マギアレコード 2期。 アニメ「マギアレコード」12話まで放送中ですが、DVDとブルーレイデ...

『海外の反応』マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第13話「オリジナルの魔法少女の戦い凄かった!」「2期決定!ここからが本番」

マギアレコード 2期

Voters: 100 redditの反応 89 points 腕がもげるシーン痛そう。 俺達が君の代わりに痛みを感じるから。 redditの反応 42 points まどかアニメであんな細かいゴアを見るとは思わなかった。 redditの反応 36 points あのシーンでちょっとビクッとしたけど、改めて見るまでこんな惨いことになっていたとは思わなかった。 彼女はその願いのおかげもあって、治癒が他の魔法少女よりもずっと早い。 redditの反応 29 points あのシーンのさやかは完全にウルヴァリン。 弱い魔法少女の一人にも関わらず、あそこまで洗脳マミ相手に頑張ったことに驚いた。 きっと、私たちの知っているシリーズのさやかよりずっと強くなっている。 redditの反応 63 points さやかはアメージング。 この先どうなるのかが待ちきれない。 この世界を再び楽しめて嬉しいよ。 redditの反応 58 points マミはどの世界でもクレイジーになったりzetsubo(絶望)する。 マミであることは苦しむこと。 これは特筆すべきなにか。 redditの反応 このエピソードのさやかはバッドアス過ぎた。 彼女の登場がベストパート。 消火器。 redditの反応 48 points 今は公共の場での大きな集まりは禁止されてるって、誰もマギウスの翼に伝えてないの!? ジョークは置いといて…、何と言うフィナーレ!! 来期はほむらと杏子とまどかの助けが必要になるだろう。 スポンサーリンク redditの反応 38 points クリフハンガー。 鶴乃たちが洗脳されてマギウスに参加。 レナとももかも連れ込まれて逃げられない。 いろはは行方不明。 やちよとの ゆり関係がさらに深まった直後なのに。 かわいそうなやちよ。 そしてさやか。 オリジナルだとあまりにも下り坂の傾斜が激しすぎて、そんな機会は訪れなかったな。 マギアレコードのさやかは、強くなれる機会があった彼女だと思う。 redditの反応 37 points Bruh 本当にバッドエンドじゃないか。 恐らくですけど、異分子や裏切り者といった意味ですね。 この場合マギウスの翼を指すのだと思われます。 🙂 redditの反応 68 points ナチの集会に偶然紛れ込んでしまったけど、制服を着ていないことに気づいた時。 2期をすぐに発表してくれて嬉しい。 これはどう考えてもエンディングじゃない。 redditの反応 23 points エピソードはとっても良かった。 やちよが魔法少女になった理由を知れたし、マミとさやかの戦いもファイヤー。 このアニメを楽しんだと言わざるを得ない。 最近のエピソードで物語がどんどん進んでいることが嬉しい。 このアニメで私が一番苦手なのはキャラクターが多すぎること、そしてその多くが地味なこと。 やちよとかは違うけど、他のキャラクターにそんなに感情移入できない。 それでも全体としては楽しめたけどね。 redditの反応 13 points やちよといろはは基本的に結婚したカップル。 特にやっちゃんのほっぺを触るシーン。 完全に、「この騒動が終わったら正式に結婚するんだよね?」と思って見てた。 redditの反応 エンディングでのやちよの想い。 そしてあの絶望の雰囲気。 新しいエンディングソングも相まってとってもグレートに感じた! このシリーズを本当に毎週楽しんだよ。 2期の予告ではハナカナ(花澤香菜)の声がたくさん聞こえたし、クロエがまた関係してくるんだろうな…そう願う。 あんまり待ち時間が長くならないことも本当に願ってる。 