広島 トリエンナーレ。 「不自由展」出展の作家の作品も 広島で企画展始まる [「表現の不自由展」中止]:朝日新聞デジタル

【News】広島で初の大規模芸術祭 「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」を開催 !

広島 トリエンナーレ

総合ディレクターの中尾浩治が3月31日付で辞任し、参加予定だったアーティストの大半が不参加となることが明らかになった 「ひろしまトリエンナーレ2020」。 これをめぐり、広島県は中止とする決定を下した。 同トリエンナーレについては、県が実行委員会とは別に、展示内容のすべてを選定する「アート委員会」を新設する方針を固め、これに抗議するかたちで総合ディレクターが辞任。 緊急声明を発表し、強く批判した。 実質的に空中分解の様相を呈したひろしまトリエンナーレ。 こうした状況下で県は新型コロナウイルス感染拡大を理由に中止とすることを決めた。 この判断について、元総合ディレクターの中尾は美術手帖に対し「新体制について検討しないままコロナの影響で中止としたことは残念だ」とコメント。 今後については、「ひろしまという名前、場所の世界的な価値を考えて現代アートをやってほしい」と語る。 当初予定されていたトリエンナーレでは、広島市現代美術館が今年11月から改修工事に入る関係で広島市は会場に入っていなかった。 同館は2022年春のリニューアル開館を目指しており、中尾は「(今後トリエンナーレをやるとすれば)リニューアル後の広島市現代美術館も会場に加えて、広島市でもやってほしい。 県や市から(総合ディレクターの)打診があれば検討したい」と前向きな姿勢を見せている。

次の

「ひろしまトリエンナーレ」の「中止」はもっとも悪い選択―-The Way We Were(志田陽子)

広島 トリエンナーレ

広島県では,2年前に現代アート事業「海と山のアート回廊」を開催するとともに,本年は,「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」のプレイベントとして2020年の会場となる三原市・尾道市・福山市を舞台に,現代アート作品の展示や関連イベントを実施し,国内外からの旅行者の来訪及び周遊促進による地域経済の活性化に取り組んでいます。 「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」は,古くから陸路,海路を通じて人が集い交わり現在まで様々な変遷を続けてきた広島県東部の備後地域が舞台となります。 今回のテーマは「Beyond」。 三原市,尾道市,福山市を回遊しながら,現代アートの担い手たちの視点を通して,地域の場所性や時の流れの先に何を見るか,それらを越えて何を想像できるか,訪れる人々にこのような「越える」機会を創り出したいと考えています。 また「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」では,様々な会場で作品を展示していく中,展示会場の一つで,若手作家を対象としたアートコンペを開催します。 瀬戸内エリアが現代アートの聖地として国内外で認知され,多くの方が現代アート鑑賞を目的に訪れ,さらに地域内の周遊が活発化し,このエリア全体が活性化されるよう, この「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」が,「瀬戸内アートリージョン」の一翼を担うことができる芸術祭となるよう準備を進めてまいりたいと考えています。 海には自然豊かな佐木島・小佐木島が浮かび,島ならではの風景の中で,ゆったりとした時間を過ごすことができます。 三原市海側 尾道市 尾道は,瀬戸内海の島々を繋ぐ東西の航路と,山陰から四国へと続く南北の路が交差する「十字路」の中心に位置するまちです。 尾道では,その時代ごとに多くの芸術家たちが集い,文化を彩ってきました。 そして今,現代の作家たちにより,尾道の新たな創造が生み出されようとしています。 尾道水道 福山市 JR福山駅の新幹線ホームに降り立つと,大迫力の石垣や天守を望むことができる福山城は,2022年に築城400年を迎えます。 市南部の鞆の浦は,かつて潮待ちの港町として栄え,特有の文化や歴史が伝わり,瀬戸内海を代表する多島美も味わうことができます。 医療機器業界を経て,医療機器イノベーションの大学教育と現代アートを活用したイベントを企画する仕事に携わる。 2017年には出身地である尾道市で文化と観光振興を通じた地域の活性化を目的とし,合同会社アート・マネジメント・しまなみを設立。 同年秋に同市で現代アートを活用した「海と山のアート回廊」を企画,実施。 2018年より文化庁の現代アートに関するプロジェクトの委員および業界団体である日本現代美術商協会のメンバー,および監事に就任。 また現代アートを活用しての地域の活性化について大学や各種団体などで講演を行う。

次の

【あいちトリエンナーレの悲劇再び】「ひろしまトリエンナーレ2020」

広島 トリエンナーレ

プレイベントで展示された創作物の一部 この会は文字通り、広島県東部(福山市、尾道市、三原市)で今秋(9月12日~11月15日)、開催予定の芸術祭「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」について、適切な公金支出を求めるもので、私を含めて県内の有志一同が名を連ねています。 昨年、愛知県で開催された芸術祭「あいちトリエンナーレ」では、昭和天皇の御真影を燃やしてその灰を踏みつけている動画を流すなど物議を醸し、同芸術祭への公金支出の是非が問われました。 「ひろしまトリエンナーレ」のプレイベントでも、同様の趣旨の内容の創作物が展示されており、公金支出が問題となっています。 多くの日本国民は、日本の象徴である昭和天皇を揶揄したり、原爆をあざけたりするような展示物は、公金支出の観点からそぐわないという思いを募らせています。 公金を支出して特定の主義・主張を宣伝することは公共の福祉に反するとも言えます。 反日プロパガンダが横行する昨今、そういった背景から、「ひろしまトリエンナーレを考える会」は発足しました。 反日プロパガンダ色が濃い芸術祭への公金支出の問題は、広島だけの話ではありません。 表面化していないだけで、全国津々浦々の自治体で起きていることだと思います。 今回、広島市はこの芸術祭に関わっていませんが、イベント名に「ひろしま」が付くだけに、広島市議としても座視することはできません。 このまま本イベントで先のような展示物が並ぶことは、「広島が反日プロパガンダを認めた」という誤ったメッセージを国内外に発信することにつながるからです。 同芸術祭の本イベントの予算は2~3月の県議会で審議されるため、今まさに正念場を迎えています。 先日11日には、広島市内で開催された「天皇陛下御即位奉祝記念式典」の会場周辺で、実情を知らせるチラシを配布しました。 引き続きやってまいりますので、どうぞご協力をお願いします。

次の