気玉リーダー。 ドッカン バトル 気 玉 リーダー

ドッカンバトル 気玉変換キャラ一覧|ドッカンバトル(ドラゴンボールZドカバト)攻略リセマラガチャまとめブログ

気玉リーダー

これは気玉変換アイテム、変換パッシブ持ちのキャラを使い、特定の属性の気玉を増やすことで爆発的に ATK を上げられる強力なスキルで、 23 個の気玉全てを変換した場合、強力なキャラは敵を一撃必殺にすることが可能です。 最近は超ベジットやブロリーのような更に属性特化のリーダースキルの登場や、3連戦以上のボスが登場するステージも増え、徐々に影も薄くなってきていますが、こいつと大砲1体で突破出来る、長期戦必須の低コスト戦も一瞬で突破出来るなど、未だに汎用性の高い戦法です。 また、老界王神カードを注ぎ込んでいるお気に入りのキャラと組み合わせれば大抵の敵は瞬殺できてしまうため、非常に爽快感のある戦い方とも言えます。 ここでは各属性のこのスキル持ちのキャラ達をピックアップします。 キャラクターの名前か画像をクリックで詳細な考察ページに飛びます。 技属性のリーダーです。 属性的には最強の火力を誇るとドロップ入手の気玉パッシブ持ちの の存在が大きく、恵まれた属性と言えるでしょうか。 ただ、パッシブスキルは明らかにリーダースキルを意識したものであるため、リーダー以外で登板させる機会はそうないかもしれません。 条件によっては、虹気玉が複数個混じるかどうかだけで ATK がウン 10 万と変わってしまうこともあるのでリーダー時には有効ですが、汎用性はそこまで高くはないです。 個人で火力を出すためにはゴッド SS ベジータと組まなくてはなりませんし、サブでの使用は状況が限定的にはなりがちです。 体属性のリーダーです。 先の悟空とほぼ同じ性能で、やはりサブとしての使用は若干使用は厳しいでしょうか。 体属性のサポートとしては有効ですが、虹気玉を無くすというのは他の属性のキャラにはかなり厳しく、場合によっては体属性にすら障害になる可能性もあります。 火力もゴッド SS 悟空と組めば一気に上がりますが、パッシブが ATK に関係ないのでそこまで上がるというわけでもないです。 この2人はそういう意味で後述のキャラ達よりはちょっと汎用性で劣るでしょうか。 速属性のリーダーです。 言わずと知れた最強クラスの壁役で、リーダーどころかサブとしての登板の方が圧倒的に多いくらいになってしまう性能です。 防御性能だけにフォーカスすれば、フェス限定の 3 ベジータや、に並ぶ、或いは上すらいく程で、無論それ以外のガードキャラと比較すればどんなキャラもぶっちぎりで抜き去るガード性能です。 勿論リーダースキルのぶっとび具合は他の属性のキャラと全く同じで、その上でこれだけ強力なガード性能を持っているということになり、全キャラクター中でも有数の非常に強力なキャラクターと言えるでしょう。 速属性には配布キャラだった気玉パッシブのもおり、運用させやすいというのもあります。 力属性のリーダーです。 現在キャラクターのラインナップ的には最も強力な属性であり、一撃必殺に起用できるキャラクターが 1 体は BOX にいる可能性も高いでしょう。 また、短期決戦を筆頭とした超強力なリンクスキルにサポートパッシブで、リーダースキル抜きにしても非常に強力と言える性能です。 を何体も所有している人にとっては非常に使いどころの多い、最高なキャラクターとなることでしょう。 知属性のリーダーです。 単体のキャラクターとしてはこの 5 体の中で最も安定かつ高火力を誇ります。 ゴッド SS の二人は特定のリンクを組まなければ火力を出せず、超 3 悟空はパッシブ倍率の関係で頭打ちが早いですが、こいつはリンク無しでも十分な火力が出せ、リンクありなら UR キャラ中で見てもかなり高火力な部類に入ります。 以上 5 キャラクターでした。 ゴッド SS コンビ以外は個としても十分な性能を誇っており、こいつらはドッカンフェスを抜いた通常のレアガシャ排出のキャラとしては最高峰にも近い性能を持っていると言えるでしょう。 勿論、先の 2 人も十分に強力なキャラではありますが。 度重なるインフレにより大半 のリーダースキルが次々と新スキルの下位互換に成り下がっていく中、こいつらのリーダースキルは未だその独自性を保ったままです。 また、こいつらは通常のガシャからも排出されるため、ポロっと出てくれることもあるでしょう。 是非ともエースのキャラクターと同属性のリーダーを引きたいものです。

次の

【キャラ寸評】『気玉1個取得につきATK30%up』リーダーキャラのピックアップ!

