と ある 科学 の 一方 通行 1 話。 とある科学の一方通行 [第1話無料]

とある科学の一方通行

と ある 科学 の 一方 通行 1 話

東京西部に位置する巨大な『学園都市』。 総人口230万人を数え、その約8割を学生が占めるこの都市では、超能力開発のための特殊なカリキュラムが実施され、学生たちの能力は『無能力レベル0』から『超能力レベル5』までの六段階で評価されていた。 そんな学園都市で、能力者たちの頂点に君臨する最強の能力者・アクセラレータ。 7人しかいない『超能力者』の中でも、飛び抜けた能力を誇る第一位は、その力ゆえに殺伐とした日常を送っていた。 繰り返される常軌を逸した『実験』と、絶対的な力を求めた末に経験した敗北。 Anitubeなどの海外動画サイトを利用すると ウイルスに感染する危険性があります。 Anitubeから誤ってウイルスもらったぁ... 慌ててお店行ったら「ウィルスに感染したから初期化しかないですね」って ToT ウィルスソフト意味なし。 — yayoi togashi1206 最近ネット環境がよろしくない・・・ワイファイつなげてると動画途切れるしPCはウイルス?変な警告出される。 第1話『学園都市最強能力者(アクセラレータ)』 夏休みの終わった学園都市。 新学期の始まる中、とある事件で負傷していた学園都市第一位の『超能力者(レべル5)』アクセラレータは、いまだ入院生活を送っていた。 その傍らには、なにかと世話を焼こうとまとわりつくラストオーダーの姿もあった。 アクセラレータに命を救われていた彼女は、彼の快方を喜び『包帯取れた記念パーティ』を画策、『妹達(シスターズ)』を動員してその準備にいそしんでいた。 そんな平和な昼下がり、病院を完全武装した数人の『警備員(アンチスキル)』が訪れる。 第四学区にある大気連続体力学研究施設にて開発中の実験機器盗難事件が起こり、その機器が対アクセラレータ用秘匿兵器と判明したというのだ。 当然、犯人の狙いはアクセラレータ本人。 第2話『死霊術師(ネクロマンサー)』 夜の学園都市で、『警備員(アンチスキル)』に追われるある少女がいた。 生物の死体を操ることができる逃亡者はなぜかアクセラレータの病室へと侵入する。 闘の末、『警備員』に確保された少女が残した写真には、ラストオーダーの姿が写っていた。 その裏側にある事情を探るべく、拘束された少女の引き渡しを要求するアクセラレータ写真を見たアクセラレータは事情を探るべく、『警備員』に少女の引き渡しを要求する。 『警備員』たちはそれを拒み、疑念を抱いたアクセラレータへ銃を向ける。 『警備員』たちの異様なまでに執拗な攻撃はエスカレートを続け、ついには新型の機動兵器を投入するまでに。 そしてその機動兵器にはとある秘密が隠されていた。 その夜。 第3話『四凶の符(ナンバーズ)』 アクセラレータのもとを訪れた少女の名はエステル=ローゼンタール。 『警備員(アンチスキル)』の闇に巣食う組織『DA』の企みの一端を知るという彼女は、自分が学園都市に持ち込んだ技術によって事件が起きたこと、ラストオーダーが彼らの標的にされていること、自分一人では彼らに対抗できないことを告げると、アクセラレータに助力を請う。 彼女とともに『DA』のアジトへと向かったアクセラレータは、前夜に交戦した機動兵器『棺桶』の完成形である『窮奇』と、それを操る菱形と対峙するが、ベクトル操作の弱点を突かれ、逃亡を許してしまう。 手がかりを失ってしまったふたり。 第4話『擬似魂魄・禍斗(サードナンバー)』 死霊術を施された人皮の遺体を正しい状態に戻すため、処置をするエステル。 しかし、その途中で遺体を処分すべく霊安室にやってきた『DA』隊員と鉢合わせてしまう。 その上、エステルの処置により疑似魂魄・禍斗の宿った遺体が動き出してしまったことで現場は混乱。 アクセラレータの傷が開いた隙をついて、『DA』隊員のひとりが偶然通りがかったミサカ一〇〇四六号を人質に逃亡してしまう。 倒れたアクセラレータは手術室へと逆戻りし、エステルは禍斗とともに『DA』の行方を追うことに。 そして菱形もまた自らの研究に投入すべく、『DA』のさらった人質を確保しようと動き出す。 第5話『警備員の闇(DA)』 突如もたらされた情報を基に、『警備員(アンチスキル)』は『DA』の拠点を次々と制圧にかかる。 最新装備に身を固めていながらも数に劣る『DA』は、菱形に助けを求める。 エステルを失い、ラストオーダーの奪取も果たせていない今、さらった人質を使えばなんとかなる。 菱形のその言葉を信じた『DA』は、ミサカ一〇〇四六号を彼のもとに届けるべく、多脚兵器『タランチュラ』を繰り出して応戦する。 その圧倒的な火力の前に撃ち抜かれ、切り刻まれる『警備員』たち。 