ドコモ ヘルスケア。 dヘルスケアはdポイント(期間・用途限定)が貯まるお得な健康サービス/詳細内容まとめ

報道発表資料 : 連結子会社(ドコモ・ヘルスケア株式会社)の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ

ドコモ ヘルスケア

「dヘルスケア」アプリでオンライン健康相談サービスの期間限定無償提供 dヘルスケアのオンライン健康相談は、Mediplat(メドピアグループ)が提供する「first call」と連携したサービスで、医師へ24時間チャットでのオンライン相談が可能。 健康相談が可能な科目は耳鼻科や小児科など全12科目で、全て医師が実名で回答する。 操作方法は、アプリを立ち上げて新型コロナウイルスに関する健康相談の「内科」など相談先を選択。 チャットでは写真の添付も可能で、回答が来た際にはプッシュ通知でも知らせる。 また、厚生労働省からの通達を受け、同社では安心してオンライン診療を利用できるよう解説したり、サービスを提供している事業者を紹介したりする特設サイトを設置。 本サイトから各事業者のサイトへアクセスでき、初診に対応している医療機関の一覧や利用方法などを確認できる。 関連記事• NTTドコモは、新型コロナウイルスに関する迷惑メールについて注意喚起。 10万円特別定額給付金(仮称)の手続き方法の案内を装ったメールや、マスクの無料配布、抽選・販売などを装った内容のメールが確認されている。 Fitbitが、スタンフォード大学医学部の新型コロナウイルスの兆候検出アルゴリズムの開発に協力する。 このアルゴリズムは、感染症の兆候である心拍数や血中酸素飽和度の上昇を検出し、ユーザーに警告する。 米国のFitbitユーザーはアプリから参加を申し込めるようになる。 総務省の要請を受けて、NTTドコモが4月21日から全国の「ドコモショップ」の受け付け業務を「通信サービス利用に必要な業務」に制限する。 その他の手続きは、My docomoやドコモインフォメーションセンターで受け付ける。 24時間365日、100人以上の医師に相談できるアプリ「LEBER」がコロナウイルスに関する相談に限り無料提供。 期間は4月10日までを予定する。 LINEは2月7日、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を提供する「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントを開設した。 関連リンク•

次の

報道発表資料 : 連結子会社(ドコモ・ヘルスケア株式会社)の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ

ドコモ ヘルスケア

dヘルスケアとは? dヘルスケアとは、NTT docomoが提供するアプリで、健康管理をしながらdポイントもお得に貯めることができる内容となっています。 歩数計測や体重記録など毎日のミッションをクリアすることで、抽選でdポイントが付与されるため、体重管理や日常生活のなかで健康を意識した生活に役立つアプリとなっています。 有料版と無料版がありますが、有料版では特にポイントガ貯められるチャンスが増え、サービス内容も充実しています。 500万ダウンロードを突破 「dヘルスケアアプリ」はすでに500万ダウンロード突破を達成。 2018年5月に提供開始したサービスではありますが、多くの方に利用されています。 2019年4月より、dヘルスケア 300円 を有料版としてさらに便利で役立つ内容のサービスを提供開始。 ドコモユーザーに関わらず dアカウントがあれば誰でも利用できるようになっているため是非注目してみてください! dヘルスケアアプリの料金 dヘルスケアアプリは、無料版と有料版があります。 どちらも健康管理として役立つ内容ですが、有料版では驚くほど便利な機能やサービスが使えるようになっています。 それぞれのサービスでできることは後述しますが、まずは料金詳細や対象をチェックしましょう。 無料版 ドコモ回線をお持ちでないかたもサービスを利用できます。 無料版として使える機能やサービスは限られていますが、歩数計測や体重などの日々の体の状態を記録することも可能になっています。 抽選でdポイントが付与されるチャンスもあります。 有料版 300円 dヘルスケアの有料版 300円 も、ドコモ回線のみならず全ての方が利用できるようになっています。 無料版と比較してもそのサービス内容が充実しており、健康管理に大いに役立つ内容と言えるでしょう。 お得にdポイントを貯めながら、ご自分の健康に関する相談もできる点が大きな魅力です。 dヘルスケアやfirst call 専門家への相談 を含めた10個の便利なアプリが使い放題になった非常にお得な内容です。 こちらの有料版はドコモ回線をお持ちの方のみが利用できるサービスとなっています。 dヘルスケアアプリ無料版でできること dヘルスケアのアプリで具体的にどのようなことができるのでしょうか。 まずは無料版のdヘルスケアアプリでできることを確認していきましょう。 歩数、体重、血圧の記録、グラフ ユーザーの健康状態を記録して管理することができます。 体重や血圧、歩数を記録し、それをグラフすることができるため、日々の状態を比較することもできるでしょう。 健康コラム 健康コラムでは、健康や美容に関するコラムを配信。 14つのカテゴリで様々なコラムが展開されているため、日々の健康管理に役立ちます。 歩数ミッション 歩数の目標を達成することで、dポイントが抽選で付与されます。 なかなか毎日の歩数を意識することがない方でも、このアプリを使うことで簡単に計測できて、ミッションをクリアする楽しみにもつながりますね。 体重ミッション 毎日体重を計測し、記録することで、日々の体の変化や体調管理にも繋がります。 新型コロナウィルスの影響で、自宅で過ごすことが増えた方も多い中で、知らない間に体重の増減があった方もいらっしゃるでしょう。 こうした体や生活習慣の変化にすぐに気付けるのも毎日の計測が基本となります。 体重計測を記録して把握することが健康維持にも繋がるでしょう。 dヘルスケアアプリではこの体重計測の記録もクリアすることで、抽選でdポイントが付与されるようになっています。 ミッションクリアでdポイントの付与 上記でご紹介した、歩数や体重記録など、毎日のミッションをクリアすることで、抽選でdポイントが貯められるようになっています。 無料版では抽選制ではありますが、健康管理をしながらお得にポイントを貯めるチャンスがあり、それが楽しみにも繋がりますね。 カレンダー機能 dヘルスケアアプリでは、カレンダーでご自身の記録やミッションクリアなどの行動を簡単にチェックすることができるようになっています。 無料版のカレンダー機能としては、前月・当月のみの表示となりますが、ご自身の健康管理の振り帰りや前月との比較にも繋がりますね。 有料版では前述した無料版の各サービスに加えて以下の機能やサービスが使えるようになっています。 dポイント抽選が必ず当たる ミッションクリアでdポイントが必ず付与されるようになっています。 無料版では抽選となりますが、有料版の場合は必ずdポイントが当たるため、お得にdポイントを貯めることができるでしょう。 また、有料版の利用者のみに限定ミッションも配信されるため、dポイントを貯める機会自体も多くなります。 ごほうびミッション 毎日の計測や入力を行っている有料ユーザーには「ごほうびミッション」が届きます。 健康管理のモチベーションを上げるきっかけにもなるかもしれません。 目標体重設定 2020年1月より追加された機能として、目標体重の設定およびグラフでの差異を簡単にチェックできるようになっています。 