2021 年 カレンダー。 2020年、2021年 学会カレンダー

祝日カレンダー【2020~2021】

2021 年 カレンダー

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、2020年7月に開催予定だった東京オリンピック、同じく8月に開催予定だった東京パラリンピックが2021年に延期になりました。 2020年3月30日に、延期後の開催がオリンピックが2021年7月23日、パラリンピックが2021年8月24日に開会式が行われることを国際オリンピック委員会(IOC が了承し、東京2020運営組織委員会から発表がありました。 そうなると気になるのが、2020年にオリンピックが開催されることに伴って移動した祝日です。 今のところ、 移動した2020年の祝日は移動したままということになっています。 (ただ、変更する可能性もないわけではないそうです) では、 2021年のオリンピック開催時も祝日は移動するのでしょうか。 決定には時間がかかると思いますが、移動した場合、カレンダー上でお休みがどうなるのか考えてみました。 東京オリンピック 2021年7月23日~8月8日• 東京パラリンピック 2021年8月24日~9月5日 2020年に東京オリンピックが開催する際に、交通渋滞を避けるためにそれまでの祝日を特例で移動させました。 2020年のオリンピックに伴う祝日の移動について詳しくは、に書きましたのでそちらもご覧ください。 2020年の祝日の移動を表にするとこちら。 祝日の名称 例年 2020年のみ 海の日 7月の第3月曜 7月23日 木) スポーツの日 10月の第2月曜 7月24日 金) 山の日 8月11日 火 8月10日 月 土日祝日休みのお仕事や、学生さんにとっては7月の東京オリンピック開会式付近は4連休、8月の閉会式付近は3連休になるように祝日を移動させました。 この理屈で考えたら、2021年も4連休や3連休になるように祝日を調整するのではないかと思われます。 ということで2021年のカレンダーをチェックしてみます。 2021年の祝日もオリンピックに伴って移動する? 2021年に延期した東京オリンピック。 2020年はオリンピック開催に伴って、特例で祝日を移動させました。 まずは、カレンダー上でオリンピックの開催日を見てみましょう。 2021年の東京オリンピックは7月23日 金)が開会式ということですが、7月の3連休は17日~19日なので全く重なっていません。 ということで、2020年の措置を参考にすると、 19日から23日に海の日を移動させると思われます。 (または19日を26日に移動) とにかく、カレンダーを見てみると、2021年も海の日を移動させる可能性が非常に高いですね。 2020年と同じ措置なら2021年の開会式付近も4連休になる 2020年と同じ措置をとるなら、10月のスポーツの日を7月に移動させ、4連休になると予想します。 ということで、祝日を移動させてみた7月と10月のカレンダーはこちら。 ただ、そうすると10月の祝日がなくなってしまうんですよね。 2020年の祝日移動の不満 2020年、10月に祝日がないことを知った方々は、 7月の連休より、10月の3連休の方がうれしいから戻してほしい 7月はどうせ夏休みでお休みが多いんだから、他の月から祝日を取らないで オリンピックは延期になったんだから、祝日は元に戻せばいい たくさんの人が、不満を表しています。 しかし、祝日と言うのは、どの祝日もその日にちなんだ制定理由があるので、移動させやすいのはやはりスポーツの日かなと思います。 ということで、2020年と同じように、2021年の7月は4連休、8月9月はそれぞれ3連休、10月は連休なしとなるのが自然なんですが…。 他に移動できそうな祝日を考えてみる 祝日は意味がある日を祝日としているので、移動させるのは本来難しいということは先ほども話しました。 ただ、もし、他の祝日で移動させるなら… 9月の敬老の日でしょうか? 敬老の日はもともと、兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長が1947年、農閑期にあたり気候の良い9月15日に敬老会を行ったのが、敬老の日の始まりとされています。 その後、老人福祉法でも9月15日を老人の日、9月15日~21日までを老人週間としています。 