ハムスター 飼い方。 ゴールデンハムスターの飼い方(特徴・長所・短所)

初心者必見!ハムスターの飼い方・育て方を知ろう

ハムスター 飼い方

Sponsored Link 枝豆の成分による悪影響 意外と知られていないことですが、 ハムスターのみならず、私たち人間にも 悪影響となる成分が 枝豆には含まれているんです! プロテアーゼ阻害物質というもので、 この働きにより、 食べ物の消化が邪魔されてしまいます。 また、枝豆などのマメ科の植物に含まれる フィトヘマグルチニンという種類のレクチンは、 下痢しやすくなる働きがあります。 「枝豆を食べてもいいなんて嘘じゃないか!」と 思われる方もいらっしゃると思うので、 これから枝豆に含まれるプロテアーゼ阻害物質とレクチンなどの 有害物質の対処法を書いていきます。 調理で有害物質が減る!? 先程ご紹介したプロテアーゼ阻害物質とレクチンですが、 実は熱に弱く、 加熱することでその作用を失います。 つまり、ご家庭で何気なく枝豆を お湯で茹でてから食べるのは解毒のためだったのです! ということは、 枝豆を生で食べると・・・ プロテアーゼ阻害物質とレクチンをそのまま食べることになりますので、 絶対にしないでくださいね。 与え方と適量について 枝豆は加熱必須であることは、 ハムスターに与える場合でも同様です。 生で与えると成長阻害や膵臓肥大、 さらには膵臓がんの危険性もあります。 絶対に生では与えないでください。 ですので、枝豆を食べる際は、 お湯で約4~5分ほど、 しっかり中まで火が通るまで 茹でましょう。 有害物質を減らすことができます。 Sponsored Link 塩は入れないで! また、ハムスターに与える場合は、 塩もみや 塩を入れて茹でる行為は やめてください。 人間にとってはちょうどいい塩加減でも、 ハムスターにしたら多すぎます。 多すぎる塩分は腎臓や心臓に悪影響をもたらします。 さやや薄皮は? 農薬を含んでいる可能性がありますので、 枝豆のさやは取り除いてあげてください。 薄皮については、与えても問題ないでしょう。 成分は食物繊維なので、 ハムスターにとって無害なはずです。 あげすぎに注意! 枝豆はカロリーが高く、また脂質や糖質が多いので ハムスターは喜んで食べます。 私の飼っているハムスターも枝豆を与えると 夢中になって食べます。 しかし、食べすぎは 太る原因になります。 与えるときは おやつとして 1~2粒程度にしましょう。 まとめ 今回は、ハムスターに枝豆を与える際の注意点や量について ご紹介しましたが、いかがでしたか? 以下は今回のまとめです。

