マイクラ 3 3 ピストン ドア。 【マイクラ】壁と一体化した平面の隠し自動ドアを作るとこうなった

分かりやすい3×3ピストンドアが完成しました~ノスクラ(198)

マイクラ 3 3 ピストン ドア

記事内容• そしてその上にレッドストーンを設置します。 工程その2…2段目にブロックと、レッドストーントーチを設置 2段目の両端部分に、1マス浮かせてブロックを設置しましょう。 その ブロックに、レッドストーントーチを置きます。 ブロックとブロックの隙間は6マスです。 2段目のブロックが両端から飛び出る形になるはずです! 工程その4…レッドストーントーチの上にブロックとレッドストーンを設置 レッドストーントーチの上にブロックを設置しましょう。 そして、 そのブロックにレッドストーンを設置します。 この時、置いたレッドストーンは赤く反応しているはずです。 工程その5…ピストンを設置し、ガラスを設置 ピストンを、3段目のブロック上に設置します。 幅6マスになっている場所から内側に向けて設置してください。 尚、粘着ピストンを置く際はプレイヤーの向いている方向と向い合せになるようにピストンは設置されますから、ピストンの射出方向と正面から向かい合うようにして設置するといいでしょう。 粘着ピストンを置きますと、そのピストンが動力を受けて伸びるはずです。 その伸びたところに、ガラスを設置してください。 これで回路は完成です! 周辺にブロックで肉付けしよう 回路むき出しなのは見た目上問題があるから、囲いましょう。 すると、こんな感じに扉が完成します!.

次の

【マイクラ】2段/3段/4段ピストン回路の作り方を日本一わかりやすく解説!【簡単】

マイクラ 3 3 ピストン ドア

記事内容• そしてその上にレッドストーンを設置します。 工程その2…2段目にブロックと、レッドストーントーチを設置 2段目の両端部分に、1マス浮かせてブロックを設置しましょう。 その ブロックに、レッドストーントーチを置きます。 ブロックとブロックの隙間は6マスです。 2段目のブロックが両端から飛び出る形になるはずです! 工程その4…レッドストーントーチの上にブロックとレッドストーンを設置 レッドストーントーチの上にブロックを設置しましょう。 そして、 そのブロックにレッドストーンを設置します。 この時、置いたレッドストーンは赤く反応しているはずです。 工程その5…ピストンを設置し、ガラスを設置 ピストンを、3段目のブロック上に設置します。 幅6マスになっている場所から内側に向けて設置してください。 尚、粘着ピストンを置く際はプレイヤーの向いている方向と向い合せになるようにピストンは設置されますから、ピストンの射出方向と正面から向かい合うようにして設置するといいでしょう。 粘着ピストンを置きますと、そのピストンが動力を受けて伸びるはずです。 その伸びたところに、ガラスを設置してください。 これで回路は完成です! 周辺にブロックで肉付けしよう 回路むき出しなのは見た目上問題があるから、囲いましょう。 すると、こんな感じに扉が完成します!.

次の

【マイクラ】3×2の自動ドアの簡単な作り方!隠す方法も解説します

マイクラ 3 3 ピストン ドア

でのんびりマ生活 ども、ことPleiades0319です。 2を完成させましたが… さらに改良して、ここまでコンパクトにまとめることが出来ました。 上部もすっきりさせました。 2ですが… それをこんな感じにまとめ直しました。 立体交差が解消されて、見た目が分かりやすくなりました。 こちら側は、感圧板の配線だけになりました。 是非参考にしていただきたいものです。 それでは、回路を細かく見ていきましょう。 まず、上部はこんな感じになっています。 2では、反対側には下から信号を送っていたのですが、それを上から信号を送る形に改めました。 信号を下へ送るためにブロックを付けた粘着ピストンを使います。 上部に信号を送る部分です。 下部の横向き粘着ピストンへも同時に信号を送るように変更しました。 これで配線を簡略化することができました。 上部から信号を送るようになったので、こちら側は感圧板からの配線だけになりました。 感圧板の配線は道筋を変えて、立体交差を無くしました。 こちらの2連ピストンを作動させるオブザーバーの回路部分に変更はありません。 この回路の詳細は、前の記事を参照して下さい。 パルス回路からの配線も分かりやすくなりました。 うまくいかないときは、ジャンプしながら真下に向けて置くと良いです。 感圧板からの配線は向こう側へ続きます。 リピータは混線防止のためのものです。 こちら側は、こんな感じです。 感圧板下のトーチから2ブロック目のリピータは、v2. 2では2連リピータでしたが、4ティック(最大遅延)のリピータ1個に変更しました。 右上の上部へ信号を送る方向への配線は簡略化しました。 パルス回路の部分に変更はありません。 この部分は、立体交差が解消されたので配線が分かりやすくなりました。 閉じる手順のボタンの役割をするオブザーバーの位置を変えて、ピストンに直接信号を送るようにしました。 向こう側の感圧板からの配線は、ここにつながっています。 オブザーバーは、両方の感圧板からの信号の変化を観察しています。 真上から見ると、こんな感じです。 シンプルで美しいですね()。 私が今持っている赤石回路の知識では、たぶん、これ以上の改良は出来ないでしょう。 3の完成とします。 厚さ3ブロックの壁とフラットな床下に回路を収めました。 最初はピストンの連係が悪くて誤作動を起こしましたが、何回かテストを繰り返すと誤作動を起こさなくなりました。 動作もスムーズで問題ありません。 私は、2018年の4月からでマ(BE)を始めたのですが、赤石回路に本格的に取り組み始めたのは8月頃からだったと思います。 私のマは、でバニラでサバイバル生活をのんびり楽しむプレイスタイルなので、赤石回路専門というわけではないのですが、根が理系なので(ケミカル系のヘタレンやけどねw)、こういうことを始めると、つい夢中になってしまいます。 今後も必要に応じて赤石回路の研究を続けてみたいと思います。 その場合は、下部の横向きピストンへの配線は上のようになります。 ここより上部の配線はすべて要りません。 3になります。 こんな感じで、上部は関係なくなります。 morifumikirikita319.

次の