老人週間って…名前変えた方がいいんじゃ… 敬老の日の歴史は長いですし、2001年に敬老の日を9月15日から9月の第3月曜に変更する際、当時御存命だった門脇さんは遺憾の意を表明したそうなので、7月への移動はより反対の声が上がるかもしれませんが…。 あくまでも予想なので、敬老の日を7月に移動させてみます。 敬老の日が移動したら、9月は3連休はなくなるので長期休暇は作りにくそうですが、23日の秋分の日があるので、祝日がゼロになるわけでもありません。 カレンダー的に長期連休にするには、21日、22日、24日と3日も平日をお休みにしないといけないので、いっそのこと敬老の日を移動させてもいいかもしれませんね。 また、敬老の日が移動したら、10月のスポーツの日はそのままなので、10月にも祝日を残すこともできます。 オリンピック関連なのでスポーツの日が移動した方が自然だけど ということで、7月はスポーツの日か、敬老の日を移動させて4連休にさせると予想します。 2020年と同じ措置なら、2021年の8月の山の日も移動する 次に8月について予想してみます。 2021年に延期された東京オリンピックの閉会式は8月8日。 カレンダーを見てみると8月8日は日曜ですが、次の日の9日は平日になってしまいます。 2020年は祝日を移動させて3連休をわざわざ作ったぐらいなので、2021年も作りそうですね。 2020年の特例を参考にすると、8月7日~8月9日を3連休すると思われます。 ということで、8月11日の山の日を8月9日に移動させるのが濃厚。 ということで、2021年の8月9日を山の日にして、11日は平日になると予想します。 2021年のオリンピックも祝日が移動しそうなのでプラン設定の際はご注意を 私なりに、オリンピックに伴う2021年の祝日について考えてみました。 予想をまとめるとこうなります。 祝日の名称 例年 2021年予想 海の日 7月の第3月曜 7月23日 金) スポーツの日 (または敬老の日) 10月の第2月曜 (9月の第3月曜) 7月26日 月) 山の日 8月11日 水 8月9日 月 あくまで推測ですが、2020年と比べて急に交通渋滞が解消されることはないと思いますので、2021年の祝日も特別措置法によって祝日が移動すると思います。 2021年の旅行などを計画している方は祝日の動向も定期的にチェックしてみてください。 正式に決まった際はまた追記して、随時更新します。 以上、「2021東京オリンピック日程決定で2021年の祝日は移動するの?~開会式は7月23日から~」でした。 議員連盟の調整案は、私の予想とは若干違いました。 7月19日の海の日が移動することは同じでしたが、移動する日は22日(木)に。 そして、10月11日のスポーツの日を7月23日(金)の開会式当日に移動させるそう。 7月22日~25日までの4連休になるということですね。 カレンダーだとこうなります。 また、 2020年の移動している祝日は移動したままとなることも話し合われたそう。 予想少し違っていました。 すみません。 まだ、こちら決定ではないですが、オリンピック大会組織委員長の森喜朗会長も橋本聖子オリンピック担当大臣も出席されていますし、この案が通るのが濃厚だと思います。 また決定しましたら、追記したいと思います。 【5月30日追記】山の日は8月11日から8日に変更 2021年のオリンピック閉会式に合わせて、8月11日の山の日が9日に変更になるのではないかと、前回ご紹介していましたが、 9日ではなく8日の日曜日に移動することになりました。 これは、自民党内で「原爆記念日にあたる8月9日を祝日にするなんてありえない」という声が出たことから。 言われてみれば確かにそうですね。 山の日と言っても、実際何かお祝いしてるわけではありませんが、字面として違和感がありますもんね。 日曜日である8日に祝日が移動することで、 翌日の9日は振替休日となるので、土日祝日がお休みの方にとっては休みの数が変更になるわけではありません。 しかし、振替休日では休みにならない方にとっては休日が1日減ってしまうことになります。 注意してくださいね。 「東京五輪・パラリンピック特別措置法改正案」を近く国会に提出する予定なので、まだ決定ではありませんが、 2021年は7月22日が海の日、翌7月23日はスポーツの日、そして、8月8日が山の日となることがおおよそ決定したことになります。 新型コロナに関しては来年もまだまだ予断を許さないとは思いますが、せっかくなので多くの人が楽しめる祝日になるといいですね。