次の

【ペット】ハムスターの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

ハムスター 飼い方

基本的には観賞用のハムスターで、店頭販売されているロボロフスキーハムスターを購入した場合には懐かないと言われています。 懐きやすく触れ合える。 ハムスターの価格が買い求めやすい。 飼育グッズが多く、個性が出しやすい。 品種・種類が増えており、自分好みのハムスターが飼える。 トイレなど、犬や猫と比較してお世話が楽。 SNS、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどで共有しやすい。 ハムスターを飼った事がきっかけで 他のげっ歯類のチンチラやモルモット、 フェレット、ハリネズミなどに発展して飼育してる方も 増えてるようです。 また、種類も増えており、 一般的な、、、 などが品種改良されており、今では・・・ ブルーサファイア、キャンベル、、 パールホワイト、クロクマ、プディング、 ダルメシアン、トリコロール、など 種類が多く増えました。 その為でしょうか??どのハムスターを飼おうか?と 悩んでいる方が多くいます。 そんな方の為に種類や 性格をご紹介してるので、参考にされて下さい。 基本的な話ですが、多くの種類が居ますが、 大きく分けて、ドワーフ系とゴルハム系の2種類で 考える事で自分に合ったハムスターを選ぶ事が 出来るでしょう。 ハムスターとは? げっ歯類に属する24種類の 総称として呼ばれています。 げっ歯とはネズミさんの仲間だと思えば分かり易い と思います。 主な特徴は丈夫な歯で堅いものを 食べる事が出来ます。 また手を使ってエサを 持ったり、エサをほほ袋に詰めて持ち運ぶ事が 特徴です。 また野生では夜行性動物で昼間は寝てる事が 多いのは天敵から身を護る為です。 ただ、飼われているハムスターは不思議と 飼い主の生活に近づき、昼間起きて、夜に 寝る子も居たりしますがまれなケースですね。 夜に回し車で走る事がありますが、距離で言うと 平均2キロ程度は走ると言われています。 習性ですが、次のエサを探す為の行動と 言われています。 その為、飼われている子で 走る子がいますが、走らなくても エサを貰えると理解した子は走らなくなり 肥満になる子もいます 笑 野生の場合は良く分かりませんが、 飼われてる子に関しては基本的に2〜3年の 寿命とされていますが、身体が小さい為、 ストレスや食生活、環境の影響をダイレクトに 受けてしまいます。 その為、2、3カ月で亡くなるケースもあります。 短い人生を共に過ごし、少しでも長く一緒に居たい なら、環境やエサ(ペレット)なども工夫して あげましょう。 ハムスターの値段は? ・基本的には1000円〜2500円です。 人気になっているハムスターは数年前に 比べても高くなっている傾向があります。 ジャンガリアン、キンクマ、ゴルハム、 ロボロフスキーなどの種類で およそ1000円程です。 他の珍しい種類で2000円代という感じ だと思います。 生まれてから3カ月を過ぎると極端に 安く販売するお店も多いので頭に 入れておくといいでしょう。 ハムスターを飼う上での温度管理と最適な温度 ハムスターの飼育書や専門書を拝見すると 親ハムで20度から26度で、子ハムは22度から 24度と少し狭めになっています。 ハムスターは専門書うんぬんでは無く、 実際に飼育してみて思う事は温度変化に 極端に弱いと思います。 夏は、冷房や金属プレートで涼しい環境を 提供してますし、冬は暖房とペット用ヒーターを 設置しケージ内を温めて飼育しています。 この管理が出来ない場合は、ハムスターは 身体が対応できずに弱るでしょう。 (経験済) 湿度は40%〜60%となっていますが、 日本の環境を考えた時にはあまり気にする 必要はないかと思います。 ただ、飼い主になる以上は お世話を一生懸命して欲しいと思いますので 温度や湿度の計測器を部屋用とケージ用で 併用してる方も少なくありません。 ハムスターケージの設置場所 ケージの設置場所を安易に考える事は あまり良くありません。 例えば、台所だと食べ物臭や細菌、ゴキブリ などの不安がありますし、ベランダなどの発想は 論外で虐待にあたります。 また、玄関などは気温の変化が激しい上に、 周囲の足音なども含めてハムスターが不安になり ストレスの原因になるのでやめましょう。 一番最適なのは、お部屋が環境が 安定してるのでおすすめです。 パソコンやテレビの横もあまり良くないので、 リビングやお部屋でも、テレビやパソコンの横を 避け避けておくといいでしょう。 ハムスターケージに死角を作る思いやり ハムスターは臆病な動物でストレスに弱いのは 重々、承知だと思います。 ですから、ケージ内にあえて死角を作って あげて下さい。 その事で、直射日光や臭い (香水や食べ物など)から逃げたり、外敵から 身を守れる場所をケージ内に持つ事で ハムスターも安心する事が出来ます。 ハムスターの種類や特徴!• 性格や特徴についてご紹介をしたいと思います。 ジャンガリアンハムスター ジャンガリアンハムスターの特徴は 個体差の性格が激しいところだと 思います。 