芸能人 うつ病。 うつ病を克服した芸能人まとめ10選!岡村隆史や名倉潤も?

うつ病チェック

芸能人 うつ病

うつ病だった芸能人 誰もがうつ病を患う可能性があり、芸能人だって例外ではない。 鬱になった場合、克服するのに時間がかかることは有名だ。 うつ病に対して偏見を持つ方もいるが、身体が病気になるように心=脳だって病気になるのは特別なことではないだろう。 うつ病に罹るのは様々な要因があるようだが、真面目過ぎる・頑張りすぎる性格の人が罹患しやすいようだ。 華やかな世界に生きる芸能人の中にも、うつ病を克服し再び輝いている人がいる。 鬱などの病気を克服するのはたやすくはないだけに、TVに映る芸能人がうつ病を告白し克服した話を聞くと、自分も頑張って生きなきゃいけないと励まされる気がする。 芸能人でうつ病に罹り、克服した人をあなたは知っているだろうか。 ここでは敬意をもって、うつ病を克服した5名の芸能人を紹介したい。 【こちらも読まれています】• 踊る大捜査線で確かな演技力を見せた「ユースケ・サンタマリア」さん。 俳優・タレント・司会業と活躍し、いつもやさしい笑顔が印象的なユースケ・サンタマリアさんは現在44歳。 32歳から40歳頃までの約8年間うつ病に悩まされた。 ラテンロックバンドのボーカルとしてデビューしたユースケ・サンタマリアさんは、バンド解散後の26歳で踊る大捜査線・27歳で『ぷっ』すまと瞬く間にTVの人気者になる。 仕事が楽しくないと思い始めた頃から、激しい気だるさと吐き気が続くようになり、本番中の嘔吐に備えてバケツを用意していたという。 下痢が8ヶ月も続くのに、病院で検査をしても体に異常は見られない。 笑顔は消え食欲も落ちて痩せて行った。 一般人が芸能界にいると感じる[どこでもアウェー]な違和感から、心身のバランスを崩してしまったようだ。 ある時から、周囲の意見に左右される自分をバカらしく思えるようになり、今ではマイナスに思えることも[それもありだね!]と楽観的に受け止めている。 今は良い意味で吹っ切れた笑顔のユースケ・サンタマリアさんを、TVで見ることが出来る。

次の

実は躁うつ病だった有名人や芸能人一覧

芸能人 うつ病

『冬のソナタ』にも出演していたパク・ヨンハ、『火の鳥』に出演していたイ・ウンジル、チェ・ミンシクなど、一瞬の煌めきを残して、自らの意思でこの世を去った韓流スターたち。 この数年に限らず、韓国芸能人の自殺率の高さには、日本人の感覚からすれば、信じ難い状況だろう。 2010年7月、ニューヨークに本部を置く中国系の「大紀元時報」では、韓国芸能界のこの現象について、延世大学行政大学院に在籍する韓国女優・朴辰姫さんが書いた、「韓国芸能界の自殺問題に関する学問的研究」を紹介している。 論文では、調査対象になった260名の韓国芸能人のうち、40パーセントが軽度あるいは深刻なうつ病を患っており、40パーセント以上が自殺する傾向にあったと指摘しているという。 事実、韓国芸能人の自殺原因として、精神疾患でも特にうつ病が取りざたされることが多い。 この現象は芸能人だけに留まらず、2017年4月に韓国保健福祉部が発表した「二〇一六年の精神疾患に関する実態調査」の結果によると、韓国の成人が一度以上精神疾患を患ったことがある割合を表す「精神疾患生涯有病率」では 25・4パーセントというのだ。 男性が28・8パーセントで、女性が21・9パーセントだという。 直近の1年間に精神疾患を患った人の割合でも11・9パーセントで、約470万人が心の健康に問題があったと推計されている。 うつ病の生涯有病率は5パーセントで、女性が男性の2倍以上とされる。 不安と恐怖により、日常生活に支障が出る不安障害の生涯有病率は、男性より女性が高いという結果だ。 ちなみに、厚生労働省の調査によると、日本の精神疾患の患者数は、2014年の調査で約392万4000人。 韓国の精神疾患者数がいかに多いかわかるだろう。 うつ病の多さに伴い、韓国では自殺率も高い。 経済協力開発機構(OECD)加盟国中で、韓国の自殺率は2003年から2016年までの13年間連続で上位にランクされるワースト記録を持っている。 韓国統計庁の資料によると、2016年の自殺者は1万3092人で1日平均36人。 40分に1人が自殺する計算になっている。 この数字はOECD加盟国の平均12・1人に比べ、2・4倍に相当しており、日本の17・6人に比べてはるかに多い。 2016年の韓国警察庁の資料によると、自殺の原因についても、1位はやはり精神的問題(36・2パーセント)となっている。 韓国での自殺は交通事故による死亡率の2・5倍だ。 こうした社会的背景がある韓国で、一般人よりも華やかで、目立つ存在の芸能人は、よほどに強靱な精神の持ち主でなければ生き抜いていけないようだ。 多くの業界関係者や、芸能ジャーナリストなどが言うのは、韓国の芸能人たちは経済的なプレッシャーや、世論の圧力に耐えなければならず、常に緊張を強いられる精神状態にあるという。