次の

2021東京オリンピック日程決定で2021年の祝日は移動するの?~開会式は7月23日~【追記あり】

2021 年 カレンダー

開催地域• 北海道地方• 北海道• 東北地方• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 関東地方• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 中部地方• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 近畿地方• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 中国地方• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 四国地方• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 九州地方• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄地方• 沖縄県 過去の学会• 第22回• 森田 明夫• 静岡県 アクトシティ浜松 コングレスセンター• 第43回• 山本 貴道• 静岡県 アクトシティ浜松 コングレスセンター• 第85回• 木村 真• 愛知県 名古屋大学東山キャンパス• 第21回• 奥坂 拓志• 東京都 国立がん研究センター 築地キャンパス新研究棟• 第660回• 河島 尚志• 東京都 東京医科大学新病院 9階講堂• 第24回• 市川 智彦• 東京都 砂防会館別館会議室• 第8回• 野村 美千江• 愛媛県 松山市総合コミュニティセンター• 第25回• 青野 展也• 東京都 国際医療福祉大学東京赤坂キャンパス• 第47回• 鈴木 秀和• 神奈川県 ヒルトン小田原リゾート&スパ• 第21回• 鈴木 秀和• 第4回• 田中 文啓• 東京都 京王プラザホテル• 第131回• 箱崎 幸也• 東京都 エーザイ株式会社 本社5Fホール• 第7回• 野々木 宏• 東京都 コングレスクエア日本橋• 第103回• 𠮷治 仁志• 大阪府 大阪国際交流センター• 東京都 主婦会館プラザエフ 地下2階クラルテ• 第39回• 池嶋 健一• 東京都 順天堂大学本郷・お茶の水キャンパスA棟講堂• 第43回• 天野 史郎• 東京都 東京国際フォーラム• 第23回• 石川 祐一• 京都府 国立京都国際会館• 第34回• 信太 賢治• 東京都 昭和大学上條記念館• 第11回• 坪井 康次• 茨城県 オークラフロンティアホテルつくば• 第34回• 本間 明宏• 北海道 ロイトン札幌• 第59回• 永井 将弘• 東京都 大日本住友製薬株式会社 東京本社• 第6回• 飯田 尚裕• 東京都 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター• 第53回• 田中 淳司• 東京都 東京女子医科大学弥生記念講堂• 第9回• 長島 久• 富山県 富山市民プラザ• 第8回• 千葉 奈津子• 宮城県 仙台国際センター展示棟• 第52回• 安田 健二• 石川県 金沢市アートホール• 第164回• 辻 剛俊• 宮城県 フォレスト仙台• 第38回• 村越 毅• 静岡県 アクトシティ浜松• 第31回• 飯沼 由嗣• 石川県 石川県立音楽堂 他• 第186回• 市田 隆雄• 大阪府 大阪市立大学医学部学舎 4階中講義室• 第29回• 野口 満• 佐賀県 ホテルマリターレ創世 佐賀• 第138回• 岩崎 倫政• 北海道 北海道大学学術交流会館• 第20回• 国崎 玲子• 東京都 コングレスクエア日本橋• 第20回• 石橋 俊• 東京都 京王プラザホテル• 第16回• 木下 芳一• 兵庫県 ホテル日航姫路 他• 第25回• 栗田 浩樹• 埼玉県 川越プリンスホテル• 第48回• 髙橋 敦彦• 東京都 京王プラザホテル• 第37回• 青木 和惠• 静岡県 静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ• 第43回• 東京都 東京慈恵会医科大学1号館3階講堂• 第25回• 深水 秀一• 静岡県 アクトシティ浜松• 第661回• 河島 尚志• 東京都 飯田橋レインボービル 7F大会議室• 第7回• 飯田 幸治• 広島県 広島県医師会館 他• 第25回• 天野 博雄• 岩手県 