気性が荒い子も居れば、おっとしした子、 臆病な子が居て選んだ子や飼育環境で どんな子になるか?が楽しみの一つでも あります。 毎回、飼う方でも飼う度に性格が違うので 新しい発見があるのも特徴的。 初心者にも飼いやすいと思いますが、 触れ合う事が目的ならまずは、ゴルハム系 からおすすめします。 原産国は、シリアやイスラエルなど中東の 地域が原産と言われております。 性格は懐き易く『触れ合いたい』と思う方には ぴったりの品種です。 初心者にも飼いやすく、他の品種に比べると 長生きする事が多いです。 ただし、縄張り意識が強い為小さな頃でも 多頭飼いは避けた方がいいでしょう。 複数匹を飼う場合は別々のケージで 飼育するといいでしょう。 キンクマハムスター キンクマは、ゴールデンハムスターから 改良された品種の為、基本的には ゴルハムの性格と同じです。 飼った印象からすると、ゴルハムよりも さらにおっとりしてる性格に感じます。 その為、懐き易く触れ合いたい方には おすすめの品種だと言えます。 ロボロフスキー 一般的にロボロフスキーは観賞用と して販売されています。 警戒心が凄く、臆病すぎる性格なので、 販売されている子に関しては『触れ合う事は 出来ない』ことを前提に飼いましょう。 多頭飼いが出来る品種なので、ひとつのケージに 2匹、3匹飼う方も多いですので、触れ合うよりは 見て癒されたい方にはおすすめです。 SNSなどでロボロフスキーと触れ合う動画や 写真を観た事がある方も居ると思いますが、 あれは自宅で繁殖させており、小さいころから 人の手に懐かせている子だからできる 事なので注意が必要です。 チャイニーズハムスター 店頭販売をされているのはほとんど 見た事はありませんが、稀に出回るそうです。 その為、価格は高めで2500円以上はする らしいのですが、見た事ないので不明です 笑 ハムスターの中でも最もネズミに近い見た目を しているのが特徴の為、ハムスターファンの中でも 好き嫌いが別れる所だと思います。 キャンベルハムスター キャンベルハムスターは1970年代の頃から ヨーロッパ地方で飼育されたとされる ハムスターの種類です。 日本では、1990年代頃から輸入されペットショップで 販売されるようになってますが、人気が爆発したのは 2010年頃からとなっています。 他の種のゴールデンやジャンガリアンに比べると まだまだ知られていない種類になります。 見た目はジャンガリアンに近いのです。 生物学的に言うと、ほぼ一緒の種類とされてるので 似てるのは当然ですが、その中でも違う部分を あげてみたいと思います。 毛色はジャンガリアンの灰色に比べると茶色が強く お腹の部分が灰色に近い色をしています。 なども用意してるので参考にされて下さいね。 ハムスターを迎える為に ペットを飼うと言う事は、命を預かると言う 事だという事を忘れてはいけません。 ペットを飼い育てていく上で、『正しい知識が 無かった』などの言い訳は通用しません。 あなたが支払った外食い回分ほどのお金で 尊い命の一生が左右されてしまうのです。 それが人間だと、みなさんも気を遣うと 思いますが、ペットだと軽視しがちなのも事実。 自身の可愛いや癒されるなど、自分の心を 癒す為だけにペットの命を扱っていません。 ペットショップでは、お客様の心のケアをうたい、 ペットを販売しておりますが、あちらも商売で しておりますので、メリットを多く言います。 その事も理解して下さい。 ハムスターを飼育する為のスペースの提供。 夜に走るホイール音(騒音)へのガマン。 最低でも週に1回のケージ内の清掃。 毎日のエサやりと健康の管理。 必要以上の触れ合いを避ける。 (ストレス)• 日々、観察と勉強を怠らない。 飽きない。 雑に扱わない。 周囲の同意。 自分以外に頼れる人が居る。 他に飼ってるペットとの相性や管理。 ハムスターが急病の時に対応する。 何かあった時の病院代を惜しまない。 ハムスターに嫌われても飼育出来る。 ハムスターが噛んでも好きでいられる。 など最低限の事を守る事が必要です。 あなたはちゃんと守れますか?? おすすめのフードを紹介していこうと思います。 多くの方が間違った情報を元に飼育をしています。 正しいハムスターフード選びでハムスターとの快適ライフをお楽しみ下さい。 ハムスターフード選びのコツ• ハムスターも好き嫌いがある為、ただ与えていては好きな物を食べ、栄養価に偏りが出てしまう。 高脂肪のフードに注意。 ハムスターは本能で高脂肪のフード好む傾向がある。 身体が小さいハムスターは 食=寿命とダイレクトに影響します。 どのようなハムスターフードを選ぶかがとても重要。 おすすめの や ハムスターの事を考えつくしたフードまでを紹介。 はこちら。 ハムスターフードにも様々な用途があります。 単にハムスターフードと言っても様々あり、 高齢のハムスター用やダイエット用。 おやつに最適なフードがあります。 飼い主さんもハムスターフードについて 少しでも詳しくなる必要があります。 ハムスターの日々の様子を観察して をあげましょう。 ハムスターにあげてはいけない食べ物もある ハムスターになんでもあげてもいいと思ってる 飼い主さんがいらっしゃいますが、 それはとても危険な事です。 一覧にしてますので参考にされて下さい。

