無人 島 に 持っ て いく なら。 無人島になにか一つ持っていくならこの本をオススメします

無人島に持っていくならこれ!決めた理由とその他UVアイテムも : AYANEKO OFFICIAL BLOG Powered by ライブドアブログ

無人 島 に 持っ て いく なら

もし無人島にコスメを三つ持っていくなら何を持っていく…?っていう話を今日あやんぬちゃんとしていて… 朝スーパーに向かう間、私だったらなんだろう〜!って歩きながら考えてました。 シワ、シミ・そばかす、たるみ、くすみ、乾燥…ありとあらゆる現象の原因にもなる紫外線。 ほんとだったら島にはサンバリア100の日傘もマストで持っていきたかった……笑 もう木陰で生活するしかないよね。。 笑 私だったらこれを持っていくな〜っていう日焼け止めは今の手持ちにある中だとこれです!! ビオレUV アスリズム サンバーンプロテクトミルク 去年大ヒットしてドラストから品薄になっていた事もあったアスリズム。 そのアスリズムの新作が3月に発売しているんです〜〜〜! なぜこのアイテムをチョイスしたのかを書いていくぜい🌥 今回の新作アスリズムは、 じりじり太陽光に着目した日焼け止め。 既存のアスリズムに近赤外線カットをしてくれる処方にパワーアップしています。 あのじりじり焼けるような暑さの原因って近赤外線なんですって… 島って太陽光が強くて日差しがじりじりじゃないですか。 それなら…アスリズムしかない!!!と思った次第です。 いつもの洗浄料で落とせるというのも無人島に持って行くならこれかなと思った理由の一つでもある。 (無人島にはボディソープないけどな……) でも実際、アスリズムは今お家からほとんど出ないので使ってないんですけど…… もう少し暑くなったら出番がくるのでおやすみしてもらってます。 アスリズムと悩んだのはアネッサ! パーフェクト UV スキンケアミルク a このアネッサも今年リニューアルしてパワーアップ。 これも無人島チョイスではとても捨てがたかった〜〜〜〜〜。 熱でUVブロック膜が強くなる技術が新たに採用されたもので、太陽の力を紫外線カットパワーに変えてしまうという逆転発想。 汗、水、熱に触れるとUVブロック膜が強くなるというレジャー向けな日焼け止めです。 強すぎる。 あああああ〜〜〜ビオレUVもアネッサも二つとも島に持っていきたいくらい。。。。 そんな感じで無人島に持っていくコスメについてのご紹介でした! 残りの二つのアイテムはに書いてくれてるのでチェケラしてみてね! 他のみんなにもアンケート取っていたので、色んな回答が見れますよ!笑 ちなみに無人島関係なく今は、体にはアベンヌ ミネラルフルイド UVを使う事が多いですよん😊.

