ポプ 戦。 ポプ戦!Popteenカバーガール戦争歴代出演モデルまとめ|第1次&第2次&第3次出演者SNS&プロフィール情報一覧|主題歌情報も|ポップティーン

Popteenカバーガール戦争

ポプ 戦

個別動画バトルについては詳細ポイントで項目なくなっています。 順位もよく分からないままですね。 専属モデル・編集部による投票でのポイント数が220ptと、ほとんどがタルちゃんに入れています。 popteenの中の人にこれだけの高評価なのは、容姿やダンスの技術の高さだけでなく、タルちゃんの礼儀正しさや性格の良さも反映しているでしょう。 韓国からの刺客として突如現れ、プレッシャーをはねのけ、しっかり結果を残したのはホントに立派でした!! 日本でとまどうシユンのフォローも、本当に心温まりましたね。 Popteenの専属に収まるなんてもったいない!とさえ言われるくらいの逸材で、MYSTICSTORY研修生としてデビューの噂もあります。 第3次では、こんなれあぱぴ、今まで見たことない! というような笑顔が数多くみられ、ファンへの公平なSNSとのやり取りもとても印象がよくなりましたよね! TikTokとLINELIVEで2位をとれたのは、大きいですね! 課金を要求したというアンチが出回りましたが、どの世界でも推しへの想いが課金に表れることはありますし、それを受け取った配信者は強く感謝するのも当然のこと。 不特定多数の視聴者がいる中で、その様子を強要してると受け取り不快に感じた人もいたのは確かでしょう。 第2次にはなかったバトルでしたが、視聴者が未成年など若い世代が多いのに課金というシステムがある中でバトルをさせた編集部にも問題があります。 今後、課金があるバトルには注意が必要ですね。 専属モデル・編集部による投票は1位のタルちゃんが220ptという高さなのに対し、れあぱぴは20ptと、第2次までの先入観が強かったのかと思われますが、そこはpopteenファンであるポプ民が、多方面で成長したれあぱぴを評価された結果といえるでしょう。 モデルとして必要なポージングなど、課題はたくさんありますが、成長してどんどん綺麗になるれあぱぴの新しいギャルの世界を見せてほしいですね! 第3次popteenカバーガール戦争 本当に皆様ありがとうございました! ポプ戦と言う貴重な体験をさせて 頂いた事を1秒1秒忘れず 心に刻んで生きていきます。 あと一歩及ばず残念でした。 今回第3次は項目が多かったので、0ポイントという残念なメンバーはいませんでしたね。 その代わり、脱落者は4名。 しかも、脱落は 「完全脱落」で、第2次のきょうきょうやひまりんがポプ戦の番組に途中から出れないだけで、専属の対象にはなれたのと違って、本当の意味の「脱落」。 つまり、もう終わりってことだったんですよね。 脱落したみかん、るねちょ、じゅらむ、あやもちの推しはたまりませんでしたよね。 これは、 第2次できょうきょうが脱落したにも関わらず、専属を勝ち取ったことに影響されているのでしょうか。 脱落発表の放送でMCがきょうきょうだったのも、複雑でしたね。 脱落して、切り替えて頑張っていると評価が高いのがるねちょ。 SHOWROOMオーディションで見事、審査員特別賞を取り、Popteen芸能部に所属できました。 その後も、popteenTVで活躍の様子が見られます。 SNS問題はありましたが、今日好きに出演してファンの幅を広げたのも大きかったでしょう。 あやもち、じゅらむは、今後何らかのアクションがないと誌面の掲載はなくなりそうですね。 第4次はある? 今までのポプ戦では、最終回に次回の布石がありましたが、今回はありませんでした。 編集長の『追いかける機会を作る』というものが、第4次なのか別のものなのかは未だに不明です。 第4次については賛否両論。 同じやり方では視聴者はついてきませんし、AmebaTVの視聴率もとらないといけませんからね。 Popteenの特性としてモデルは高校生までしか誌面に登場できません。 そうなると、モデルが低年齢化してしまいファンも低年齢化してくる傾向になってしまいます。 そして、さんざん戦わせて選ばられなかった後、中途半端な立場になってしまうモデルとその推しが次々と増えるおそれもありますね。 個人で発信しやすいSHOWROOMやTikTok、LINEライブなどとのコラボは今後も続きそうですね。 現在、JCサバイバルが過熱中です! 中学生でオーディションをして、JKでは3年間十分活躍してもらうという想いですかね。 モデルにとっても、義務教育期間でモデル活動が難しい年齢でもあるので大変ですよね。 公式からは4次の正式な発表がありませんので、発表を待ちたいと思います。 第4次ポプ戦今のところないってことは まりくま、みちゅあたりは卒業? — 🖖🏻 popteenpopteen 第4次のポプ戦あって欲しいなぁ。 ただみたいだけ。 アメバもこれ以上popteenに微妙なモデルを増やさせないで。