次の

初心者向けハムスターの飼い方|子供でもできる掃除や餌やり・しつけなど徹底解説

ハムスター 飼い方

【目次】多頭飼いはNG!キンクマハムスターの飼い方と注意点!ケージはどう選ぶ? キンクマハムスターとは キンクマハムスターは、澄んだアプリコット(あんず)カラーの毛色、ふっくらとした丸いフォルム、耳の内側の黒っぽさが特徴です。 を品種改良させた種類であるため、原産国はありません。 つまり、野生では存在していないのです。 以前は全身のカラーがブラウンのゴールデンハムスターがキンクマハムスターと呼ばれていましたが、現在ではアプリコット色の種類のものをキンクマハムスターと呼んでいます。 数は少ないですが、中には長毛タイプや光沢があるサテンタイプの子もいます。 なお、ゴールデンハムスターと交配させることは可能であるものの、遺伝子はゴールデンハムスターの方が強いため、生まれてくる子どもがキンクマハムスターになるとは限りません。 温和でおとなしい性格のキンクマハムスターは、頭が良いのでトイレを覚えさせることも比較的簡単です。 鳴くこともほとんどなく、鳴いても小さく「ヂッヂッ」という程度です。 なついてくれば、飼い主の手に自分から登ってくるほど人懐こく、ハムスター飼育初心者にも最適と言われるほど、飼いやすい種類の です。 キンクマハムスターの値段 ゴールデンハムスターの品種改良で生まれたキンクマハムスターは、ゴールデンハムスターよりも希少性が高いです。 このため、キンクマハムスターの値段は、基本的にゴールデンハムスターよりも高額です。 ゴールデンハムスターは1,000円前後でお迎えできますが、キンクマハムスターの場合は1,500〜2,000円前後します。 飼育開始時に必要なエサ代やケージ、トイレなどをプラスしても、総額で10,000円位と考えておくと良いでしょう。 ハムスターの値段・価格に関しては下記の記事もご参照ください。 オス=体長18〜20cmほど、体重85〜130gほど• メス=体長19〜20cmほど、体重95〜150gほど キンクマハムスターのオスとメスとを比較してみると、もちろん個体差はありますが、オスの方がおとなしく、メスの方が気が強く攻撃的な傾向があると言われています。 なお、メスは発情期に性器臭が発生するため、抱っこしてあげた後、においが気になるかもしれません。 キンクマハムスターのケージについて キンクマハムスターを飼育する際には、上述した体の大きさを踏まえた上で を選びましょう。 また、以下の点に配慮しながらケージの中の環境を整えてあげてくださいね。 ケージの種類や素材の選び方 ハムスター用のケージには、プラスチック製ケージ、金網ケージ、ハムスター用水槽、といった種類がありますが、金網のケージはおすすめできません。 金網のケージは最も事故が多く、足が挟まって抜けなくなり、転落して骨折してしまう子が後を絶ちません。 同じような理由から、2階建てのケージも避けましょう。 ハムスターは、足の神経を断絶してしまった場合、そのまま壊死してしまったり、自分で食いちぎってしまったりすることもあります。 これはキンクマハムスターに限った話ではなく、他の品種のハムスターでも同様です。 かわいそうな事態にならないよう、ケージ選びは慎重に行いましょう。 無難なのは、プラスチック製ケージや水槽です。 水槽にはガラス製、アクリル製、プラスチック製がありますが、掃除の際に重さが気になる方はアクリルかプラスチックのものを購入しましょう。 なお、いずれのタイプも通気性はあまり良くないので、意識して換気するようにしてください。 ケージが狭いとストレスや運動不足の原因になってしまいます。 そうとはいえ、ケージの中が広すぎても落ち着けずに を覚えられなくなってしまう子もいます。 