次の

無人島に一つ持っていくなら。無人島に持って行くなら何がいいのか考える

無人 島 に 持っ て いく なら

comにて募集していたこの企画。 予想を上回るたくさんのご投稿をいただきました!ありがとうございました!! 一つ一つ目を通していて思ったことは、「皆さま本当に本が好きなんだなぁ」ということ。 投稿していただいた皆さまの本への熱い情熱がとても伝わってきました。 皆さまのご意見すべてをここで発表できないことがとても心苦しいですが、票が一票でも入った本は「」ですべて紹介していますので、自分の投票した本が何位に入っているのかぜひ確認してみてください! それではまず、総合ランキング100位までをどうぞ! 尾田栄一郎 投稿レビュー:無人島で海を見ながら、思いっきり海洋冒険コミックを読んでみたい。 二年前から家族ではまっています。 仲間がいるかもって思える気がする。 このチャンスにぜひ読破したい。 枕にもなるかも。 思考の元となる言葉を定義するためにも、持って行きたい。 映画と本の画像が一致する本はなかなかありませんでしたが、これは想像通りの作品でした。 無人島の景色に飽きたらこれがあればいつでもカナダへ素敵な旅ができますよ。 価値観、考え方からなにもかもがかわりました。 無人島ってそんなに甘くねぇぞ!って思い知らされます。 内人君のサバイバル術は、無人島でも十分に役立ちそうです。 第11位 アントアーヌ・ド・サン・テグジュペリ 無人島で一人、哲学にふけるのもいいかなと思いました。 第14位 有川浩 なにもいえなくなるほどキュンとくる甘酸っぱい恋愛小説!植物を通じて2人の心の変化を描いているお話。 第15位 ミヒャエル・エンデ 全てのエピソードが、<to be continued>なので、 時間が無限に使える無人島で、お話の続きに空想を巡らすのにぴったりだと思います。 第17位 空知英秋 43巻金魂編がとてもよかった。 第18位 (類似含む) とりあえずひとつひとつの単語であれこれを妄想して楽しもうと思います。 第19位 紫式部 華やかな前半、栄華を極める中盤、人間としてのテーマが深くなる後半、あきません。 第20位 ジュール・ヴェルヌ 十五人の少年たちの奮闘劇が無人島生活の励みになりそう。 感情移入してわくわくしそう。 第22位 池波正太郎 男の中の男の本です。 心が折れそうな時の、支えに必ずやなってくれるでしょう。 第25位 古代日本の壮大なスケールの物語に思いをはせながら無人島で救助を待つのも趣き深いですよね。 第26位 (類似含む) 英語を習得します。 漫画や小説は直ぐに読み終わってしまいますよね。 問題集も回答出来たらもう1度する気にはならないと思いました。 第28位 荻原浩 登場人物の早織さんが肉食系女子で驚かされました。 ラストも意表をつく終わり方で、荻原さんの多才さに脱帽。 第29位 三浦しをん 10人と一緒に練習し、箱根を走っている気持ちになれます。 第30位 ミヒャエル・エンデ 読むたびに子供の時のように熱中できて、読み終わると世界がなんとなく違って見える本。 本を読むってこういうことだなあと思える本。

