か りゅう の ごう よく そう。 「そうりゅう型」潜水艦の潜航深度と性能【2020年3月 11番艦 おうりゅう 引き渡し】

【2022年3月】次世代「そうりゅう型」潜水艦を尖閣に投入、南シナ海で中国軍と全面対決へ

か りゅう の ごう よく そう

体を冷やすということは、免疫力を弱めるということです。 体温が下がるとインフルエンザウイルスを取り込みやすくなります。 万病のもとともいわれるのが冷え性です。 冷え性は肩こり、頭痛、腹痛、めまいなどさまざまな不快症状を引き起こします。 特に夏場は冷房や冷たいものを摂り過ぎる傾向があるので注意したいものです。 原因には、体質、自律神経の働きの乱れ、女性ホルモンの変動、生活習慣など多くの要因が考えられます。 至陰(しいん)は腎臓の働きを活発にする冷え性の特効ツボです。 体を冷やさないよう保温をこころがけるとともに至陰(しいん)のツボを押して、腎エネルギーアップ、免疫力アップしましょう。 食べ過ぎや運動不足、精神的ストレスなどでなかなか適正な体重を維持するのが難しいという方に、ツボを押して基礎代謝をアップし、やせやすい体質づくりをしましょう。 そのためには言うまでもありませんが、日頃から適度な運動を取り入れる習慣づくりも重要なポイントです。 ツボのある耳珠の部分を親指とひとさし指ではさみ、息を吐きながら強めに押します。 息を吸いながら指を放します。 これを3~5分間ほど続けましょう。 肘をまっすぐ伸ばし、手のひらを上へ向けます。 反対側のひとさし指と中指2本で刺激する親指の根元から外側にそらします。 その合谷の方向へひねりながらそらすのがコツです。 もう一方の足は伸ばし刺激する足を組みます。 足ふとももに中指が当たった中央が風市のツボです。 そのシワの中央が委中のツボです。 不眠が高じると抑鬱状態に陥ったり、自分ではコントロールできない不快症状のため生活に支障をきたすこともあります。 ここちよい眠りを得るためには、寝る前に足を温めることも有効です。 左右両方の足のツボを刺激しましょう。 同じ足のうらにある湧泉も刺激するとさらに効果的です。 曲げた指の関節で左図の濃い色のゾーンを強く押すと、腸のぜん動運動がはじまり便秘の解消に有効です。 手のひらの横ジワを小指側の沿ってなぞると、かたい突起(骨の出っ張り)に当たります。 その手前のくぼんだところが左神門です。 左の手首の小指側にある左手だけを刺激しましょう。 息を吐きながら5回、息を吸うときは休んで、さらに5回と計5回ほど繰り返してください。 さらに、強く刺激を加える場合は、お灸や、お線香を使用します。 お線香の場合はツボにお線香の火をを近づけ、熱さを感じたら離す温熱刺激を5~7回ほど繰り返してください。 「サイキン、腸内細菌の調子はいかがですか?」 頭痛が起きそう、と感じたときに効果的 左右どちらかのこめかみの周辺がズキンズキンと脈打つように痛む偏頭痛。 欠陥性頭痛ともいわれ、女性に多く見られます。 ストレスや疲労のほか、月経周期に影響すると考えられています。 風池は「悪い気が(邪気)が池のようにたまるところ」という意味です。 頭痛が起きやすいひとは、このツボを押す習慣をつけると予防できます。 偏頭痛のある人は、風池のツボのまわりの筋肉が硬くなっていてしこりがあります。 偏頭痛のある側のツボ周辺は硬いしこりになっています。 ほおづえをつくようにツボと同じ側のひじをテーブルにつき、親指の腹で頭の重みを指にかける要領で指圧しましょう。 このとき指は皮膚から離しません。 「いち、にぃ」と数える間、浅く圧をかけます。 一定の強度に達したら1、2、3、4、5と数える間、圧をかけ続け「いち、にぃ」と数えながらすっと指を皮膚から放して圧を抜きます。 このとき指は皮膚から離しません。 「新編 よくわかるツボ健康百科」 ツボがちゃんと押せる本。 骨を目安に正しいツボの位置を解説。 癒しのテクニック[単行本] 遠赤肩サポーター(五十肩に) サーマラップスカート (腰を温める) 天然石ローズクオーツ 指圧・ツボマッサージ棒.

