ヨーゼフ。 エルウィン・ヨーゼフ2世とは (エルウィンヨーゼフニセイとは) [単語記事]

ヨーゼフ主義とは

ヨーゼフ

ヨーゼフ2世の前半生 [編集 ] 1741年、ヨーゼフは神聖ローマ皇帝との息子として生まれた。 啓蒙主義的な厳しい教育を受けるなかで、ヨーゼフは、、といった多岐にわたるハプスブルク帝国領の泥沼のような統治体系に強い不満を抱いた。 1765年に父フランツ1世が死去したことで皇帝位を襲ったが、実際の権力は大部分が母マリア・テレジアに握られていた ヨーゼフ主義の狙いと内容 [編集 ] 1780年にマリア・テレジアが死去し、ヨーゼフ2世は自由にその手腕を発揮できるようになった。 彼は多方面において、啓蒙主義的な勅令や特許を出すことでハプスブルク帝国の社会を根本から再構築しようと考えていた。 「ヨーゼフ主義」の核心となったのは、的で効率化された政府像と、でな社会像である。 そのためにとの理念を推し進め、従来の封建的な制度を崩そうと試みた。 農奴制の改革 [編集 ] 何世紀にもわたり、の人口の大部分はとして、に隷属しながら労働を強いられていた。 [ 要出典] 1781年11月1日、ヨーゼフ2世は、ボヘミアにおいて2つの法令を出した。 一つは領主が農奴に対して罰金刑や身体刑を科すことを禁じ、もう一つは、それまで領主の認可が必要だった農奴の結婚、、の制限を撤廃するものであった。 またこれらの法令では、農奴が自らの耕地を購入し代々所有することも認めていた。 貴族層はこの法令に難色を示したが、結局のところこれを認めた。 ヨーゼフ2世の農奴政策の究極の目標は一つの巨大な協同農地であり、これはマリア・テレジアから受け継いだ方針だった。 別の見方をすれば、封建体制下の強制労働制から、賃貸形式の土地の小地主経営体制だった. 1783年、ヨーゼフ2世は顧問フランツ・アントン・フォン・ラープに、この仕組みをボヘミアとのハプスブルク直轄領すべてに拡大するよう指示した。 検閲の削減と報道 [編集 ] 1781年2月、ヨーゼフ2世は新聞に対するを大幅に削減するよう命じる勅令を出した。 検閲の対象として残されたのは、教会の冒涜、政府転覆策動、不道徳な内容のみであった。 また検閲の権限を地方政府から取り上げ、帝国政府に集権した。 これにより、発禁処分を受ける出版物は毎年4000冊あったものが900冊に激減した。 ヨーゼフ2世を批判した「42歳の類人猿」と題した冊子すら発禁とされず出版を許された。 宗教寛容令 [編集 ] 1781年の寛容勅令 ヨーゼフ2世はであり、無制限の信教の自由を唱えたわけではなかったが、少なくとも各宗教を寛容に扱うことは志向していた。 彼の宗教寛容政策は、当時としてはかなり急進的なものであった。 1781年の5月と10月に、ヨーゼフ2世はとの信仰の実践に対する制約を廃止する勅令を発した。 彼らは教会の建設を許され、また、経済活動、教育の制限も撤廃された。 1782年、ヨーゼフ2世はに課されていた職業制限、服装制限、特別税、移住制限など多くの法規制を撤廃した。 ただ、彼自身もユダヤ人に対する偏見を持っており、不快な人々だと信じていた。 この勅令は、ハプスブルク領内最大のユダヤ人コミュニティがあったには適用されなかった。 カトリック教会の改革 [編集 ] カトリック教会については、ヨーゼフ2世はこれを「瞑想的な」宗教組織と呼び、社会に貢献していないとして毛嫌いしていた。 ヨーゼフ2世の勅令によって、オーストリアの聖職者はと直接接触することが禁じられた。 1188堂あったオーストリアの修道院のうち500堂以上が、またハンガリーにおける100堂以上が取り潰され、6000万もの教会財産が国庫へ没収された。 これを財源として、1700区の新たな小教区が定められ福祉制度が拡充された。 また聖職者の教育も、これまでこれを担ってきた教会から取り上げた。 代わりにヨーゼフ2世は6つの国立「一般神学校」を設立した。 1783年に発された婚姻特許では、婚姻は宗教制度ではなく、個人間の契約であると規定された。 1782年、がオーストリアを訪れ、ヨーゼフ2世に改革の大部分の取り消しを求めたが、ヨーゼフ2世は拒絶した。 1783年、パッサウの大聖堂参事会がヨーゼフ主義に近い聖職者の任命に抗議を行った。 まずヨーゼフ2世に直接働きかけたが拒絶され、次にレーゲンスブルクの帝国議会に働きかけたが、ほとんど賛同者を得られなかった。 プロイセンが支援を打診したものの、ヨーゼフ主義の信奉者だった司教ヨセフ・フランツ・アウエルシュペルクにより拒絶された。 