次の

韓国芸能界の『うつ病芸能人』を生み出す土壌とは ~韓国人には精神疾患が多いというデータ~

芸能人 うつ病

うつ病は、誰でもなる可能性がある精神疾患。 それは芸能人・有名人も例外ではありません。 2008年に行われた厚生労働省の調査によると、日本のうつ病患者数は100万人を上回り、のだとか。 決して他人事ではないうつ病を理解するためには、体験談を知ることも大切ですよ。 今回はうつ病に苦しみ、克服した「日本の芸能人」と「海外の有名人」を紹介しますね。 うつ病を告白した日本の芸能人 まずはうつ病を告白した日本の芸能人から。 テレビ番組でよく見かける、あの人たちも実はうつ病経験者なんです。 ナインティナインの岡村隆史さん(お笑い芸人) お笑い芸人、ナインティナインの岡村隆史さんは、2010年にうつ病を発症しました。 当時、人気絶頂だった「めちゃめちゃイケてるッ!」を5ヶ月間休養したほどですから、かなり重度だったようです。 「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演したとき、当時の状況を以下のように語っていました。 ノイズキャンセリングヘッドホンをして、角砂糖をなめながら台本チェックしていて、気がついたら2日(48時間)経ってたんです。 それからスイッチがオンのままになって、眠れなくなりました。 引用元:プロフェッショナル仕事の流儀 おそらく自律神経失調症になり、そのまま不眠にもなったんでしょうね。 相方の矢部浩之さんの支えで復帰できましたが、もともと繊細な性格で知られる人なので、再発しないように気をつけてほしいです。 ユースケ・サンタマリアさん(俳優・タレント) ユースケ・サンタマリアさんも、鬱の経験者です。 「オトナの!」という番組の司会を務めているときに、40歳を過ぎてから人生について悩むことが増え、鬱状態に苦しんだと発言されていました。 食欲不振や不眠を含め、症状はかなり深刻だったそうです。 昔よりもお痩せになった気もするので、メンタルケアに気を配って欲しいですね。 ちなみにプロインタビュアーの吉田豪さんが、ユースケ・サンタマリアさんのうつ病体験に関する本を出版しています。 丸岡いずみさん(ニュースキャスター) 丸岡いずみさんは、お昼の番組「ミヤネ屋」にも出演していたニュースキャスターです。 2011年の東日本大震災の現地取材に出向いたとき、あまりにも悲惨な状況を目の当たりにしたことが原因で、うつ病になったそうです。 PTSD(心的外傷後ストレス障害)の予防も受けていたようですが、それを上回るストレスだったんでしょうね。 著書では、当時の壮絶な状態が綴られています。 11年8月中旬、パタリと眠れなくなる。 下痢もひどい。 なんかおかしい、と心療内科へ。 処方された睡眠導入剤は怖くて飲めなかった。 8月29日、自分が何を話しているのかわからなくなる。 山、川といった文字にもルビを振らないと、怖くて原稿を読めなかった。 引用元:仕事休んでうつ地獄に行ってきた 現在の夫である有村昆さんのサポートもあって、無事に復帰できたそうです。 丸岡いずみさんのうつ病体験は、以下の本で綴られていますよ。 武田鉄矢さん(俳優・ミュージシャン) 俳優でミュージシャンの武田鉄矢さんは、40代からうつ病に苦しんだそうです。 闘病期間は、1991年からの20年間。 周囲には必死に隠し続けたそうです。 明るいキャラクターだからといって、精神疾患とは無縁ではないのですね。 「ワイドナショー」でうつ病体験を語ったときの、暗い過去に折り合いをつけたような表情が印象的でした。 木の実ナナさん(女優) 女優の木の実ナナさんは、2009年に放送された「金曜日のスマたちへ」でうつ病を告白しました。 病名は、若年性更年期障害のうつ病。 つまりは「更年期うつ病」です。 女性はホルモンバランスが崩れる閉経後にうつ病になりやすいと言われていますので、油断はできません。 次に、うつ病を告白した海外の有名人を見ていきましょう。 うつ病を克服した海外の有名人 海外の有名人にもうつ病経験者がいます。 華やかな世界の裏側で、壮絶なうつ病を体験した人が少なくありません。 アリシア・キーズさん(歌手) 世界的な歌手、アリシア・キーズさんは、「エンターテインメント・ウィークリー誌」の取材に対して、うつ状態だったことを告白しています。 