健康維持や美容のために体重を管理したいという方も、こちらの機能を使って一目で体重の変化や目標に対する状態をチェックすることができます。 ふりかえりレポート配信 月初に、前月の頑張りをレポートして配信する機能です。 先月の歩数や体重の変化、ミッション達成回数などがわかりやすくまとめられて配信されます。 カレンダー機能 無料版でもカレンダー機能がありますが、有料版では期間の限定なしに過去を全てカレンダー上で表示することが可能になっています。 ご自分の体重変化などがあった場合、遡ってその月の頑張りをチェックすることができますね。 専門家へのチャット相談 目玉とも言えるサービスがこちら。 「first call」の専門家にチャット相談の機能が使えるようになっています。 医師や栄養士などへ、日々の健康のことや体調管理についてチャット形式で24時間相談することが可能。 医師は実名でやり取りするため、安心して使うことができるでしょう。 ちょっとしたお悩みや心配事などがある場合に使いたい機能です。 24時間受付可能ではありますが、医師の状況により返信までに時間を要する場合もあります。 また、回数制限はありませんが、一度のチャットで医師からの回答は3回までとなっていますのでご注意ください。 広告表示なし 無料版ではアプリ上で広告が表示される仕様になっていますが、有料版ではこうした広告が表示されません。 集中してdヘルスケアアプリを楽しむことができるでしょう。 dヘルスケア限定特典 健康アプリ使い放題 dヘルスケアアプリ有料版 500円 では、健康に関するアプリが使い放題になっています。 dヘルスケアアプリを含めた10個のアプリが使えるようになっています。 ・dヘルスケア 有料版 300円 のdヘルスケアをお使いいただけます。 ・first call 有料版 300円 では使えない「TV電話相談」を使って医師と話しをすることが可能など、サービス内容が充実。 日常生活の歩数を無駄なくお得にできるサービス ・あすけんダイエット 利用者100万人以上のダイエットアプリ。 健康サポートとしても有効です。 食生活から、栄養士のアドバイスをもらえるのも嬉しい点 ・おくすり手帳Link アプリで薬の管理ができるサービス。 飲み忘れや薬局での待ち時間の解消にも繋がります。 ・母子健康手帳アプリ 妊娠・出産・育児で使えるアプリ。 ママだけでなく、パパ向けのコンテンツも更新されている点nも魅力的です。 ・カラダの時計 生理周期やPMS、食事・運動・睡眠といった生活習慣に直結する内容をサポートしてくれるアプリ。 月に4回、管理栄養士に食生活の相談も可能になっています。 ・WM わたしムーヴ アプリ 歩数や睡眠をデータとして管理。 わかりやすくグラフ表示など、見える化してくれます。 健康に欠かせない生活習慣や睡眠の質を見直すきっかけにも役立つでしょう。 ・カラダのキモチfor baby 妊娠中から産後までのプレママをサポートするアプリ。 妊娠週数でのプレママの体調や心の変化にも にも注目し、快適なマタニティライフをサポートします。 すべて専門家によるアドバイスが行われるため、参考にできる内容です。 ヘルスケア商品、レッスン割引 健康に関する商品を割引価格で購入できる点や、フィットネスクラブへの入会金・手数料・月会費が1か月分無料など、健康管理や維持のために役立つ商品やサービスをお得に利用できるようになっています。 各種キャンペーン 現在は60歳以上の方を対象に、dカードGOLDに入会した同月内にdヘルスケア有料版 300円 に入会した場合、1,000ポイントのdポイントを付与するキャンペーンを行っています。 付与ポイントは、期間 進呈日から90日 ・用途限定となります。 dヘルスケアアプリの申込み方法 dヘルスケアアプリの申込みは、dヘルスケアサイト・My docomo・ドコモショップ・ドコモインフォメーションで可能となっています。 ただしdアカウントへの登録 無料 が必須となりますのであらかじめ登録しておくとスムーズです。 dヘルスケア有料版はドコモ回線ユーザーのみが加入可能 医師にTV電話で相談できるサービスや、健康アプリを使い放題となる「dヘルスケア有料版 500円 」はドコモ回線契約者かつspモード契約者が利用できるようになっています。 そのため、ドコモのスマートフォンやタブレットユーザーが利用できるサービスということでしょう。 新型コロナウィルスで、病院への受信や外出を控えている方も多いなかで、こうしたサービスを利用できるのは非常にメリットになります。 こうしたメリットもあるため、スマホの乗り換えなどを検討している方は、ドコモを乗り換え先として検討しみても良いかもしれません。 まとめ 今回はdヘルスケアについてその料金やサービス内容を解説しました。 新型コロナウィルス流行をきっかけに、さらに健康への意識が高まっているこのときだからこそ、便利に使えるdヘルスケアで、楽しみながら健康管理をしてみてはいかがでしょうか。