redditの反応 17 points さやかの消火器を使ってのダイナミックな登場は世界が変わっても変わらない。 アホみたいな笑顔を浮かべてしまった。 マミが可哀そう。 今のところ、彼女のもっとも印象的なキャラクターは凄い作画戦闘シーンと死ぬことだ。 彼女は他のモデルに嫉妬されていたからね。 しかしカナエとメイが死んでしまい、彼女はその願いが捻じ曲げられ、自分は他人を踏みつけることで生き延びているのではと思い始めたんだ。 MALの反応 Hmmmm…まあ悪くはなかったと思う。 2期はもっと良いことを望むよ。 MALの反応 グレートなエピソード。 期待よりもずっと良かった。 まどかとほむら以外、欲しいものが全てあったし。 いろはと八千代の交流はちょっと心配してたんだけど、美しくなってたね。 ここ数話はちょっとポイントを落としてたけど、アニメーションもグレートだった。 MALの反応 まどマギオリジナルのファンとしては、全く期待した物とは違ったな…。 驚くようなものではなかった。 もちろん私の意見ではだけど…。 MALの反応 マギウスの完ぺきな勝利。 あるいは灯花ちゃん党の勝利に見える。 2期のアナウンスがなければ、このエンディングをどう感じればいいかわからなかった。 やちよさんには同情してしまう。 いろはの事は彼女にとっておなじみのシーンになってしまった。 いろはに救われたばかりだというのに。 なんて残酷。 オリジナルからのさやかちゃんの壮大な帰還。 他の二人が出てくるのもそろそろかも! この戦いで、マミさんにかかっている魔法が溶けて欲しいところ。 このショーは初期の展開からミステリーが深まっていく流れに関して素晴らしく楽しかったと思う。 スタートはかなりゆっくり、だけど後半かなり加速してきたね。 ここからはもっと良くなっていくと想像してしまう。 2クール続けての物語だったら、もっと受けも良かったんじゃないかな。 このクールはやっぱり舞台を整えるという側面が強かったからね。 まあ仕方ないけど。 第二クールがあるだけでも幸いか。 ワクワクしてるよ。 今期のOPとEDが聞けなくなるのは寂しいな。 素晴らしい組み合わせだったと個人的には思う。 サウンドトラックもアニメクオリティも良かった。 キャラクターの発展に関しては良くてまあまあと言うところ。 既にゲームのストーリーを知っているファンには応えようとしていると思うけど…。 私自身先週ゲームを始めたばかりだけど、やっぱり比べると物足りなさを少し感じる。 アニメがゲームとは違う選択をしていることは嬉しかった。 引用:reddit, MAL MALスコアは6. このエンディングは困りますねw2期があってよかった…。 オリジナルと同じ雰囲気を望んでいた人には不満もあったみたいですけど、穏やかな時間を含めこの雰囲気が好きだという人も多かったと思います。 これはオリジナルでもそうですけど、キャラクターの雰囲気も好き。 ゲーム版プレイヤーですけど、最終回はめちゃくちゃ見入ってしまいました。 正直アニメ版の後半辺りはテンポの面とかでちょっと物足りなく感じていましたし、今回のやちよの「解散宣言」前後も、ゲーム版にあったもろもろが全部取り払われてて全然衝撃を受けられなかったのですが、そこからホーリーマミとさやかの登場で、アニメである意味を取り戻してくれましたねw 更にシナリオ面でも、ゲームではここから無事にやちよさんといろはは三日月荘に戻ってしばらく落ち着き、学校でももこチームと「そんな事になってるんだ。 大変だねー」みたいな会話をするはずのところが、いろは落下、楓がマギウスの翼になっちゃった展開、そして久々の黒江登場などなどで、先がわからなくなってきました。 まどかとほむらがまだ未登場というのも、もしかしたらゲームより大きな役割がこの後用意されているのかも? などと期待させられます。 abemaTV版は作業が間に合ってなかったとか制作現場大丈夫なのかって心配もなくはないですが、まあそこはいつものシャフトということで、一先ずここまでですが期待を改めて高めてくれる最終回で良かったです。