次の

無人島に1つだけ持って行くなら?に対する最も正解に近い答えを教える【改訂版】

無人 島 に 持っ て いく なら

ついに答えが出たような気がしています。 妄想マニアにとっての永遠のテーマ… 島に持っていくなら? ズバリ! これが正解のような気がしますね…。 しかし答えの発表の前にこちらをどうぞ。 「島に何を持っていくか…?」その探求は、われわれ妄想マニアにとっての、永遠のテーマであり、課題であり、ライフワークでもあります。 誰もが一度は「妄想の中で」通る道ですね……島。 いろいろと、ローカル・ルールもあると思います。 「島に持っていくモノは、ひとり3個までOKね!」 とか。 「友達とか、彼女とか、人間を選んでもいいの?」 とか。 「サイズ的には、規定はあるのか?」 とか。 まぁそのへんのはに、妄想仲間と話し合っていただくことにしまして。 ちなみに、私と相方の大福さんも、よくこの「島シリーズ」について話し合うんですけどね。 「モノ編」とか「人物編」とか、いくつかのバリエーションを想定して、そのつど考えるようにしていますね。 ちなみに「島に誰を連れていくか?(上限3人まで)」について議論した時には、 大福さんのファーストチョイスは「ナスD(友寄隆英ディレクター)」だったかな…? 「ナスD」って誰?というかたは、こちらの過去記事をどうぞ。 なりゆきの結果、なぜかナスDについてザックリ解説しております。 そして、 私のファーストチョイスは、確か…だったような気がします。 島でも相当、大暴れしてくれそうですから。 生命力が豊かっぽい。 余談ではありますが、人選の際「」の名前も何度か候補に挙がったんですが、 「は、サバイバル的には非常に魅力的なポテンシャルを秘めてはいるが、その反面、理屈っぽいうえにプライドが高く、集団の中ではうまく機能しないのではないか?」 という評価となり、あえなく落選となってしまいました。 そうなのです。 私たち専門家は、かなり詳細に、島生活について脳内でシミュレーションしています。 実際に、生身の人間が島という極限状態に置かれた時、どのように振る舞うだろうか?というところまで想定して、メンバーを選出しているのです。 本題に入る前に「島に何を持っていくか?」という問いに対する一般人による定番回答と、珍回答をどうぞ。 最近では、企業の面接でも聞かれるケースがあるんですかね?「島に持っていくアイテム」。 検索して調べてみると 「島に持っていくなら 面接」 というワードが候補の中にありました。 なるほど。 その人のや、さ、発想の豊かさなどを見極めるには、なかなか良い質問かも知れませんね。 ということで、一般人による定番の回答は、ざっとこんな感じでしょうか。 ナイフ• マッチ・ライター• 釣り竿 なるほどねぇ~。 まぁ……いいで……しょう! 実際、現地ではどうやっても代用品をGETできそうにない品々ですからね。 限りなく必需品に近いと言えば近い。 あと、ネットで拾った珍回答もザックリ見てみましょうかね。 どれどれ…。 携帯、 バカですねぇ~。 アンテナ1本も立ってねぇだろ…。 充電はどうするんだよ…。 面接でこの回答は確実に落とされますね。 テレビ 映らないと思うんだけどなぁ~…。 「携帯・派」のさらに上をいってる。 そもそも、テレビなんて持って行ったら、の集金がウザいじゃん。 もうちょっと考えなさいよ。 集金係が来たら居留守使うのか?え? お母さん そうなんだ…。 人物OKだった場合、お母さん連れて行くんだね…。 マかよ。 お母さんにとっては、いい迷惑ですよ。 「どうして、たかしのために母ちゃんまで島に…!?」 ってなるわ。 ス もう、頭の悪さがたまりませんね…。 一周まわって、好きな回答です。 ペット(非常食) 食うんだ…。 そうか…。 うん…。 いよいよ、私がプロの回答をお見せする時が来たようですね。 皆の衆、括目せよ! まずね、みんな何か勘違いしてませんか? 自分が希望したアイテム以外は、島に持って行けないわけですよ? 大丈夫なの? あなたたち ・・・・・・ ・・・・・・ まだ全裸ですよ? 大丈夫なの? ホントに。 最低限、靴を履いてないとさ。 岩場とか、ジャングルの中とか、足の裏、痛いよ? パンツもから、フルチンだし。 直射日光だってヤバいよ? 日焼け対策どうすんのよ? そうなのです。 まだスッポンポンなのです、私たちは。 そこんところを見逃しているんですよね~。 甘いね! もし仮に、マッチ(もしくはライター)を選んだとしてさ。 全裸でマッチ持って、海岸に佇んでるところからスタートですからね。 島生活。 と、い、う、こ、と、で! 私が選ぶ島に持って行くアイテムは… こちら! ジャジャーン! メガネ~! 全裸にメガネです。 「全裸」が醸し出すワイルドさを、「メガネ」が醸し出す知的さで中和することが可能なんですよね~。 ようするに、トータルコーディネートって、こういう事だと思うんですよ。 