次の

【第3次ポプ戦】専属モデル昇格メンバー2名がついに決定!|女子カルチャーブログ(仮)

ポプ 戦

Contents• 中間総選挙の最終結果が出る ・ 10人の少女たちの専属モデルを目指したバトル番組「Popteenカバーガール戦争」 ポプ戦 中間総選挙という、 いわゆる人気投票が行われ、6月14日に最終順位が出ました。 — こづ堂 リンク用アカウント kodu29798400 カッコ内は6月11日の速報からどのくらい票数が伸びたかを表す数字です。 ・ れあぱぴ、みかんが脱落 ・ 上のランキングを見ての通り、9 位 れあぱぴ 10位 みかんが脱落しました。 先週とは違う意味の涙で、、 投票お願いします。 レギュラーモデルという扱いなのかはわかっていないとみかんがインスタライブで言っていました。 ポップティーンでの肩書きが、不安定な状況ですが、2人には頑張っていただきたいですね。 ・ まりくまの急上昇 ・ 今回のランキングで一番注目を集めたのは11日から 3日間で27272票UP、9位から4位に上がったまりくまでしょう。 専属になるための基準の1つに リツイート戦争が大きく加わってくるんです…。 6倍 投票数がUPしたことになります。 やはり違和感がありますね。 最終順位に違和感はないです。 RT戦争での結果からして。 3日間で増えた投票数に違和感があります。 ・ 仮説 ・ まりくまの急上昇に、無限投票がささやかれていますが、 仮にそのようなことが行われていたとしても、現実的ではない数字。 私は11日の9位が間違いだったのではないかとにらんでいます。 — こづ堂 リンク用アカウント kodu29798400 11日時点で、実はまりくまが5位で23000票くらいあったとします。 となると、約13000票UPで、これでもかなり多いですが、だいぶ違和感はなくなります。 — こづ堂 リンク用アカウント kodu29798400 — こづ堂 リンク用アカウント kodu29798400 あと、こういうランキングのバグはよくありますし、RT戦争でも みかんにバグが起きて最下位になった例もあります。 まずは記載されている電話番号に電話。 こちらは企業様がご利用いただいている番号でして、問い合わせはメールで との旨を言われたました。 なので、お問い合わせの欄から、メールを送りました。 上記の仮説について書いて、番組側の今回のまりくまの急上昇についての見解を知りたいという内容です。 ・ AbemaTVから得られた回答 ・ 回答は以下の通りです。 AbemaTV 運営事務局です。 この度はご意見をお寄せいただきまして、ありがとうございます。 まことに恐れ入りますが、 AbemaTV 公式サイトや AbemaTV 公式 Twitter でお知らせしている情報以外は、個別でのご案内を差し控えさせていただいております。 恐れ入りますが、何卒ご了承いただきますようお願いいたします。 なお、お客様よりいただきました内容は、担当者に申し伝えさせていただきます。 要は回答できないということですね。 続けて また、 AbemaTV ではご意見・ご要望フォームを設置しております。 AbemaTV で放送される番組のご意見やリクエスト、サービスについてのご意見、ご要望がございましたら、以下のフォームからお気軽に送信いただけますと幸いです。 ただ、 ご意見・ご要望フォームには返信しないとのことなので、これ以上、この件に関してできることはありません。

次の

ポプ戦【2次】班ネームや選んだ理由が複雑でヤバイ?!かぶったのは誰?