次の

アニメ「マギアレコード 」がつまらない?面白くない理由を調査

マギアレコード 2期

『魔法少女になった時、私は何を願ったんだっけ?』日常の中にぽっかりと空いた穴。 失われてしまった大切ななにか。 理由もわからないまま、戦いつづける毎日……。 そんなとき、魔法少女たちの間で噂が流れはじめる。 『神浜に行けば、魔法少女は救われる』魔法少女とウワサの集まる街、神浜市。 海外の反応 洗脳されたマミさん 2. 海外の反応 What the f〇〇k、いろはがまともに戦ってるだと…!? 3. 海外の反応 ヒーローが登場 4. 海外の反応 ホリーマミさん! 7. 海外の反応 ワルプルギスの夜!? 17. 海外の反応 マミさんどの世界線に行ってもクレイジーになって絶望してるな 18. 海外の反応 今回の戦闘シーン、マミさんとほむらの戦闘シーン(叛逆の物語)に比べたら全然だな アクションの振り付けの大事さが分かる 19. 海外の反応 第2シリーズ制作進行中だって! 22. 海外の反応 2クール目はいつ放送されるの? 23. 海外の反応 ほむほむ結局出番無しか… 25. 海外の反応 今日でもう1クール終了とか信じられない… 個人的には本家より楽しめたわ、みんなの絆がどんどん深まっていく様子が良かった 2クール目の制作が決定したようで嬉しい! myanimelist. 92% Great:1. 92% Good:1. 92% Mediocre:5. 77% Bad:13. 73点 2話:7. 63点 3話:7. 55点 4話:7. 44点 5話:7. 37点 6話:7. 34点 7話:7. 32点 8話:7. 27点 9話:7. 23点 10話:7. 18点 11話:7. 11点 12話:7. 04点 13話:6. 90点.

次の

【マギアレコード】アニメ13話感想 天使!!いろはがやちよの心を融かす!!あらすじネタバレあり(マギレコ)