ホテルメトロポリタン盛岡• 第32回• 中塚 秀輝• 岡山県 倉敷市芸文館• 第37回• 山口 トキコ• 東京都 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2Fソラシティホール• 第20回• 大嶋 勇成• 神奈川県 パシフィコ横浜 アネックスホール• 小柳 磨毅• 大阪府 大阪保健医療大学2号館 講堂• 第30回• 橋本 敏昭• 福岡県 北九州市総合保健福祉センター 2F講堂• 第23回• 田中 敏幸• 神奈川県 かながわ県民センター• 第35回• 金光 敬二• 神奈川県 パシフィコ横浜• 第19回• 安藝 森央• 京都府 京都大学 百周年時計台記念館 他• 第22回• 後藤 昌史• 宮城県 東北大学医学部開設百周年記念ホール• 第57回• 巽 浩一郎• 東京都 品川インターシティホール• 第50回• 河野 美幸• 石川県 金沢市アートホール• 第12回• 井上 登太• 三重県 三重県総合文化センター ギャラリーB• 第29回• 大川 裕行• 佐賀県 西九州大学佐賀キャンパス• 第29回• 齋藤 麗子• 東京都 東京都医師会館• 第2回• 坪井 憲江• 愛知県 名城大学薬学部• 第30回• 中山 健夫• 京都府 京都大学 百周年時計台記念館• 第25回• 中山 伸一• 兵庫県 神戸国際会議場 他• 第30回• 川俣 貴一• 東京都 日経ホール&カンファレンスルーム• 第26回• 阿南 敬生• 福岡県 西日本総合展示場新館• 第111回• 西尾 和人• 大阪府 大阪国際交流センター• 第31回• 垣淵 正男• 兵庫県 兵庫医科大学 平成記念会館• 第34回• 荒川 千春• 東京都 東京国際フォーラム• 第10回• 柴垣 有吾• 東京都 ベルサール新宿グランド• 第11回• 細木 淳• 東京都 タワーホール船堀• 第35回• 佐々木 雅也• 京都府 国立京都国際会館 他• 第7回• 江澤 和彦• 岡山県 岡山コンベンションセンター 他• 第44回• 山上 聡• 東京都 東京ドームホテル• 第36回• 山上 聡• 東京都 東京ドームホテル• 第38回• 大久保 公裕• 神奈川県 パシフィコ横浜• 第49回• 田邉 豊• 東京都 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター• 第33回• 塩山 善之• 福岡県 電気ビル共創館 みらいホール&カンファレンス• 第11回• 小枝 達也• 東京都 国立成育医療研究センター講堂• 第10回• 齋藤 正寛• 宮城県 東北大学歯学部C棟1階大会議室• 第4回• レオン 佐久間• 岡山県 川崎医科大学現代医学教育博物館• 第50回• 横山 斉• 福島県 コラッセふくしま 他• 第92回• 落合 淳志• 神奈川県 パシフィコ横浜• 第50回• 掛屋 弘• 大阪府 大阪国際交流センター• 第33回• 秋山 治彦• 岐阜県 長良川国際会議場• 第43回• 松前 光紀• 神奈川県 湯本富士屋ホテル• 第47回• 小玉 正太• 福岡県 電気ビルみらいホール• 第47回• 西田 修• 愛知県 名古屋国際会議場 他• 第47回• 池原 孝• 東京都 東医健保会館• 第14回• 奈良 正之• 宮城県 フォレスト仙台• 第47回• 正岡 利紀• 東京都 京王プラザホテル• 第21回• 柴田 玲子• 東京都 聖心女子大学• 第21回• 朝日 雅也• 埼玉県 埼玉県立大学• 第120回• 加藤 淳二• 北海道 かでる2・7• 第35回• 水口 潤• 東京都 日本消防会館・ニッショーホール• 第50回• 宮﨑 隆• 東京都 日本歯科大学生命歯学部九段ホール• 第94回• 坂口 美佳• 大阪府 大阪国際会議場• 水上 治• 東京都 東京グランドホテル 3階 蘭菊の間• 第32回• 折舘 伸彦• 神奈川県 パシフィコ横浜• 第19回• 福田 恵一• 神奈川県 パシフィコ横浜• 第33回• 安村 敏• 広島県 広島国際会議場• 第30回• 山下 一也• 島根県 島根県立大学出雲キャンパス• 第38回• 笹井 収• 宮城県 仙台国際センター• 第43回• 倉智 雅子• 東京都 学術総合センター• 第113回• 塙 佳生• 東京都 東京医科大学新病院9階臨床講堂• 東京都 東京大学医学部医学教育研究棟13階 第6~7セミナー室• 第26回• 時岡 孝光• 高知県 高知市文化プラザかるぽーと• 第2回• 堀部 敬三• 愛知県 名古屋国際会議場白鳥ホール• 