辻仁成 フランス ブログ。 辻仁成

『白仏 (文春文庫)』(辻仁成)の感想(48レビュー)

辻仁成 フランス ブログ

隼人が亡くなったと聞いた鐡造は隼人が通っていた遊郭で女を抱いたが、稔は抱けなかった。 ここでは、遊女を抱くことで隼人の死を受け入れることになるはずだが、それが出来ない稔は死と向き合うのを恐れたのだろう。 また、初恋相手の緒永久の幻想を忘れられないのも死を受け入れられずにいることを表している。 そう考えると、骨仏の建立に至ったのは死を受け入れることが出来たからだが、それは隠し持っていた銃を捨てることで表現されていた。 銃は殺人のための武器であり、また自分の身を守る道具でもあることを稔は戦争を通して実感している。 その銃を捨てるということは、生への執着を捨てると読めるのではないか。 しかし、それは生を蔑ろにするということではない。 縁側から落ちかけていた金子を助けたことから分かるように、死と向き合い尊重することで生の意義が見えてくるのだ。 主人公、稔は辻さんの祖父がモデルとされています。 幼いころから死が身近にあり、不思議な既視感を感じることが多かった稔。 戦争を体験し、そこでの壮絶な経験がその後もずっと彼を苦しめ続けます。 なぜ稔は白仏を作るにいたったのか。 戦争や生と死について多くのことを自分に問いかけ続け悩み苦しんだ 稔の心境が胸を打ちます。 大川弁がものすごくリアルなところがいいんだけど、一般人に理解できるのかちょっと心配(笑) フェミナ賞受賞作品だけど、どんな風にフランス語に訳されたのかも気になるところです。 余談 私は文春文庫の表紙の方が好きでそちらを購入しましたが、集英社文庫の表紙を見て初めて白仏が「はくぶつ」であることを知りました。 ずっと「しろぼとけ」と読んでいました(恥).