ポプ 戦

個別動画バトルについては詳細ポイントで項目なくなっています。 順位もよく分からないままですね。 専属モデル・編集部による投票でのポイント数が220ptと、ほとんどがタルちゃんに入れています。 popteenの中の人にこれだけの高評価なのは、容姿やダンスの技術の高さだけでなく、タルちゃんの礼儀正しさや性格の良さも反映しているでしょう。 韓国からの刺客として突如現れ、プレッシャーをはねのけ、しっかり結果を残したのはホントに立派でした!! 日本でとまどうシユンのフォローも、本当に心温まりましたね。 Popteenの専属に収まるなんてもったいない!とさえ言われるくらいの逸材で、MYSTICSTORY研修生としてデビューの噂もあります。 第3次では、こんなれあぱぴ、今まで見たことない! というような笑顔が数多くみられ、ファンへの公平なSNSとのやり取りもとても印象がよくなりましたよね! TikTokとLINELIVEで2位をとれたのは、大きいですね! 課金を要求したというアンチが出回りましたが、どの世界でも推しへの想いが課金に表れることはありますし、それを受け取った配信者は強く感謝するのも当然のこと。 不特定多数の視聴者がいる中で、その様子を強要してると受け取り不快に感じた人もいたのは確かでしょう。 第2次にはなかったバトルでしたが、視聴者が未成年など若い世代が多いのに課金というシステムがある中でバトルをさせた編集部にも問題があります。 今後、課金があるバトルには注意が必要ですね。 専属モデル・編集部による投票は1位のタルちゃんが220ptという高さなのに対し、れあぱぴは20ptと、第2次までの先入観が強かったのかと思われますが、そこはpopteenファンであるポプ民が、多方面で成長したれあぱぴを評価された結果といえるでしょう。 モデルとして必要なポージングなど、課題はたくさんありますが、成長してどんどん綺麗になるれあぱぴの新しいギャルの世界を見せてほしいですね! 第3次popteenカバーガール戦争 本当に皆様ありがとうございました! ポプ戦と言う貴重な体験をさせて 頂いた事を1秒1秒忘れず 心に刻んで生きていきます。 あと一歩及ばず残念でした。 今回第3次は項目が多かったので、0ポイントという残念なメンバーはいませんでしたね。 その代わり、脱落者は4名。 しかも、脱落は 「完全脱落」で、第2次のきょうきょうやひまりんがポプ戦の番組に途中から出れないだけで、専属の対象にはなれたのと違って、本当の意味の「脱落」。 つまり、もう終わりってことだったんですよね。 脱落したみかん、るねちょ、じゅらむ、あやもちの推しはたまりませんでしたよね。 これは、 第2次できょうきょうが脱落したにも関わらず、専属を勝ち取ったことに影響されているのでしょうか。 脱落発表の放送でMCがきょうきょうだったのも、複雑でしたね。 脱落して、切り替えて頑張っていると評価が高いのがるねちょ。 SHOWROOMオーディションで見事、審査員特別賞を取り、Popteen芸能部に所属できました。 その後も、popteenTVで活躍の様子が見られます。 SNS問題はありましたが、今日好きに出演してファンの幅を広げたのも大きかったでしょう。 あやもち、じゅらむは、今後何らかのアクションがないと誌面の掲載はなくなりそうですね。 第4次はある? 今までのポプ戦では、最終回に次回の布石がありましたが、今回はありませんでした。 編集長の『追いかける機会を作る』というものが、第4次なのか別のものなのかは未だに不明です。 第4次については賛否両論。 同じやり方では視聴者はついてきませんし、AmebaTVの視聴率もとらないといけませんからね。 Popteenの特性としてモデルは高校生までしか誌面に登場できません。 そうなると、モデルが低年齢化してしまいファンも低年齢化してくる傾向になってしまいます。 そして、さんざん戦わせて選ばられなかった後、中途半端な立場になってしまうモデルとその推しが次々と増えるおそれもありますね。 個人で発信しやすいSHOWROOMやTikTok、LINEライブなどとのコラボは今後も続きそうですね。 現在、JCサバイバルが過熱中です! 中学生でオーディションをして、JKでは3年間十分活躍してもらうという想いですかね。 モデルにとっても、義務教育期間でモデル活動が難しい年齢でもあるので大変ですよね。 公式からは4次の正式な発表がありませんので、発表を待ちたいと思います。 第4次ポプ戦今のところないってことは まりくま、みちゅあたりは卒業? — 🖖🏻 popteenpopteen 第4次のポプ戦あって欲しいなぁ。 ただみたいだけ。 アメバもこれ以上popteenに微妙なモデルを増やさせないで。

次の