から い もの が 好き な 人。 パーセンテージ別!好きな人からあなたへの好き度

好きな人に好かれる方法10選♡ 好かれたいならウソだって効果的!?

から い もの が 好き な 人

男性の「好きな人をいじめたくなる心理」を理解できない女性は、「好きだからからかう」のと「嫌いだからいじめる」の違いが分からないと感じている。 ある男子からからかわれてる時に、「好きか嫌いか」で悩むことが多いならこの記事がきっと役に立つ。 「好きな人からからかわれる意味」も理解してもらえるようにこの記事をまとめた。 前回は「」で男性が好きな人をいじめる心理について解説しているので、予備知識を持った上でこの記事を読んでみるとより分かりやすいだろう。 好きな人に接する態度として表現するなら「いじめる」と言う言葉は、「いじる」「からかう」「絡んでくる」など、表現を換えるべき態度も多いので、 男性特有のコミュニケーションの取り方を知ると、あなたの恋愛も少し変わってくるかもしれない。 気になる男子や好きな人があなたをからかってくる理由を知れば、リアクションの取り方や受け止め方が変わってくるはずだ。 からかわれるのはなぜ?男性が女性をからかう理由 男性が好きな人をからかう心理は、冒頭から紹介している「」と酷似している。 記事の見出しを下に引用しよう。 いじめた後のリアクションが可愛いから• 実はいじめてるつもりがない• 好き避けの一種、好きバレ防止の心理• 気になるからちょっかいを出したくなる• 好きだからイラっとする(嫉妬の問題)• いじって笑いを取りたい• 女性の感性に寄せたコミュニケーションができない 好きな人をいじめる男性心理はこのようなものが代表されるのだが、 あなたが気にするくらい男性からからかわれる時は、「コミュニケーションを取りたい」という心理が強いものと考えられる。 なぜなら、「女性をからかう」という男性の行動によって、二人にはコミュニケーションが生まれているからだ。 よくからかってくる男性や、よくいじめてくる男性は、あなたと関りを持とうとしている。 好きな人をからかう男性心理の中心は「話したい」「関わりたい」という気持ち いじられている本人としては、相手からされることの性質上「恋愛的なアプローチ」のようには感じず、「好きだからからかわれてる」とは思いにくい面があるのだと思うが、 周りにいる人から見ると「からかう男子と、からかわれる女子」の二人は、コミュニケーションが多く発生していることが案外バレバレであって、じゃれあっている雰囲気も感じ取れると、「だね」と言われることも出てくる。 あなたにだけからかってくるなら、相手の男子は何か特別な気持ちがあると考える方が自然である。 だが、世の中には、「嫌いだからいじめる男性」も実際に存在している。 では、 「好きだからからかうのと、嫌いだからいじめるの違い」は、どこにあるのだろう? まずは分かりやすい 「好きだからからかう態度の特徴」を紹介する。 男子が「好きだからからかう態度」の特徴 男性が好きだからからかう態度としては、下の6つが特徴だ。 あなたをからかってくる男子がいるなら、こんな態度になっていないかチェックしてみよう。 明るい雰囲気• リアクションを気にしている• 特定の人だけからかう• からかった後にフォローがある• からかう流れで笑わせてくる• からかう態度とは裏腹な態度も取る 相手もあなたにちょっかいを出している以上、何らかの気持ちが理由になっているので、 悪意を感じない場合は「からかってる」のであって「いじめている」のとは違う。 上記に当てはまるのが多いほど、 好きだからからかってくるパターンである可能性が高まっていく。 逆に、嫌いでいじめる態度としては、上で挙げたことの逆の態度が目立つのが特徴だ。 しかし、 分かりやすい人ばかりではないはずなので、見分け方も紹介してみよう。 好きだからからかうなら、男性心理では「女性の冷たい態度」に敏感になる どんな女子にもからかう子供っぽい男子がいるのは事実だけど、そんな人はウザイくらい好きな人をからかうことが無いから除外するとして、 結局のところコミュニケーションの一部として為されるのが「からかう」という行動なので、男性は女性をからかった時のリアクションを敏感に見ている。 つまり、好きだからからかう男性は、あなたのリアクションを見て、からかうレベルを決めているところがあるということ。 からかってる女性に、恋愛感情を持っている男性は 「嫌われたくない」と思っているのである。 好きだからからかう男性心理の見抜き方は、冷たい態度であしらうこと からかわれる女性の方が相手男性を好きだとなかなか冷たい態度も取りにくいのかもしれないけど、 「好きだからからかう態度を見分ける方法」としては「されて嫌なことに冷たい態度を取る」ことが優秀な手段になる。 「目だけ怒っている」などの態度でも、あなたを気になっているならやめることがあるし、 「その場を離れて避ける」でも、男性が好きだからからかったのであれば慌てたり凹んだりしがちで、普通はフォローをする。 からかう男子をあしらった時の脈ありサイン からかう男性心理を見極めるために「あしらった」とき、として特徴的なのは、下の3つだ。 からかった言葉を否定する形でフォローをする• とにかく慌てる• 逆に女性がからかい返したら安心した表情を見せる 特に3つ目は応用するとカマをかけることもできるので、 からかってきた時に怒った態度や冷たい態度を示した後、自分からフォローを入れると、今の関係に傷を付けずに「好きだからからかう」のか「嫌いだからいじめる」のか違いが分かるはずだ。 