デマ 拡散 犯人。 東名あおり死亡事故のデマ拡散はなぜ不起訴になった

富田優史が紙製品デマを流した犯人か?職場や顔画像も特定される!|ネタブログ

デマ 拡散 犯人

朝起きてスマートフォンをのぞいたら、自分が見ず知らずの事件の犯人にされていた-。 ネット上で拡散するデマによる被害が深刻化している。 8月に茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件では、無関係の女性が実名や顔写真をさらされて犯人扱いされた。 誰でも世界中に情報を発信できる現代。 事実無根だったが、Aさんの代理人弁護士によると、Aさんの会社には、その日だけで約280件の嫌がらせ電話があったという。 前日、常磐道であおり運転をして停車させた車の男性を殴ってけがをさせたとして、会社経営の男が全国に指名手配された。 テレビで繰り返し流される暴行の様子の映像に、顔をモザイク処理された女が映っていた。 ネットではこの女が話題になった。 そして17日未明、「女を特定した」としてツイッター上などにAさんの実名や顔写真が投稿された。 書き込みはSNSなどで一気に広がり、中傷が相次いだ。 翌18日、Aさんは経営する会社のホームページに「事実無根のもので(略)強く困惑しています」とのコメントを掲載。 一部の投稿は削除されたが、犯人隠避容疑などで女が逮捕された今も、ネット上にはAさんの実名や顔写真が残っている。 2017年6月、神奈川県の東名高速道路で後続車の男に因縁を付けられたワゴン車の夫婦が大型トラックに追突され死亡した事故に絡み、全く関係のない北九州市の建設会社が、容疑者の「勤務先」としてネット上に拡散。 社長が「容疑者の父親」と誤認され、会社には嫌がらせの電話が殺到した。 被害に遭った石橋建設工業=同市八幡西区=社長の石橋秀文さん(47)は「身に覚えがない上、ネット上では相手の顔も名前も分からない。 『会社に行く』と脅され、子どもや妻にまで危害が及ぶのではと不安な気持ちでいっぱいだった」と振り返る。 常磐道の事故でのデマ拡散について、石橋さんは「自分の経験とよく似ている」と指摘。 「同じようなことがあったばかりなのに、インターネット利用者の進歩のなさに、怒りとあきれを感じる」とやりきれない胸の内を明かす。 「わずかなパーツを集めて、勝手に断定調になる。 『似ている』『近い』というだけで決め付け、事実無根の話がどんどん拡散していく」と石橋さんは憤る。 また、デマを否定した本人が「証拠を出せ」などと迫られる点も、自身のデマと酷似していると話す。 石橋さんの場合も「うそつき」「ニセモノ」などと繰り返し言われたりしたという。 石橋さんは「薄い根拠でたやすく信じて、それを否定する意見には聞く耳を持たないのも一つの特徴だ」と指摘する。

次の

東名あおり死亡事故のデマ拡散はなぜ不起訴になった

デマ 拡散 犯人

Twitter上で鳥取県米子市在住と思われる「ゆうじ」という人物がツイートしています。 このツイートが騒動の発端になったのではないか?と騒がれていますね。 ちなみにこのツイート主の「ゆうじ」という人物のアカウントは削除されています。 大きな事態になっていることを察知した本人がアカウントを削除したのだと思われます。 さらにこのツイートではインスタグラムも特定しているようです。 もう、インスタグラムのアカウントも削除されていることでしょう。 このように、このツイートが発端か分かりませんがSNSの拡散力、口コミという力はこんな騒動を引き起こすきっかけにすらなるということを再認識しました。 トイレットペーパーの高額転売は違法 このことをきっかけにトイレットペーパーをメルカリなどのフリマアプリで高額転売を行っている輩がいます。 まあ、そこまで転売を毛嫌いするわけではありませんが、こは犯罪行為なので許せませんね。 トイレットペーパーは「国民生活安定緊急措置法」という法律に基づいて高額転売は法令違反になります。 まだ、メルカリなどではトイレットペーパーの出品が続ていますね。 メルカリにも販売手数料が入りますから、法令違反を行っている者の処罰はあるべきかと思います。 これらトイレットペーパーを高額転売した者をアカウントをすべてアカウント停止するべきだと思いますけどね。 まとめ 今回のトイレットペーパーの騒動はたったひとりのツイートが巻き起こしたことで起きた可能性があります。 それがSNS・口コミで広まり、ここまで騒動となっているとなると、、、本当に洗脳されやすい状態に日本はあるなっと。 これまで、さまざまな人たちがSNSを使用して情報操作を行ってきたことから本当に昨今の情報を言うのは取捨選択が重要ですね! とくにマスメディアは最悪。 スポンサー様あってですから都合が悪いことは絶対に言わない放送しない。 もう、みんな気付いているからYoutube見るようになってますよね(笑)話がズレましたけど、トイレットペーパーは、すぐに補充されますので~!.

次の

トイレットペーパー不足デマの犯人は逮捕される可能性あり!その理由は?