次の

〈辻仁成ブログ「 フランスで差別された時の対処法」を読んだ!②〉差別の向こう側にある怖さ 〜日韓の軋轢に平成生まれがドイツでトバッチリ〜

辻仁成 フランス ブログ

辻仁成と南果歩、中山美穂との離婚原因は?タイタン所属で返り咲き! 辻仁成の二度の離婚原因とは? 辻仁成は、一度目の結婚・離婚は南果歩、そして二度目の結婚・離婚はは、中山美穂でした。 辻仁成と南果歩との結婚生活はわずか5年。 その間、南果歩は妊娠し、出産時には、母子ともに生死を彷徨うほど大変な思いをしたそうです。 しかし、辻仁成の浮気が原因で、南果歩とは離婚。 この時、辻仁成は世間からとても叩かれました。 そして中山美穂との離婚時は、辻仁成が、長髪にユニセックスな服装へといきなり外見を変えてしまったことに、中山美穂が呆れたから?との噂が立ちました。 しかし、その後の中山美穂の行動から、むしろ中山美穂が浮気をして辻仁成と離婚になった、という話が。 辻仁成と中山美穂との間にも男の子が1人生まれています。 しかし、南果歩と離婚した時、子供を手放してしまったことを悔やんだ辻仁成は、中山美穂と離婚する時、子供は手放さないと言い張ったそうです。 辻仁成は、タイタン所属で返り咲き! 辻仁成は、「今は中性の時代だ!」といい、髪を長く伸ばし、外見を大幅に変えました。 その変わりように世間がなかなかついていけなかった中、中山美穂との離婚も重なり、大幅に仕事が減ってしまった辻仁成。 予定をしていたライブも、レーベル側からキャンセルになり、このままではチケットを買ってくれたお客さまに申し訳がないと、自腹でライブ開催しようかということにさえなりかけてしまったのです。 そんな時、窮地に陥りかけた辻仁成をバックアップしてくれたのが、タイタンの社長・太田光代。 言わずと知れた、爆笑問題・太田光の奥さんです。 離婚騒動でゴタゴタしている中、中山美穂の後ろには大物事務所がついていたにも関わらず、辻仁成をバックアップするタイタン社長、太田光代の度胸はすごいですよね!そして、タイタンに所属したことで、辻仁成は見事に芸能界に返り咲きました。 子供を引き取り、毎日3食のご飯とお弁当を作っていることを辻仁成がテレビ語ったり、太田光代が自身のツイッターに辻仁成の写真をUPしたりと、辻仁成の好感度は、あっという間に中山美穂よりも上がりました。 辻仁成は、太田光代社長には頭があがりませんね。 辻仁成が亡くなったやしきたかじんに手紙で謝罪!その理由と内容は? 辻仁成が、やしきたかじんに謝罪しなければいけなかった理由とは? やしきたかじんは、シンガーソングライターでありつつも、司会者など多才な顔を持っていました。 2014年に惜しまれつつも亡くなってしまいましたが、実は、辻仁成は、やしきたかじんに謝罪の手紙を送ったことがあったそうです。 謝罪の手紙というくらいですから、どのような確執があったのか?理由が気になりますよね。 やしきたかじんが司会であるラジオ番組に、辻仁成が所属していたECHOESが、宣伝のために出演した時のことです。 やしきたかじんとパーソナリティの泰葉の2人が、辻仁成にいろいろと質問をしたそうです。 しかし、何を聞いても、辻仁成の返事はそっけなく「CDを聞いてもらえれば分かる」の一点張り。 そのため、やしきたかじんが「そんなしゃべらんなら、わざわざここに来なくてもCDだけ売ってたらええ。 われ!もう少し真面目にしゃべらんかい」とキレたそうです。 辻仁成のほうは「リーダーどうですか?」と聞かれたため、後ろに座っていた今川勉に質問されたと思い黙っていたのだと言います。 しかし、やしきたかじんは、辻仁成がECHOESのリーダーだと思い、質問をしていたため、「なぜ返事せえへんのや」と切れてしまったというのがことの真相。 30年もの月日を経て、謝罪をしたという辻仁成。 その間、自分がうぬぼれることがないように、その時のやしきたかじんの言葉を思い出していたのだとか。 「人生で良い喝となりました」と語った辻仁成は、やしきたかじんの一喝を一度も忘れたことはなかったようです。 辻仁成のこれまでの活動 辻仁成は、ECHOESというロックバンドのボーカリストとして芸能界デビューを果たし、1989年には文学賞を受賞し、作家としても華々しくデビューしました。 フランスの五大文学賞のひとつであるフェミナ賞を受賞して順調に作家の道を歩んでいるかと思えば、映画監督や演出家などでも活躍している辻仁成。 若い頃は、ロックバンドのボーカルとして君臨していたため、とても話しかけにくいような雰囲気をもっていたといいます。 作家として活躍するようになってからも、「辻仁成」という名前は良く聞くものの、辻仁成とはどんな人物なのか?という人も、世間では多かったのではないでしょうか。 南果歩や中山美穂という美女たちが惹かれたのも、辻仁成に、他の男性にはない才能が溢れていたからでしょう。 南果歩と中山美穂と、それぞれ二度も離婚に至ってしまったのは残念ですが、何かを生み出す仕事をしている人は、変わっていると言われることが多いのも事実。 辻仁成の思想が常に世間より先を行っているために、誰もついていけないのかもしれませんね。 辻仁成の今後はどうなる? 辻仁成のブログからプライベートを垣間見ることができます。 中山美穂との一粒種の息子と二人で暮らし、寂しい思いをさせないようにと、できる限りのことをしている辻仁成の姿からは、良いお父さんをしていることが伝わってきます。 現在、辻仁成の生活は、日本とフランスを行ったり来たりしているようですが、何かと印税が入ってくるため、お金に困っていることはなさそうです。 タイタンに所属してから、作家や演出家など、表に出ないような仕事だけではなく、バラエティ番組に出演することが増えた辻仁成。 やしきたかじんとの確執があった時のように、「しゃべらない」ということはなくなりました。 自分の離婚ネタでも、ジョークを入れながら、面白おかしくスマートに話す辻仁成の姿には、「この人は、しゃべらせても面白い!」と、目の肥えたタイタン・太田光代社長からのお墨付きが付いたほど! 太田光代社長が、この辻仁成の復活劇を予測していたのなら、辻仁成は、とても良い人物と出会ったことになりますね。 現在、辻仁成は、2016年公開予定の映画「TOKYOデシベル」の制作に励んでいることでしょう。 Sophiaの松岡充が主演、LUNA SEAのSUGIZOが音楽監督、辻仁成が映画監督を務めるこの作品。 ミュージシャンだからこそ分かる感性を大切にして作りたいと松岡充が語るように、制作にかかわる布陣が3人ともミュージシャンだからこそ表現できる作品になるのではと、期待が高まります。 56歳になった今でも、常に新しいものを作り続けている辻仁成。 次は何を出してくれるのか?楽しみなところでもあります。