時々、いつもと違うリアクションで、相手の男子の出方を見るイメージで実践してみよう。 ただし、 冷たい態度が中途半端であれば男性から見た時に「からかった時の可愛いリアクション」の範疇になったりするので、ニュアンスがどこまで伝わるかは未知数。 ここが少し難しい。 嫌いだからいじめるのであれば、女性のリアクションを気にしないし、愛情を感じない 嫌いだからいじめる男性心理の見抜き方でポイントになるは、やはり「嫌いな女性だったらどう思われも良い」と男性が思っている点だ。 いじめる形でも、自ら嫌いな人と接触を持つのは正直どうかなと思うけど、 嫌いな人に攻撃的な性格の人もいるし、嫌いだから鼻に付くってこともある。 したがって、 からかわれた時に冷たい態度を取っても男性が気にしない雰囲気なら、嫌われている可能性が高まる。 嫌いな人がどんな態度を示そうとも、自分から離れる形であったり、機嫌を損ねるなら、その方が嫌いでいじめる人の目的が達成される。 からかっているならどこかに愛情を感じる、いじめられてるだけなら言葉の端々に嫌っているサインが出る 普段の付き合いがあるならそう単純に男性が嫌いな人に取る態度を見せないこともあると思われるが、 男性からフォローがあっても皮肉交じりだったり、義務的に感じるフォローを入れたりと言った形で、愛情を感じるような態度を見せないなら、好きだから不器用に絡むわけではないと判断できる。 好きな人をからかう時、不器用な男性はつい言い過ぎてしまうことや予想外に女性を傷つけることがあるけど、その場合は かなり慌てる。 不器用だからこそ、からかった男性は女性のネガティブなリアクションが予想できなかったわけだ。 好きな人をからかう男性心理は必ずしもその行動で相手の女子から好かれようとしているわけではないのだが、 からかう行動とはストレートにリンクしていないものの、良好なコミュニケーションを目的にすることがほとんどである。 からかわれた後の行動や態度で、相手の本心を探る 男性からからかわれた時は、「嫌いな人にどんな態度を取るか、好きならどんな態度を取るか」という視点で、あなたのリアクションに対する相手の次の行動を見てみると、消去法的に相手男性の心理が見えてくる。 加えて、男子がからかう相手は気になっている女子であることが多いことを踏まえれば、「嫉妬」も頭の中に入れておく必要がある。 嫉妬されたとしても男子の嫉妬してる態度が分からないという女性は、下の記事が参考にしてみよう。 あんまり怒らない女子• リアクションが可愛い女子• 女子とばっかりいる女子• おとなしい女子• からかわれても無抵抗な女子• 見た目やしゃべりが特徴的な女子 男子からよくからかわれる女子は、からかいたい心理を持つ男性を引き付けてしまっている。 もし好きな人からからかわれたくないと思うなら、下の見出しで「からかう男子の対処法」を解説しているので参考にしてみよう。 ここで取り上げた「からかわれる女子の特徴」は性格に関するものが多いので、 好きな人にからかわれないようにするためにはどうしたら良いか解説する。 好きな人からからかわれるのが嫌なら、やんわりと意思表示する方が恋愛は上手くいく 好きな人を頻繁にからかう癖を持つ男性は、はっきり言って恋愛が得意とは言えない。 女性が望むコミュニケーションの形から遠く、素直に気持ちを表現できない点で恋愛を苦手にしているだろう。 その点を踏まえると、 もし好きな人からよくからかわれるようになった時にそれが嫌だと思う場合は、その気持ちをやんわりと意思表示する方が恋愛事体はうまくいく。 「そういういじり方は嫌なんだけど…」 そこまで言えない場合も、 「優しい男子の方が女子ウケするよね」 くらいだったら会話の展開次第で言えそうだ。 この例に限らず、男子からからかわれたくないと思ったら、女性は意思表示をすることが絶対に必要だ。 好意があってあなたをからかう男性は、嫌がっていることを知った時点で、少なくてもからかい方を変える。 冒頭の記事でも述べているが、からかう男子から見るとからかわれる女子は結構リアクションが可愛くて、意外に やんわり伝えているつもりも伝わっていないパターンが散見される。 しかし、そのまま仲良くなっていっても恋愛の雰囲気は逆に遠ざかって、むしろ「友達関係がはっきりする」という結果が多いのである。 二人の雰囲気は初期に軌道修正すれば変えることもできるので、好きな人や気になる人に嫌な感じでからかわれる時はこういうことも意識しておこう。 気になる女性にちょっかいを出す男性心理は有名なので、好意と悪意の違いが気になることも多いと思うけど、読む際にイメージしていた男性はあなたにどんな思いで接しているのか予想できただろうか。 いたづら心でからかう男性は、 「好き」までいかない「気になる人」をからかってることが多いから、まだまだこれから関係が進む場合も多いと思う。 今回は好意と悪意とで分けて考えてみたけど、どうしてもグレーゾーンは存在するので、その他の行動とも合わせて考えよう。 男性の真意を理解するために、下の記事も参考にしてみてほしい。 こんにちは! 「恋愛のすべて」を運営しているBrightfutureと申します。 このブログは、「真剣に恋愛と向き合うすべての人を応援したい」という気持ちから立ち上げた総合恋愛ブログです。 あらゆる恋愛の悩みや疑問について私の経験と知識を基に解答を示しているので、恋愛のことで迷ったり悩んだりした時はぜひこのブログの記事を参考にしてみてください。 詳しくはこちらにまとめてあります。 恋愛相談のためにメールする時はなるべく詳しいプロフィールと現在の状況を書いてください。 お問合せ: brightfuture555.

