エニタイム フィットネス コロナ ウイルス。 コロナ、体内に抗体がなくてもT細胞がウイルス撃退…アジア人の低死亡率、原因解明進む

エニタイムフィットネスはコロナウイルスにも負けない清潔なスポーツジム

エニタイム フィットネス コロナ ウイルス

「エニタイムフィットネス」ジムの大きな魅力は、Anytime(いつでも)だけでなく、Anywhere(どこでも)使えること。 その店舗数は、とにかく多く、世界28の国と地域4,500以上の店舗をいつでも利用OK。 もちろん、日本国内での店舗数もズバ抜けており、47都道府県全てに出店。 都内各所にも多数の店舗があるため、僕は、ロードランの合間に立ち寄ってシャワーだけ使うなど、便利に利用させてもらっていた。 ところが…新型コロナウイルスの影響により、事態は大きく変わってきた。 まず、3月下旬にこのような掲示が開始。 メインで使っている店舗以外の自粛要請だ。 これは《強制》ではないのだけれど、入退館の記録はデータ管理されているから、こう言われるとちょっと利用しにくくなる。 さらに、小池知事の《週末外出自粛要請》を受けて…。 週末の臨時休館が始まった。 この頃になると、僕もようやく、新型コロナウイルスの怖さを理解できていたから、もちろん、自粛は当然だと思った。 しかしその後も、平日は通常営業が続いていたため、僕は、いったん休会しようかと考えていた。 現在の状況を考えると、とても、ジムを使う気分になれなかったからだ。 Q: 休会したい時は、どうすればよいですか? A: 所属店舗にて、休会手続き(「休会届」の提出)を行っていただきます。 休会手続きの締切日は、「毎月10日」で、休会開始を希望する月の前月10日までのお手続きで、休会開始希望月の1日より1ヶ月単位で休会扱いとなります。 4月10日までに手続きをすると、5月から1ヶ月単位で休会可能という形。 4月に全く利用しなくても、4月分の料金はかかってしまう。 しかも、10日までの「スタッフアワー」に、店舗で直接行く必要があり、Webなどでの手続きはNG。 さらに、休会期間中も休会費1,100円(税込)がかかってしまう。 僕は、それがなんだかとても理不尽に感じた。 もちろん、自己都合での休会であれば仕方がないと思うが、今回は、そうではない。 新型コロナウイルスの影響により、Anywhereでなくなり、週末利用も不能となっているのだから、特別措置があって然るべき、だと思ったのだ。 しかし、エニタイムフィットネスでは、その点に関してのアナウンスはされなかった。 そんな折、東京都を含む7都府県で緊急事態宣言が発令。 僕は、これでようやくホッとした。 発令中は当然休館になるだろうから、それに伴い、会員の休会についても、特別措置が行われるものと思ったからだ。 実際、他のフィットネスジムは、宣言発効当日である昨日(8日)から、臨時休館となり、その期間の特別措置を打ち出していた。 しかし、なぜかエニタイムフィットネスでは、そのアナウンスがなく、昨日も普通に営業。 僕は、「まさかこのまま営業を続ける気なのか…。 」と大いに困惑した。 そう思っているのは僕だけではないようで、Twitterでは店舗へのクレームが殺到、公式Webサイトはダウン状態。 いったいどうなるのかと思っていたら、昨日の夜になって、ようやく、この発表がなされた。 緊急事態宣言発令による「臨時休館のお知らせ」だ。 休館対象は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県の全店。 月会費については、4月分は通常通り請求されるものの、「5月月会費にて4月休館分を割り引きいたします。 」となっている。 1ヶ月単位ではなく、日割りということだろうから、会費の全ては戻ってこないが、特別措置をとってもらえることに感謝。 休館となるのは、今日の10:00からということなので、この原稿を書いている今(午前4:00)はまだ営業中の筈。 ということで、念のため、確認してきたら…。 やっぱり開いていた。 ただ、入口には、このような貼り紙が貼られていた。 Webサイトでの案内通り、今日の10:00から休館となるようだ。 貼り紙には、月会費の割引案内なども掲示されていた。 先週、休会を届けを出していたら、《自己都合》扱いで、割引が得られないところだったため、慌てて手続きをしなくて良かった。 ズボラな性格もたまには役に立つw 【関連エントリー】.