結局、パッサウの司教や参事会の大部分は、教区内の世俗財産を守るためにヨーゼフ2世に屈した。 1784年7月4日に結ばれた合意により、それまでに行われていたパッサウ教区の財産や権利の没収・停止が取り消され、十分の一税の復活も認められた。 これと引き換えに、パッサウはアルダガーの支配権を手放し、40万グルデンの支払い義務を負わされた。 なおこの金額は、新教区設立の過程で皇帝により半分に減らされた。 ヨーゼフ2世の強権的な改革の前に、教皇ピウス6世は打つ手立てもなく、不本意ながら改革に同意を与えることしかできなかった。 前述のオーストリアとパッサウの合意に対し、教皇は1784年11月8日と1785年1月28日の二度にわたり認可を与えた。 1785年以降、ウィーンの教会についての改革が進められ、「これによりすべての音楽的な連祷、ノヴェナス、八重唱、古の感動的な献身、宗教行事での行列、晩課、その他似たようなもろもろの行事は廃止された。 」多くの教会や聖堂が閉鎖され、伝統ある宗教的な事業団体や修道院は1784年以降その力を抑えられた。 司教エルネスト・ヨハン・ネポムクは教会の置かれた状況についての不満を何度も皇帝に訴えた。 しかしこの抗議はほとんど実を結ばなかった。 カトリックの歴史家たちは、ヨーゼフ2世と反教会的なフリーメーソンたちが手を組んでいたと主張している。 ハンガリー王冠領と南ネーデルラントへの改革の拡大 [編集 ] ヨーゼフ2世の改革の進度は、ハプスブルク帝国内で統一されているわけではなかった。 で展開された改革については、ヨーゼフ2世はそこまで積極的でなかった。 1784年、ヨーゼフ2世はハンガリーのをの首都からに移した。 これは他の王冠領とハンガリーとの関係を変化させる象徴的な行動だった。 またハンガリーにおける行政上の公用語を伝統的なからに変更した。 1785年、ヨーゼフ2世は農奴制改革とオーストリア式のをハンガリーにまで広げようと試み、領での人口調査を命じた。 1787年、これまでにオーストリアで実施された「行政の合理化」がオーストリア領に適用されたが、これは貴族の激しい抵抗を受けた。 改革への抵抗 [編集 ] ヨーゼフ主義は、権力や権威を削られたカトリック教会や貴族による激しい抵抗にあった。 特に彼の治世後半のやハンガリーにおける不満は非常に大きくなった。 貴族や神学生、著述家、によって送り込まれた工作員などによる暴動や抗議活動が頻発して帝国は混乱し、ヨーゼフ2世は新聞の検閲を再強化せざるを得なくなった。 1790年に死去する前に、ヨーゼフ2世は自らの政策の多くを否定させられた。 彼はをに戻し、ハンガリー憲法を遵守することを約束させられた。 ハンガリー王として正式に戴冠することができぬまま、ヨーゼフ2世は49歳で死去した。 ヨーゼフ2世の跡を継いだ弟のは、国内の混乱を鎮めるためにヨーゼフ2世の改革の多くを取り消す反動政治を行った。 しかし各地方からの要求に敬意を払い敏感に対応したため、ハプスブルク帝国の統一維持に成功した。 これはヨーゼフ2世の政治には欠けていた点であった。 脚注 [編集 ]• , p. , pp. 41-2. , p. 198. , p. 199. , p. , p. 102. , p. 185. , p. , p. 105. 208—209. , p. 209—211. 参考文献 [編集 ]• Berenger, Jean 1990 , A History of the Habsburg Empire, 1700-1918, Edinburgh: Addison Wesley• Gruber, Hermann 1909. In Herbermann, Charles. New York: Robert Appleton Company. Ingrao, Charles W. 2000 , The Habsburg Monarchy, 1618-1815, New York: Cambridge University Press• Kann, Robert 1974 , A History of the Habsburg Empire, 1526-1918, Los Angeles: University of California P• Okey, Robin 2002 , The Habsburg Monarchy c. 1765-1918, New York: Palgrave MacMillan 関連項目 [編集 ]•

