やっくん 事故 車。 桜塚やっくん

桜塚やっくんは、亡くならずに済んだのか? : 社長ブログもどき

やっくん 事故 車

Contents• 桜塚やっくんの事故の真相について。 今回の桜塚やっくんの交通事故の真相についてですが、事故当日は美女menZのイベントのために桜塚やっくんとメンバーとマネージャーで熊本県に車移動中に起こった交通事故でした。 車の運転についてですが最初はギターのなっちが運転していましたが、途中で桜塚やっくんが運転を代わっていました。 桜塚やっくんが運転中に車が中央分離帯に激突しました。 ここから悲惨な事故が起こりました。 砂守マネージャーがまず後続車にはねられた。 まずこの砂守マネージャーがこの事故が起こったことを電話しようと車から出た時に後続からきていた車にはねられて外傷性ショックで亡くなりました。 さらにぞの後に桜塚やっくんが事故にあいます。 その後桜塚やっくんが後続車にはねられ事故にあった。 桜塚やっくんも後続から来た車にはねられております。 桜塚やっくんは砂守マネージャーがはねられたことで後ろの車をとめようと手をふっていたり、110番しようとしていたところに後続車が突っ込んできての事故ということだったといわれています。 そして桜塚やっくんの死因についてはこのような情報があります。 【死去の理由】桜塚やっくんの死因(死亡原因)は交通事故後の心臓破裂だった。 桜塚やっくんは交通事故にあった後に蘇生手術を行ったんですが、ほぼ即死だったといわれています。 桜塚やっくんの死因つまり死亡の原因としては交通事故後の心臓晴だったという情報があります。 あまりに悲惨な出来事でした。 しかもこの事故当日は天候が悪かったということでこのような情報があります。 桜塚やっくんの死亡した日は悪天候で運転が難しかった。 桜塚やっくんが死亡した日ですが天候が悪く運転が難しかった状況だったということが分かっています。 また事故直前に車のブレーキがきかなくて桜塚やっくんが動揺していたという情報があります。 悪天候だったことそしてブレーキがきかなかったことでこのような悲惨な事故となってしまったようですね。 またこの桜塚やっくんの事故を起こした場所はこのように言われているようです。 美祢インターチェンジ(IC)~美祢西IC間、伊佐パーキングエリアを2キロほど過ぎたところ、丘を登り切った地点で訪れる半径360メートル、下り勾配5%の右カーブ。 地元でも「魔のカーブ」といわれるほど、事故が多発しているところ.