次の

『白仏 (文春文庫)』(辻仁成)の感想(48レビュー)

辻仁成 フランス ブログ

Sponsored Link 芥川賞作家 辻さんは言わずと知れた作家であり、 しかも、1997年に、 「海峡の光」という作品で、 芥川賞を受賞されています。 そして、2年後の1999年には、 「白仏」で、 フランスの由緒ある文学賞のひとつである、 「フェミナ賞外国小説賞」を受賞されています。 辻さんは、ただの、 中性的なおじさんではなかったのです! 実は私も20年ほど前になりますが、 辻さんの作品を愛読していた時期がありました。 個人的には、 「ピアニシモ」 「クラウディ」 「カイのおもちゃ箱」 「旅人の木」 など、初期の作品が好きでした。 だんだん話が難しくなり、 それ以降は読まなくなったのですが・・・ あくまで、個人的な感想ですが、 遠い昔の、ぼんやりとした印象では、 どことなく、哀しく、孤独で、 主人公の心理描写が すごく繊細な文体で書かれていたような気がします。 なんだか、胸を締め付けられるような、 感じがしたのを記憶しています。 また、同じ時期、 辻さんの書くエッセイも読んでいました。 ご自身の高校の頃のことや、 音楽に対する情熱が書かれてあり、 おもしろかったです。 ほんとに、当時の辻さんからは、 想像もできないです。 ちなみに、辻さんは、作家になる前から、 音楽活動をしていたようなのですが、 今もミュージシャンとしてご活躍です。 魂を感じる音楽で、 小説と通じるものがあった気がします。 Sponsored Link パリ在住 さて、現在、辻さんは、 パリに在住ということですが、 なぜパリなのでしょう? 辻さんは、自分が世界で一番、 変わり者だと思われていたそうですが、 フランスではみんな、一人、一人が変わり者で、 自分が「普通」に感じた。 とインタビューで答えておられました。 それが心地良かったんでしょうね。 それ以外には、当時、 中山美穂さんと結婚されたばかりで、 日本から逃げたかった時、 最初にビザを発行してくれたところが、 フランスだったそうで、 フランス政府は電話一本で、 「わかった。 すぐに出すよ」 と言ってくれたとか。 また、辻さんは フランスは、頑張って取り組んでいると、 その人間はフランス人になる。 ともおっしゃていました。 アーティストとして、自分のやっていることを アピールする事が大事なのも、フランス流のようです。 情熱的で男らしい面と、 繊細で女性的な面を併せ持ち持つ、 才能あふれる辻さん。 パリという街で、日々、 色々なインスピレーションを、 得ていることと思われますが、 それを糧にして、これからも、 アーティストとして活躍してほしいですね。 応援しています!!.

次の