雑誌 休刊。 現存する日本最古のカメラ雑誌「アサヒカメラ」が休刊に

「休刊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

雑誌 休刊

新型コロナウイルス感染拡大による生活様式の変化に対応するため。 今後の情報はWebサイトから発信する。 「紙媒体としての役割を終え、新たにWebメディアとして展開することになった」という。 ニーズに適した情報発信が難しくなったためという。 今後はWebメディアとして運営していく。 192)が最後に。 本来の定価は880円(税込)だが、メルカリでは2500〜7000円、Amazonでは5900〜9800円で売られている。 LGBTに関する寄稿文や特集の内容について、批判の声が上がっていた。 「編集体制を整備しないまま刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて決断した」という。 「一度立ち止まって新たな道を考えるべき時を迎えた」という。 ネット上では、残念がる声や寂しがる声が多く挙がっている。 休刊理由は「諸般の都合」という。 ネット上では感謝の声が集まっている。 毎週金曜日に漫画配信サイト「pixivコミック」上で無料配信する。 往年の人気作「SDガンダム」シリーズなどを再掲載するほか、現在Web媒体などで連載中の新作も収録する。 気になるのは最後の砦ともいえる『会社四季報』だ。 ネットを使えば会社の決算情報は簡単に見ることができるのに、なぜ『四季報』は売れ続けているのか。

次の

雑誌『電撃文庫MAGAZINE』の休刊のお知らせ

雑誌 休刊

前身の「中南米音楽」から、皆様に並々ならぬご支援を頂戴してまいりました「世界の音楽情報誌 月刊ラティーナ」ですが、創刊から満68年を数えることになる4月20日発売の2020年5月号(通巻795号)をもって休刊することとなりました。 1952年に創刊し、世界の音楽情報誌として発行してまいりましたが、デジタルメディアの普及に伴い、68年の実績をもって一定の役割を終え、休刊させていただくことが決まりました。 雑誌の休刊後のメディアとしての形態はまだ検討しているところですが、形を変えて今後も様々な音楽情報をご提供していく所存です。 まだ不確定なことが多く、具体的なことが決まりましたらお伝え致します。 「世界の音楽情報誌 月刊ラティーナ」を長きにわたりご協力、ご支援下さいました読者・執筆者・関係者の皆様に、心より厚く御礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 紙媒体としては残り2号で休刊となりますが、弊社の活動は続きます。 ぜひ、応援よろしくお願いします! 月刊ラティーナ編集部 2020年2月18日 この投稿は 2020年2月18日 火曜日 6:17 PM に カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは フィードで購読することができます。 現在コメント、トラックバックともに受け付けておりません。

次の

現存する日本最古のカメラ雑誌「アサヒカメラ」が休刊に

雑誌 休刊

悲しみの声続出 ツイッターではZipperの突然の休刊発表に 悲しみの声が多く挙がっています。 お疲れさまでした😢 — honeynatsu honeynatsu zipperを通して知り合った子、私のことを知ってくれた人、たくさんの出会いがこの雑誌のおかげでありました。 アイドルが好きということを肯定して押し出してうれたのもzipperだった。 スポンサーリンク 感謝の声も続々 突然の休刊に悲しみの声が非常に多いですが 雑誌の編集部に対して感謝の声も多く挙がっています。 その内容がこちらです。 メイク=職場や異性などの他人のためにするもの、という私の認識を根底から覆してくれた雑誌です。 あれだけ興味の無かったメイクを今では毎日楽しんでいます。 ありがとうございました。 — kleine ネイルチップ販売 kleine0217 中1の春に美容院で手に取ったzipperに、矢沢あいさんのパラダイス・キス第1話が掲載されていて、ご近所の続編が始まったことがとてもうれしかったのを憶えています。 寂しすぎますが、ありがとうございました。 — 中崎 亜衣 Ai Nakazaki pinkmooncandy 大好きでした。 高校の頃から ずっと買って読んでました。 こんな僕が2年も連載を させていただいたのも 本当に夢のようでした。 24年間、お疲れ様でした。 そしてありがとうございました。 — こんどうようぢ yohdiworld 私も学生の頃はZipperっ子だった。 読モがみんなおしゃれで、ファッションの参考にしてた。 今までありがとう。 そしてお疲れ様でした。 ですが10代女性向けのファッション雑誌 のランキングを見てみると• Seventeen(セブンティーン)• non-no(ノンノ)• Popteen(ポップティーン) とこの3つの雑誌が群を抜いて人気なのです。 テレビ番組に出演する人気モデルもこの3雑誌の 専属モデルが非常に多く、Zipperは2010年以降から 大きく売上が減少していたようです。 となればやはり休刊理由としては 「人気の低下による編集会社の運営が難しくなった」 と考えるのが自然かもしれません。 もちろんZipperの紹介する個性的なファッションが好き という女子も多くいるでしょう。 ですが少子化で若い男女の絶対人数が減少し 個性的なファッション雑誌の需要が低下しているのは 仕方のないことなのかもしれませんね。 寂しいですがこれまでZipperにお世話になった大勢の方 こんな雑誌があったんだよと後に語れる雑誌だったことは間違いありません。 ですので、今後Zipperが復活する可能性は この文章から察するに非常に低いのではないでしょうか。 排出したモデル Zipper出身のモデルの中でも有名な方をまとめてみました。 それだけ人を見極めるのが上手い雑誌だったとも言えるのではないでしょうか。 さて、2017年内での休刊が決定したZipperですが 休刊の発表に残念だという声も多く挙がっています。 ですが青春時代にこの雑誌から学んだこと この雑誌のモデルさんに憧れた気持ちは 永遠に心の中でいき続けていくことでしょう。 Zipperの編集部のみなさま いままでありがとうございました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の