ヒット曲を次々に生み出していた2006年、家族が病気になったことをきっかけに人生を見直したのだとか。 仕事のペースを落とし、人生について考えるなかで深い鬱症状に陥ったそうです。 現在は昔ほどメディアに露出しなくなりましたので、家庭と仕事のバランスを調節しているんでしょうね。 レディ・ガガさん(歌手) 日本でも人気の高いレディ・ガガさんも、うつ病に苦しむ1人。 10代で体験した性被害や摂食障害の影響で、うつ病と不安症を患い、今でも治療薬を飲んでいるそうです。 世界的な大スターがメンタルの病で苦しんでいるなんて想像もできませんが、勇気をもらえる話でもありますね。 ちなみにレディ・ガガさんは「Born This Way Foundation」という基金を設立し、若い世代に向けた資金援助の活動をしています。 アンジェリーナ・ジョリーさん(女優) 女優業の傍ら、慈善事業にも力を入れるアンジェリーナ・ジョリーさんもうつ病経験者です。 ワイルドなイメージがあるのに、意外ですよね。 「60 Minutes」に出演したとき、司会のボブ・サイモン氏に対して以下のように打ち明けています。 とっても深刻で暗い時期を経験してきたわ。 でも生き抜いてきた。 若くして命を落とすこともなかったしね。 若くして体験したドラッグ依存症やうつ病経験について語っていました。 そう言えば、一時期は激やせし、体重が35kgになったと話題でしたね。 2016年にブラッド・ピットさんと離婚されましたので、今後も注意してほしいです。 ブラッド・ピットさん(俳優) 俳優のブラッド・ピットさんは、若くして手に入れた成功を受け止めきれず、深いうつ病に苦しんだそうです。 「The Hollywood Reporter」のインタビューに対して、以下のように語っています。 1990年代の終わりには、自分に本当に飽き飽きしていた。 いわゆるセレブの世界から、身を隠していた。 麻薬ばかり吸っていた。 ソファに座って、ごろごろしていた。 そんな自分にイライラしたよ。 僕は鬱と闘っていたんだ。 アルコール依存症、ドラッグ中毒にもなり、一時期大変な状態だったようです。 現在のはつらつとしたイメージからは想像もつかないですね。 2016年にアンジェリーナ・ジョリーさんと離婚してしまったので、メンタルケアに気を配って欲しいです。 エリック・クラプトンさん(ミュージシャン) 歌手のエリック・クラプトンさんも、うつ病を告白したミュージシャンの1人。 近年は、イギリスの音楽雑誌「Classic Rock Magazin」のインタビューで梢神経障害を告白しています。 昔のようになめらかにギターを弾くことができず、ストレスを溜めているのだとか。 身体的ストレスによって、うつ病が再発しないことを祈っています。 マイリー・サイラスさん(歌手) 奇抜なファッションとキャッチーな楽曲。 10代〜20代を中心に人気を集めるマイリー・サイラスさんも鬱経験者です。 これには本当に驚きました。 アメリカの雑誌「エル」のインタビューで、以下のように告白しています。 本気でひどい鬱になったことがある。 部屋に鍵をかけて閉じこもってしまったから、父親がドアを壊して中に入らなければならなかった。 私は肌が汚くて、そのためにいじめられたの。 だけど、誰かにつらい思いをさせられたからといって鬱になるわけではない。 私はただ、鬱になってしまったのよ 一般社会では理解されにくい個性を持っていたからこそ、ミュージシャンとして成功できたのかもしれませんが、美談で済ませられないほど、壮絶な過去があったはずです。 それでは次に、うつ病と関連性のある「パニック障害」「双極性障害」を克服した有名人を紹介しますね。 パニック障害・双極性障害を克服した芸能人・有名人 パニック障害とは、とつぜん息切れしたり、激しい動悸に襲われる精神疾患のこと。 双極性障害とは、気分が落ち込むうつ状態と、テンションが上がる躁状態を交互にくり返す病です。 そんな重い病気に苦しんだ芸能人とは、一体だれなのでしょうか? 堂本剛さん(ジャニーズ事務所タレント) KinKi Kidsの堂本剛さんは、パニック障害を患っていたことを2003年に告白しました。 地元の奈良県から15歳で上京し、芸能活動を始めたとき、ホームシックや環境変化のストレスでパニック障害になったそうです。 