次の

辛いものが好きな人の心理とは?辛い刺激物を好む理由

から い もの が 好き な 人

男性からの好意サイン:服装や髪型の変化に気づいてくれるなら脈あり 男性から好意サイン1つめは、女性の容姿の変化に敏感だということです。 男性には、好きな女性のことは何でも知っていたいという気持ちがあります。 これは、男性特有のコレクター心理に共通する心理状態が働くので、このような好意サインになるのです。 収集癖を持っている男性はけっこう多く存在していて、好きなものをひとつ残らずコンプリートしたい、コレクションしたいという心理が働く男性は多いです。 ですからこの心理状態が恋愛に働くと、好きな女性のちょっとした違いや変化でさえも見逃したくない、という好意の表れになるのです。 「好意を持っている女性の変化を常に見ていたい」と思っているので、もしも好きな男性があなたのちょっとした服装や髪型の変化にも気づいてくれるとしたら好意サインであることが多いのです。 もちろん気づくだけではなく、「新しい髪色綺麗だね、似合ってるよ」だとか「服の感じ変わったね、イイじゃん!」というようにきちんと褒めてくれるということが男性の好意を測る上で重要です。 好意を持っている女性に対しては、自分のことを好きになってもらいたいと思うものです。 ですから、男性は好意を持っている女性のことは褒めたいし、褒めることで自分にも好意を抱いてほしいと思うのでしょう。 男性からの好意サイン:好きな女性の内面の変化を敏感に意識している 男性は、服装や髪型といった女性の目に見える変化だけではなく、目には見えない女性の内面の変化にも敏感に意識しています。 例えば、好意を持っている女性が落ち込んでいると時や、元気がない時には「どうしたの?今日元気ないね」と声をかけてくれる。 逆に女性が楽しそうにしているとき時には「何かあった?」と、女性のライフスタイルの中での変化を意識した発言が見られるのです。 なぜこのように、女性の内面の変化にも敏感かというと、好意を持っている女性のことをいつも目で追っているからです。 女性でも同じことが当てはまるのではないでしょうか。 好きな人のことはついつい意識して見てしまいますよね。 誰と話しているのか、今何をしているのか、好意を持っているからこそ気になってしまうし意識してしまうのです。 また、男性は好きな女性の内面やテンションの変化、ライフスタイルの変化を探ることで女性が今どのような状況にあるのかということも探ろうとする気持ちが働いています。 今好きな人はいるのかな、今の生活はどんな感じなのかな、ということを知りたいという好意の表れだと言えるでしょう。 男性からの好意サイン:あからさまな恋愛アピールを感じる 男性は女性よりも、恋愛に関するアピールを目に見える形に表すという人が多い傾向にあります。 女性は人によりけりですが、どちらかというと遠まわしな表現だけでも自分の好意に気づいてほしいという人が多いです。 中には恥ずかしさから、好きという好意にすら気付いてほしくないという女性もいます。 ですが男性の場合は、好きになったら自分の好意に早く気付いてほしいと考える人が多いのです。 これは「ターゲットを追いかけて自分のものにしたい」という男性の本能部分に結びついているのではないでしょうか。 ですから、普段はシャイなタイプの男性でも好きな人ができると、急にあからさまとも言えるほどのアピールをする男性が多く見られます。 それはもう「別人になったのでは?」と周りの人たちがびっくりしてしまうほどです。 もしも男性から、あからさまな好意のアピールをされた時には驚いてしまうことでしょうが、自分はこの男性の好意に答えることができるのかということをしっかり考えて真摯に対応することをおすすめします。 男性が好きな人に見せる態度や行動 男性は、好きな人とそうでない人に対して分かりやすい好意の違いを見せることがあります。 好きな人とそうでない人には、好意的な仕草や態度、行動や言葉の使い方まで変化を見せるのです。 それは意図的にそう見せようとしているのではなく、無意識レベルでそのような好意の違いに関する態度をとってしまうようです。 