マギアレコード 2期

マギアレコード(マギレコ)の2期はある?分割2クール? まずは、 マギアレコード(マギレコ)の2期はそもそもあるのか?ということについて。 最終回放送後、 第2シリーズの制作が進んでいることが発表されました。 マギアレコード(マギレコ)の2期の放送日はいつ? では、 マギアレコード(マギレコ)の2期の放送日はいつになるのか?ということについて。 現状、まだ公式から詳しい時期の発表はありません。 その上で、分割2クールで 2020年10月からの放送になると考えています。 上に書いたように、既に制作が進んでいたため、既定路線の 分割2クールの可能性が高い。 その上で、2020年7月はシャフトがアサルトリリィという作品を制作するので、おそらく不可能。 その次のクールである 2020年10月からマギレコ2期(2クール目)が放送されるのではないか、と考えています。 次に、 マギレコの2期(2クール目)のストーリーについて、残された謎やいろはたちの成長、活躍を中心にご紹介していきます! マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー!アニメ1期の続きは原作のどこからかネタバレ! それではいよいよ、 マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリーについて! ネタバレを含むのでご注意ください。 では、今放送されてるペースを見る感じ、だいたい原作ゲームの 6章くらいまでがアニメ化されそうです。 みんながマギウスに洗脳されてしまい、やちよが自分のせいでみんなが犠牲になってしまうから、と チームの解散を宣言する。 ……みかづき荘のみんなが、バラバラになってしまうという、絶望的な状況。 だけど、 いろはが初めて自分の意見を叫んで、やちよの心を救い出す! このあたりが最終回になると現時点では予想しています。 そして、 マギレコの2期では、ゲームの7章から。 やっと出来た、かけがえのない友人たちを助けるため、いろはは頑張ることを決めた。 まずは、マギウスの翼に近づくことができれば、きっといつかはフェリシアたちに近づけるはず。 そう思って、いろはとやちよは、見つけたウワサを片っ端から倒していく! そうしているうちに、ウワサが密集している場所に気付く。 そこに、黒羽根となったフェリシアとさなが現れる。 しかし、 彼女たちの洗脳は既に解けていた! 「ハンッ!ざーんねーんでした! オレは最初っからいろは側だ、バーカ!」 「私もです……ここで、お家に帰らせてもらいます……!」 二人は、みふゆによって洗脳を解かれていたのだ。 四人は再会を喜ぶ。 みふゆはそれを知り、ついに一線を越えてしまったマギウスを、裏切った。 せめて、鶴乃以外の二人だけでも。 そう思って、彼女は洗脳を解いていたのだった。 しかし。 鶴乃だけは、灯火たちによってウワサと同化させられてしまう。 遊園地にはびこる、キレーションランドのウワサ。 生気のない、どこか虚ろな表情ばかりを浮かべる鶴乃。 全く別人のような彼女。 ウワサを倒せば、きっともとに戻るはず。 「いつも元気で、笑顔な鶴乃に戻ってきてほしい!」。 そう願って、いろはたちはウワサの鶴乃へと攻撃する。 ……だが、ウワサが鶴乃から離れることはなかった。 それが意味することは、つまり。 鶴乃自身が望んで、この「やる気を奪う」ウワサとなっているということだ。 笑顔で、元気で、頑張って。 そう、違ったのだ。 当然だ。 大好きだったおじいちゃんを亡くし、実家のお店は廃れていく。 魔法少女になったときに願って手に入れたお金は、母と祖父に散財されてしまう。 やちよと一緒に組んでいたチームも……かけがえのない仲間が、少しずつ減っていく。 摩耗したやちよは、事情も話さず、独りで孤高の魔法少女になってしまう。 ずっと、鶴乃は辛かったんだ。 父やみんなのために、最強の魔法少女じゃなきゃいけない。 その義務感だけで、鶴乃はずっと立ち続けていた。 ……それが、折れてしまった。 「(みふゆは)まだわたしが頼りないから、本当のことを教えてくれないのかな。 頑張らないと、もっと頑張らないと」 「不安になっちゃだめだ、わたし最強なんだから。 むしろ陰でししょーを支えるんだ」 「いろはちゃん、大変だな、わたしが先輩として力にならないと。 なんたって最強だからね」 「ひとりで生き抜くなんてわたしより大変。 わたしがフェリシアのししょーとして勉強も仕事も鍛え上げないと!」 「(さなは)まだ不安なんだろうな、ここはやっぱりやちよチームの潤滑油、由比鶴乃が居場所を作らないと!」 「わたしが頑張らなきゃ、不安になってるヒマはない、だって最強なんだから、偉業を成すんだからこれぐらい、みんなに幸せになって欲しい」 鶴乃の本当の想いを知ったいろはたちは、決意する。 