ジスロマック 市販。 副鼻腔炎の市販薬のおすすめは抗生物質ジスロマック?効かない?

市販薬よりジスロマックは効果があるお薬です。市販で買う方法

ジスロマック 市販

市販薬と違いジスロマックは処方箋が必要なのだ。 お医者さんが治療で使う処方薬なので効くのは当たり前! ちなみに市販薬は初期症状にしか効果は望めない。 要するに私のようになってしまったら全然効かない。 ジスロマックとは?こんなお薬です。 部屋の片隅に隠れていた小包! 中を開けると・・。 こんなパッケージだ。 この薬は、ジスロマックのジェネリックでアジー・アジスロマイシンである。 ジェネリックだから安いのだ。 格安で激安である!なんと、送料込の消費税無し、すべてぶっ込み価格なのだ! 値段は、たまに変わるので各自確認して欲しい。 決して無精をしている訳ではないぞぃ。 面倒なだけだ!同じだな、すまん! ちなみに• アジー(Azee)アジスロマイシン250mg 【1箱60錠】 1箱 2,785円 250mgの方がお得だな。 ワシが購入した時期には、250mgは無かったのだ。 ワシが購入したサイトでジスロマックのジェネリックのアジスロマイシンの詳細が分かるぞぃ。 ちなみに副鼻腔炎や歯周病の他にもクラミジアなどの感染症にも効果があるのだなぁ。 ワシには関係ないけどな。 中身は、こんな感じ。 結構、でかい錠剤だ。 1粒1000mg この薬の使い方は、500mgを3日間に分けて服用するのだ。 それを1クール。 この薬は、1000mgなので半分で良い。 ちょっと力を入れると、ポキッと2つに折れるのだ。 1箱10錠。 でも2つに割るので20錠になるな。 口コミについては! 購入した個人輸入のサイトは口コミ情報が充実している。 私なんかより詳しいな。 しかし、みんな上手に利用しているもんだ。 考えていることは人間一緒なのだなぁ・・・。 ワシが最近思うこと。 どんだけ待たせるのだ! 病院に行っても年寄りだらけで保険料を払っている働き盛りの人は待たされてばかり。 話を戻そう。 だいたい注文してから1週間から10日くらい(普通は1週間)でシンガポールか香港から海外便で届く。 年末以外は、遅れたことは今までないな。 薬の種類はいろいろあります。 1箱もいらない!という人にはバラ売りやもっと安いお薬もある。 私の場合は、歯周病のために購入したので、この商品なのだ。 歯周病の場合は、1回飲めばもうそれでOK!というわけではない。 年に1回は、薬を飲んだほうが良いのだ。 自分に合ったお薬を選んでくれ。 私の場合はたまたま持っていたのですが、こんな人はなかなかいないだろうな。 奥さんによると、風邪の時(のどの痛み)もこの薬が処方されるときがあるそうだ。 粘膜系の細菌に効果がある。 このお薬の副作用 私は今まで副作用らしき事は無い! 気が付かなかったのかも!それはそれで良いがな・・。 この薬の効果は、今までに何度か体験してるので3日間で収まること間違い無し!と、かってに思っている・・。

