桜木 町 ホテル。 ホテルローヤル (集英社文庫)

【公式】ホテル東横INN横浜桜木町

桜木 町 ホテル

【ご宿泊者限定】ホテル最上階 エグゼクティブラウンジ ホテルご宿泊のお客様のみご利用いただける、最上階のエグゼクティブラウンジ。 みなとみらいの夜景を眺めながらビール・ワイン・サワー、おつまみなどをお楽しみください。 JR桜木町駅から徒歩3分 観光地へのアクセス抜群! JR桜木町駅 南改札口より徒歩3分、馬車道・横浜ランドマークタワーへも徒歩9分と横浜観光の拠点として最高の立地です。 横浜一の歓楽街、飲み屋街である 野毛の玄関に位置する ブリーズベイホテルは横浜一の歓楽街「野毛」の玄関口。 毎夜、老若男女問わず多くの人でにぎわいます。 陽気で刺激的な街で、美味しい料理とともにハシゴ酒を楽しみませんか?• 全室Wi-Fi完備。 みなとみらいを望むレストランで 爽やかなブレックファーストタイム 船の船室をコンセプトとしたホテル最上階に位置するレストランアルページュ。 和食・洋食・サラダなど30種類以上をバイキング形式でお楽しみいただけます。 目的に合わせて選べる 宴会場・会議室 披露宴、結納、ビジネスセミナー、会議、アットホームなパーティーなど、 ご要望を満たす最適な空間、演出、お料理などをご提案いたします。 心も身体の至福の時を過ごす、 極上の癒し空間ブリーズベイスパ 「世界で一番気持ちいいと言われている」タイマッサージ大きな特徴の一つであるストレッチはまるで二人でやるヨガのよう。 こっている部分だけではなく、全身を刺激していくことで、体のバランスを整えます。

次の

ホテルローヤル (集英社文庫)

桜木 町 ホテル

ロビー イメージ• エントランス イメージ PICK UP POINT おすすめポイント• JR桜木町駅より徒歩1分 JR桜木町新南口(市役所口)からすぐの立地で、地下鉄桜木町駅からもお越しいただきやすい便利な場所にあるホテルです。 鉄道駅発祥の歴史ある地で、快適な滞在を提供します。 全室洗い場付きバスルーム バスルームはトイレと分かれており、足が伸ばせるバスタブと洗い場があるゆとりの空間。 広々としたバスルームで、ご家庭と同じようにゆったりとおくつろぎいただけます。 県内の産直食材を使用した こだわりの朝食 海にも山にも恵まれた神奈川県ならではの特産物の数々や、横濱ならではの食文化を発信しながら、バランスの良い色とりどりの彩食で健やかで豊かな1日をお手伝いします。 シングル イメージ• テナントのご案内• ・営業時間:8:00~23:00 ・運営会社:株式会社ルミネアソシエーツ• バラエティ豊かなエスプレッソドリンクやペストリーをお楽しみ頂けます。 店内にはコーヒー豆や抽出器具などのオリジナル商品も多数ご用意しております。 ・営業時間:7:00~23:00 ・運営会社:スターバックスコーヒージャパン株式会社• OUTLINE ホテル概要•

次の

【公式】桜木町ブリーズベイホテル・リゾート&スパ|桜木町駅徒歩3分

桜木 町 ホテル

文芸春秋社には申し訳ないが、芥川賞・直木賞作品だからと言って新本を買ったことがない。 そうはいっても、ほとぼりが冷めたあとも、引き続き評価の高い作品は密かに手に取ったりはする。 鮮烈な印象は、柴田翔の「されどわれらが日々」私も若かった。 直木賞作品の幾つかは記憶に新しい。 永井路子「炎環」、新しいところで朝井まかて「恋歌」 浅田次郎「鉄道員」は読み手を泣かせる手練に長けた作家だなアと思いつつ私も泣かされた。 さて桜木柴乃「ホテルローヤル」149回直木賞作品 7編の短話からなる。 正直、五番目の「せんせぇ」を読むまでは、退屈でつまらん作品だなと思いつつ我慢して読んでいた。 道南に単身赴任している高校の数学教師。 札幌の自宅の妻の心はとっくにほかの男に向いている。 そこにふた親にも見捨てられ行き場のない女子高生がまとわりついてくる。 考えてみれば自らも帰る所のない身だ。 二人はやがてあてもなく釧路行きの汽車に乗る・・・ここに至って私はようやく、第三話「えっち屋」・・当ホテルをたたむ最後の日を迎えた女主人と実直な出入り業者の物語に思い至る。 二人は最後の思い出に抱き合うのだが、その部屋が実は先の高校教師と女子生徒が心中を遂げた部屋でなかったか・・・ちょっとした工夫なのだが、小説は、今荒廃してほこりにまみれているラブホテルの過去を辿っているのだ。 おかしなものでそれに気づくと、各挿話が俄然息づいてくる。 続く第6話もいい。 そして読者に小説を最初から読み直すよう訴えてくる。 この人の「氷の轍」も良かった。 昨今珍しく、貧しくて陽の当たらない人々の人間模様を描く作家である。 高度成長などとっくに過ぎ去った。 貧しい老人と豊かとはいえぬ若者が累積してゆくのがこれからの日本である。 彼女が描いてきた「過去」の貧しさに、我々は今また向かおうとしている気がしてならない。

次の