しかし、ハムスター用のケージには、キンクマハムスターやゴールデンハムスターに適した広さのものがあまり販売されていないので、買うときには細かくチェックするようにしてください。 その他、キンクマハムスターの飼育者には、プラスチックの衣類ケースや熱帯魚用の水槽をDIYする方も多いです。 ただ、キンクマハムスターはその頭の良さから、予想外の方法で脱走してしまう性質があります。 しっかり鍵をかけられるケージを選び、閉め忘れることもないよう気を付けてくださいね。 どうしても鍵付きのちょうど良いケージが見つからず衣装ケースを加工する場合には、密封状態にならない通気性がある素材のフタをかぶせましょう。 5cm 重量:2. 8kg 生産国:中国 キンクマハムスターのケージの環境づくり キンクマハムスターのケージを準備できたら、できるだけ風通しと日当たりが良く、騒音や振動が少ない場所に設置してあげましょう。 ケージ内には、体の2、3倍大きい巣箱を寝床として用意します。 床材には、広葉樹チップ(木の屑)や細かくちぎった新聞紙を、深さ5cmほど敷き詰めましょう。 穴掘りをするため、爪がひっかかってしまう危険性がある繊維状のタオルは控えてください。 吊り下げタイプの給水器やハウス、砂入りのトイレ、運動不足にならないように回し車も忘れずに。 エサ皿は、倒れにくく重みがあり、かじっても安全な陶器の小皿を置きます。 飼い始めの頃は、キンクマハムスターがケージや部屋に慣れ、リラックスして過ごせるようになるまでそっとしておきましょう。 キンクマハムスターは、 をあげている内に、飼い主のにおいを覚えてくれます。 自分のにおいを覚えてもらうまでは、噛みついてくることがあるため無理に触らないようにしてください。 ちなみに、ハムスターはエサを巣にためる習性があるので、古いエサは定期的に捨てなくてはいけません。 床材全体を週に1回交換し、月に1度、ケージ全体を水洗いしましょう。 5cm 重量:250g キンクマハムスターの飼い方と注意点 人になつきやすいキンクマハムスターですが、やはり飼い始めの時期は緊張していて不安でいっぱいです。 数日間は、ケージのお掃除とエサやりといった最低限のお世話だけを行いましょう。 また、必ず以下の注意点を守るようにしてください。 多頭飼いはNG!必ず1匹ずつの飼育を 温和なキンクマハムスターですが、実は縄張り意識が非常に強いです。 同じケージで複数飼育してしまうと、寝床やエサの奪い合いでケンカをしてしまったり、最悪の場合は死んでしまったりということもあります。 これは にも同じことが言えますが、キンクマハムスターを飼育する際には、必ず1匹ずつケージを分けるようにしましょう。 なお、ケージから出すときにも、ハムスター同士が鉢合わせすることがないように配慮してください。 また、オスとメスとを一緒にしてしまうと、すぐに繁殖してしまいます。 出産する赤ちゃんの数も多く、1回で平均8匹も生まれます。 母親のハムスターは、大きな音が聞こえて身の危険を感じたり、赤ちゃん達に母乳が行き渡らなかったりした際、自分では育てきれないと判断して共食いしてしまうことがあります。 もし赤ちゃんが生まれた場合には、なるべく早めに引き離してあげなくてはいけないので注意しましょう。 キンクマハムスターのエサ・食事 キンクマハムスターのご飯は、1日3回あげることが望ましいです。 忙しくて時間がないときでも、最低1日1回は与えましょう。 主食は市販のハムスターフード(ペレット)、 副食にはキャベツ・小松菜・ニンジン、カボチャなどの野菜、少量のリンゴなどの果物が最適です。 芽キャベツやネギ、ニラ、枝豆、銀杏やレンコンはハムスターの体に合わないのであげてはいけません。 