次の

Azicip(ジスロマックジェネリック)通販

ジスロマック 市販

薬剤名 影響 制酸剤 本剤の最高血中濃度低下 水酸化マグネシウム 本剤の最高血中濃度低下 水酸化アルミニウム 本剤の最高血中濃度低下 ワルファリン 国際標準化プロトロンビン比上昇 シクロスポリン 最高血中濃度の上昇 シクロスポリン 血中濃度半減期の延長 メシル酸ネルフィナビル 本剤の濃度・時間曲線下面積<AUC>及び平均最高血中濃度の上昇 ジゴキシン 中毒の発現リスク上昇 ベネトクラクス 当該薬剤の効果が減弱 テオフィリン 血中濃度が上昇し作用が増強 ミダゾラム 血中濃度が上昇し作用が増強 トリアゾラム 血中濃度が上昇し作用が増強 カルバマゼピン 血中濃度が上昇し作用が増強 フェニトイン 血中濃度が上昇し作用が増強 エルゴタミンを含有する製剤 四肢の虚血 抗菌剤 相加作用又は相乗作用• マクロライド系抗菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2020年6月更新)• ・ドライシロップは1週間に1回でよいので、高齢者の場合、目の前で服用させれば服用忘れもなく便利。 (40歳代病院勤務医、心臓血管外科)• ・3日使用でいい。 成人用ドライシロップもあって剤型がいろいろあり使いやすい。 (50歳代開業医、一般内科)• ・クラリスロマイシンの耐性菌が増えているため、選択することが多くなりました。 (40歳代診療所勤務医、脳神経内科)• ・マイコプラズマが疑われる時に外来で処方する。 消化器の副作用があるが、1回の投与で済むので、あまり気にならない。 (50歳代診療所勤務医、一般内科)• ・クラミジアへの単回投与が便利。 (50歳代病院勤務医、産科・婦人科) マクロライド系抗菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2018年9月更新)• ・2gという高用量1回投与で治療を完結できる(コンプライアンス)。 食事時間と下痢の副作用に注意が必要だが、概ね患者には飲みやすさも好評である。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・3日間タイプでありアドヒアランスはいい。 あまり副作用らしきものを経験したことはない。 (50歳代開業医、一般内科)• ・ジスロマックSRは、1回服用するだけでその効果が7日間効果が持続し、優れた体内動態を示す。 また自己判断による服薬中止の心配もなく、良い薬剤と思います。 (60歳代病院勤務医、一般内科)• ・クラリスロマイシンはすでに耐性菌が多いと小児科医に教えてもらったので。 (40歳代診療所勤務医、精神科)• ・クラリスロマイシンは副作用が多いので、NTMやピロリ除菌には用いるが、そのほかの場合はAZMが多い。 外来で出すならAZMのほうが日数も少なくなり出しやすく、入院で肺炎のEmpiric therapyにも用いやすいため頻度としてはAZMが高い。 (30歳代病院勤務医、一般内科)• ・尿道炎に使用します。 (50歳代診療所勤務医、泌尿器科)• ・主にジスロマックSRを使用。 緩和医療における投薬困難例に使いやすい。 (60歳代病院勤務医、消化器外科) マクロライド系 この薬をファーストチョイスする理由(2017年1月更新)• ・週1回経口投与の製剤を多く使用している。 クラリスロマイシンは耐性菌が多くなっており使用しづらい。 (60歳代病院勤務医、一般内科)• ・1日1回の内服を3日継続すれば1週間の効果が得られる点。 ただし、そもそもマクロライド系の抗菌薬はなるべく使用しないようにしている。 (40歳代診療所勤務医、一般内科)• ・時折、消化器症状の副作用が出現するが、非定型肺炎の治療には未だ高い効果を示す実感がある。 (30歳代病院勤務医、呼吸器内科)• ・一般の抗菌薬が効果を示さない場合に処方することがある。 1回の内服で、効果が長期間持続する点が良いと思う。 (50歳代病院勤務医、整形外科)• ・3日間の服用で済むので、アドヒアランスが保たれやすい。 また、嘔気などの消化器症状も少なく使いやすいです。 (40歳代診療所勤務医、総合診療科) マクロライド系抗菌薬 この薬をファーストチョイスする理由(2015年6月更新)• ・作用時間が非常に長い抗生物質で、1日1回3日間の服用で、他の同類薬を7〜14日間使用した場合と同等の効果が得られるから。 (50代病院勤務医、救急科)• ・切れ味の良さと、肺炎球菌、インフルエンザ菌などがカバーできるため、呼吸器感染症の治療薬としてファーストチョイス。 (50代病院勤務医、呼吸器内科)• ・サンフォード感染症治療ガイドで頻用されているから。 そのため使い慣れたが、最近は耐性も気になってはいる。 (30代病院勤務医、総合診療科)• ・薬物相互作用が少なく、コンプライアンスも良好である。 (50代病院勤務医、呼吸器内科)• ・成人用ドライシロップ製剤のSR2gは、単回投与でありながら耳鼻科領域を含む上気道・下気道領域における感染局所へのデリバリーに極めて優れており、しかも約1週間局所に留まって抗菌活性を発揮し続けるという優れた薬物動態を示す。 少なくとも成人への投与では、耐性が問題となった経験はない。 (50代診療所勤務医、一般内科)• ・1回投与の製剤があり、クラミジア子宮頸管炎の治療で使えること、妊婦にも使用できることが長所です。 (50代病院勤務医、産科・婦人科)• ・性感染症の男性尿道炎にジスロマックSR2gを単回投与で使用しています。 例外はあるもののクラミジア、淋菌、マイコプラズマに幅広く抗菌力を有しているので重宝します。 副作用で下痢をたまに経験しますが重篤な有害事象は経験していません。 使いやすい薬剤と思います。 (50代診療所勤務医、泌尿器科)• ・単回投与製剤があり、1回の内服でいいので、夜間救急外来では多用しています。 (30代病院勤務医、一般内科) 用法・用量 (添付文書全文) 1.深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎:アジスロマイシンとして、500mg(力価)を1日1回、3日間合計1. 5g(力価)を経口投与する。 2.尿道炎、子宮頚管炎:アジスロマイシンとして、1000mg(力価)を1回経口投与する。 3.骨盤内炎症性疾患:アジスロマイシン注射剤による治療を行った後、アジスロマイシンとして250mg(力価)を1日1回経口投与する。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 1.本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認する。 2.本剤で治療を開始し、4日目以降においても臨床症状が不変もしくは臨床症状が悪化の場合には、医師の判断で適切な他の薬剤に変更する。 但し、尿道炎、子宮頚管炎の場合にはアジスロマイシン投与開始後2〜4週間は経過を観察し、効果を判定し、細菌学的検査結果又は臨床症状から効果が認められない場合には医師の判断で適切な他の薬剤に変更する。 3.外国の臨床における体内動態試験の成績から、本剤500mg(力価)を1日1回3日間経口投与することにより、感受性菌に対して有効な組織内濃度が約7日間持続することが予測されているので、注射剤による治療が適応されない感染症の治療に必要な投与期間は3日間とする。 但し、尿道炎、子宮頚管炎の場合は本剤1000mg(力価)を1回経口投与することにより、アジスロマイシン感性のトラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)に対して有効な組織内濃度が約10日間持続することが予測されているので、治療に必要な投与回数は1回とする。 4.肺炎については、症状に応じてアジスロマイシン注射剤から治療を開始する必要性を判断する。 なお、肺炎については、アジスロマイシン注射剤による治療を行った肺炎に対して、本剤に切り替える場合は、症状に応じて投与期間を変更することができる。 5.アジスロマイシン注射剤から本剤へ切り替え、総投与期間が10日を超える場合は、経過観察を十分に行う。 1).肺炎:アジスロマイシン注射剤から本剤へ切り替えた臨床試験は、医師が経口投与可能と判断した時点で、注射剤から本剤に切り替えアジスロマイシン注射剤の投与期間は2〜5日間、総投与期間は合計7〜10日間で実施され、総投与期間として10日間を超える投与経験は少ないため、アジスロマイシン注射剤から本剤へ切り替え、総投与期間が10日を超える場合は、経過観察を十分に行う。 2).骨盤内炎症性疾患:アジスロマイシン注射剤から本剤へ切り替えた臨床試験は、医師が経口投与可能と判断した時点で、アジスロマイシン注射剤から本剤に切り替え、アジスロマイシン注射剤の投与期間は1〜2日間、総投与期間は合計7日間で実施され、総投与期間として7日間を超える投与経験はないため、アジスロマイシン注射剤から本剤へ切り替え、総投与期間が10日を超える場合は、経過観察を十分に行う。 6.レジオネラ・ニューモフィラに対して、アジスロマイシン注射剤による治療を実施せずに本剤のみで治療した場合の有効性及び安全性は確立していない(投与経験が少ない)。 7.骨盤内炎症性疾患に対して、アジスロマイシン注射剤による治療を実施せずに本剤のみで治療した場合の有効性及び安全性は確立していない(投与経験はない)。 副作用 (添付文書全文) 承認時の臨床試験2,805例(250mg錠2,079例、カプセル130例、細粒596例)において、368例(13. 主な副作用又は臨床検査値異常は、下痢(3. 市販後の使用成績調査3,745例(250mg錠2,419例、カプセル135例、細粒1,191例)(再審査終了時)において、90例(2. 