今度は一緒に手を取り合って、支え合って進んでいこう! 今度は鶴乃を支えてあげたい、その思いを一人ひとり、伝えていく。 「今度は……今度は私に……お返しさせてください……鶴乃さん」 「いちいち、んな心配すんなよな!オレだって、もう店の戦力だろ!?」 「ごめんね、鶴乃。 鶴乃は目を覚まし、ウワサに立ち向かう。 今度は、みんなに助けてもらいながら。 ウワサを倒すと、マギウスの独り、柊ねむが現れた。 彼女がウワサを作り、そのエネルギーを使って魔法少女の解放を目指しているという。 これが孵化すれば、キュゥべえの役割を肩代わりすることになる。 灯火は、世界の真実を知ることができる。 ねむは、あらゆる物語を具現化できる。 アリナは、あらゆるアートを創造することができる。 魔法少女よりも、価値のない人間。 それを虐げることで、野望を実現しようとしたのだ。 ……その在り方を、いろはは認めない。 だが、マギウスは止まらない。 ……伝説の魔女、ワルプルギスの夜を神浜へ呼び出すことも、厭わない。 マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:8章「偽りに彩られ神浜」のネタバレ 遊園地での計画を邪魔されたマギウスたちは、ついに手段を選ばなくなった。 神浜の魔法少女たち全員を標的に、マギウスの翼たちを放った。 魔法少女になるという真実を。 暴走するマギウスの翼たち。 操られているかのような彼女たちの様子から、やちよはウワサが関わっていると疑い、調べていく。 ……そうして、行き着いた先には。 ウワサと同化した巴マミがいた。 彼女との戦いの中で、やちよは自分の本当の固有魔法に気づく! 声が、聞こえたのだ。 懐かしい声が。 体の中から、誰かの声が、魔力が溢れてくる。 「うまく言えないけど、今の私は支えられているわ」 これまで圧倒されていたマミを圧倒する力を発揮します。 かつて彼女のために身を捧げた、かなえやメルは、決して犠牲になったわけじゃなかった。 ずっと、彼女の中で息づいていた。 ……そして。 神浜の魔法少女たちも駆けつけ、マミに取り付いていた神浜聖女のウワサを撃退した! マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:9章「サラウンド・フェントホープ」のネタバレ 連れ去られたいろはを助けるため、マギウスの本拠地に突入するやちよたち。 さなは能力を使って羽根を襲い変装。 いろはを助け出すことに成功する。 しかし、いろはのソウルジェムは別の場所にあった。 ソウルジェムから離れてしまったことで、いろはは意識を失ってしまう……。 マギウスの翼に連れられ、いろはは目を覚ます。 だから、解放を望む。 自分の宿命とは向かい合えない……。 いろははそれでも言う。 「私の妹は願わないと思うよ。 沢山の人を犠牲にしてまで、救われることは……」 「そういい切れるのは、あなたたち姉妹が強いからです……私達姉妹は嘆き崩れ、この宿命から逃れたいと思った。 その現実を愚弄するのは許しません……あなたと一緒にしないでください」 彼女は、神浜市の外からやってきた魔法少女だった。 ドッペルの存在を知り、この上なく救われたと言う。 平行線な二人。 だが、この羽根の少女との会話でいろはは確信する。 マギウスの計画は、どこかで必ずういにつながっている、と。 一方、やちよたちは、みふゆと合流する。 みふゆはワルプルギスの夜を呼び寄せたマギウスの行いに、ついに離反する。 「ワタシも、やっちゃんたちを手伝わせてください!」 ついに、みふゆも戻ってきた。 真実を知ってしまったあの日以来の共闘。 かつての仲間と一緒に戦える喜びに、鶴乃は涙を流す……! しかし、女王グマのウワサと対面し、強力な力で分断されてしまう……。 マギウスのもとへ向かおうとすると、過去の自分が悩みをささやきかけてきた。 「無能でダメダメな私が幸せそうにしてていいんですか?」 「みかづき荘の中で、私はもうそんなことで悩んだりしません……!」 「オマエ親の仇のこと忘れてるだろ マギウスなら魔女がいなくなるぞ」 「でも、そっちにはいろはたちがいねーからヤだよ!」 「どうせみかづき荘の人たちは本当のわたしを理解してないって」 「実はそれは解決済みなんだよー」 「このままじゃあなた、また仲間を殺してしまうわよ」 「いろはたちが居ない生活が、今の私には……」 「そんな強い人間なんて、環いろはじゃないよ」 「これが今の環いろはなんだよ」 「学校に行くのを楽しみにしてるういに、ウソを吐き続けていた。 楽しい学校生活を送るお姉ちゃんを演じてた……。 私はもう、そんな自分に戻るつもりなんてないんだよ。 