第22回• 中山 浩• 神奈川県 川崎市産業振興会館• 第15回• 鈴木 道雄• 富山県 富山国際会議場• 第37回• 古賀 恵里子• 大阪府 大阪経済大学• 第24回• 松本 重孝• 大分県 別府市保健センター• 第125回• 篠田 晃• 山口県 ANAクラウンプラザホテル宇部• 第140回• 中山 和久• 京都府 国立京都国際会館 他• 酒井 謙二• 福岡県 九州大学伊都キャンパス 他• 第90回• 坂田 清美• 岩手県 アイーナ いわて県民情報交流センター• 第6回• インターネット上にて開催• 第36回• 阿部 貴弥• 岩手県 アイーナ いわて県民情報交流センター• 第44回• 平井 都始子• 奈良県 奈良春日野国際フォーラム• 第299回• 瀧口 修司• 愛知県 愛知県医師会館• 第34回• 前田 士郎• 沖縄県 沖縄県市町村自治会館• 第19回• 森 千里• 東京都 国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール 他• 第345回• 杉山 和久• 石川県 金沢大学附属病院 宝ホール• 第74回• 髙木 律男• 新潟県 朱鷺メッセ• 第74回• 矢野 博久• 福岡県 久留米大学旭町キャンパス筑水会館• 第109回• 小田 義直• Web開催• 第124回• 後藤 浩• Web開催• 第83回• 跡見 晴幸• 京都府 京都テルサ• 第49回• 今野 弘之• 神奈川県 パシフィコ横浜• 第75回• 森中 定治• 東京都 東京大学 伊藤国際学術研究センター• 第75回• 黒岩 昭弘• 長野県 松本歯科大学• 第72回• 青木 大輔• Web開催• 第19回• 米井 嘉一• 東京都 東京ビッグサイト 青海展示棟• 第69回• 埴岡 隆• 福岡県 福岡国際会議場• 第38回• 坂田 隆造• 大阪府 コングレコンベンションセンター• 第69回• 山寺 幸雄• 宮城県 仙台国際センター 他• 第75回• 富岡 佳久• 宮城県 仙台国際センター• 第31回• 牛田 享宏• 愛知県 ウインクあいち• 第37回• 増田 敬• 東京都 一橋大学 一橋講堂• 第62回• 花田 賢太郎• 東京都 タワーホール船堀• 第37回• 安藤 献児• 福岡県 西日本総合展示場新館• 第30回• 橋口 照人• 鹿児島県 TKPガーデンシティ鹿児島中央• 第74回• 宮澤 陽夫• 宮城県 仙台国際センター 他• 第79回• 青木 茂樹• Web開催• 第76回• 奥田 保男• Web開催• 第119回• 有村 秀孝• Web開催• 第45回• 服部 豊• 東京都 浜松町コンベンションホール• 第9回• 中村 敏子• 大阪府 千里ライフサイエンスセンター• 第29回• 栁迫 昌美• 福岡県 福岡国際会議場• 秋澤 忠男• 東京都 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター• 第47回• 柳原 格• 大阪府 大阪大学中之島センター• 第69回• 加藤 尚浩• 愛知県 今池ガスビル 9階今池ガスホール• 第50回• 小林 義典• 東京都 経団連会館• 第19回• 竹内 孝仁• 東京都 タワーホール船堀• 第67回• 塩谷 恭子• 大阪府 大阪国際会議場• 第59回• 成瀬 恵治• Web開催• 第18回• 大野 かおる• 神奈川県 横浜国立大学常盤台キャンパス• 第43回• 下川 功• 長崎県 長崎大学医学部良順会館• 第93回• 山本 典良• 岡山県 Junko Fukutake Hall• 第68回• 紀野 修一• 北海道 札幌コンベンションセンター• 第42回• 大平 雅一• 大阪府 大阪国際会議場• 第63回• 高橋 慶壮• 福島県 ビッグパレットふくしま• 第59回• 根岸 一乃• Web開催• 第46回• 宮田 佳樹• Web開催• 第187回• 小倉 敏裕• 群馬県 群馬県立県民健康科学大学• 第53回• 石橋 達朗• 福岡県 北九州国際会議場• 第89回• 五十嵐 郁男• 北海道 とかちプラザ• 第43回• 金田 勇• 北海道 酪農学園大学• 第30回• 淺井 昭雄• 大阪府 関西医科大学• 第13回• 吉川 洋子• 島根県 島根県民会館• 第16回• 小笠原 正• 高知県 高知市文化プラザかるぽーと 他• 第21回• 阿部 哲也• 宮城県 仙台国際センター• 第110回• 岩切 勝彦• 東京都 シェーンバッハ・サボー• 東京都 東京八重洲ホール.