主な副作用又は臨床検査値異常は、下痢(0. アジスロマイシン注射剤から本剤へ切り替えた(スイッチ療法)場合の承認時の臨床試験380例において、96例(25. 主な副作用又は臨床検査値異常は、下痢(9. 市販後の骨盤内炎症性疾患患者に対する使用成績調査における安全性評価対象例98例中、11例(11. 主な副作用又は臨床検査値異常は、下痢(8. 1.重大な副作用(頻度不明) 1).ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、喘鳴、血管浮腫等)をおこすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 4).肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全:肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 5).急性腎障害:急性腎障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、乏尿等の症状や血中クレアチニン値上昇等の腎機能低下所見が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 6).偽膜性大腸炎、出血性大腸炎:偽膜性大腸炎、出血性大腸炎等の重篤な大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢、血便等が現れた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 7).間質性肺炎、好酸球性肺炎:発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎、好酸球性肺炎が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 8).QT延長、心室性頻脈(Torsades de Pointesを含む):QT延長、心室性頻脈(Torsades de Pointesを含む)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う(なお、QT延長等の心疾患のある患者には特に注意する)。 9).白血球減少、顆粒球減少、血小板減少:白血球減少、顆粒球減少、血小板減少が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 10).横紋筋融解症:横紋筋融解症が現れることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 また、横紋筋融解症による急性腎障害の発症に注意する。 1).皮膚:(0. 3).血管障害:(0. 4).循環器:(頻度不明)血圧低下、動悸、血圧上昇。 6).腎臓:(0. 8).精神・神経系:(0. 9).感染症:(0. 10).眼:(頻度不明)結膜炎、眼瞼浮腫、霧視、ぶどう膜炎、眼痛、視力障害。 11).筋骨格系:(頻度不明)筋肉痛、関節痛、頚部痛、背部痛、四肢痛、関節腫脹。 12).呼吸器:(0. 13).耳:(頻度不明)耳痛、難聴、耳鳴、聴力低下、耳障害。 14).生殖器:(0. 15).代謝:(0. 16).注入部位:(0. 17).その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.他のマクロライド系又はケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.高度肝機能障害のある患者[肝機能を悪化させる恐れがあるので、投与量ならびに投与間隔に留意するなど慎重に投与する]。 3.心疾患のある患者[QT延長、心室性頻脈(Torsades de Pointesを含む)をおこすことがある]。 (重要な基本的注意) 1.アナフィラキシー・ショックが現れる恐れがあるので、アレルギー既往歴、薬物過敏症等について十分な問診を行う。 3.本剤の使用にあたっては、事前に患者に対して、次の点を指導する:中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群が疑われる症状[発疹に加え粘膜(口唇、眼、外陰部)の糜爛あるいは水ぶくれ等の症状]が現れた場合は服用を中止し、直ちに医師に連絡する(服用終了後も前記症状が現れることがあるので症状が現れた場合は直ちに医師に連絡する)。 4.意識障害等が現れることがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するよう患者に十分に説明する。 5.本剤は組織内半減期が長いことから、投与終了数日後においても副作用が発現する可能性があるので、観察を十分に行うなど注意する。 (相互作用) 1.