三宿 ガールズ バー。 【最新】新宿でおすすめのガールズバー5選!安いのに人気のお店まとめ

10年続いた隠れ家を残したい【三宿ももいろ応援プロジェクト】

三宿 ガールズ バー

「 ガールズバー」という名前は聞いたことがあっても、接客方法やシステムまでは知らないという人も多いのではないでしょうか。 「 ガールズバーとはどんなお店の事を言うんだろう?」、「 最近よく名前を聞くけどガールズバーとは一体?」の様に疑問を持っている方も多いはずです。 ガールズバーとは、 女の子にお酒を作ってもらって会話を楽しめるバーのことです。 数あるナイトスポットの中でも、初心者でも気軽に遊べる業種と言えるでしょう。 この記事では、ガールズバーとはどんなお店なのかという所をはじめ、 ガールズバーのシステムや特徴から楽しみ方まで幅広く解説していきます! 最後まで読めば、ガールズバーについて詳しくなれること間違いなしですよ。 ガールズバーのシステムとは? まずは ガールズバーのシステムについて見ていきましょう。 ガールズバーの利用時間 ガールズバーは基本的に 1セット60分です。 中には30分や40分、70分といったセット料金が設定されている場合もあるので店舗情報はしっかり確認しておきましょう。 また、延長については時間が来ると 延長の有無の確認をされる場合と、 自動的に延長される場合があります。 お店によって延長料金や延長時間のシステムは異なるため、こちらもお店探しの際にチェックを忘れないようにしてください。 ガールズバーの利用料金 ガールズバーの料金システムはお店によって異なりますが、 1セット2,500円~5,000円が相場です。 セット料金のシステムは、時間内であれば指定のドリンクが飲み放題の「 飲み放題」と、ドリンクを注文するごとに料金が発生する「 1ドリンク制」の2つ。 飲み放題の場合、飲み放題メニュー以外のドリンクは別料金が発生するので注意しましょう。 女の子のドリンク料金 ガールズバーではセット料金のほかに、 女の子のドリンク料金が発生します。 お酒を作ってくれたり一緒にお話ししてくれたりする 女の子にお酒をおごってあげるような感覚と考えていいでしょう。 場合によっては女の子のほうからドリンクをおねだりしてくることもありますので、お願いを聞いてあげるとあなたの好感度アップ! ご馳走するドリンクによって料金は異なりますが、 1杯700円~1,000円が相場です。 中には高価なものもあるため、女の子のドリンクをご馳走する場合はしっかり料金を確認するようにしてくださいね。 ガールズバーの雰囲気とは?お客さんもキャストも年齢は若め! 初めてガールズバーを利用してみようと思う方が気になるのは、実際にお店を利用する客層やお店に在籍している キャストの特徴、年齢層でしょう。 ここからはお客さんやキャストの特徴、雰囲気をお伝えしていきますので、参考にしてみてください。 ガールズバーのお客さんは比較的若い人が多いのが特徴 ガールズバーに来るのは 20代~50代の男性のお客さんがメイン。 ガールズバーはキャバクラをはじめとした他のナイトスポットよりもリーズナブルに遊べるため、お客さんに学生が多いのも特徴です。 「給料日前だけど夜遊びしたい!」「単純に女の子とお話ししたい!」という社会人のお客さんの姿も目立ちます。 加えて、 女性のお客さんが来ることも珍しくありません。 興味本位で訪れる女性もいれば、ガールズトークがしたくて来店する人も。 このように、「女の子と一緒にお酒やトークを楽しみたい」「ソフトな夜遊びを楽しみたい」といった理由で、連日たくさんの人がガールズバーで楽しいひと時を過ごしていますよ。 ガールズバーのキャストは一般的な若い女性が多い ガールズバーで働いているのは 18歳~20代前半の女の子がメインです。 学生として本業を頑張る一方で、アルバイトとしてガールズバーで働いている場合がほとんど。 そして学校卒業と同時にガールズバーを辞めるケースが多いので、必然的に若い女の子が集まっています。 とは言え、お店によっては20代後半や30代以上の女性が働いていることもあるため、どんな女の子が在籍しているのかは店舗情報をチェックしてみてくださいね。 ガールズバーとキャバクラはどう違う? ガールズバーと似たような業種には「 キャバクラ」が挙げられます。 ここでは、ガールズバーとキャバクラでどのような違いがあるのかを見ていきましょう。 接客方法が違う ガールズバーはナイトスポットとはいえ、「 バー」として営業を行っている業種。 