自分の意見を貫かないといけなくなった時から、私の周りは変わっていったの。 いろんな魔法少女と出会って、かけがえのない仲間と出会って。 だからね、ビクビクしていた頃の自分とはもうサヨナラするよ。 ういと再会した時に、紹介できる親友ができたから!」 みかづき荘のみんなに、もう迷いはなかった。 過去の悩みは、もうみんなと出会って、一緒にいるうちに解決していった。 だからもう、そんなところで立ち止まってはいられない! しかし。 自分たちの欲望を叶えるため、ワルプルギスの夜を呼び、人々の絶望をエネルギーへと変換する。 それこそが、マギウスの目的。 魔法少女は救われるし、マギウスは望みを叶える。 しかし、人間は、神浜の人々は犠牲となってしまう。 それは、 いろはたちにとって許せることではなかった。 「私は未来の人類を救う!イブにワルプルギスの夜を食べさせて魔女にはさせない!」 目覚めたイブに掴まれるいろは。 しかし掴むだけで何もしてこない。 いろは、うい、灯火、ねむの4人が揃ったときにだけ、咲くはずの桜。 それが咲いたということはつまり。 イブが、うい なの……? マギアレコード(マギレコ)の2期のストーリー:10章「浅き夢の暁」のネタバレ いろはがずっと探してきた、妹は。 エンブリオ・イブへと成り果てていた。 信じたくない。 けれど間違いなく、万年桜は咲いてしまったのだ。 イブの拘束具は外れ、神浜には使い魔があふれる。 更に、ワルプルギスの夜さえも近づいてくる。 神浜の魔法少女や、まどかたち見滝原の魔法少女たちは、町を救うため各々の場所で戦う。 イブを倒して、中からういを救出する。 それが唯一の、ういを助ける方法だった。 イブの胸元にある大きな赤い宝石。 それこそがコアとなる場所。 いろはたちはそこを狙うため、みんなで力を合わせる。 町は燃え、みんなは傷つき倒れしまう……。 唯一立っていたのは、いろはだけ。 狙いを定める。 でも、みんなの穢れを受け入れ、助けてくれた。 そんなういを、撃ち抜けない。 いろはは、ういのいる宝石を直接取りに行くことを決意した。 3人の本当の目的は、魔法少女を、いろはを救うことだった。 しかし、ういの「回収」の力が暴走した。 穢れの集まる彼女を、ねむは「ストーリーの具現化」という形で、小さいキュゥべえの中へ閉じ込めたのだ。 結果、二人はういのことを忘れてしまう。 記憶を取り戻した二人の協力で、ついにういを救い出す! しかし、まだ。 アリナはイブを諦めていなかった。 アリナはホーリーアリナとなり、世界の滅亡を望んだ。 人々は深層心理で、滅びを望んでいるのだから。 これまでのことを後悔していたねむは、自らの身を犠牲にアリナを倒す。 残されたイブは、感情を持たないキュゥべえを取り込み、全ては浄化された。 消耗しきった魔法少女たち。 絶望するほむら。 しかし、別次元のアルティメットまどかの力によって、希望を取り戻す! 神浜に集った魔法少女たちが協力し、ワルプルギスの夜と戦う。 心を一つにし、力を一つに。 そしてやちよは、ついに自分の能力に気付く。 仲間を犠牲に生き残るなんて、醜い力ではなかった。 「希望を受け継ぐ力」。 託された希望を、その身に宿す。 それに今、彼女は気づいたのだ。 みんなの力を注いだ一撃で、ワルプルギスの夜は消えた。 ういは戻ってきた。 みかづき荘のみんなも、また一つになれたのだった。 そんな、魔法少女たちの記録。 それが、マギアレコード。 アニメ開始時のストーリーの更に前、マミさんと杏子の出会いから師弟関係を築くところまで、じっくり見ることが出来ます。 (アニメ本編でもこの二人は師弟関係。 公式設定です) (C)Magica Quartet・ハノカゲ まだ初々しい頃の杏子がマジかわいくて最高。 スレてなくて、 マミさんにめちゃくちゃ懐いてるんですよ。 可愛くないですか?? (C)Magica Quartet・ハノカゲ マミさんの方も杏子にベッタリだったりして尊い。 お互いを思い合う、重めの百合要素とか、 3話のとき、もしマミさんが生きてたら……っていう誰もが妄想した展開とか、最高な要素がつまってます! 全3巻でかなり読みやすいのでぜひ。 まとめ マギアレコード(マギレコ)の2期についてでした! おそらく 分割2クールで、2020年10月からの放送となるんじゃないか、と予想しています。 ストーリーとしては、原作ゲームの7章あたりから。 鶴乃がずっと隠していた本心を聞き届けて、その上で手を差し伸べたり、 やちよさんが本当の固有魔法に気づいたり、 ワルプルギスの夜にみんなで立ち向かったりと、 むしろ1期以降が本番みたいなところあります! ぜひお楽しみに。 ちなみに、 マミさんがもし生きていたら……っていうスピンオフ漫画があります。 まどマギ好きなら超おすすめです。

次の