次の

エニタイムフィットネスが新型コロナウイルスで休会、退会者続出!休業閉鎖の可能性も

エニタイム フィットネス コロナ ウイルス

マスク着用必須• 入館時の手洗い・手指の消毒・マシン利用時の消毒の徹底• 利用時間制限 1時間程度• 入館制限 利用状況により制限実施する場合あり• 社会的距離を保ったマシンの稼働台数制限 半分程度など• 所属店舗以外の利用禁止 相互利用禁止• オリエンテーション・パーソナルトレーニングなど休止 グループトレーニング含む• 上記以外の感染予防策としてエニタイムフィットネスでは、 空調設備において1時間に約2回の空気の入れ替えを実施しています。 エニタイムでは、店舗内の空気の入替えができるスペックを基準に店舗設計を行っています。 またスタッフアワー内は、スタッフによる換気も行っています。 会員から問い合わせが多い内容 エニタイムが実施するコロナウイルス感染予防策の8つのルールの中で、エニタイム本部に問い合わせが多い内容について、掘り下げてお伝えしていきます。 マスク着用について エニタイムフィットネス利用時は、 マスクの着用が必須になります。 マスクを持っていない場合、 店舗を利用することができません。 利用時間制限について 混雑状況にもよりますが、 1時間前後が目安になります。 混雑時に1時間以上利用していると、スタッフから声をかけられる場合があります。 入館制限する理由 店舗内での会員同士の ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するため、入場制限を行っています。 利用制限について コロナウイルスが収束するまで、 マシン設置台数の半分程度のみ稼働しています。 入館できる人数の目安 マシンの稼働台数に合わせて、人数の制限を行っています。 入場制限中、ジム内で待つことは可能? ジム内で待機するのは 不可になります。 また近隣施設への配慮やソーシャルディスタンス確保のため、 ジムの外で並んで待つことは禁止されています。 入館制限の確認方法 所属店舗の ホームページで確認できます。 入場制限を行っている場合、店舗ホームページで『 現在、入場制限中』と赤字で表示されます。 事前の入館予約について 事前の予約は行っていません。 利用できる地域について 所属店舗の所在地を基準とします。 所属店舗が分からない場合、本部カスタマーサービス室に連絡すると所属店舗を知ることができます。 その際カスタマーサービス室に伝える内容は、下記の5つになります。 まとめ 5月24日時点で 営業を再開しているエリアは33の県になります。 北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県などの 14エリアは、まだ臨時休館となっています。 エニタイムを利用する際はマスク着用が必須になります。 また入場制限を行っているため、ジムを利用する際は事前に所属店舗のホームページで入場制限がかかっていないかどうか確認する必要があります。 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、多くの人はジムを利用する際、コロナウイルスの感染に対して不安を感じていると思います。 今後ジムを利用する際におさえておきたいのは、日本フィットネス産業協会が発表したコロナウイルス感染予防策に関するガイドラインです。 このガイドラインは、日本フィットネス業界のトップが公表したジムを利用する際の感染予防策になります。 下記の記事では他のジムの感染予防策についても知ることができるため、ぜひ一緒に参考にして下さい。

次の

「エニタイムフィットネス」臨時休館のお知らせと、月会費の扱いについて

エニタイム フィットネス コロナ ウイルス

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症に関する検査について」-「抗体保有調査結果」 日本では6月19日、新型コロナウイルス対策として自粛を要請されていた都道府県をまたぐ移動が全面的に解除されたが、その後、世界でのパンデミックが加速していることから、第2波の襲来への警戒心が高まっている。 厚生労働省は6月16日、新型コロナウイルスに関する初の大規模な 抗体検査の結果を発表したが、東京での抗体保有率は0.1%、大阪は0.17%、宮城は0.03%だった。 5月31日時点の累積感染者数を基にした感染率が、東京は0.038%、大阪0.02%、宮城0.004%であることから、実際の感染者数は報告されている人数の2.6~8.5倍に達することになり、 PCR検査の陽性者数の数倍にあたる人々が感染に気づかないまま回復したことになる。 注目すべきは欧米に比べて抗体保有率が非常に低かったことである。 大規模流行が起きた海外では、スウェーデンのストックホルム市は7.3%、英ロンドン市は17.5%、米ニューヨーク市は19.9%だった。 抗体保有率が低いことは、多くの人が免疫を獲得し感染が終息に向かうという「集団免疫」の段階に達するまでの時間が長いとされることから、日本での「第2波」は諸外国に比べて大きくなるのではないかと懸念されている。 新型コロナウイルスを退治できる「T細胞」 一方、日本などアジア地域での新型コロナウイルスによる死亡率が、欧米地域などと比べて2桁少ないことが明らかになっているが、その謎の解明に資する研究結果が出ている。 米国カリフォルニア州のラホヤ免疫学研究所が新型コロナウイルス流行前(2015年から2018年)に採取した健康な人の血液を調べたところ、半数の人の血液から新型コロナウイルスを退治できる「T細胞」が検出された(6月19日付日経バイオテク記事より)。 人間の免疫機構はさまざまな免疫細胞が連携して働いている。 大括りにすれば、自然免疫(生まれながらに身体に備わった免疫機能)と獲得免疫(病原体に感染することによって後天的に得られる免疫機能)に分かれるが、新型コロナウイルスに対処できるのは獲得免疫のほうである。 獲得免疫も2種類に分かれ、「抗体という武器をつくる」B細胞と「ウイルスなどの異物を撃退する」T細胞がある。 治療薬やワクチンの開発などで注目されているのはB細胞のほうであるが、今回の研究結果はこれまで光が当たっていなかったT細胞に関するものである。 新型コロナウイルスが出現する前から、SARSやMERSのほかに4種類のコロナウイルス(風邪の一種)が見つかっているが、半数の人たちのT細胞は、過去のコロナウイルスに感染した経験を生かして新型コロナウイルスに対応できることがわかったのである。

次の