ショート ケーキ。 えっ、ショートケーキの名前の由来はショートニングから。不二家創業者藤井林右衛門が命名

ショートケーキの「ショート」の意味!実はホールケーキとは関係ない

ショート ケーキ

雑学クイズ問題 ショートケーキの「ショート」の意味は? A. 砕けやすい B. 柔らかい C. 短い D. ふわふわした 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! ショートケーキの意味と名前の由来は?ショートって何? ケーキの王道ショートケーキ ケーキって本当に美味しいですよね! デパートのケーキ売り場などの前を歩いていると、美味しそうなケーキがたくさんあって目移りしてしまいます。 また、外食などをすると、食後にセットでケーキと温かい飲み物が食べられるとなると、ついつい頼んでしまいます。 様々な種類のケーキがありますが、皆さんはどのケーキが1番好きですか? 筆者はケーキの王道ともいえるショートケーキが1番好きです。 イチゴの甘酸っぱさと生クリームの甘さがとてもシンプルで美味しいです。 誰もが知っているであろう ショートケーキですが「ショート」ってなんだろうと思いませんか? 別に他のケーキに比べて短いわけではないので短いという意味ではなさそうですが・・・ 今回はそんなケーキの王道「ショートケーキ」の雑学をお届けします。 ショートケーキの意味と由来には諸説あり? ショートケーキの意味と由来について調べたところ、 諸説あることがわかりました。 その中でも有力だと思われる2つを紹介します。 砕けやすく脆いから ショートという単語について調べてみると 「砕けやすい」「脆い」という意味でも使われるようです。 つまりは「さくさくした食感を表すもの」であり、短いではなくてこちらの意味の方がショートケーキの意味としては通じますよね! またショートケーキには面白い語源が存在するそうです。 もともとショートケーキの 起源はスコットランドであり、スコットランドの別名はショートランドと呼ばれています。 スコットランドのショートケーキは日本のスポンジケーキとは違ってクッキーのようなお菓子を指します。 結婚式ではこのスコットランド式ショートケーキを花嫁の頭に叩きつけ、1度で割れないと縁起が悪いとされました。 このことから ショートランド(スコットランド)の砕けやすい脆いケーキを、ショートケーキと呼ぶようになりました。 結婚式でケーキを叩きつけるなんて凄い風習ですよね・・・ ショートニングを使っているから 続いての説は ショートニング(植物油脂)を使って作っているからショートケーキと呼ぶという説です。 現在に比べて昔はバターが高かったため、ケーキの材料にはショートニングと呼ばれる植物油脂を使用していました。 そして、さきほどの説とは違って 発祥はアメリカとされています。 ショートニングケーキが略されて、ショートケーキと呼ばれるようになりました。 ショートケーキの雑学 ショートケーキの意味や由来についてわかったところで、最後にショートケーキの雑学です。 実は ショートケーキと聞いて、スポンジに生クリームをのせたケーキを想像するのは日本人だけなのです。 日本でショートケーキが誕生したのは、1922年のことで、不二家によって販売されました。 不二家によって作られたショートケーキはスポンジを使用することにより、 日本人向けに改良されて作られたものなのです。 そもそも、アメリカ式のショートケーキはスポンジケーキではなく、ビスケットを土台にして生クリームをのせて、ビスケットで挟んだケーキのことをいいます。 一見すると英語のようにも思えますが、海外ではショートケーキは通じないので注意してくださいね! 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. 砕けやすい」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 日本のショートケーキが海外とは違うことにとても驚く雑学でした。 まとめ ショートケーキの「ショート」は短いという意味ではない。 ショートは「砕けやすい・脆い」などの意味で用いられることがあるため、そちらが有力である。 また、ショートニング(植物性油脂)を使用したから「ショートケーキ」と呼ばれる説もある。 スコットランドやアメリカが発祥とされているが正確な事はわかっていない。 また、ショートケーキがスポンジケーキとして売られているのは日本だけである。

次の

ケーキ界の王様!「ショートケーキ」が絶品な東京都内のお店11選

ショート ケーキ

ショートケーキとは? 簡単にいうとショートケーキとは、 スポンジケーキを台座として、そこにクリームやチョコレート、くだものなどをあしらってある西洋菓子のケーキの一種のことを指しています。 もっと具体的には、スポンジケーキの間に生クリームとイチゴが挟んであったり、その周りが生クリームでコーティングされていたり、上にイチゴが飾ってあるもの、という定義もあるようです。 ホールケーキとは? 数あるケーキのうち、主に 切り分けて大人数で食べることを目的としてつくられる、円柱形をした大きいサイズのケーキが、ホールケーキです。 その場合、単に「ホール」とも呼ばれることもあります。 そして、 ホールケーキを切り分けたもののことは、ホールに対して「ピース」と呼ばれることが一般的となっています。 ということは、どうやらホールケーキをカットしてあるものがショートケーキというわけでは、なさそうですよね。 次章では、そのことについて深掘りしていきますよ! ショートケーキとホールケーキの違いは? さて、そんなショートケーキとホールケーキの違いですが、まず再確認しておきます。 ショートケーキとは白いクリームが全体に塗ってある、上にイチゴがあしらわれたケーキのことを指したもののことです。 対するホールケーキとは、焼いたそのままの大きさを号数で表したケーキのことを言います。 つまり、 ショートケーキとホールケーキの最大の違いは、「ケーキの種類と大きさ」だったのです。 したがって、ホールケーキをただカットしたケーキのことをショートケーキと呼ぶことは、誤りであると言えますよ。 スポンサーリンク ショートケーキのショートってどういう意味? ではショートケーキって、ホールをカットしてショート(短い・小さい)になったからでないのだとすれば、一体どういった意味があるのでしょうか? じつは、ショートケーキに使用される 「ショートニング」と呼ばれる油がその名前の由来になっていると言われています。 ほかにも、ショートケーキのスポンジ生地の特徴である 「もろい・砕けやすい」という意味を併せ持っている「ショート」を使うようになったようです。 また、 スコットランドは「ショートランド」と呼ばれることもあり、その地域のお菓子であるということで「ショートケーキ」と呼ぶようになったという説もあるんですよ! ショートケーキとホールケーキの違いは?のまとめ いかがでしたか? 聞いてびっくり、目からうろが落ちるような「ショートケーキ」と「ホールケーキ」。 私自身も、ホールケーキをカットしたものがショートケーキだと思ってました。 友人やご家族にも教えてあげることで、「なるほど、そうだったのか~」とケーキ話に花を咲かせるのもいいかもしれませんね。