気玉リーダー

ATK低下と気絶が入っている相手に対しては異常な程強く、バトルロード系イベントでは最強と言っても構わないはずです。 アクティブスキルもバトルロードを意識したような性能であり、条件も緩いことから運用しやすくなっています。 真価を発揮するためには状態異常が入るステージである必要がありますが、高性能のリーダースキルとATK,DEF200%UPと、そうでなくとも十分すぎる性能と言えるでしょう。 極限超サイヤ人3ブロリー 属性120%リーダーの初極限Z覚醒です。 リーダースキルの倍率が10%上昇し、リーダーとして更に優秀になりました。 全く無かった防御性能も補填され、ようやく普通に使えるキャラになったので、数が少ない極技の新たな戦力となるでしょう。 最強キャラの評価基準 長期戦での性能 現環境のドッカンバトルでは、高難易度のほとんどが長期戦になっています。 長期戦では適正のあるキャラでなければまともに戦うことも出来ない程の難易度になっているので、キャラの評価として大きくウェイトを占めています。 リーダースキルの使いやすさ 現在のドッカンバトルではカテゴリパーティーを編成すのが基本になっているため、強力なカテゴリリーダースキルを持っているキャラの評価が高くなっています。 また、初心者がリセマラで手に入れても使いやすいような、ドロップキャラが多数いるカテゴリも評価しています。 所属カテゴリの強さ カテゴリパーティーを編成する環境になっている以上、単体性能のみならず周りも強力なキャラが揃っている必要があります。 所属しているカテゴリの使いやすさ、強力さも評価に含まれます。 汎用性の高い性能 ドッカンバトルには様々なイベントがあり、ステージによって求められる性能が変わってくることもあります。 そのため、高いステータスを得ることが出来るスキルや、全属性抜群、ダメージ軽減などのシンプルに使いやすい性能は評価が高いです。 評価点はランクキング毎 ドッカンバトルのキャラにはLRやフェス限、通常ガチャ、ドロップ産と多種多様な入手方法があります。 それぞれ明確に性能差があるので、評価点はその種別内での点数として掲載しています。 LRキャラクターランキング フェス限LRランキング 期間限定で開催されるドッカンフェスで排出される、ドッカンバトルのガチャでもトップレベルで最強なキャラクター達をランキング形式でまとめ ています。 変身前は DEF無限上昇でシンプルに安定感の高いキャラ、変身後は強烈な火力を出すことができるキャラになる。 変身後の 確定必殺追撃が強力。 変身後の確定追撃と 全属性抜群が強力。 気力リンクではベジットに勝る。 バトル開始直後から 無条件のATK,DEF200%UPでシンプルに強力です。 状態異常に対して特攻を持ち、バトルロードでは無類の強さを発揮します。 常時高倍率のステUPと虹気玉でゲージを簡単に溜めることができる。 ベジットになれば HP全回復&反撃。 速と虹気玉でゲージを溜めやすく ATK,DEF超大幅上昇の超必殺技が撃ちやすい。 本体の性能よりもリーダーとしての評価が高め。 非常に高い防御性能に加え、変身で HP全回復を持った安定感抜群の性能。 敵が多いステージでは火力も爆発的に上昇する。 気力リンクの関係で自らがリーダーとならなければ戦い辛いが、その分高倍率なリーダースキルで強力なパーティーが編成可能。 気力リンクが力の大会のみのため活躍できるパーティは限られますが、条件が揃えば圧倒的な火力で敵を瞬殺することが可能です。 LR4悟空と同じく気力を溜めやすく、究極ダメージのアクティブスキル持ち。 パッシブ自体はLR4ベジットとほとんど同じで強力。 ゴジータになると 全属性に抜群が取れる。 フュージョンパーティーは使いにくい部分が多く主にサブとして活躍する。 ガチャ産LRランキング 伝説降臨ガチャや昇竜祭ガチャ、属性限定ガチャなどで排出されるLRキャラクターをまとめています。 パーティーメンバーや相手ののカテゴリによって超強力なステUPが可能。 確定追撃と必殺技のDEF無限上昇で安定感も抜群。 伝説降臨には珍しく汎用性が高くどこでも使いやすい。 人造人間カテゴリに必要だった 高倍率なATKサポートが可能で交代後は単体でも超高性能なキャラに変化する。 回復と必殺技にDEF大幅上昇まで持っており隙がない。 火力もさることながら、必殺技効果でATK低下&必殺技封じというデバフまで持つ万能キャラ。 ATK低下状態の敵に対して超火力を出すことができる。 ATK低下が有効なステージに限ればトップクラスの性能。 必殺技の1ターンDEF大幅上昇でこのタイプには珍しい安定感がある優秀なキャラ。 