エクセル 一致。 エクセル【COUNTIF関数】で条件と一致するデータの数を求める方法!|エクセルドクター

FILTER関数で条件に一致する行を抽出する

エクセル 一致

COUNTIF検索条件が文字列 上の図で男性の数を数えてセルC4に表示してみましょう。 この場合、セルC8~C15の範囲の中から条件に一致する(男性)セルの数(人数)を数えるということになり、数式は下記のようになります。 このようにCOUNTIF関数の条件に直接「文字」で書けばすぐに条件に一致するセルの数を数えることができますが、条件が変わる場合が発生すると全てのセルを書き換えなくてなりませんので、おススメの方法ではありません。 特定のセルの値が条件の場合 COUNTIF検索条件がセルの値 同じく、男性の数を数えるのですが、今度は男性と直接数式に書き込まずにセルB4の値を指定してここに書き込まれた値(文字)を検索条件にします。 COUNTIF C8:C15, B4) セルの範囲がC8:C15で、 検索条件がB4の値 B4 という事で、B4の値が「男性」なので、男性の数を数えてセルC4に表示されます。 このようにCOUNTIF関数の条件に直接「文字」ではなく、セルの値にすることで検索条件が変わったとしても、数式を直接変更することが無いのでシートの保護をかけて入力したい部分だけ酒精可能にしておけば、誤って数式を消してしまったりすることを回避できるのでこの方法をおススメします。 この場合の検索条件は「400点より大きい」になります。 この場合の検索条件は「400点未満」(400より小さい)になります。 大きいを表す「>」が小さいを表す「<」に変わっただけなので簡単ですよね。 この場合の検索条件は「400点以上」になります。 より大きい「>」に「=」を加えるだけで以上になります。 この場合の検索条件は「400点以下」になります。 大きいを表す「>」が小さいを表す「<」に変わっただけなので簡単ですよね。 等しくないが条件の場合 今度は、合計点数が0点ではない人数(受験した人数)を数えられるようにしましょう。 この場合の検索条件は「0点ではない」になります。 そこで複数の条件に一致するセルの個数を数えるならば、COUNTIF関数を使います。 例えば、300点以上400点未満の人数を数えるとしましょう。 この場合の検索条件は「300点以上400点未満」になります。 これでCOUNT関数の基本形と条件に一致する場合も対応できるようになりましたね。 数値のセル・文字列のセル・空欄セルを数える、COUNT関数の基本形のおさらいはこちらをどうぞ.