デマ 拡散 犯人

デマの投稿者 謝罪 デマの投稿者の謝罪についてスポーツ報知が報じました。 米子医療生活協同組合は3日、同組合の職員が「トイレットペーパーが品薄になる」というデマの投稿者の1人だったとして公式サイトで謝罪した。 サイトでは理事長名義で「職員の不祥事のご報告とお詫び」を掲載。 「このたび、『新型ウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。 当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」としている。 先月27日頃からツイッターなどで「中国のトイレットペーパー工場が止まったらしい。 入手困難になる」などのデマが拡散。 トイレットペーパーやティッシュペーパーを買いだめする客が相次ぎ、安倍首相が同29日の会見で「トイレットペーパーはほぼ国内生産。 十分な供給量と在庫が確保されている」と冷静な対応を呼び掛ける事態に発展した。 現在もドラッグストア、スーパーマーケットなどで品薄状態が続いている。 引用元:スポーツ報知|2020年3月4日 【続報】 スポンサーリンク デマの投稿者は誰?米子医療生活協同組合の富田優史 ゆうじ と特定!? 「トイレットペーパーが品薄になる」というデマの投稿者が謝罪しましたが誰なのでしょうか!? 報道では米子医療生活協同組合まで所属している団体の名前が報道されました! そしてネット上では富田優史(とみたゆうじ)という米子医療生活協同組合の男性職員がデマの投稿者であると言われています! ツイッターやフェイスブックで2月27日投稿した内容も出てきました! 下記がトイレットペーパーのデマ投稿者:富田優史 ゆうじ のツイッターとフェイスブックとインスタです。 引用元:twitter. 引用元:twitter. 引用元:富田優史のWIKI スポンサーリンク 謝罪したデマの投稿者「富田優史」の顔画像 「トイレットペーパーやティッシュペーパーがが品薄になる」というデマの投稿者と言われている富田優史 とみたゆうじ さん顔画像がSNSで拡散されています。 引用元:twitter. そしてそれを転送した人。 善意のつもりでも安易なRTはダメなのを認識して欲しい。 そして、いまだにストアのトイレットペーパーとティッシュの棚は空っぽ。 昨日も朝から長蛇の列で開店前から待っている人が。 見た感じ8割方は高齢者。 テレビのニュースでも言ってるけど、聞いてないのか理解できてないのか、それでも買っとかないとと頑固に譲らないのか。 あれだけNHKが注意喚起してるのに。 必要な人が買えないように、なぜわざわざするのか。 あんな映像を流し、店員さんの「入荷は未定です」なんてコメントを加えたら、視聴者は不安になるでしょ! デマと報道するなら、在庫たっぷりの倉庫の映像を流し「今はデマによる急な需要で配送が追い付いていないだけで、配送が追い付けば店舗の在庫も確保されます」というコメントを流すべき。 マスコミは自分たちが不安を煽っている自覚が無いのかな…。 善意のデマとは思えない。 自分はいつでも手に入れやすいからネットオークション等で高値で売ろうとしていたなら、これを裁く法律はないのか? 日曜日から近くのスーパーでは朝から客がさっ到。 月曜日の夜、帰りにスーパーを覗いたが空っぽ。 火曜日の夜も同じ。 毎日入荷しているかもしれないが、誰かが悪意で買い占めるやつらもいるんですよ。 ドライバーをしてますがマスクが手に入らなくマスクなしで各地に行き日々感染の不安もありますが流通が止まればもっとパニックになると思います。 マスクはないけど頑張ります! 店頭の棚に並んでいないから視覚的に不安になると思いますが 在庫はあります。 トイレットペーパーやティッシュは 1日の販売量や出荷に、制限があります。 大きな商品なので お店の在庫に限界があるのです。 毎日 普通に販売できるほどの在庫は入ってます。 買いだめする必要はありません。 必要な人に行き渡るように 買いだめは控えてください。 一人一人は買い占めに加担しているつもりはないが、通常よりはるかに多数の人が同じ行動をとるので品薄、在庫切れになる。 (テレビでサバ缶が特集された翌日スーパーからサバ缶が消えるのと同じこと) また、実はほとんどの人が店頭にあれば買おうと思っている(ので買えなくて困ると言っている)ため、これらの人も世の中の供給不足に加担している予備軍。 ココがポイント。 店頭に有れば買おうと思っている人が一時的に増えることで店頭から在庫切れが起きる。 世の中の大半の人が自分は買い占めの被害者だと考えているが、本当は「店頭に並べば買おう」と考えている限り、それが品薄に拍車をかけて真に必要な人に行き渡らない加害者側になっていることを自覚すべき。 マスクを含めてコストのみで、海外へ移管し、日本のような災害が多い国では実は、作ってない、しかも皆が求めた際に間違いなく不足するようなものは、一定以上の割合で日本国内で製造するような保護をしないとダメだという教訓なのでは?そして、今後も発生しうる南海トラフ等の地震や災害に備えて、家庭に一定量は備蓄する位の用意を常日頃からしてあれば、デマに踊らされることはない。 年寄りがSNSに振り回されることは多分ないので、やはり空の状態を放送した方のマスコミの方が拡散の手伝いをしたのではないのですか?影響力が格段に違うでしょう。 スポンサーリンク デマの投稿者 謝罪のまとめ 「トイレットペーパーが品薄になる」などのデマの投稿者が謝罪しました。 デマを流したのは誰なのか調べてみるとSNS上では米子医療生活協同組合の富田優史 ゆうじ という名前が上がっていて2月27日にデマを投稿したツイッターもアップされていました! ちょうどその頃からトイレットペーパーやティッシュペーパーが品切れになり出したのでデマ投稿者の1人の可能性は高いでしょう。 このような日本中が混乱するようなウソやデマはやめてほしいですね。 この謝罪によってトイレットペーパーなどの店舗での売り切れが無くなる事を願っています。

次の