併用注意: 1).制酸剤(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム)[本剤の最高血中濃度低下の報告がある(機序不明)]。 2).ワルファリン[国際標準化プロトロンビン比上昇の報告がある(マクロライド系薬剤はワルファリンの肝臓における主たる代謝酵素であるチトクロームP450を阻害するので、ワルファリンの作用が増強することがあるが、本剤での機序の詳細は明らかではない)]。 3).シクロスポリン[シクロスポリンの最高血中濃度の上昇及び血中濃度半減期の延長の報告がある(マクロライド系薬剤はシクロスポリンの主たる代謝酵素であるチトクロームP450を阻害するので、シクロスポリンの血中濃度が上昇することがあるが、本剤での機序の詳細は明らかではない)]。 4).メシル酸ネルフィナビル[本剤の1200mg投与で、本剤の濃度・時間曲線下面積<AUC>及び平均最高血中濃度の上昇の報告がある(機序不明)]。 6).ベネトクラクス[ベネトクラクスの効果が減弱する恐れがあるので、併用を避けることが望ましい(機序は不明であるが、ベネトクラクスの血中濃度が低下する可能性がある)]。 2.他のマクロライド系薬剤において、次記薬剤による相互作用が報告されている。 なお、本剤のチトクロームP450による代謝は確認されていない。 1).テオフィリン、ミダゾラム、トリアゾラム、カルバマゼピン、フェニトイン[これらの薬剤の血中濃度が上昇し作用が増強される恐れがある(他のマクロライド系薬剤において、相互作用が報告されている)]。 2).エルゴタミン含有製剤[四肢の虚血をおこすことがある(他のマクロライド系薬剤において、相互作用が報告されている)]。 3.他の抗菌剤との相互作用:本剤と他の抗菌剤との相互作用に関しては、これまでの国内又は外国における臨床試験成績から、マクロライド系、ペニシリン系、キノロン系、テトラサイクリン系、セフェム系及びカルバペネム系抗菌剤との間で相互作用によると考えられる有害事象の報告はない。 しかしながら、本剤の組織内濃度持続時間は長いため、投与終了後も他の抗菌剤との間に相加作用又は相乗作用の可能性は否定できないので、本剤投与後に切り替える場合には観察を十分に行うなど注意する。 (高齢者への投与) 本剤の臨床試験成績から、高齢者において認められた副作用の種類及び副作用発現率は、非高齢者と同様であったが、一般に高齢者では、生理機能が低下しており、血中・組織内濃度が高くなることがあるので、患者の一般状態に注意して投与する。 なお、高度肝機能障害を有する高齢者の場合は、投与量ならびに投与間隔に留意するなど慎重に投与し、投与後に異常が認められた場合には、症状に応じて投与中止あるいは対症療法等の適切な処置を行う(なお、本剤の組織内半減期が長いことを考慮し、症状の観察ならびに対症療法を行う場合には十分な期間行う)。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦:妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。 2.授乳婦:ヒト母乳中に移行することが報告されているので、授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させる。 (小児等への投与) 1.低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 3.承認時の小児における下痢の発現頻度は、2歳未満(124例中8例)では2歳以上(602例中6例)と比べて高いので注意し、これらの症状が認められた場合には症状に応じて投与中止あるいは対症療法等の適切な処置を行う。 4.市販後の自発報告において、小児における興奮の報告が成人に比べて多い傾向が認められているので注意する。 (過量投与) 1.症状:本剤の過量投与により聴力障害をおこす可能性がある、処置:異常が認められた場合には投与を中止し、症状に応じて対症療法等の適切な処置を行う(なお、本剤の組織内半減期が長いことを考慮し、症状の観察ならびに対症療法を行う場合には十分な期間行う)。 2.症状:外国臨床試験で総投与量が1. 5gを超えた症例において、消化器症状増加が認められている、処置:これらの症状が認められた場合には、症状に応じて投与中止あるいは対症療法等の適切な処置を行う(なお、本剤の組織内半減期が長いことを考慮し、症状の観察ならびに対症療法を行う場合には十分な期間行う)。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 3.本剤との因果関係は不明だが、心悸亢進、間質性腎炎、肝壊死、運動亢進が現れたとの報告がある。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