次の

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技

エクセル 一致

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 Excelで作成した表には、縦方向(行)と横方向(列)にデータが並んでいますよね。 その表から「特定の値に対応するデータを取り出す」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「 VLOOKUP(ブイ・ルックアップ)関数」だと思います。 しかし、 特定の行と列がクロスする箇所、つまり「2つの値に対応するデータを取り出す」場合、VLOOKUP関数だけでは、ちょっとやりにくいのです。 表の形式によっては、VLOOKUP関数が使えないこともあります。 【エクセル時短】第42回では、このような「 クロス抽出」を関数の組み合わせで実現するテクニックを紹介します! クロス抽出でVLOOKUP関数をどう使う? ここでは例として、以下のような表を用意しました。 縦方向に「日付」、横方向に「地区」があり、それぞれを値として指定すると「担当者」が取り出される、という具合です。 セルH2に「1月29日」、セルH3に「名古屋」という2つの値を指定すると、セルH5に担当者として「加藤」が抽出されるようにします。 ここで、VLOOKUP関数の構文をあらためて見てみます。 VLOOKUP( 検索値, 範囲, 列番号, 検索の型) 引数[ 検索値]には「H2」、引数[ 範囲]には「A2:E13」と指定するとして...... 引数[ 列番号]はどうしましょうか? 「名古屋」は3列目なので「3」と指定すれば担当者を求められますが、いちいち何列目かを数えて関数式を修正するのはスマートではありません。 この問題は、もう1つの関数「 MATCH(マッチ)関数」が解決してくれます! MATCH関数でデータの位置を数値化 MATCH関数は、「指定した条件に一致するデータがセル範囲の何番目にあるか」を求める関数です。 構文は以下のとおり。 MATCH( 検索値, 検査範囲, 照合の種類) 引数[ 検査範囲]の先頭のセルの位置を1として数え、引数[ 検索値]が何番目にあるかを数えます。 完全一致のデータを検索する場合、引数[ 照合の種類]には「0」を指定します。 先ほどの表で「地区」が何番目にあるかを求めるには、以下のような関数式になります。 これをVLOOKUP関数と組み合わせる手順を見てみましょう。 ここではMATCH関数の結果をVLOOKUP関数の引数に利用したいので、引数[ 検査範囲]には「A2:E2」と指定しています。 2MATCH関数の結果を確認する MATCH関数の結果として、セルI3に「3」と表示されました。 「名古屋」の列番号が数値として取り出されたことにより、VLOOKUP関数の引数として使えます。 3VLOOKUP関数とMATCH関数を組み合わせる セルH5に、VLOOKUP関数とMATCH関数を組み合わせた以下のような関数式を入力します。 引数[ 列番号]をMATCH関数で指定するわけですね。 INDEX関数+MATCH関数も定番の組み合わせ ここまではVLOOKUP関数を使いましたが、クロス抽出を実現する関数の組み合わせとしては、 INDEX(インデックス)関数とMATCH関数もあります。 INDEX関数の構文は以下のとおり。 INDEX( 参照, 行番号, 列番号, 領域番号) INDEX関数は「配列形式」と「セル参照形式」の2つの使い方ができる関数で、上記はセル参照形式での構文です。 引数[ 範囲]のうち、指定した引数[ 行番号]と引数[ 列番号]が交わる箇所のデータを取り出します。 まさにクロス抽出のための関数ですね。 参照するセル範囲が1つの場合、引数[ 領域番号]は省略しても結果は変わりません。 まずはINDEX関数の働きを見てみましょう。 表の「第5回」に相当する5行目、「広島」に相当する3列目のデータを取り出す、という使い方です。 ただ、引数[ 行番号]に「5」、引数[ 列番号]に「3」などと、いちいち数値に変換して指定するのでは実践的ではありませんよね。 そこで、MATCH関数の出番です。 INDEX関数とMATCH関数を以下のように組み合わせれば、1つの関数式でクロス抽出が可能になります。 INDEX関数の引数[ 行番号]と引数[ 列番号]をMATCH関数で指定するわけですね。 1つの関数式で、意図どおりのクロス抽出ができました! ちなみに、VLOOKUP関数+MATCH関数の例とは異なり、表の左端にある「日付」ではなく、右端に追加した「開催回数」を条件にしていることにお気づきでしょうか? VLOOKUP関数では引数[ 検索値]が表の左端にある必要がありますが、INDEX関数なら、そうした制約はありません。 INDEX関数+MATCH関数のほうが、より汎用的に使える組み合わせと覚えておいてください。

次の

条件に一致するセルの個数を数えるCOUNTIF関数・COUNTIFS関数

エクセル 一致

活用のポイント• FILTER関数は、Office 365でのみ利用できます。 関数は配列数式(スピル配列)として入力されるので、複数のセルに結果が表示されます。 一致する行がないときは、[一致しない場合の値]が返されます。 関連する関数• 著者プロフィール 京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業後、NECでユーザー教育や社内SE教育を担当したのち、ライターとして独立。 ソフトウェアの基本からプログラミング、認知科学、統計学まで幅広く執筆。 読者の側に立った分かりやすい表現を心がけている。 2006年に東京大学大学院学際情報学府博士課程を単位取得後退学。 現在、有限会社ローグ・インターナショナル代表取締役、日本大学、青山学院大学、お茶の水女子大学講師。 芝浦工業大学工学部電子工学科卒業後、特許事務所勤務を経て株式会社アスキーに入社。 パソコン関連記事の執筆・編集に従事したのち、フリーランスの翻訳編集者として独立。 コンピューターとネットワーク分野を対象に、書籍や雑誌の執筆・翻訳・編集を手がけている。 どんな難解な技術も中学3年生が理解できる言葉で表現することが目標。 2000年〜2003年、国土交通省航空保安大学校講師。 2004年~現在、お茶の水女子大学講師。

次の