しかし、そこに現れた亡本の刺客『屍喰部隊(スカベンジャー)』がタランチュラをあっさり撃破。 第6話『屍喰部隊(スカベンジャー)』 その凶悪さから封印されていた4人の能力者による暗部組織『屍喰部隊(スカベンジャー)』。 紙を自在に操り着ぐるみのようにまとって戦うナル、液体の比重を操る薬丸、摩擦係数を操る清ケ、作戦立案と有機的な連携攻撃を指揮するリーダー。 一筋縄ではいかない屍喰部隊に対し、エステルと禍斗は失神した黄泉川を守りながらの戦いを余儀なくされる。 常人離れした禍斗の膂力と、それを補助するエステルの死霊術でなんとか食い止めようとするものの、ナルひとりを止めることすら叶わない。 まるで戯れるようにナルの攻撃に磨り潰される禍斗に、エステルが絶望し心折れそうになったそのとき。 第7話『制限時間(ダウンロード)』 『警備員』に『DA』、そして『屍喰部隊(スカベンジャー)』。 誰もが等しく倒れ伏した惨状の中で、エステルはアクセラレータの戦いに人を救う力を見出し、師匠になってほしいと訴える。 送り込んだのは菱形ではなく、妹の蛭魅。 そしてその目的はミサカ一〇〇四六号の確保だった。 過去には暴走して街をひとつ壊滅させたほどの力を持つ『ナンバーズの悪霊』を封じ込めた兵器をそのままにしてはおけない。 ミサカ一〇〇四六号をさらった『棺桶』を追うアクセラレータ。 そして、被験者として兄の夢を応援していた妹の蛭魅。 そんなふたりと出会った『死霊術師』エステル。 自らが身に着けた死霊術とは何のための力なのか。 そんな悩みを抱えていた彼女は、請われて訪れた学園都市でも答えを見つけることができずにいた。 自身が余命いくばくもないことを知った蛭魅は、兄の役に立つため、ある決意を固めていたのだ。 第9話『10031回の死(メモリーオブデス)』 なんとかして蛭魅を救いたい。 そんな想いから犯してしまった自分の過ちを、今こそ正すと決意したエステル。 ミサカ一〇〇四六号を回収し、10031回分の死の記憶を完全にコピーして『絶対能力(レベル6)』への『公式』を手に入れんとする菱形。 3体の『棺桶』の攻撃を潜り抜け、菱形のラボにたどり着いたアクセラレータは、ミサカ一〇〇四六号の救出に成功するも、すでに『公式』は完成していた。 菱形は本命である蛭魅へ『公式』をインストールする時間を稼ぐため、残る『窮奇』と『饕餮』をアクセラレータに差し向ける。 『公式』をインストールされたことで大幅に能力の強化された両機の連携攻撃の前に、アクセラレータは足止めを余儀なくされる。 第10話『目覚め(カタストロフ)』 非情にも届かなかった舜帝の剣。 『公式』をインストールされた蛭魅は、爆発的な勢いで周囲を巻き込み肥大化を始める。 もはや誰をも欺く必要はなくなったとばかりに。 ローゼンタール家の悲願である『完全なるゴレムの完成』を達成すべく、『悪魔』の声に従って行動していたと語る『檮杌』に、エステルは当主として、死を弄ぶ行為をやめるよう命じる。 肥大化は止まり、事件は結末を迎えるかに見えたそのとき。 一連の事件の裏ですべてを操っていた『悪魔』が顔を出す。 第11話『完全体(パーフェクトゴレム)』 ローゼンタール家の400年に渡る悲願である『完全なるゴレム』を生み出すべく、『檮コツ』をそそのかした『悪魔』こそ、ローゼンタール家第4代当主イサクだった。 己の魂魄を転写した『檮コツ』の中に潜み、蛭魅となって菱形幹比古を操って手に入れた『神』の体。 ミサカ一〇〇四六号から抜き出した10031回分の死の記憶こそがそのキーとなったことを知り、アクセラレータは激怒する。 しかしどんな攻撃を加えようともゴレムは再生を続け、完全なる『神』となるべく成長していく。 その惨状を前に、自分が誰も救えなかったどころか、すべての元凶が自分の家系にあったことに、立ち上がる力すらなくしてしまうエステル。 自分のその手で何を救いたいのか。 第12話(最終回)『まもるべきもの』 人間を取り込んで肥大化し、進化を遂げて完成形に近づいていく『完全なるゴレム』。 だが、舜帝の剣でその符を突き、『檮コツ』の疑似魂魄に干渉すれば止められるかもしれない。 エステルたちは符を宿す本体たるイサクの居場所を探してゴレムの体内を進んでいく。 取り込んだ者たちの思念が混じり合い、意識が浸食され始めたイサクの隙をつき、極大の力を振り絞って本体のもとへと道を切り開くアクセラレータ。 エステルは大事な約束を守るため。 禍斗は主人を護るため。 菱形幹比古は蛭魅を取り戻すため。 そして、エステルの手に握られた舜帝の剣がイサクを貫いたそのとき……!! シリーズ/関連のアニメ作品.

次の

アニメ「とある科学の一方通行」1話感想!迷コンビふたたび!