そんなとき、理解者である堂本光一さんの存在は大きかったようですね。 あの飄々とした表情の裏に、そんな過去があったとは知りませんでした。 IKKOさん(タレント・美容家) 「どんだけ〜」でおなじみ、美容家のIKKOさんもパニック障害を患った1人です。 2010年放送の「カスペ!」において、30代で患ったパニック障害を告白しています。 当時はヘアメイクの個人事務所を立ち上げ、数十名のスタッフを抱えることになったことで、仕事一辺倒の生活が続いたのだとか。 ノンストップでストレスを受け続けた結果、過呼吸などの症状があらわれたそうです。 現在のリラックスしたスタイルの裏には、辛い病気を患ったときの教訓があるのかもしれません。 長嶋一茂さん(タレント・野球解説者) 読売ジャイアンツの名選手、長嶋茂雄さんの息子であり、タレントの長嶋一茂さんもパニック障害の経験者です。 プロ野球の現役最後の年になる1996年に、パニック障害を発症。 当時は2軍での成績がふるわず、すべてがうまくいかない状態で、ある日突然めまいなどの症状に襲われたそうです。 長嶋一茂さんは、自身のパニック障害経験にまつわる本を出版しています。 大場久美子さん(女優) 35年ぶりのグラビア撮影が話題になった、大場久美子さんもパニック障害を経験しています。 母親の死が原因で、激しい動悸やめまいに襲われたのだとか。 認知行動療法と呼ばれる心理療法によって治療し、現在は元気に活動されています。 50代をこえても、精神疾患を患う可能性があるんですね。 円広志さん(タレント・歌手) 関西のテレビ番組ではおなじみ、「夢想花」の大ヒットでも知られる円広志さんもパニック障害を告白しています。 テレビの収録中、「本番5秒前!」のカウントとともに動悸に襲われ、逃げ出したくなることがあったそうです。 それどころか、「死んだほうが楽だろうな」「もう俺を責めないでくれ」と自分を追い詰めることもあったのだとか。 15年に渡る闘病を綴った本も出版されています。 セレーナ・ゴメスさん(歌手・女優) 10代〜20代を中心に、絶大な人気を誇るセレーナ・ゴメスさんは、2016年、病気療養を理由に休養することを発表しました。 セレーナ・ゴメスさんが患う「全身性エリテマトーデス」という病気には、不安、パニック発作、鬱の副作用があることに気付いたそうです。 「私は自分の健康と幸せを維持することに集中したいです。 」という言葉を残し、表舞台から姿を消しています。 現在はリハビリ施設に入っているなど、様々な憶測が飛んでいますが、しばらくはそっとしてあげてほしい。 2013年、アメリカのテレビ番組「Good Morning America」に出演した夫のマイケル・ダグラスさんが、以下のように発言しています。 彼女の調子はいいよ。 絶好調さ。 この双極性障害の問題には薬が欠かせない。 きちんと服用してうまくバランスをとってやらないと、調子が悪くなってしまうんだ。 治療プログラムを終え、順調に回復しているようですね。 早く元気な姿を見たい! ここまで紹介した日本の芸能人と世界の有名人を見て、どのように感じましたか? 華やかの表情からは想像もできない過去があるものですね。 うつ病は「完治した」というのが難しい病気ですから、きっと現在も再発防止に取り組んでいるのだと思います。 最後に、鬱病になりやすい人の性格的要因を紹介しますので、該当する人は注意してくださいね。 有名人もなりやすいうつ病の性格的要因 鬱病になりやすい人の性格は、以下のようなタイプです。 1.生真面目 2.自意識過剰で周囲の目が気になる 3.責任感・義務感が人一倍強い 4.感情表現が上手にできない 5.自己責任の意識が強い 6.循環気質循環気質 7.メランコリー親和型気質 8.執着気質 引用元: 上記をまとめると「生真面目で、ストイックで、頼ることが下手な人」と言えるでしょうか。 自分に厳しいことは良いことでもあります。 仕事でも成果を出せるでしょうし、周囲からの信頼も厚いでしょう。 しかしながら、人の期待に応えようとしすぎて、何でも自分で背負ってしまうのも考えものですよね。 人の手を借りて、適度に遊んで、「まぁいっか」の精神を大事にして。 そんな心持ちが最大の鬱病対策になると、うつ病経験者のぼくは考えています。 ミラクリから一言 ほどよく力を抜いて、リラックス。

次の