次の

東洋医学のマメ知識 <は行>図解でツボがよくわかる

か りゅう の ごう よく そう

tags: , , , , , , 三菱重工神戸造船所にて海上自衛隊の新潜水艦が進水、艦名は「おうりゅう」と命名されました。 そうりゅう型潜水艦として11隻目にあたり、リチウムイオン電池の搭載は少なくとも軍用潜水艦としては世界初といいます。 そうりゅう型潜水艦11番艦は「おうりゅう」と命名 新型潜水艦「おうりゅう」の命名/進水式(1分14秒)。 防衛省は2018年10月4日(木)、三菱重工神戸造船所(神戸市兵庫区)にて、新規建造された潜水艦の命名式および進水式を実施しました。 「おうりゅう」と命名されたこの潜水艦は、そうりゅう型潜水艦11番艦にあたります。 そうりゅう型11番艦「おうりゅう」。 漢字では「凰龍」と書く(2018年10月4日、乗りものニュース編集部撮影)。 起工は2015年11月16日で、同年度予算で建造されたものです。 防衛省『我が国の防衛と予算 平成27年度予算の概要』によると、これまでそうりゅう型で採用されていた鉛電池に代わり、新たにリチウムイオン電池を搭載することで、水中持続力などを向上しているといいます。 発火や爆発のリスクに関しては以前より安全性を確認されていた潜水艦用リチウムイオン電池でしたが、予算などの問題から長らく搭載を見送られており、海上自衛隊の潜水艦としてはもちろん、少なくとも軍事用の潜水艦としては「おうりゅう」が世界初の採用です。 一方で、これまでのそうりゅう型に搭載されていたスターリング機関(潜航中も発電機を動かせる非大気依存機関)は搭載されていません。 つまり、リチウムイオン電池だけで鉛電池+スターリング機関を代替することを意味します。 詳細は明らかにされていませんが、水中最大速力は約20ノットと、従来のそうりゅう型と遜色ない数字が公表されています。 なお、ディーゼルエンジンにリチウムイオン電池を組み合わせた「おうりゅう」は建造費643億円、ひとつ前の姉妹艦であるそうりゅう型10番艦「しょうりゅう」は、ディーゼルエンジン、スターリング機関、鉛電池の組み合わせで建造費513億円(防衛省『我が国の防衛と予算 平成26年度予算の概要』による)です。 「おうりゅう」は全長84. 0m、幅9. 1m、深さ10. 3m、基準排水量2950t、水中最大速力約20ノット、乗員数は65名。 今後艤装や各種試験を実施したのち、2020年3月に引き渡しの予定です。 ちなみに三菱重工神戸造船所において戦後に建造された潜水艦としては28隻目にあたります。 同社は1918(大正7)年以来、今年で潜水艦建造100周年を迎えたとのことです。 【了】.

次の

日本が次世代潜水艦の開発に着手

か りゅう の ごう よく そう

4日、環球時報は、日本の海上自衛隊の新しいそうりゅう型潜水艦が進水し、「おうりゅう」と命名されたことを報じた。 資料写真。 2018年10月4日、は、日本の海上自衛隊の新しいそうりゅう型潜水艦が進水し、「おうりゅう」と命名されたことを報じた。 記事は、日本メディアの報道として「海上自衛隊の最新のそうりゅう型潜水艦の進水式が4日、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所で行われ、豊富な知識を持つ縁起の良い龍という意味を持つ『おうりゅう』と命名された」と伝えた。 また、同潜水艦は2020年に防衛省に引き渡される予定で、現在のところ同潜水艦が配備される場所は決まっていないものの、日本の海上防御の第一線に運用されることになるとした。 さらに、同潜水艦の建造費が660億円とするとともに、スペックについて「全長84メートル、水中時速約20海里。 水中の持久力と速度を強化するために、エンジンに電気自動車にも用いられるリチウム電池を初めて装備しており、世界初のリチウム電池とディーゼルエンジンを組み合わせた潜水艦となった。 また、ステルス性能も備えている」などと紹介した。 日本で新たな潜水艦が進水したことについて、中国のネットユーザーは「日本海軍には敬服せざるを得ない」「日本の自衛隊とわが中国海軍では差があり過ぎる。 われわれの敵ではない」「自動車と一緒で、日本や欧米では艦艇のハイブリッド化が進んでいるんだな」「準、潜水艦、第5世代戦闘機がそれっている。 これが敗戦国なのか?」「が落としたお金で造られたんだ」といったコメントを寄せている。 また「おうりゅう」(凰龍)というネーミングに対して「いったい鳳凰なのか龍なのか」というツッコミも見られた。

次の