と ある 科学 の 一方 通行 1 話

迷コンビふたたび! 今作の一番の魅力はなんと言っても、アクセラレータとラストオーダーの2人のやりとりではないでしょうか。 悪魔のような強さと荒々しい性格のアクセラレータに対し、ラストオーダーがまったく空気を読まずに独特の口調でじゃれつく姿には、正直ニマニマが止まりません。 特に今回の第1話では、アクセラレータの頭の包帯が取れるということで「記念日」と称し、裏で妹たちと協力してこっそりとサプライズケーキを焼いたりするなど、健気すぎて死ぬかと思った。 本来であれば、アクセラレータのほうがラストオーダーの保護者的な存在なんですけど、今回はラストオーダーがちょっと背伸びして保護者ぶったりする様子や、留守とオーダーの言葉の裏を読んで駆けつけるなど、ほかの「とある」シリーズから少し踏み込んだ2人のやり取りが新鮮でもありました。 また、アクセラレータは口では文句を言いながらも、身を挺してラストオーダーを守ったり、サプライズプレゼントを無碍に扱うこともなく、なんだかんだ言ってしっかり保護者としての役割を果たしてるのが微笑ましい。 とにかくアクセラレータとラストオーダーの迷コンビを再びテレビで見られるのはとても喜ばしいことですね。 アクセラレータを堪能しよう 怪我をしたあとのアクセラレータは全盛期のようには行かないものの、その能力が恐るべきものであることには変わりなし。 実際、すべての物質のベクトルを自在に操るという能力なんて、無敵としか言いようがありませんからね。 ラストオーダーと出会ってからのアクセラレータは、以前のような悪魔の如き振る舞いは控えめになったものの、他社を愚弄する不敵な態度はまだまだ健在。 圧倒的な上から目線で相手を見下し、圧倒的な力の差を見せつけて、相手をおもちゃのように翻弄する。 やってることは悪役そのものなんですけど、アクセラレータの場合は、その姿こそが真骨頂。 「とある」シリーズに初登場したときには、それはもうとんでもなく恐ろしい存在だったのに…不思議なものですね。 今作「とある科学の一方通行」はアクセラレータが主人公ということで、コレまで以上に様々な一面が見られることが期待できそうです。 アンチスキル・黄泉川愛穂じゃんよ 今回の「一方通行」では、アンチスキルの黄泉川愛穂の出番がいつもより多めになりそうな予感がします。 黄泉川といえば「じゃん」の口癖がおなじみですよね。 どちらかというとお笑い要素強めの印象を受けるんですけど、第1話を見た限りではシリアスなほうの黄泉川さんでした。 作画の影響もあっていつもより「キリッ」としてて男前でした。 子供に武器を向けない、というポリシーも健在で、子どもたちを背にして相手に立ち向かう描写はベタなんだけど胸熱でスコ。 残念ながら今回は思うように活躍できてませんでしたけど、黄泉川の心意気はしっかりと伝わってきました。 今後の活躍に期待したいところです。 まとめ アニメ「とある科学の一方通行(アクセラレータ)」第1話「学園都市最強能力者(アクセラレータ)」を視聴した感想について書きました。 アクセラレータとラストオーダーをメインに描かれた今作品は、コレまで以上にこの2人の絡みを楽しめるということもあって、期待していた人も多かったことと思います。 実際、視聴したところ期待どおりの2人の楽しいやりとりに思わずニマニマしてしまったわけなんですけど、シリアスとコミカルのバランスが絶妙なのでグイグイと引き込まれる展開の絶妙さがとても良かったですね。 個人的に好きなキャラクターである黄泉川の出番も多そうですし、他の作品では見ることが出来ない新たな一面に期待したいところです。 次週もとても楽しみです。 以上、アニメ「とある科学の一方通行(アクセラレータ)」第1話の感想でした!.

次の

アニメ「とある科学の一方通行」1話感想!迷コンビふたたび!

と ある 科学 の 一方 通行 1 話

東京西部に位置する巨大な『学園都市』。 総人口230万人を数え、その約8割を学生が占めるこの都市では、超能力開発のための特殊なカリキュラムが実施され、学生たちの能力は『無能力レベル0』から『超能力レベル5』までの六段階で評価されていた。 そんな学園都市で、能力者たちの頂点に君臨する最強の能力者・アクセラレータ。 7人しかいない『超能力者』の中でも、飛び抜けた能力を誇る第一位は、その力ゆえに殺伐とした日常を送っていた。 繰り返される常軌を逸した『実験』と、絶対的な力を求めた末に経験した敗北。 説明文 東京西部に位置する巨大な『学園都市』。 総人口230万人を数え、その約8割を学生が占めるこの都市では、超能力開発のための特殊なカリキュラムが実施され、学生たちの能力は『無能力レベル0』から『超能力レベル5』までの六段階で評価されていた。 そんな学園都市で、能力者たちの頂点に君臨する最強の能力者・アクセラレータ。 7人しかいない『超能力者』の中でも、飛び抜けた能力を誇る第一位は、その力ゆえに殺伐とした日常を送っていた。 繰り返される常軌を逸した『実験』と、絶対的な力を求めた末に経験した敗北。

次の