ここでは、男性が好きな人にしか見せない好意的な態度や行動について解説していきます。 男性からの好意サイン:ネガティブな言葉をあまり出さない 普段は口が悪く、物事に対して悪口ばかりを言ってしまうような男性であっても、好意を持っている女性の前では借りてきた猫のような良い人になってしまいます。 もちろん中には、好意を持っている女性の前でもいつもの自分を捨てない「オラオラタイプ」の男性もいますが、それはあくまで一部だけでしょう。 ほとんどの男性は、好きな女性には好意を持ってもらいたい、好きになってもらいたいという気持ちが全面に出てきます。 ですからポジティブな言葉や優しい言葉を多く使ってしまうのです。 例えば、カフェやレストランで店員さんがオーダーミスをしてしまった時でも、笑顔で「いいよいいよ」と言ってくれる。 または、みんなが嫌がるようなことでも率先して引き受けて「どうにかなるよ!」とみんなを励ましたりするなど、とにかくポジティブな面を女性に見せようとする傾向にあります。 恋は人を良い方向に変えてくれる、魔法のようなことなのです。 男性からの好意サイン:会話の中に質問が多い 好意を持っている女性と会話をする時、男性は無意識の内に質問が多くなるという特徴があります。 それはもちろん、好きな人のことをもっと知りたいという気持ちが大きく働いています。 好きな人のこととなると、男性でも女性でもとにかく気になってしまうもの。 知り合って間もない2人なら、相手の趣味は何だろうということから、好きな食べ物は何かな?どんな音楽を聴いているのかな?という「その人の全体的なこと」を知りたくなりますよね。 その会話の中で、相手は自分と共通する部分はあるのか、もしも付き合うことになったら上手くいきそうか、ということを想像することでしょう。 そして、お互いにある程度のことは知っている仲であれば、昨日は何をして過ごしていたんだろうということや今日のお昼は何を食べたんだろうというような細かいところまで知りたくなるのです。 そして、会話に質問が多くなってしまうという好意の中には、好きな人との会話を終わらせてしまいたくないという心理状態も働いています。 もっと好きな人と話していたいという好意的な理由から、ついつい質問が多くなってしまうのです。 男性からの好意サイン:率先して自分のことを話す 男性は好意を持っている女性には、もっと自分のことを知ってほしいという気持ちが強くなってしまうようです。 その心理状態の裏側には、自分の良いところをもっと知ってもらうことで、自分にも好意を持ってもらいたい、という気持ちが動いています。 ですから、自分のことを話すと言っても自分の良い話ばかりするという特徴があります。 女性は、好きな人にはあえて自分の弱いところを話したがる傾向にあります。 自分の全てを理解して包んでほしいという気持ちの表れで、守ってもらいたいという気持ちが強い女性に多く見られる好意の表れです。 ですが男性は好きな人にだからこそ、弱い自分なんて見せたくないと思う傾向にあります。 弱い自分を曝け出した時、好意を持っている女性にどんなリアクションをされるんだろう、引かれてしまうのではないかという恐怖が男性の中にはあるのです。 男性心理や行動から見分ける好意サイン 男性には、女性には到底想像できないような考え方や深層心理があります。 女性の脳と男性の脳は、本能的なものも含め違うようにできているので、女性にとっては男性の考えていることが分からないと感じてしまうことも少なくないのではないでしょうか。 女心は女性にしか、男心は男性にしか理解できないものですが、男心や男性からの好意を少しでも知っておくことで恋愛はグッと上手くいくものです。 ここでは、男性心理の働きによって起こる好意サインにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。 男性からの好意サイン:女性の行動範囲内をキープしたがる 男性は、とにかく好きな女性の側に居ようとします。 