カウンター越しでの接客が特徴で、女の子はバーテンダーとしてお酒を作ってお客さんに振る舞ってくれます。 服装は制服が用意されているお店もありますが、基本的にワンピースやシャツなどお店の雰囲気に合った私服で接客していることも少なくありません。 一方のキャバクラは、お客さんの隣に女の子が座ってトークやお酒を一緒に楽しむのが特徴。 この場合「 接待」としての営業になります。 お客さんと近い距離で接客をしてくれるのがキャバクラのメリットであり、ガールズバーとの大きな違いと言えます。 キャバクラにおける女の子の服装は、きらびやかでゴージャスなドレスが一般的です。 営業形態が違う ガールズバーは「 深夜酒類提供飲食店」の許可を得て営業しているお店が多いです。 そのため 深夜0時以降の営業が認められていますが、お客さんの隣に座ってお酒を飲むといった接待は禁止されています。 一方のキャバクラは「 風営法」の中にある「 接待飲食等営業1号」の許可を取って営業しています。 ガールズバーとは違って 深夜0時から午前6時までの営業は禁止されていますが、接待が許可されているのが特徴と言えるでしょう。 参考: キャバクラについてのシステムや料金など楽しみ方についてはこちらの記事をご覧ください! ガールズバーの楽しみ方とは? 続いて、ガールズバーではどんな楽しみ方ができるのかをご紹介していきます! ガールズバーの女の子とお酒を飲みながら会話をする ・女の子に恋愛相談をしたい ・仕事の愚痴を聞いてほしい ・趣味の話をしたい このように、 誰かに話を聞いてほしいと思う瞬間は誰しもあると思います。 そんなときこそガールズバーに行って、 お酒を飲みながら女の子とお話しするのがオススメ。 ガールズバーには聞き上手な女の子がたくさん在籍していますから、悩みも相談事も自慢話も気持ちよく話せるでしょう。 またお酒は心を開放的にしてくれるので、初対面の女の子が相手でもリラックスしてお話しできますよ。 ガールズバーを利用したあとは 心のモヤモヤが晴れてスッキリすること間違いなしです。 ガールズバーの女の子とカラオケやダーツを満喫する お店によっては カラオケやダーツが利用でき、アクティブな時間を過ごすことも可能。 キャバクラだとカラオケが有料の場合が多いですが、ガールズバーでは無料でカラオケを満喫できるお店も珍しくありません。 中には「 歌い放題」のガールズバーもあるので、お酒や女の子とのトークを楽しみつつ、歌いまくりたいという男性は要チェックです。 定期的にガールズバーへ通って常連客になる ガールズバーに通い続けると、女の子やお店のスタッフさんに顔を覚えてもらえるようになります。 そうすると初対面の頃のような緊張感がほぐれ、女の子相手により深い話をすることもできるようになるでしょう。 女の子やお店のスタッフさんと仲良くなれれば、 1人で訪れても存分にガールズバーを満喫できますよ。 ガールズバーのお店選びのコツとは? 最後に、ガールズバーを利用してみたいという方に向けて お店選びのコツをご紹介します! 数あるガールズバーの中から自分に合ったお店を選ぶのは、難易度が高いです。 お店選びにお悩みの方はここでご紹介するコツを押さえれば、自分好みのガールズバーを見つけやすくなるでしょう。 素人が好みなら都心ではなく郊外のガールズバーへ ガールズバーはお店によって在籍している女の子のタイプが異なります。 そのため、お店の公式サイトをチェックしてどんな女の子が在籍しているのかを確認するのはとても重要です。 ウブな素人さんがいるお店を探している方は、 都心よりも郊外のガールズバーがオススメ。 郊外はお小遣い稼ぎとして、スキマ時間を利用しながらガールズバーで働く女の子がたくさんいます。 夜の世界に染まっていない初々しい子ばかりで、丁寧に接客をしてくれるのが魅力と言えるでしょう。 素人さんが好きな方は郊外のほうが出会える確率は高くなりますよ。 都心は集客力があるお店が多く、ガッツリ稼ぎたい女の子が多数働いています。 洗練された女の子が揃っており、抜群のトークスキルであなたをおもてなししてくれるでしょう。 プロ意識の高い女の子がいるガールズバーを探すなら、都心で探してみてください。 ガールズバーの前に立っている女の子をチェックする 街を歩きながら入るガールズバーを選ぶ場合は、 お店の外に立って声をかけてくる女の子をチェックしましょう。 その場で在籍している女の子の雰囲気やルックスを確認できるので、好みの子がいたら入店を決めてみてもいいかもしれません。