相手の数や超系であることなど条件も緩く使いやすくなっています。 気力も潤沢で超必殺技を安定して撃つことが可能。 敵が2体以上であることが必殺技追撃の条件になるのでスーパーバトルロードでの運用がおすすめ。 攻撃回数の多いステージではすぐにATKを最大まで高めることができる。 ポタラや神次元カテゴリなどに相性の良いキャラが所属している点も評価が高い。 劇場版BOSSや兄弟の絆カテゴリで特に活躍することができる。 強力なカテゴリキャラは少ないが、 優秀なドロップ産キャラのみでも簡単に編成できる点が特徴。 超激戦程度ならば十分な性能で初心者におすすめ。 最凶の一族パーティーでは回復が優秀なキャラがいるので見た目より使いやすい。 必殺技にはHP10%回復までついており、ステータスも優秀。 超必殺技で高確率気絶を狙えるので気絶が有効なステージで特に活躍できる。 敵のカテゴリによってパワーアップするので特定のステージで有用。 LRのステータスで大猿化できる点も非常に強力。 優秀なカテゴリに属せば大きく評価が上がるでしょう。 敵が単体なら気力が上がって超必殺技が撃ちやすくなり、複数体ならDEFが上がり耐久力が増すなど、ステージによって運用が変わる。 超必殺技を撃つことで高い火力を出すキャラに変わるので、パーティーでどれだけ気力をサポートできるかで運用が変わる。 天下一武道会で特に活躍するので持っておきたい1体。 気力に難ありなので上手くサポートしよう。 防御面は他でカバーする必要があるがその分火力が高く優秀。 DEFが必殺技でしか上がらないので、冷静な判斷を持ったキャラや単純にDEFをサポートできるキャラと共に編成するのがおすすめ。 超必殺技を撃たないとDEFが上がらないので、出来るだけ気力とDEFのサポートを容易したい。 超必殺技が全体攻撃であり、全体攻撃としては他と比べて火力が高い。 気力が上がるスキルは持っていないのでサポートは必須。 フェス限キャラ カテゴリリーダーキャラ 対象カテゴリキャラの倍率を掛けてくれるカテゴリリーダーフェス限定キャラです。 縛りがあるだけに倍率が高いのが特徴で、中には条件によって変身するキャラクターも存在します。 緩い条件で変身可能で、変身後のDEF無限上昇と アクティブスキルの激怒で長期戦も強力。 DEF無限上昇に加えて 4段階変身で長期戦も強力。 変身条件が緩く、変身後の ATK,DEF無限上昇効果を持った必殺技で長期戦に強い。 全体必殺技と変身後の 確定追撃&高確率で必殺技発動が優秀。 回復、ATK低下、巨大化とダメージを抑えるスキルが揃っていながら、火力も十二分に出すことができる万能キャラ。 属性リーダーキャラランキング 全ステに120%の倍率を掛けてくれるリーダースキルを持つフェス限定キャラクター達です。 毎ターンの高倍率HP回復と ATK,DEF無限上昇を持った必殺技が特徴。 4段階変身で長期戦に強い。 フリーザと同じく4段階変身で ダメージ軽減率が上がっていくため、壁役としても優秀。 超高確率の2回追撃に加えて中確率で必殺技が発動する。 必殺技効果にはATK,DEF無限上昇がついており長期戦で優秀。 シンプルに高いステータスと 中確率の必殺技無効&反撃が特徴。 極限Z覚醒ランキング 極限Z覚醒することで新たなパッシブスキルと高いステータス値を得たキャラクター達です。 極限Z覚醒したことで大きく強化されるため、最強キャラクターの一角になりつつあります。 極限ステの高さから長期戦では最強。 ATK,DEF無限上昇や全体攻撃、全体ATK低下などあらゆるステージに適応可能なスキルを持つ。 ピンチの時には 必殺技見極めが発動し、運で負ける可能性が減った点が高評価。 回避に成功することで大ダメージを狙うことも可能。 高確率気絶も保有しており、気絶が有効なステージでは最強。 気玉を多く回す必要があるので注意。 無敵状態でダメージとターン数を稼げる。 必殺技のATK低下による味方へのサポートも優秀。 必殺技のDEF30%上昇と合わせて自身の耐久力も十分。 必殺技でもATKとDEF大幅上昇が可能なので安定感も高い。 イベント産キャラランキング イベントでGET出来るキャラクター達です。 イベント複数体入手できるため、潜在ルートを最大解放可能になっています。 HPが下がる程気力が上がり超必殺技が撃ちやすくなる。 必殺技を撃つ度に気力が上がっていき、超必殺技ではATK低下を付与できる。 必殺技も発動するので運次第では大ダメージを狙える。 敵が1体のときにも発動しやすい超必殺技で徐々に強くなっていく性能が強力です。 LRキャラのためステータスが高くサポートキャラ特有の脆さがない。