もちろん女性でも、好きな男性の側をキープしようという気持ちは働くものです。 好きな人の近くに居たいと思うのは、恋愛感情を抱いているのであれば自然なことですが、男性は女性よりももっと側にという気持ちが強く働くという特徴があります。 好意を持っている女性の側ならどんな時でもどこへでも側に居たいし、居させてほしいと思ってしまうのです。 これは、好きな女性を一人占めしたいという心理状態が働いている時に多く見られることです。 好きな女性の隣を常にキープすることで、この女性は自分のものだということを周囲にアピールしたいのです。 好きでもない男性にそんなことをされたら少し困ってしまうようなことですが、男性本人は必死に女性の行動範囲内を把握してキープしているのです。 男性からの好意サイン:男性の仕草から分かる恋愛アプローチ 男性だけではなく女性でも、好意を持っている人が近くにいるとドキドキしてしまうものです。 そのドキドキによって、ちょっとした仕草や言葉使いに違いが表れてしまうのです。 例えば、落ち着きがなくなることによってやたらと髪の毛を触ってしまうということや、緊張することで瞬きが増える、目線がキョロキョロと泳いでいるように見えてしまうということがあります。 この動揺しているような仕草や行動は、深層心理から出てくるものなので自分でも気付いていないということが多いです。 ですから、相手の女性に言われて初めて気付くということも珍しくありません。 自分の髪の毛をやたらと触ったり目線がキョロキョロしてしまうということは、決して直接的なアプローチではありませんが、少しだけ角度を変えて見てみるとあなたへの好意が見え隠れしているのです。 もしも気になる男性がいる場合には、あなたと一緒にいる時の男性の仕草を観察してみると良いでしょう。 ちょっとした変化から、男性の好意サインが見えるかもしれません。 男性からの好意サイン:言葉や行動に表れる特徴から見分ける 好きな女性に対しては、優しくありたいと思うのが男性心理です。 例えば、大好きな女性には少しわがままなことを言われても許せると答える男性も少なくありません。 あまりにも酷いわがままは、いくら好意を抱いている男性にも引かれてしまう可能性があるので、極端なわがままや横柄な振る舞いは控えることをおすすめします。 しかし、好きな女性には優しくしたいという男性心理があると、女性がわがままを言わなくても常に側をキープして手を差し伸べてくれることでしょう。 例えば、重いものを運んでいる時に代わりに運んでくれる、高い所の物を率先して取ってくれるなどといった、細やかな優しさを見せてくれるということがあります。 女性が困った時にサッと現れて助けてくれるその姿は、まさにヒーローそのものではないでしょうか。 もしもあなたが困っている時にどこからともなく現れて、笑顔で助けてくれる男性がいたらそれはきっと男性からの好意の表れだと解釈しても良いでしょう。 稀にただ単に人に優しいだけの男性もいますので、好意サインを見分けるコツは、ほぼ毎回助けてくれるということをキーワードにしましょう。 ほぼ毎回助けてくれるのは、それだけあなたのことを目で追っているからなのです。 いつもいつも助けてくれて、さらに優しい言葉までかけてくれるのであれば、間違いなく好意サインであると言えるでしょう。 男性からの好意サインを見極めて素敵な恋愛を! いかがだったでしょうか。 恋愛は人を大きく変化させてくれる素晴らしいものです。 それは男性だけではなく女性にも当てはまることですが、男性心理には女性には到底理解できないような考え方や行動、仕草が見られるのです。 男性が好きな女性へ送る好意サインのポイントは、とにかく優しいということやいつも視界に入る距離にいるということが挙げられます。 今回ご紹介した男性からの好意サインをヒントに、自分の好きな男性や気になる男性に当てはめてみてください。 もしかすると、あなたへの好意が隠されているかもしれません。 男性心理をしっかりと理解して、恋の駆け引きを上手に楽しんでみてはいかがでしょうか。 あなたの恋愛が上手くいくことを心より願っています。