次の

ヨーゼフ・カイルベルト/ウェーバー: 歌劇「魔弾の射手」全曲(対訳付)<タワーレコード限定>

ヨーゼフ

カイルベルトとBPOによるドイツオペラの源流とも言うべき名作"魔弾の射手"が素晴らしい音質で復活! 端正かつ瑞々しい歌唱が高音質に。 圧倒的な名盤を世界初SACD化! シリアル・ナンバー付、800セット限定復刻 オペラ・シリーズ第2弾。 グリュンマーとショックの端正かつ瑞々しい歌唱が、未だにこの作品の理想的な在り方を示していると言える模範的な演奏が蘇りました。 音質や質感、音場感といったオーディオ的な向上要素を超えて現代に訴えかける最上の名盤です。 永久保存盤です。 シリアル・ナンバー付、800セット限定復刻。 新規解説と歌詞対訳含む100ページ超のブックレット付。 ちょうどEMIがベルリンのグリューネヴァルト教会でステレオ録音を開始した時期の収録ですが、CD時代においては初期のデジタル化音源が未だに使用されていたため、不幸にも音質的な不満が残ったままでした。 この盤に限りませんが、CDでは音質的にもやもやした印象が特にこの時期の録音にはあったと思います。 当シリーズでは第1弾として2015年に同じ場所で収録されたクリュイタンスのベートーヴェン録音を復刻し、ご好評をいただきました。 この"魔弾の射手"も同様に、最新復刻により見違えるほどに音質が蘇っています。 それにより、広瀬大介氏の解説にもあります通り「本作に今後どのような名盤が生まれようとも、この録音と、それを演奏した指揮者・歌手の価値が減じることは決してないだろう」と言えるだけの成果を出すことができたと確信しています。 歌手陣もグリュンマーとショックの、端正かつ瑞々しい歌唱が未だにこの作品の理想的な在り方を示していると言える出来であり、復刻する価値の高い名盤であることを十分に理解していただけると思います。 このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。 CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。 今回のDefinition Series第25弾は、計2タイトルを発売いたします。 <オペラ・シリーズ制作コンセプト> 元々"声"はSACDでの再生に適していることや、オペラの音源は 旧EMIレーベルに関しましては 一部の盤を除いて復刻の度合いが少ないため、マスターテープの再生回数も少なく、劣化が進んでいないこと、そしてアナログ録音期ではレーベルがオペラの録音に非常に力を入れており、作品にもよりますが音楽的にも高音質で聴く価値が高い音源も多くあることから、SACDでの復刻に相応しいと考え、パッケージの最終完成形としてブックレットに歌詞対訳を掲載するというコンセプトも継続した上で、あらためてシリーズ化して行くこととしました。 尚、歌詞対訳と解説を掲載しているブックレットが相当な分量となりますため、印刷物の数量等に制約があることもあり、限定数の生産としております。