安心!ジスロマック通販サイト

ジスロマック 市販

副鼻腔炎の市販薬のおすすめは抗生物質ジスロマック?効かない? 副鼻腔炎はほとんどの場合、お薬 抗生物質 の服用で治ります。 その抗生物質の種類の中に「ジスロマック」という商品名のお薬があります。 このジスロマックというお薬は副鼻腔炎にとても効果があります。 ですので、「市販薬の抗生物質のおすすめはジスロマックです!」 …と思いっきり言いたいところなんですが、私はハッキリ言って おすすめはできません。 「ジスロマックはとても良く効くけれど、市販薬として購入することはおすすめしません。 」と言ったほうがいいかもしれません。 私個人の意見としては、 市販薬の抗生物質を購入して服用しないほうが良いと考えています。 そもそも抗生物質が必要かどうか分からないのに、自分の判断で市販薬の抗生物質を購入して飲むこと自体がとても危険です。 仮に飲んだとしても、それが効いているかどうかの判断も自分ではできないはずなのです。 もし効いていなければ、今度は別の抗生物質を試す必要も出てくるかもしれません。 でも、その判断は 専門知識がある医師が経過を診ているからこそできることです。 それだけ副鼻腔炎というのは、簡単には治らない厄介な病気です。 副鼻腔炎は抗生物質の服用だけではなく、何度も耳鼻科に通って鼻腔の中をきれいに吸引したり、ネブライザーという水や薬剤などを霧状にして噴霧する器械を使って、鼻腔から吸い込む治療を受けます。 そして、鼻汁の粘度が強い時にはそれを溶解するお薬を使ったり、炎症を鎮める消炎鎮痛剤も一緒に使います。 そうやって数週間から何ヶ月も通院してやっと治る病気なんです。 抗生物質を飲んで自覚症状がなくなったからといって副鼻腔炎が完治した、とは言えません。 ネット上には、 ジスロマックはクラミジアなど性感染症、その他色々な病気にとても効果があり、副鼻腔炎にもジスロマックのジェネリック薬〇〇 商品名 がおすすめです! という記事があります。 ジスロマックというお薬はファイザーという製薬会社が開発したお薬ですが、ネット上ではそのジェネリック薬が通販で販売されています。 普通、抗生物質というのは、ドラッグストアなどの薬局では販売されていません。 日本では抗生物質は病院を受診して医師が指示した処方せんが必要になっており、店頭では購入できません。 それは薬事法によって決められていることなのです。 なので、ジスロマックと同じ成分の抗生物質を市販薬として購入するとなると、 日本以外の海外の商品をネットで個人的に購入するしかないのです。 海外からの医薬品の輸入については、 「一般の個人が輸入 いわゆる個人購入 することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。 ですので、ネット上でこうした医薬品を一般の人に対して販売している輸入代行サービス会社があるわけです。 こうした購入方法で入手した抗生物質の服用をおすすめすることはできません。 もう少し詳しく抗生物質の市販薬をおすすめしないのかを説明していきます。 市販薬のジスロマックをおすすめできない理由 副鼻腔炎を治療するお薬としてジスロマックは、原因となる細菌を退治するための抗生物質としてとても効果があります。 もちろん、ジスロマック以外にも効果のある抗生物質はありますが、ここではジスロマックを例に挙げて説明していきます。 副鼻腔炎の症状が出て、耳鼻咽喉科を受診すると抗生物質が処方されることがほとんどであり、ジスロマックもよく処方される抗生物質です。 このように耳鼻咽喉科を受診し、きちんと医師の指示のもとで処方されてお薬を飲んで治療を受けることはおすすめできます。 抗生物質だけでなく、口から飲む医薬品というのはどんなお薬にも副作用や飲み合わせ 他のお薬との相性 など注意点があります。 なので、お薬は基本的には医師の指示のもとで処方を受けて、飲むことが理想なのです。 病院では、その患者さんのアレルギー体質やその他の病気などで服用しているお薬との関係を考え、一番適したお薬が処方されます。 もし、副作用など危険な症状が出ても処方した医師に報告し指示を受けることで、すぐに対処できるので患者さんにとっても安心なわけです。 そしてこのお薬が抗生物質ということになると、もっと注意が必要になってくるのです。 抗生物質というのは、副作用を起こしやすいお薬です。 ただ、これまでに様々な研究がなされてジスロマックというお薬は、ほとんど副作用は見られないと言われています。 ですが、全く副作用が出ないわけではありません。 なので、余計に医師の指示のもとで服用したほうがいいのです。 また、抗生物質というのは、「飲み方・飲む量・飲む期間」が決められていて、それを守って全て飲みきって初めて効果が現れます。 もし、症状が軽くなったといって服用を途中で止めてしまうと、まだ生き残っている細菌達は抗生物質に対抗するために、自らを抗生物質に耐えられる菌に変化させていきます。 これを「耐性菌」と言います。 こういった耐性菌が増え始めると更に別の抗生物質を使うことで効果が出ることもありますが、また途中で服用を止めれば、細菌はその抗生物質にも耐性化していくのです。 やがては抗生物質に効かない耐性菌が出てくる可能性もあるので注意が必要です。 抗生物質というお薬を市販薬として購入して服用するほとんどの人が、抗生物質に対する知識もないままに服用していると思います。 こういう飲み方は本当に危険なのです。 こうした「抗生物質などのお薬を市販薬で購入して飲む」ということは、私にとっては考えられないことなのです。 「私にとっては」というよりも 医療に携わる者からすると考えられないこと、と言っても過言ではないでしょう。 これは、抗生物質に限ったことではありませんが、やはり口から飲むお薬というのは通販などで購入するのはなるべく避けたほうが良いです。 副鼻腔炎の市販薬などについてのまとめ 今回は、副鼻腔炎に使う抗生物質の市販薬について説明してきました。 では、まとめてみましょう。 副鼻腔炎の市販薬のおすすめは抗生物質のジスロマック?効かない? 副鼻腔炎の原因となる細菌を殺す抗生物質としてジスロマックはとても効果のあるお薬です。 しかし、抗生物質などのお薬は副作用や飲み合わせ、そして効果の判断など様々な問題があるため、医師の指示のもとで経過を診ながら処方してもらって服用すべきお薬です。 抗生物質を市販薬として購入して服用するのはおすすめできませんので、なるべく耳鼻咽喉科を受診して治療を受けましょう。 副鼻腔炎というのは、軽い場合だと時に何も治療を受けなくても自然治癒することがあります。 しかし、副鼻腔は脳や目に近いところにあるので、その炎症が直接脳や目に影響を及ぼすと重い合併症を引き起こすことも考えられます。 そうなると、死に至ることも可能性としてあるのです。 病院に行く時間も、通院する時間もないからといって簡単にネットなどで抗生物質を使用するのはできるだけ避けて、きちんと受診するようにしましょう。 最後までお読み頂いてありがとうございました。

次の