次の

ショートケーキの賞味期限ってどのくらいなんでしょうか?昨日作って、今日...

ショート ケーキ

ショートケーキの意味とはいったい何? さて、早速調べた結果をお伝えしますと、やはり妻の言うとおりで正解でした。 そもそもショートケーキとは、アメリカからやって来たケーキです。 そのショートケーキの「ショート(short)」とは短いと言った意味ですがその他に、• サクサクした• ポロポロした という意味がありました。 そして、ケーキなどをサクサクさせるために入れるバターやラードなどを• ショートニング(shortening ということもわかったのですが、実は、ショートケーキの ショートとはこの ショートニングの ショートからきているのです。 つまり、本場のアメリカのケーキは、土台となる部分が サクサクしたり ポロポロしたりと、乾いたビスケットのような感じになっているのです。 ただ、実際に見たことがないので、現地のショートケーキがどんなものか、twitterで「short cake」と英語検索を掛けてみると… Strawberry shortcake tiramisu. イチゴ以外の食材を使ったものは通常その食材の名を冠して、「バナナショートケーキ」「ピーチショートケーキ」などという。 引用元: のようにでき上がったすべてのケーキをショートケーキと位置付けています。 しかし、Wikipediaでも書かれているように、日本で食べるショートケーキはスポンジケーキが土台です。 なので、アメリカのようにパサパサもポロポロはしていなくて、ふわふわな柔らかさなのですが、いつからそのようなケーキになったのでしょうか? 日本のショートケーキはいつから柔らかくなったの? 確かに、今までに私が記憶するの中で、ケーキの土台が、パサパサ、ポロポロと乾燥した状態のショートケーキを食べたことはありません。 実は、それで当然なのです。 なぜなら、ショートケーキがアメリカから日本に初めて入ってきたときに、日本のケーキ職人がそのショートケーキを食べ終えた後、「 これは日本人の口に合わない!もっとしっとりとした柔らかい触感でないと好まれない!」と思い、材料の配分などを変更して、 スポンジのような柔らかい土台のケーキに変身させたからです。 つまり、日本のショートケーキは誕生したときから、ふわふわなスポンジのように柔らかい状態だったのです。 しかし、ショートケーキという呼び名だけは、日本人も覚えやすいし、発音も簡単と言う理由でそのまま販売されるようになったのです。 では、そのショートケーキを初めて作り、販売を始めたのは誰なのでしょうか? 日本のショートケーキの歴史!初めて作ったのは誰? 日本の歴史上に、この美味しいくて皆に愛されるショートケーキが、いつ誕生し、誰が初めて作ったのかと調べてみました。 すると、わかったのがペコちゃんでお馴染みの「 不二家」のネーミングです。 不二家の誕生は、創業者である「 藤井林右衛門」が横浜の元町で日本人の洋菓子職人と一緒に小さな洋菓子店「FUJIYA」を開業したのが始まりです。 そして、オープンの年にはクリスマスケーキをも販売していました。 その当時のクリスマスケーキってどんな感じだったのだろうと調べてみると、 使うのは生クリームではなく砂糖の衣で、それをフルーツケーキにかけたものでした。 なので、現在のクリスマスケーキにはまだまだ程遠かったようですね。 しかし、そこから藤井林右衛門は、ケーキの研究の為に渡米をし、アメリカのシェフなどからも技術を学び、日本に戻ってから洋菓子職人と共に、1922年(大正11年)に「FUJIYA」2号店の伊勢佐木町で日本で初めてショートケーキを販売したのです。 不二家と有隣堂は変わっていません。 松坂屋は大分前からすっかり様変わりしています。 伊勢佐木町そのもの雰囲気が変わってしまいました。 日本にもう一つ、洋菓子の老舗で有名な「コロンバン」がありますが、こちらが初めてショートケーキを販売したのは、1924年(大正13年)と、不二家より二年程遅れたようです。 ショートケーキの日は何日なの? ショートケーキといえばイチゴが思いうかびますよね。 そしてカレンダーを見ると、 15(イチゴ)は22の上にありますよね。 そうなんです。 15(イチゴ)が22にのっているということで 毎月22日がショートケーキの日とされているのです。 これは、2007年に今は閉店していますが、仙台にあった洋菓子店の「カウベル」さんが最初に発案されて、全国に広がって行ったのです。 ではここでもう一度おさらいをしておきます。 ファッション業界に勤めて30年以上が経ちました。 旅行や食べ歩きが大好きな中年オヤジではありますが、若さを保つ為に日々トレーニングも欠かさずやっている健康オタクでもあります。 旅行先は、仕事でバッグや服などの仕入と遊びを兼ねての韓国が多く、もう50回以上です。 そんな私が、今まで仕事や日常生活などで経験し培ったお役立ち情報をどんどん紹介していきます。 最近の投稿• 最近のコメント• に sarukici より• に シライシエイイチ より• に sarukici より• に より• に sarukici より アーカイブ• カテゴリー•

次の