次の

高速道路、下り右カーブ、追い越し車線停車の最悪状況 桜塚やっくん、どうすれば事故回避できたのか

やっくん 事故 車

4年前に高速道路で交通事故を起こし、 死亡した 桜塚やっくんのブログが未だに更新されていると話題になっています。 桜塚やっくんとは 少年時代は、本名の斎藤恭央でジャニーズJr. として活動していた。 大学在学時の19歳から21歳まで3年間、 俳優・新藤栄作主宰の劇団無現で芝居の基礎を学び、大学卒業後はスクールJCAに入所。 石井光三オフィス所属として、竹内幸輔とお笑いコンビ「あばれヌンチャク」を結成。 相方の竹内が声優への転向を決意したため、 コンビを解散し、その後は ピン芸人として「スケバン恐子」でブレイク果たします。 桜塚やっくんが交通事故死 2013年10月5日、やっくん主催のバンド「美女menZ」のライブをするため熊本に向かう最中、 自らがハンドルを握ってワンボックスカーで仲間5人と下り線を走行中に 中央分離帯に衝突する単独事故を起こした。 そこでは無事だったが、マネージャーが表に出たところ後続の車にはねられて死亡。 それに驚いてやっくんが近づいたところ別の後続車にはねられた。 やっくんはその後病院へ搬送されたものの、 同日には心臓破裂により死亡が確認された。 事故現場は 魔のカーブと呼ばれているS字カーブがあり 高速にしてはカーブが急すぎるため事故が多発する場所だった。 桜塚やっくんが乗っていた事故車に霊? やっくんの死亡が報じられると 「 やっくんが乗っていた事故車に霊が写っている」と言う人が多く、話題になりました。 後部座席に逆さまの顔。 画像をひっくり返すと 確かにハッキリと顔が写っているように見えます。 他にも顔に見えなくはないかな?程度だが、 かなりの数の霊が写りこんでいると話題になった。 死後4年経った今もブログが更新されている 桜塚やっくんが交通事故で突然この世を去ってから3年が過ぎましたが、 今でもやっくんのブロクにコメントを寄せる人たちが後を絶ちません。 ファンレターの返信や街中でたまたま会ったファンへの対応など サービス精神が旺盛でとても良い人と有名なやっくん。 当時の熱狂的なファンが未だにやっくんが好きで毎日コメントしているのかもしれませんね。 ネットの反応 ・あほどもの日記帳になっておる ・これ全員同じやつなんちゃう...? ・慣れあってて笑えるwww ・もう閉鎖したれよ ・心霊写真といい死んでからの方が有名になってる 桜塚やっくん本人の記事は 2013年10月3日で止まっていることが悲しい現実を見せつけてくれますね。 追悼サイトを立ち上げるのではなく、 本人の遺産にいつまでもしがみつくところに尋常ではない熱心さが伺えます。 死後、心霊写真といいブログといい少し怖い内容で話題になるやっくん。 ご冥福をお祈りします。