次の

アンヘレスバーガールズ

三宿 ガールズ バー

コラム 2018. 02 2018. 02 シンシン ガールズバーはどんなお店なのか?建前と実情を暴露します 私のガールズバー歴は2016年の夏からと短いですが、 毎月30~40万円くらいガールズバーに注ぎ込んでいます。 年間だと400万円くらいです。 幸い私は副業でホームページ制作を行っており、そちらでそこそこ稼いでいるので、生活費に手を出すところまではいってません(笑) さて、先にぶっちゃけてしまうと、 ガールズバーでも指名・同伴・アフターは存在します。 またプライベート(店外)でデートに行ったり、男女の関係になることもあります。 それで結局こじれて気まずくなることもあります…。 今回は「ガールズバーはどんなお店なのか」ということに焦点を当てますが、建前だけだったらどこにでも書いてあるので、 実情を暴露します。 ガールズバーで働こうと考えている女の子、ガールズバーに行ってみたい男性は是非参考にしてください。 ガールズバーとは女性のバーテンダーだけで構成するお店です。 ですから、お客さんの注文を取り、お酒や料理を提供するのが本来の仕事です。 それに付随する最低限のこと、例えば一時的に会話するくらいは認められています(形態としてはメイドカフェが同じです)。 ガールズバーは深夜酒類提供飲食店として営業届けを出すことで、何時でも営業することが可能です(朝5時までも普通にあります)。 お酌をしたり、ライターに火をつけたり、長時間同じ人と話すことは「接待」行為としてガールズバーでは認められていません。 これら「接待」行為はキャバラクとして風俗営業届が必要で、警察の管轄になり煩雑な手続きや営業時間の制約(深夜12時または1時まで)があります。 ガールズバーの指名制について 本来ガールズバーでは指名はありません。 なぜなら同じ人と長時間話し続けるのは「接待」行為にあたるからです。 同伴・アフターもそれと同じ理由で本来はありません。 しかし 実際には多くのガールズバーで指名や同伴が存在します。 つまり、「ガールズバーなのに接待行為含め、指名や同伴があるのは違法」とは限りません。 その理由は単純です。 「あの娘と話をしたい」と思った時にお話しできなければ、男はそこのお店に行く理由がなくなるからです。 もう一つ、失礼な物言いで申し訳ないですが、「え?なんでこんなブサイクと話しないといけないの?」という状況を受け入れるのは耐えがたいことです。 なんならその場でお金を投げて帰りたくなります。 だから 指名があることは男性にとってもありがたいし、お店としても男性客を囲うための生き残り手段 なのです。 「じゃあ最初からキャバクラ行けよ」という話になりますよね。 でもね、 キャバクラは高いし、プロばかりだからダメなんですよ!いいですか?男が夜のお店に行く目的はただ一つ、「女の子と仲良くなりたい」という一心です。 あわよくば「落としたい」というところです。 まぁ全体の5%くらいは純粋に「女の子と話したい」と思っている人もいるでしょう。 しかし、男である以上「この可愛くて若い娘と結ばれたい」と考えるのは当然のことです。 そして キャバクラよりもガールズバーのほうが目的を達成しやすい(と思っている) んですよ! だから結局のところ、指名ができるガールズバーというのは、男性としてもありがたいし、お店も指名料を取れるのでメリットしかないんですよ。 ただ 警察の取り締まりが厳しいところは指名を「推し」とか「応援」とか言い換えて適用 しています。 まぁ警察も本気出したら内偵して実質的な営業形態を調べるからそんな言葉遊びは全く意味ないと思うんですけどね(笑) ちなみに、 ガールズバーの指名料は1,000~2,000円が相場 です。 基本的にはその指名料で指名した子がずっと付いてくれますが、たまに セット毎に指名料がかかるお店もあるので注意してください。 ガールズバーの同伴について 指名があるお店は大体同伴もあります。 同伴とは、同伴出勤のことで、 客と女の子がご飯を食べたり遊んだりした後にそのままお店に行くシステムです。 冷静に考えると悲しいシステムですが、お店の外で女の子と自由な時間を過ごせるのはいいものです。 同伴するということは当然連絡先交換もしているし、 お店の外で会えるだけの信頼関係が構築されていることが前提となります。 