それぞれのアイテムが、相互に作用して、お互いを引き立たせる。 この場合だと「全裸」と「メガネ」ですけどね。 お前さんは、そこまで考えてんのか? って話なんですよ、私が言いたいのは。 ひとつひとつのアイテムが個性的で魅力的だったとしても、身につけた時に、それぞれの個性がケンカしちゃうようじゃナイス・コーデとは言えません。 ようするにね、オシャレって言うのは… ・・・・・・ 完全に脱線してるね! 話を戻します。 今回は、島に、3つまでアイテムを持って行って良いルールで考えていきましょう。 オレが選ぶ「島に持って行きたいもの」2つ目は… さぁ! なんだと思いますか…? 島に持って行くべきアイテム、第一位は「メガネ」でしたが… その次に選ばれるアイテムは…!? ・・・・・・ ・・・・・・ ジャジャーン! 「メガネ (予備) 」です! いや~ホントね、私は目がかなり悪いんですよね。 メガネが無かったら、ホントにヤバいです。 万が一、島に持って行ったメガネが壊れてしまった場合、確実に死にます。 目を失ったも同然です。 昔、小学校低学年の頃の視力検査だったと思いますが… 教室内で、目の検査をやったんですよね。 担任の先生が、 「じゃあ…これは?」 って、棒で指すじゃないですか、 なんか「C」みたいなマークの書いてある紙をさ。 そうするとね、 そもそも、 根本的に 先生が持っている棒が見えないんですよ、私は。 そんな細い棒で、指されても、どこを指しているのか、全く分からない。 もっと言うと、そもそも、あの「C」のマークの、一番上も分からないんだから。 超デカいヤツ。 あれも分かんねぇの。 そのくらい目が悪いんでね~、メガネはホント、私にとっては必需品なんですよね…。 せっかく、島に持って行ってOKなアイテムが3つあるのに、そのうちの2つは「メガネ」になってしまいました。 なんなんすか、このハンデ。 ひどい。 ドイヒー。 こうなったら、最後のアイテムで、大逆転を決めるしかない…! 私が島に持っていくアイテム、3つ目は…!ズバリ、これだぁ~! 超巨大豪華客船「」です! 「」には、6000人が長期間、生活できるだけの施設&設備が揃っています。 とりあえず、島の海岸にこの豪華客船を横付けしておくのです。 なんでも揃っていますからね。 レストランやプールはもちろん、バスケットのコートや、卓球場…。 筋トレもできるし、もできます。 映画館、劇場、メリーゴーランド、本物の草木が生えている公園…。 とにかく、ようするに「」は、移動する「町」なのです。 「」さえあれば、とりあえずなんとかなります。 ヘタすると、島に一回も降り立たない可能性もありますね…。 あまりにも快適すぎて。 重要なポイントは面接官に 「島に何を持って行きますか?」と問われた時に、自信なさそうな顔で 「あのぅ…乗り物とかでも…いいんでしょうか…?」 と、捨てられた子犬の目で訴えてみることです。 相手(面接官)が「えっ?」という顔をした場合は、 「例えば…マウンテンバイクとか…とか…」 と、再度、捨てられた子犬の目で訴えるのです。 そうすると面接官も「あぁ、そんなもんか」と安心し、 「えぇ、いいですよ。 島に持って行くアイテム、乗り物でもOKとしましょう」 と、答えるはずです。 一度、そう言わせることができたらしめたもの。 あとはもう、胸を張ってドヤ顔で (バカめ…ひっかかったな!) と態度を一変し、悪魔のような微笑みを浮かべながら それじゃ「」を持って行きます! と答えればいいのです! 旅客定員は、最大で6300人 乗組員は、2160名…! これだけの人間が長期間、ストレスなく過ごせるだけの生活必需品が備わっているわけですから、とりあえずどうにでもなるはずです。 尋常じゃなく大量の食糧も積んであるでしょうし。 ふっふっふ  ̄ー ̄ ニヤリ 島に持っていくアイテムとして「ナイフ」を選べば、当然そのナイフの鞘(さや)、すなわちケースも付属品として「ナイフの一部」と見なされ、カウントされずに所有を許されるわけですから、 豪華客船の「」を選べば、その厨房に備え付けられているナイフや、で販売している衣類、救急用に用意されている一通りの医薬品なども「備品」すなわち船の一部として判断してもらえるはず! あわよくば、長期保存の効く缶詰類なども、船の一部として認めてもらえる可能性もあります! 「え~!そんなのズルい!ひとつのアイテムとして豪華客船を選ぶなんて反則だ~!」と、クレームがついた場合、どうするか。 まぁね、「」はナシにしようぜ、って話になる可能性もありますよね。 世の中には、そういう、夢のない、ケツの穴の小さいヤツもいますから。 そういう場合、どうするか。 私は、3つ目のアイテムとして… ・・・・・・ ・・・・・・ ジャジャーン! 「メガネ」を 持って行きます! (結局、メガネ3個…) gattolibero.

次の