次の

好きな人と両思いになる方法☆よく効く4つのおまじない

から い もの が 好き な 人

自分が好きな人からは好かれないのに、タイプでもない人からアプローチされるとウンザリしてしまいます。 これは「類は友を呼ぶ」ということなのか、あるいは「同じ波動の人を引き寄せる」とスピリチュアルに捉えるべきなのか……? まずはシンプルに確認したいことが2つあります。 詳しく見ていきましょう。 好きな人の前で浮足立っているのでは? 恋をすると心がフワフワして冷静ではいられなくなるものです。 それは中高生時代も大人になってからもそれほど変わらないはず。 好きな人の前では目が泳いでうまく話せなかったり、表情が硬かったりと、「取っつきにくい印象」を与えていないでしょうか? あるいは、とにかく恥ずかしくて俯いているとか、あまのじゃくな態度を取ってしまうということはしていない……? こうした言動は自分が思う以上にハッキリと現れるもので、アプローチしているつもりが逆効果になっているかもしれません。 「僕のことを気に入っているらしい同僚から誘われて飲みに行ったけれど、全然しゃべらないし、しゃべっても仕事の話かダメ出しで『無いな』と思った。 好きな人に対する態度じゃない」(34歳男性・エンジニア) 本人は必死でアプローチしているつもりでも、どう受け取るかは相手次第。 自分の気持ちを素直に伝えられないと、みずから恋の芽を摘むことになるでしょう。 高望みしていない? 自分から好きになる人には好かれず、タイプじゃない人にアプローチされる時、冷静に自分の好きな人と好かれている人を観察してみてください。 できるだけ心を落ち着けて、高望みしていないかどうかを確かめるんです。 誰を好きになったって自由ですし、格付けなんかしたくもありません。 でも、映画『マイフェアレディ』のようなシンデレラストーリーは現実には稀で、恋愛をするにも見えない境界線がどうしても引かれてしまいます。 「昔、イケメンのエリート国家公務員を好きになって、最初は釣り合いが取れないと思ったけれど、いったん好きになると止まらなくなってしまった。 可能性があるんじゃないかと思って、告白して振られることでやっと諦めることができた」(36歳女性・主婦) 彼女の話は決して珍しくないはず。 筆者もかつて、魅力的すぎる上司を好きになりかけたものの、彼女だという美人を見かけてハッとしたことがあります。 高望みだとか、格付けといった言葉は嫌いですが、やっぱりお付き合いするにはいろいろとバランスが取れる相手が良いのでしょう。 好きだけれど、恋人同士として一緒にいる姿が容易に思い浮かばない場合は、交際が実現しにくいお相手なのかもしれません。 「余裕がない」は魅力を半減させるもと! 魅力は美しさや知性だけではありません。 ただそこにいるだけで雰囲気にも現れるものです。 セカセカしていなくて余裕がある人は優美な魅力をかもし出します。 女性は特に、ゆったりとした身のこなしや話し方で「きれいな人」「色気がある人」と思われることが多いのです。 そのため、高望みをしているわけでもないのに、好きな人から好かれない場合は、余裕を身にまとうことが恋成就のカギになるでしょう。 気になる彼が前にいてもできるだけゆっくり動くとか、慌てず一呼吸おいてから話すなど、余裕のある行動を心がけます。 それは演技と思ってかまいません。 胸の奥はドキドキしていても、余裕のある女を演じることで彼の心に刺さるアプローチができるようになるはず。 しなやかな振る舞いや優しげな話し方で、「いいな」と思わせることができるでしょう。 タイプじゃないと思っても、一応確認を! タイプじゃない男性からデートに誘われた時、最初から「ナシ」と決めつけないことも大切です。 顔は大して好みじゃなくても、じっくり話したら意気投合するとか、共通点が多くて居心地が良いなど、恋のきっかけがあるかもしれません。 恋愛はそもそも思い通りにならないもの。 誰が彼氏候補になるのか決めつけないほうがいいでしょう。 「自分の心は自分が一番よく知っている」とは思い込みにすぎません。 いつ誰にときめくかは、その時にならないとわからないのです。 以上、好きな人の前では素直になることを心がけ、タイプじゃない男性に誘われても、とりあえず話してみるというスタンスを取ってみてはいかがでしょうか。

次の