チーズ・煮干しのように動物性たんぱく質のものも、たまには食べさせてあげてOKです。 基本はハムスターフードを中心に、低脂肪のものを与えましょう。 ヒマワリの種をかじるイメージがありますが、ヒマワリの種は脂肪分が多いのでハムスターにはあまり良くないとされています。 甘く脂肪分が多いおやつを大量に食べると、偏食をしてハムスターフードを食べなくってしまうので要注意です。 ハムスターフードの量は、原則として1日10~15g程度と覚えておきましょう。 給水ボトルのお水は、1日1回、夏場は朝晩の2回交換しておくと安心です。 ハムスターの餌やりに関しては、こちらの記事もご参照ください。 エサ皿と巣箱から一番遠い所、ケージの角にトイレを置いてあげましょう。 ただ、トイレをすぐに覚えるかどうかは個体差があるため、ハムスターの性格に合わせて根気良くしつけてあげてください。 怒鳴ったり無理矢理トイレに固定させようとすると、ハムスターが虐待されていると感じてしまいます。 ウンチはケージの中でならどこでもします。 要するに、トイレ内でウンチをしてくれるとは限りません。 ある程度はケージ内の決まった場所でウンチをしますが、トイレの場所が落ち着かないと、エサ皿などトイレとは全然違う所にウンチ、ひどいときにはオシッコをしてしまいます。 なお、トイレはハムスターにとって安心できる場所です。 もしもトイレでうずくまっている姿を見かけたら、注意して見てあげてください。 飼い主に懐いていない可能性が高いです。 また、病気の際に苦しみから逃げたいあまり、自分のにおいがするトイレで亡くなってしまうことがあります。 キンクマハムスターの散歩 キンクマハムスターには、運動や気分転換のためにお散歩の時間も必要です。 時々で良いので、ケージの外へも出してあげましょう。 もちろん、室内で大丈夫です。 ハムスターを部屋の中で散歩させるときには、見失ってしまったり、物をかじられてしまったりする恐れがあるので、電源コードなどは隠すなりコードカバーで守るなりしておき、脱走してしまう隙間がないかも確認しておきましょう。 囲いや専用サークルを使って、ハムスターの行動範囲を制限するのが一番の良策です。 キンクマハムスターの睡眠 キンクマハムスターは夜行性なので、飼い主が寝ているときに活動します。 逆に、昼間には長い睡眠をとる生き物です。 可愛さのあまり、構いたくなるかもしれませんが、キンクマハムスターはよく寝る動物です。 信頼してもらい、健康的に生活してもらうためにも、充分に寝かせてあげましょう。 キンクマハムスターの寿命は2〜3年ほどです 最後に、ちょっと悲しいお話になりますが、キンクマハムスターの は2〜3年ほどと短いです。 長生きする子なら 3〜4年は生きられます。 せっかく慣れてきても、すぐにお別れの時期が来てしまうことを覚悟した上で、1日1日を幸せに過ごさせてあげてくださいね。 また、ハムスターを診察できる動物病院は少ないです。 犬猫しか診られないという獣医さんも多いので、何かあったらすぐに受診できる病院が近所にあるかどうかも、早めに探しておきましょう。 食物連鎖の図で下の方にいるハムスターは、本来肉食動物から身を隠して生きている動物です。 そのため、体調が悪くても周りに悟られないように隠してしまう性質があります。 毎日の生活の中で、抜け毛が激しくないか、便の調子が悪くないか、歩き方が普段と違わないか、注意深く観察してあげることも重要です。 2〜3年ほどでも、ハムスターにとっては一生の時間です。 かけがえのない命を守るためにも、ケージの選び方からじっくり考え、ハムスターが健やかに暮らせる環境を作ってあげましょう。 あなたに懐いてくれるようになったなら、きっとキンクマハムスター自身も幸せな気持ちになっているはずです。

次の