次の

ドコモのdヘルスケアとは?シニア層(高齢者)が申し込むメリットを考えてみた!

ドコモ ヘルスケア

ドコモのdヘルスケアって何なのじゃ? ドコモでは、dヘルスケアというサービスを提供しています。 高齢者が気軽に運動したりすることができるように工夫されたアプリ。 万歩計や体重・脈拍・血圧管理 医師に健康に関する相談がチャットでできるサービス 限定特典サービスを利用 総合健康管理アプリとなっています。 さらに、dヘルスケアではdポイントも貰うことができるという特典もあるので、健康が気になってきた高齢者はぜひdヘルスケアを利用することをおすすめします。 この記事では、dヘルスケアはどんなサービスなのか、高齢者が申し込むメリットは何なのかということについて詳しく解説していきますので、ぜひチェックしていってくださいね。 ドコモのdヘルスケアとは? 参照: dヘルスケアとは、体のことで心配なことがあれば 24時間いつでも医師にチャットで相談したりすることができる健康アプリです。 また、歩いた歩数がdポイントが付与されます。 体重や血圧などの健康管理や健康についてのコラムを読むことも可能。 dヘルスケアを活用することで、健康的に生活することを目指すことができます。 歩数・体重・脈拍・血圧を記録 dヘルスケアでは健康管理のためにその日 歩いた歩数や体重、脈拍、血圧などを記録することができます。 一目で確認することができるようにグラフで表示することができます。 総合的に体の記録を確認することで、健康管理に役立てられます。 歩数計でdポイントが貰える dヘルスケアの歩数計サービスは、 毎日目標歩数が設定されるミッションがあり、目標歩数を達成するとdポイントが貰えます。 貰えるdポイントは抽選でそのときによって貰えるポイントが異なっています。 抽選によっては0ポイントということもありますが、ミッションクリアで楽しく健康管理しながらdポイントも貯められてお得。 dヘルスケアを利用しないよりは無料でもいいから利用したほうがいいですよね。 健康コラム dヘルスケアでは健康コラムも配信されていて、健康コラムは無料コースでも利用可能です。 コラムは健康維持や健康相談だけでなく、 肩こりや腰痛 ストレス 便秘 肌ケア 睡眠 などさまざまなジャンルのものがあるので、気になる内容があればいつでも見ることができます。 さらに有料コースは300円と500円のコースに分かれています。 無料コースと有料コースでは、利用することができるサービスに違いがあります。 無料コースで利用することができるのは、万歩計サービスや体重・脈拍・血圧の管理、健康コラムのみ。 医師に体調や健康について24時間相談することができるファーストコールや限定特典サービス、コンテンツ使い放題のサービスは利用することができません。 また、 歩いた歩数でミッションをクリアするとdポイントが貰えるサービスも、無料コースの場合は抽選となって必ず貰えるとは限りません。 有料コースならミッションにクリアすれば必ずdポイントが貰えます。 その他のサービスも利用することができるので、総合的な健康管理をしたいなら有料コースを利用するのがおすすめです。 500円コースはドコモ回線利用者限定のコース。 dヘルスケア以外の健康管理アプリも使い放題になる特典が利用できるので、さらにお得に健康管理をすることができます。 【有料コース限定】日替わりミッションでdポイントが貰える 有料コースの場合は必ず最低でも1ポイントは貰えるので、30日毎日ミッションクリアすれば最低でも月30ポイントは貯めることができます。 有料コースならdポイントが貰えるのは歩数計だけではありません。 dヘルスケアでは 日替わりでさまざまなミッションが配信されるので、ミッションをクリアすれば1ポイント~30ポイントが貰えます。 ミッションには ストレッチや食事の献立、体重を図るだけといったものまであるので、簡単にdポイントを貯めることができますよ。 dポイントが貰えて健康も維持することができるまさに一石二鳥のサービスなので、飽き性な人も続けることができるのではないでしょうか。 【有料コース限定】医師に相談ができるファーストコール ファーストコールは、体のことで悩んでいることがあるときや、健康について相談したいことがあるときに、24時間チャットで医師に相談ができるサービスです。 相談科目は耳鼻科や眼科、がん診療科、整形外科など13科目。 病院に行くほどではないけど体の不調があるというときや、本人の体調で心配していることがある家族が相談することもできます。 ファーストコールは有料コースの300円・500円コース利用者しか利用することができないサービス。 利用するなら300円か500円のどちらかのサービスを申し込む必要がありますよ。 300円コースではチャットでの相談ができますが、500円コースではチャット相談に加えてテレビ電話でも相談が可能。 テレビ電話なら15分間相談することができるので、顔を見ながらじっくり相談することができます。 