次の

【ドッカンバトル】気玉取得でATKアップ

気玉リーダー

常設イベント『DOKKANと叩け! パンチマシン!』ですが、こちらはパンチングマシーン相手に『最大のダメージを与える』というイベントで、ある種ドッカンバトルの本質を突いているイベントであるとも言えます。 ただ、こちらのイベントは消費actは0ですが、『1日2回まで』という縛り付きです。 ここでは、同イベントでいかに大きなダメージを稼ぐかについての方針・その他情報等を示しておきます。 ・アイテム使用が可能な『ステージ4・5・6』が追加 アイテム使用が不可だった『ステージ1・2・3』に、新たにアイテム使用が可能な『ステージ4・5・6』が追加されました。 この新ステージでは『9999万ダメージ』は十分に狙えるようになったでしょう。 特に、気玉取得毎に火力が増すアイテム 『チライ』 『レモ』 『ロシアンたこ焼き』 『ダーブラクッキー』 が使えるようになったのは非常に大きいです。 知属性だけ専用アイテム無しで不利ですが… ここを駆使すれば9999万ダメージは十分届くようになりました。 私も挑戦して、また色々と追記します。 ・ステージ4・5・6達成可能なキャラクター例 こちらはアイテムで大きく火力を上乗せ出来るので、達成可能なキャラクター数、解放条件も大幅に緩和されています。 例えば、『被り無し解放』のであっても、『ロシアンたこ焼き』『アナウンサー』を使ってやれば達成可能です。 例えば上の編成で、1ターン目にグルドでATK低下を入れ、2ターン目にブウ・ターレスと一緒に登場して23個の技気玉を取れれば、ATK値は『6770万』、会心が出るまでもなく確実に9999万ダメージを出せてしまいます。 ATKにも余裕があるので、実質23個も必要無いレベルです。 このように『被り無し解放』『1凸』程度でもカンストを狙えるようになりました。 その他、も2凸以上になれば『会心』抜きですらギリギリ狙えますし、突破出来る人はぼつぼつ出て来るでしょう。 私も毎日挑戦しつつ、また汎用性の高そうな『達成可能な条件・キャラクター』も時間があればまとめて行こうかなと思います。 ・フレンドにスペシャル枠が追加 このイベント、フレンドキャラが見つからないのが最大のネックでしたが、2019年2月15日から『スペシャル枠』が追加され、いつでも気玉リーダーのキャラをフレンドに選べるようになりました。 ようやくいつでも挑戦出来ます。 対象はです。 アイテムも旧ステージは使用不可なので、かなり手持ちのキャラクターを選んでくるイベントという感じですね。 ・『気玉リーダー』が有効 一撃の重さを競うイベントですから、当然リーダースキルのATK倍率は高ければ高い程良いです。 以下は各属性の『気玉リーダーキャラ』のリストです。 属性 覚醒前 覚醒後 キャラクター 技 体 知 力 速 『5属性全部の敵』が登場しますから、基本的には、自分が気玉リーダーを持っているキャラで挑んで行くのが一番ダメージを稼ぎやすくはあります。 ・『気玉変換』要員は必須 先にも述べた通り、最大限にダメージを稼ぐなら間違いなく『気玉リーダー』を採用すべきですが、その場合は『気玉取得』をしっかりと行わなくてはなりません。 ・アタッカーは1体 or 2体で十分。 キャラ枠は『サポート』『気玉変換』『リンク要員』に割く 『1度の攻撃で与えたダメージ』がカウントされるので、アタッカーキャラを複数入れる意味はありません。 基本は本命アタッカー1体で十分です。 ただ、このイベントは制限時間が『2ターン』なので、運悪くアタッカーが『7枠目』に配置されると何も出来ずに終了します。 その最悪の事態をどうしても避けたいならアタッカーは2体入れても良いですが、並びが悪けりゃ大人しくリタイアした方が良いかなとも思いますし…。 どちらにしても、アタッカーは最大でも2体、後は気玉変換キャラ、アタッカーの火力を高めるためのリンク要員とサポートキャラをぶち込めば十分です。 ・アタッカーはLR・フェス限が望ましい 言うまでもないことですが、アタッカーとしては『LR』『フェス限』などの規格外の力を持ったキャラ達が望ましいです。 基本、通常ガシャ産キャラとはどうしても差が付いてしまいがちですから。 このイベントのためだけに潜在能力解放すべきではないでしょう。 また、LRやフェス限の中でも、のような気玉パッシブ持ち、のように超火力かつサポートが掛け算で乗りやすいキャラは更に適性があると言えます。 例えば『本命アタッカーが7枠目』に来ればその時点で終了ですし、『1ターン目にアタッカーが来て2ターン目に変換キャラが全員詰まる』なんてパターンも実質詰み、その他リンク要員がアタッカーと一緒に出なくてもダメ、この辺はプレイヤースキルではどうしようもありません。 こればかりはどうしようもないので、ダメならダメで切り替えていきましょう。 2回だけとはいえ、毎日act 0で挑戦出来ますからその内噛み合うこともあるでしょう。 ・ステージ1・2・3の『7777万ダメージ』ミッションは現状無理? ステージ1・2・3のミッションの最高ラインは『7777万ダメージ』で、現状では理論上これを達成出来るキャラクターは2体存在しますが、『実質達成不可能』に近いです。 パンチングマシンは『超』も『極』も付いていない『未Z覚醒』の敵なので、誰で挑んでも属性補正が大きくダメージはATK値の約2倍程入るので、この条件なら『7777万ダメージ』は達成可能でしょう。 もう1人、をとで挟んで気玉23個取得で『ATK3700万』まで行くので、これも会心が加わるとギリギリ届くでしょう。 実質的には、現状では不可能に近いでしょう。 このハードルは一先ず置いておいて、自分の出来る限界を攻めていく程度の意識で挑みたいです。 以上です。 旧ステージの方はまだ誰も全ミッションを達成出来ていないでしょうが、新ステージについては『アイテム解禁』の影響が極めて大きく、続々と9999万ダメージの達成者が出て来そうです。 旧ステージのハードルの高さに比べ、新ステージは達成可能なキャラクターのラインもガクっと下がり、挑戦し甲斐も出て来たでしょうか。 まあ結局は『運』なので、並び順に恵まれないといつまで経っても…という部分はありますが、フレンドも見つけやすくなりましたし、毎日しっかり挑戦して行きましょう。

次の