次の

2020年、2021年 学会カレンダー

2021 年 カレンダー

「スポーツの日」について 令和2年(2020年)以降、「体育の日」は 「スポーツの日」になります。 国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成30年法律第57号)が平成30年6月20日に公布され、国民の祝日である「体育の日」の名称が 「スポーツの日」に改められ、 その意義は「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」とされました。 (施行日:令和2年1月1日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について 令和2年(2020年)に限り、 「海の日」は 7月23日に、 「スポーツの日」は 7月24日に、 「山の日」は 8月10日になります。 平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年法律第55号)が平成30年6月20日に公布され、 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な準備及び運営に資するため、同法第一条により、「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられました。 (施行日:平成30年6月20日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 第1条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。 第2条 「国民の祝日」を次のように定める。 元日 1月1日 年のはじめを祝う。 成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。 建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。 天皇誕生日 2月23日 天皇の誕生日を祝う。 春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。 昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。 憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。 みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。 こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。 海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。 山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。 敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。 秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 スポーツの日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。 文化の日 11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。 勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。 第3条 「国民の祝日」は、休日とする。 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。 )は、休日とする。 附則 (省略) 令和2年(2020年)及び令和3年(2021年)の「国民の祝日」 令和2年(2020年)及び令和3年(2021年)の「国民の祝日」は、現在制定されている国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の規定によれば、以下のとおりとなります。 〇令和2年(2020年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月13日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 休日 2月24日 祝日法第3条第2項による休日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 休日 5月6日 祝日法第3条第2項による休日 海の日 7月23日 スポーツの日 7月24日 山の日 8月10日 敬老の日 9月21日 秋分の日 9月22日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日 〇令和3年(2021年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月11日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 海の日 7月19日 山の日 8月11日 敬老の日 9月20日 秋分の日 9月23日 スポーツの日 10月11日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日•

次の