同伴は当然女の子の了承が必要なので、 女の子側からNG出すことは可能です。 一般的に、同伴は入店時間の制約(例えば21時までに入店とか)はありますが、何時から会うかどうかは女の子次第です。 極端な例で言えば朝からディズニーに行って夜お店に行くことも可能です。 それでも同伴料金は一律なので、 女の子側にとって同伴料金のバック以上にメリットがある内容にすることが大事 です。 私もよく同伴しました。 まぁ大体(地元の)藤沢駅周辺の 焼肉やお寿司 でしたね。 この2つは鉄板です(笑)。 私は気を使って人気でそこそこ高いお店を選んでいました。 しかしガールズバーの子は学生が多いので、 高級店でなくても美味しければ何でも良いというのが本音 らしいです(女の子から聞きました)。 まぁとにかく最終的にお店に行かないといけないし、長時間外にいたら疲れて雰囲気が悪くなりそうなので、とりあえずご飯だけっていう感じが多かったです。 一回だけダブル同伴で近隣のショッピングモールでお買い物しました。 女の子に自分が着る服を選んでもらい(ユニクロ)、女の子にはクレジットカード渡して下着(ブランド物)を買ってあげたりしました。 推しメンができると週に1回くらいは同伴してましたねぇ…お店に納める同伴料金だけでなく、遊んだりご飯食べたりする実費も考えると、 一回の同伴で1~2万円はかかります。 あとはお店でどれだけ飲むかどうかで、その日の合計が決まります。 私は同伴したらラスト(お店が閉まる時間)までいるのが普通だったので、 1日の出費の合計が5~6万円はいきました(笑)。 ガールズバーの同伴料金は2,000~3,000円が相場 です。 また同伴した場合は同時に指名料も発生するので、 同伴+指名料で4,000~5,000円くらい になります。 それに セット料金等の通常料金 がかかります。 基本的に 21時までに入店しないといけないなど、時間の縛りがあります。 面白いお店は、オープン(19時)までに入店することで同伴料金がないところもありました。 お店によってシステムが結構違うのでしっかり確認しましょう。 同伴に誘いたいキャストがいる人へ キャスト目線で同伴についてまとめた「」を参考にしてください。 どこに行こうかな~?何時くらいから行けばいいのかな~?と悩んでいる人におすすめです。 ガールズバーのアフターについて アフターは お店が終わった後、または女の子の勤務時間が終わった後に、客と女の子が夜の街に出かけることです。 ご飯を食べたり、お酒を飲みなおしたり、はたまた…ムフフなことがあるかもしれませんね(99%ない)。 一般的に アフターはお店の料金システム外なので個人間の自由 になります。 もっとも、 法令遵守なガールズバーは連絡先交換がNGなところがほとんどなので、必然的にアフターもないと考えましょう。 私は地元の藤沢のガールズバーでたまにアフターしていました。 普通に近場のバーで飲みなおしたり、朝までやっているオカマバー行ったり、ダーツがあるガールズバー行ったり(笑)色々です。 男女2:2でアフターもありましたね。 あぁ、あと、 なぜか店長もついてきて、店長が一番楽しんでいたこともよくありましたなぁ…。 まぁ本当にその辺は自由です。 男側としては 女の子を家に帰したくないという下心があります。 だから色々と策を考えますが、女の子はあくまでアルバイトの延長(というか実質無賃労働)なので 男の願いが成就することはまずありません。 ただそこでそこで仲良くなって今後の2人の関係を発展させることはできます。 たまに見る 「一晩で落とす方法」みたいなことを実践しようとしても失敗します(体験談)。 もっとも、女の子側が最初から乗り気な場合は、それに応えてあげましょう(意味深)。 女の子側としては 「いつもお店でお世話になっているから」「次も指名してくれるだろう」というところでしょう。 よく隣の席でアフター誘っている様子を目にしますが、最終的に女の子側が 「タクシー代出してくれるなら」と譲歩することが多いです。 ただ アフターはお店が関与できないので、身の危険もあります。 少なくとも初見の人とアフター行くのだけはやめましょう。 よく見る客や毎回指名入れる客でも、 必ず店長に「この人とアフター行きます」と伝えることが大事 です。 アフターに誘いたいキャストがいる人へ キャスト目線でアフターについてまとめた「」を参考にしてください。 