150kmほどの距離を移動する特徴を持つとされる。 そのサバクトビバッタが、去年1月に東アフリカのケニアやエチオピア、ソマリアで大量発生し、食糧危機を引き起こすほどの大被害を与えたことから、今年2月にはソマリアで国家非常事態宣言が出されるまでになっている。 その後、バッタは中東、インド、パキスタンへと大群で移動。 FAOによると、中東の記録的な大雨により、オマーンの砂漠で更に大繁殖したという。 この先も多くの降水によりバッタの繁殖は加速すると予測されており、4月には4000億匹近くにまで数が膨れ上がって中国へ襲来する可能性があることから、FAOは中国当局に警告と対策を促した。 【パキスタンにアヒル軍を派遣してバッタの襲来を阻止!?】 中国は、過去にもバッタ襲来によって大きな被害がもたらされており、「蝗害(こうがい)」と呼ばれる大天災として歴史上古くから数多く記録されている。 新しいところでは、2000年にバッタ対策として新疆ウイグル自治区で「アヒル軍」の配備が講じられた。 "Duck troops" gather at the border to face locust swarms — CGTN CGTNOfficial 中国に隣接するパキスタンでは深刻な被害がもたらされており、今回のバッタによる被害は過去20年で最も大きいと伝えられている。 中国当局では、過去の例もあることから、バッタは中国の食糧安全保障に対する脅威とみている。 そのため、隣接するパキスタンからの侵入を防ぐことが何より重要としているのだ。 そこで、浙江省にある農業科学学院の主任研究員Lu Lizhi氏が、10万羽の水鳥(アヒル)軍が前線(パキスタン)へ派遣される予定であることを発表したと伝えられた。 Lu氏は、このように述べている。 アヒルは、「生物兵器」となります。 というのも、1羽のアヒルは1日に200匹のバッタを食べるからです。 ニワトリはアヒルと比べても1日あたり70匹ほどしか食べません。 アヒルは集団行動が好きなのでニワトリよりも管理しやすく、農薬よりも効果的なのです。 Lu氏いわく、このプロジェクトは中国の専門家らがパキスタンに派遣され、状況を精査したうえで、蝗害に対する大流行を阻止するために執り行われることになるという。 【実際にはアヒル軍の派遣はないとする専門家】 しかし、アヒル軍のパキスタンへの派遣はありえないという。 駆除専門家チームの一員で中国農業大学の教授であるチャン・ロング氏は、「水が必要なアヒルにとって、パキスタンの砂漠地帯は非常に気温が高く、活躍することができない」と語る。 バッタの駆除には化学農薬または生物農薬の使用を勧めているという。 一部メディアによると当局のバッタへのモニタリングや早期警戒、対策能力は近年向上していることからも、サバクトビバッタが中国に襲来しても危害をもたらす可能性は低いと報じているものの、「前例にない規模」のバッタの襲来は、何らかの対策を取らなければならないこととなるだろう。 html あわせて読みたい•

次の