チェスター バーナード。 「部下が上司の言うことを聞かない理由」…バーナードの権限受容説

組織を動かすすべての人が知っておくべき3つの要素

チェスター バーナード

男性名 [ ]• - アメリカの陸上競技選手。 - アメリカのベーシスト。 - アメリカのバスケットボール選手。 - アメリカのボクサー。 - アメリカのジャーナリスト。 - アメリカの作曲家。 - アメリカのドラマー。 - アメリカの作曲家。 - アメリカの俳優。 - イギリスの作曲家。 - イギリスの俳優。 - イギリスの俳優。 - イギリスの陶芸家。 - イギリス陸軍の軍人。 - アイルランドの劇作家。 姓 [ ]• - アメリカの天文学者。 - アメリカの俳優。 - アメリカの女優、歌手。 - イギリスのレーシングカーデザイナー。 - アメリカのモデル。 - アメリカの経営者、経営学者。 - カナダのプロレスラー。 - イギリスの挿絵画家。 () - アメリカの教育行政官。 架空の人名 [ ]• スティック・バーナード - アニメ『』の登場人物。 バーナード・ワイズマン - OVA『』の登場人物。 を参照。 その他 [ ]• - アメリカの大学。 - エドワード・エマーソン・バーナードの名に由来する太陽系近傍の恒星。 - 原産の このページは 人名(人物)のです。 同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。 お探しの人物の記事を選んでください。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えてください。

次の

バーナードの「組織の成立要件」

チェスター バーナード

人気アイドルグループのSMAPが年内の解散を発表した。 25年以上も芸能界を牽引してきたグループだけに世間に対する影響は大きく、解散理由をめぐって様々なゴシップが飛び交っている。 そこで、チェスター・バーナードの『経営者の役割』という組織論の古典的名著を参照に、組織論の観点からスマップの解散について考えてみたい。 まず、前提を確認しよう。 そもそも「組織」とは何だろうか。 例えば、青信号で一斉に横断歩道を渡っている人々はどうか。 皆、信号を渡るという目的に向かって行動を共にしている。 信号が点滅すれば皆急ぎ、渡る際は互いに邪魔にならないように配慮をする。 あるいは、気の合う仲間で集った浜辺のバーベキューはどうだろうか。 参加する人々はバーベキューをするという目的を共にしている。 そして、それぞれの役割分担があって、準備や調理が進められる。 バーベキューを終える際には何らかの宣言(そろそろ片づけて帰ろう)をして解散する。 バーナードは組織を次のように定義する。 組織とは「意識的で、計画的で、目的を持つような人々相互間の協働」であり、「二人以上の人々の意識的に調整された活動や諸力のシステム」である。 先の例をこの定義に照らすと、浜辺のバーベキューは組織であり、青信号を渡る人々は組織でないということになる。 では、SMAPは組織だろうか。 もちろん組織だろう。 ただし、バーナードによる組織の定義には、メンバーであるヒトを含まない。 したがって、組織としてのSMAPにはキムタクや中居君などのメンバーは含まれない。 あくまでも組織とは「人間の活動で構成される一つのシステム」(バーナード)なのである。 話が少々分かりにくいかもしれないので、SMAP以外の例を挙げてみよう。 例えば「AKB48」はどうか。 メンバーが入れ替わっても組織として継続している。 つまり、メンバーが固定していることは、組織の条件ではない。 それゆえ、SMAPを組織と捉えた場合、例えば「キムタク1人残して4人を入れ替える」ことで新生SMAPを結成するという選択肢も存在する。 しかし、事務所がそれを選ばなかったというだけのことである。 では、そもそも組織が成立するためにはどのような条件が必要なのだろうか。 今のSMAPには、何が欠けてしまったのだろうか。 組織が成立するための要件 バーナードによると、組織を成立させる要素は3つある。 相互に意思を伝達できる人々がおり、それらの人々は行為を貢献しようとする意欲をもって、共通目的の達成をめざすときに、組織は成立する。 要するに、 1 コミュニケーション、 2 貢献意欲、 3 共通目的の3つが組織成立の要件である。 しかし、組織が成立したとしても存続することは簡単ではない。 なぜなら、組織の内的・外的環境は常に変化するからである。 ちなみに、SMAPよりも前に80年代以降に活躍した代表的なグループとしては、「光GENJI」(1987~1994)、「しぶがき隊」(1982~88)などが挙げられるが、アイドルグループとしての人気低下やメンバーのソロ活動が増えるに伴い、数年で解散している。 その点で、SMAPが25年以上も存続したことは、アイドルグループとして驚異的である。 SMAPが組織として長期間持続できた理由としては、時代に合わせて常に新たな魅力を提供したことが大きいだろう。 しかし、それだけでは組織としてのSMAPが存続した理由を説明できない。 人気が出てソロ活動などが増えれば、組織というシステムの存続危機もまた発生しやすくなるからである。 つまり、長期的に組織を存続させるには、内的・外的環境の変化に合わせて(組織という)システムの均衡を維持することが必要になるのだ。

次の

バーナードの「組織の存続要件」

チェスター バーナード

以前、バーナード「組織の成立要件」で企業等の組織の成り立ちについて考えました。 今回は、その後の問題です。 すべての組織はその目的を達するため、一定の期間存続しなければなりませんし、企業=Going Concernは存続こそが命ですから、その成り立ちよりもその後が大切なことは言うまでもありません。 内部均衡 まずは「内部均衡」の達成です。 この場合の貢献とは、社員からみれば「労働の提供」となりますし、「誘因」は「共通の目標」を上回る「ご褒美」といえます。 共通の目的にはさまざまなものがありますが、企業は第一に営利が目的であり、社員にとっては「生活の糧の獲得」と置き換えられると思いますが、共通の目的のひとつであることは間違いありません。 ご褒美が金銭だけでないことは言うまでもありませんが、分かりやすく例示として金銭を使いますと、ご褒美である金銭報酬は、共通の目的である「生活の糧」を上回るレベルの報酬でないといけないことになります。 目的の達成だけでは存続はないのです。 これが「発展のない存続はない」といわれるゆえんでしょうか。 外部均衡 次に「外部均衡」です。 企業の本質は、経営資源を活用し外部環境に働きかけ、顧客を創造し、利益・キャッシュフローを最大化することですから、こちらの方が重要と言えるかもしれません。 先ずは、組織の共通目的が、市場だけでなく、広く社会に受け入れられるものか?ということが大前提となります。 たとえば麻薬の売買は、営利目的としては効率が良いでしょうが、社会悪、犯罪として決して容認されません。 社会全体の福利に貢献しなければならないのです。 目的が容認されたならば、次に、その組織の持つ機能、効率が他の組織に勝るものか?が問われます。 組織の存続は「比較優位」の有無に依存しているのです。 バーナードの組織に関する考察は、人事・労務管理を考えるうえで示唆に富んでおり、今後も実際のケースを検討する中で、ブログでも振り返ることも多いと思います。

次の