【有料コース限定】限定特典 dヘルスケアの有料コースでは、ヘルスケア商品が特別価格で購入できたり、対象のスポーツクラブのレッスン料を割引することができる 限定特典を利用することができます。 ヘルスケア商品はdショッピングの特別サイトやDEMECALのがんリスクチェッカー、通販サイトショップジャパンでトゥルースリーパープレミアムセットを特別価格で購入することができます。 レッスン割引については、スポーツクラブルネサンスの入会金・事務手数料・月会費1か月分が無料になったり、ドゥミルネサンスのお試しレッスンが550円、入会金が無料になる特典があります。 【500円コース限定】対象のコンテンツが使い放題 有料コースの中でも500円コースを利用するなら、さらにコンテンツが使い放題で利用することができます。 あすけんダイエット• からだの時計• カラダのキモチ• カラダのキモチbaby ダイエットアプリや体内時計を整える生活リズム改善アプリなどが対象で、 課金せずに利用できるお得な特典です。 dヘルスケアを高齢者が申し込むメリット 健康については年齢問わず気にしていきたいものですが、特に高齢者は健康には気を付けていきたいですよね。 体の衰えを感じるとともに、思うように体が動かなくなって運動する気持ちにならないという高齢者も多いと思いますが、そんな高齢者にこそdヘルスケアは利用をおすすめしたいサービスです。 高齢者がdヘルスケアを申し込むメリットについて解説していきます。 歩くだけでdポイントが貰える dヘルスケアのサービスでも解説しましたが、dヘルスケアを利用する一番のメリットは 「ただ歩くだけでdポイントが貰える」という点ですよね。 他のアプリや万歩計では歩いた歩数を確認するだけで、何にも特典はありません。 dヘルスケアなら目標の歩数さえ歩けばdポイントが貰えてお得なんです。 毎日続ければ続けるほどdポイントはたくさん貯まっていくので、 楽しみながら毎日歩くことができて結果的に健康管理に繋がります。 何も目標がなく運動するのはつらいですが、dポイントをたくさん集めてお得に買い物をするという目標があれば、長く続けていける人が増えると思います。 60歳からのスマホプログラムの特典で利用できる 参照: 60歳以上の高齢者なら、「60歳からのスマホプログラム」というお得なプログラムを利用することができます。 60歳以上の限定プログラムは、利用料金は無料で3つのプログラムをお得に利用することができる60歳以上限定のプログラムです。 dヘルスケア 60歳からのスマホプログラムならクリアすれば無料コースでもdポイントが必ず貰える• dエンジョイパス 月額500円が最大13か月無料• らくらくコミュニティ プレミアムゲーム月額500円が最大3か月無料 3つのプログラムのうちの1つがdヘルスケアになっているため、60歳以上はお得にdヘルスケアを利用することが可能ということなんです。 dヘルスケアの60歳からのスマホプログラムの特典は、ミッションをクリアすれば無料コースでもdポイントが必ず貰えるという特典が受けられます。 dヘルスケアは無料コースではミッションをクリアしても抽選で外れたらdポイントが貰えないのですが、60歳からのスマホプログラムを利用すれば、無料コースでも必ず抽選でdポイントが貰えるようになります。 なので、dヘルスケアをやってみようかなと検討しているなら、まずは60歳からのスマホプログラムの特典としてdヘルスケアを使ってみて、お得にdポイントを貯めながらdヘルスケアに慣れてきて、もっと使いこなしたいとなったら有料コースに変更することもできます。 60歳以上の高齢者限定のメリットですので、これは使わないと損ですよ。 医師にいつでも気軽に相談ができる dヘルスケアの有料コースなら医師に相談ができるファーストコールというサービスを利用することができるので、ちょっと体調について気になることがあるというときに活用することができます。 病院に行くほどじゃないと本人は思っていても意外と大きな病気だったりすることもあるので、 ちょっとしたことでも医師に相談することができるのはうれしいですよね。 また、本人が大丈夫だと思って病院に行きたがらなくても、家族が心配することもあると思います。 そういうときは家族の相談も対応してくれているので、病院に連れていくべきか悩んだときに活用することもできます。 このように、病院に行かなくても医師に相談ができるというのはとても便利なサービスですので、高齢者にはぜひ活用してみてもらいたいですね。 健康意識が高まる ドコモのアンケート結果では、dヘルスケアを利用してから 健康意識が向上したと答えた人は89. 6パーセントだったそうです。 なので、dヘルスケアを利用することで次第に健康意識が高まっていき、自発的に運動をしたり、食事に気を付けたりするようになる人が多いということになるので、 健康を意識するきっかけとして利用するのがおすすめなサービスではないでしょうか。 dヘルスケアについてのまとめ.

次の