次の

【ヨーゼフの犬種は何?】ハイジに出るセントバーナードの本来の性格

ヨーゼフ

ハイジのアニメでは、ヤギのユキちゃんの方にスポットが当たる事が多いけどヨーゼフも意外と人気があるんだよね。 ヨーゼフが登場するシーンでは毎回おっとりとした音楽が流れて、基本的にほのぼのとしていますが、かたつむりを食べてしまうという若干ショッキングな一面もヨーゼフにはあります。 アルプスの少女ハイジでは、脇役とも言える存在のヨーゼフですが活躍したシーンも何度かありますよね。 遭難者を助けにいく勇敢な姿を見せる事もあれば、崖の下でクッションとなってハイジを助けた奇跡のプレーも印象的ですね。 また、ハイジが怪我をした時には背中に乗せて移動手段となる事も出来ます。 ピッチという小鳥が友達で頭の上に止まっている事もよくありますね。 ヨーゼフを見てると、こんなに賢い犬なんて本当にいるのかな?と思う方も多いかもしれませんが、 アニメだから誇張して描かれているのかと思いきや、結構現実的な設定だったりもするんですよね。 セントバーナードは、実際にアルプスの山中で遭難者を救助していたという歴史がありま。 セントバーナードという犬種は元々先祖がモロシア犬と呼ばれる軍用犬で、かなり賢く人間の言いつけは忠実に守ったそうです。 ヨーゼフはハイジのエピソードで見ても、まさにセントバーナードという犬種そのものなのですね。 セントバーナードの本来の性格 いや、本来のヨーゼフは別に寝てばかりという訳じゃないんだよ。 ヨーゼフは常にまったりとしていてる印象を受けますが、セントバーナードという犬種は実際あそこまで寝てばっかりという訳ではありません。 老犬であれば話は別ですが、成犬のセントバーナードはやんちゃな一面もあるのでおもちゃ遊びで走り回ったり、無駄吠えも普通にします。 むしろセントバーナードは体が大きく、体重も重いので、沢山運動しなければ関節を悪くしてしまうリスクもあるみたいです。 また、ヨーゼフと同じように基本的には優しい性格をしていますが、本来は意外と頑固な性格です。 飼い主には忠実ですが気分が乗らない時は結構自分勝手な行動をしたりもしますね。 体が大きい割にはかなりの甘えん坊で、ヨーゼフのように一人でぼーっとしているよりも飼い主の事をずっと見つめていたり、付きまとっている事も多いです。 ただ、頭が良いという事に関してはヨーゼフそっくりで、しつけもかなり楽な方だと思います。 自発的に考える力を持ちつつ、自分の役割を理解して行動します。 それに加えて恐れ知らずで勇敢なので、ヨーゼフがハイジを助けるというエピソードがいくつかあるのも納得できますね。 ヨーゼフの犬種は飼える? 残念ながらヨーゼフの犬種を日本で飼うのは難しいかもしれないね。 セントバーナードはヨーゼフと同じように、元々アルプスのような寒い地域で暮らしていた為、暑さにかなり弱いという特徴があります。 そもそも湿気が多くて暑い日本の気候には合わないという事ですね。 室内の温度を常に調整すれば暮らせないという事は無いかもしれませんが、ヨーゼフの犬種はとにかく運動量が必要な犬種です。 海外の豪邸のように大型犬が沢山動き回れるスペースがあれば良いですが、基本的に問題が多いですね。 散歩に関しても、人間の徒歩スピードと合わないくらいの体力があるので常にジョギングをされるような方で無いと足りないかもしれません。 それから地味にきついのが、よだれが常に出ている犬種なので部屋が必ず汚れてしまうという事ですね。 ハイジの犬種が欲しい!と思った事のある方は今までも沢山いたようですが、これらの理由から残念ながら飼うのを諦めてしまう人がほとんどですね。 詳しくは、下の記事でも解説しているのでご覧になってみて下さい。 アルプスの少女ハイジで出てくる、ヨーゼフという犬の犬種はセントバーナードです。 基本的にヨーゼフの性格とほとんど変わりはありませんが、頑固な一面も持っていますね。 日本で飼いたいという人も多いですが、一緒に暮らせる環境はかなりハードルが高いので諦めてしまう人も多いです。 以上、いぬさいとでした。

次の