次の

禁固刑の可能性も…桜塚やっくんを轢いた中年男性の悲劇

やっくん 事故 車

事故当時の状況 (以下引用) 「 『やべぇ!スベるスベる!ブレーキが利かない!』。 運転席のやっくんがいきなり叫んだんです。 聞いたことないぐらい大きな金属音と何かが爆発したような音がして、強い衝撃と車が大きく回転するのを感じました」(伊織・ベース担当) (以上引用 フライデー) やっくんの運転する車が中央分離帯にぶつかった瞬間でした。 時刻は10月5日、夕方5時前。 (以下引用) 「現場は カーブが連続し勾配も急な区間です。 昼からの雨で路面は濡れ、夕方には見通しも悪くなっていました。 土砂降りであれば、後続車もスピードを落としていたかもしれませんが、この日の雨はそれほどでもなかった。 (以下引用) 「ぶつかった衝撃で頭も混乱し、ショックを受けていると 『みんな本当にゴメン!大丈夫か』 と、ぼくらを気遣うやっくんの声が聞こえました。 すぐに マネージャーの砂守さんが 『参ったな……。 ちょっと電話をしてくる』 と、iPhone片手にスライドドアを開けて右足を道路側に出そうとしたんです。 その時、ガガガガガという音が鳴り、砂守さんがグルリと身体を捻って振り返ったかと思うと、後部座席に飛び込んできました。 脇を通ったトラックが猛スピードで砂守さんをはねてしまったんです。 見ると、砂守さんは目を見開いたまま絶命していました。 その状況はとても言葉では説明できません……」(透ch・キーボード担当) 砂守氏とほぼ同時に車外に飛び出していたやっくんは突然の出来事にパニックに陥った。 やや遅れて車外に出た伊織は後続車に事故を知らせようと、危険を顧みずに後方に向かって走った。 事故に気づいて停車した車に発煙筒をもらい、着火したが、なおも悲運が重なる。 「 雨に当たってすぐに消えてしまって……。 やっくんは、 『砂守さーん!砂守さーん!』 と涙声で彼に呼びかけていました。 そのうち、 やっくんがぼくのほうに駆け寄ってきたので、ここは僕に任せて救急車や警察に連絡をとってくれるようにお願いしたんです」(伊織) (以上引用 フライデー) 伊織さんも車外に出ていたんですね…。 この伊織さんの呼びかけに応じ、車のほうへ再び駆け寄ろうとしたやっくんに、悲劇が訪れます。 後続のカルディナにはねられ、車に向かって10mほど飛ばされてしまったのだそうです。 そのまま、 開けっぱなしだった運転席のドアにぶつかり、「ガシャーン!」というガラスが割れるような音とともに、やっくんははねるようにして中央分離帯に激突しました。 (以下引用) 「何が起こったかわからなくて、おもわずやっくんの飛んでいった方向に駆け寄りました。 中央分離帯に、うなだれるように倒れているやっくんの状態を起こして呼びかけてみましたが……両目は開いたままで、顔の右側が血だらけで真っ赤に染まっていて……。 既にそのときには事切れていたと思います。 救急車を呼んだんですが、20分くらい来なくて……。 その間に通りかかったご夫婦が砂守さんに心臓マッサージをしてくれました。 あのご夫婦には本当に感謝してもしきれません」(透ch) 「 普段、運転は若手のぼくたちがしていて、やっくんはやらないんです。 でも広島のSAで休憩して車にもどったら、運転席にやっくんが座っていました。 『おまえら疲れただろ』 ってぼくらを気遣ってくれたんです。 ぼくらメンバーのことを第一に考えてくれて……」(如月なつき・ギター担当) (以上引用 フライデー) 中央分離帯に衝突してからやっくんがはねられるまで、わずか5分ほどの出来事だったそうです。 高速道路での事故は、本当に恐ろしいですね…。 高速道路で事故を起こした際の対処法 実際、高速道路の事故で、車外へ出てはねられるという事故は多いのだそうです。 2012年の1年間に高速道路で発生した196件の死亡事故のうち、 故障や事故のため高速道路上で車を降りた後に後続車にひかれて亡くなった人は41人にものぼるのだとか。 だからといって、事故を起こしたとき車外へ絶対に出なければいいかといえばそれも後続車に追突される可能性が高いので危険。 JAFによると、高速道路で事故をした時の正しい対応はこうなっています。 (1)ハザードランプを点けて路肩にクルマを寄せる (2)燃料漏れがないことを確認のうえ発炎筒を炊き、三角停止表示板をクルマの50メートルほど後ろに置く (3)ガードレールの外側に避難して、非常電話か携帯電話で通報する ただ、やっくんの事故は追い越し車線で、中央分離帯に衝突しています。 追い越し車線から路肩へ移動するのも危ない場合がありますよね。 とくに、現場は見通しの悪いカーブ地帯だったと言いますし…。 インターネット上では、路肩に避難するのが危険な場合は、 ・車内から出ずにクルマの後方に向けて窓から発炎筒を投げて車内で待機する。 ・また後続車に知らせるため、クラクションを鳴らし続ける。 といった対処法も挙げられているそうです。 (以下引用) 「事故で冷静さを欠き、一般道と同じ感覚で車外に出てしまう人が多い。 まず後続車の追突を想定し、飛行機の墜落事故のように衝撃に耐える体勢を取ること。 安全が確認されたら、左車線ならガードレールの内側、追い越し車線なら中央分離帯に避難します。 その際、車の前方だと衝突物が飛んでくる可能性があるので、後方に避難してください」(交通ジャーナリストの間貞麿氏) (以上引用 日刊ゲンダイ) 事故現場の映像を見ると、やっくんの車はバンパーが落ちてしまっています。 もし車線が空いていたとしても、車をそこから路肩へよせるのは難しかったかもしれません。 クラクションを鳴らす、発煙筒は窓から投げる等の、ネット上にある情報を実行して車内にとどまり、車内から警察に電話をしていたら、もしかしたら命は助かったのかもしれません。 事故などという非日常の状況で、そこまで冷静に行動できる人はそんなにはいないでしょうけど…。 やっくんといえば、11年に準強姦容疑で書類送検されたことがありました。 ブログで全面的に否定していたものの、イメージはがた落ちし、仕事が激減していたと報じられています。 第一報を聞いたときは、何かの冗談か、ありがちな同姓同名の別の人が、とかそういう類のものかと思いました。 本当に亡くなってしまわれたんですね…。 やっくんの告別式は9日、親族のみで執り行われたそうです。 心より、ご冥福をお祈りいたします。

次の