バス停 大阪市。 なんば停[大阪市バス](大阪市中央区)~2つの乗り場の華やかさと秘境感の激しいギャップが何とも言えない魅力を醸し出す市バスの基幹ターミナル~

梅田停[阪急・近鉄バス](大阪市北区)~全く同じバス停名称なのに全然違う場所に存在する、関西らしい自己主張の強さが如実に表れているバス停~

バス停 大阪市

何と、こんな場所に近鉄バスの「梅田」停がある。 大阪市内中心部はバスの重要度が低いとはいえ、このややこしやぶりはなかなかすごい。 近鉄バスも走らせている路線は阪奈生駒線の1系統のみ。 大阪市内では市バス36系統と競合の影響もあり、2015年3月に、20分間隔から30分間隔に減便された。 路線名の通りかつては奈良・生駒方面へも足を延ばしていたが、需要減により東大阪市のJR徳庵駅近くの稲田車庫前までに短縮されている。 その30分に1本のバスがやってきた。 ノンステップの中型バスだ。 乗客を誰も乗せず、ドアを開いた瞬間閉じて発車した。 停車時間わずか1秒余り。 目下の需要動向を反映した走りっぷりだ。 格安夜行便に積極的な近鉄バスは、ここから夜行高速バスを多数走らせている。 東京方面だけでなく、全国各地を路線を走らせており、大阪駅JR高速バスよりも広範囲に路線を張り巡らせているのが特徴。 三重方面からやってきた梅田・新大阪行きのバスが到着。 近鉄バス梅田停を御堂筋西側より撮影。 SMBC日興証券の入居するビルの左下にレトロな髭文字で書かれたの入り口が見える。

次の

大阪市営バス

バス停 大阪市

所在地 大阪府3丁目18-8 交通• 「」駅 徒歩15分• 23㎡ 11. 43㎡ 8. 5m 間口 2. 04平米有り。 バルコニー• 都市ガス• 公営水道• 公共下水 取扱会社• 株式会社グローバル不動産販売 大阪店• 大阪府大阪市阿倍野区王子町2丁目1-3• TEL:06-6624-3455• 国土交通大臣 1 第009112号•

次の

梅田停[阪急・近鉄バス](大阪市北区)~全く同じバス停名称なのに全然違う場所に存在する、関西らしい自己主張の強さが如実に表れているバス停~

バス停 大阪市

そこの後ろを振り返ると難波西口交差点。 上を走る高架が阪神高速1号環状線。 そして、丸で囲んだバスが入って行った裏通りを入ると、、、 伊丹空港行きリムジンバス乗り場がある。 ここまでは人も多く活気があって華やかだ。 しかし、、、 そこをさらに奥に進むと、ここが同じ「なんば」なのかと思わせる光景に出くわす。 実はここが市バスなんば停1~4番のりばがあるターミナルなのだ。 何とも言えない秘境感と哀愁が漂っている。 華やかな表通りにある5・6番のりばとのギャップが激しい。 この1~4番のりばのある建物の裏手が「なんば楽座」と呼ばれる通り。 この通りの奥には新歌舞伎座があったが平成21年に閉館となった。 何とも言えない哀愁が漂っているのはそのせいなのか。 乗り場 【高島屋前:5・6番のりば】大阪駅前・八幡屋3丁目・天保山方面 まずは華やかな表通りの5・6番のりばから。 5番のりばからは四ツ橋筋経由の大阪駅前行き8号系統、弁天町から朝潮橋駅付近の臨界方面に向かう84系統、玉造から今里筋を南に下って杭全(くまた)に向かう85系統が発車している。 いずれも1時間に1本程度の運転。 地下鉄路線が縦横無尽に張り巡らされている大阪では、基本電車で事足りるのだろう。 大阪駅前から御堂筋を南下してきた8号系統。 客を降ろした後に方向幕を変える。 大阪駅への戻りは四ツ橋筋経由。 御堂筋は南方向、四ツ橋筋は北方向の一方通行だからだ。 6番のりばからは、なんばからまっすぐ西に天保山(大阪港)まで向かう60系統が発車。 こちらは、平日は1時間当たり3~4本程度だが、土日は行楽客の利用があるためか、ほぼ10分間隔に頻発される。 その60系統が天保山から戻ってきた。 方向幕を「天保山」に変えて出発。 その後ろ姿。 前を走る高架の阪神高速の下に秘境感満載の別の乗り場があることは、ここからは全くわからない。 この乗り場からは南海の深夜急行バスも発車している。 【阪神高速高架下:1~4番のりば】地下鉄住之江公園・出戸バスターミナル・鶴町四丁目方面 そして、主役の1~4番のりば。 1番のりばの奥にへの入り口がある。

次の