アフターに誘う方法や、どこに行くべきかなどの注意点をまとめてあります。 店外・プライベートデートについて いきなりですが、この写真は どこかのガールズバーの子とプライベートでディズニーシー行った時の写真です。 もちろん左側は私です。 結論として、 ガールズバーの女の子とプライベートで遊びに行くことは普通にあります。 ただプライベートとなると、女の子側の判断が全てなので、男がどんなに頑張って誘っても 無理な場合は無理です。 女の子としても「予定がある」「忙しい」「別のバイトがある」等色々な言い訳ができるので断るのは簡単です。 男がガールズバーに行く目的の一つに 「キャストと付き合う」というのがありますが、この「プライベートで遊びに行く(店外デートする)」ことは一応正しい道を歩いていることになります。 ただ付き合いたいという想いがあってデートに誘うならば、それなりの 信頼を得る必要があります。 どうやって信頼を得るか?それは 実際にお店に行って女の子と色々と話すことです。 相当モテル男が意外はそういう地道な努力を積み重ねることが大事です。 この王道を制覇するのにどれくらいの期間を要するかは男と女の子次第です。 女の子と年齢が近かったり、好みのタイプにあてはまっていれば可能性はあると思います。 ただでご飯食べたり、遊べたりするだけです。 プライベートで遊んでくれないから指名してくれなくなる客がいるならば、その客はそもそも 地雷です。 「この人ならまぁ一緒に行っていいかな」という感じだったらいいし、そんな気がないなら「予定がある」と 普通に断って大丈夫です。 ガールズバーで男女の関係になるのか 純粋にキャストと付き合いたい人もいれば、ワンチャン狙いで男女の関係になりたいと思う客もいます。 ガールズバーでも、 実際に客とキャストが男女の関係になることはあります。 だって「恋愛禁止」ルールが課されている国民的アイドルでさえ色々と公になっているじゃないですか!?人間なんだから100%ないとはいえないんですよ! じゃあ私が実際にそういうことになったことがあるのかって?…まぁそれは伏せておきます。 ただ、男女の関係の話で言えば、 初めて会った時点でほぼ決まっています。 「あ、この人はなんか違う」っていう直感の話です。 客としては「すごい盛り上がったから好印象だろうな」と考えますが、 盛り上がるのは普通のことなので勘違いを起こさないことが大事です。 そこから一歩、斜めでもいいんですけど、別の方向に進んでください。 大多数の客の中の一人で始まるぐらいなら「この人やばい」と思われるほうがいいです。 例えば、私の場合は初対面の人には 「3ヶ月ぶりに山から降りてきた陶芸家」と名乗ります。 以上がとりあえず私がここで言える全てです。 ガールズバーの実態はともかく、男女の関係だけは100%はありません。 ガールズバーはたくさんあるので、 色々なお店で色々な人と話して、身をもって体験して学んでいくことが大事 だと思います。 偉そうなこと言っていますが、所詮ガールズバーの話ですね笑( 私は本気ですけど)。 もし、皆さんが私とどこかのガールズバーで会う機会があれば、ぜひ一緒に呑みましょう。

次の

ガールズバーとはどんなところ?システムや楽しみ方をマスターしよう!

三宿 ガールズ バー

世界感染者数が1000万人を超え、死者数は50万人を超えました。 回復者数と死者数を合わせると約6割となって回復者数も増加して います。 東京ディズニーランドが7月1日再開するようですが、もともと スクリーンで始まったミッキーマウス、今でいうヴァーチャルな 映像がぬいぐるみに入ったキャラクターと実際に会え、夢の世界に 浸れるというところが人を引き付けるのだろうと思います。 新型コロナで益々リモート、オンラインが加速されている中、 ヴァーチャルからリアルな触れあいを求める人は今後も 減る事はないのではないかと思っています。 ヴァーチャルは今のところ人間の視覚、聴覚を主にしていますが 人間には5感があり、その内の二つの世界に無理やり閉じ込めて しまうのは制約が多く、本来自由を求める人の本質を損なって しまうのではないかと思えます。 VRという言葉もありますが、リアリティーに限りなく近づくには まだまだ何年もかかるのではないかと思います。 181• 368• 370• 371• 314•

次の