ショア プラッキング。 ショアジギング・ショアキャスティングを始めよう!おすすめのタックルを一挙にご紹介!

【初心者必見!青物釣りたい!】陸からルアーでヒラマサを狙おう!ショアプラッキングにおすすめなルアー10選

ショア プラッキング

ショアプラッキングというのはプラグを使用しての釣りのこと。 プラグというのはダイビングペンシルやポッパーなどの総称です。 ライトショアジギングというと使用するルアーは メタルジグ、バイブレーション、ミノーが基本的には多いと思いますが、今回ご紹介するのはダイビングペンシル!! メタルジグしか使った事が無い人ならこんなでかいルアーでマグロでも釣るんか?!となると思います。 虎徹も初めてダイビングペンシルを見た時はそう思いました。 笑 ブログランキングに参加中です。 遠くの青物を呼び寄せる事ができる。 と言われています。 では早速、紹介していこう!と思うのですが ダイビングペンシルっていうのはすごく奥が深く値段もピンキリ!! スポンサーリンク どんくらい値段がピンキリなのかというと メタルジグ 材質は基本的に鉛で 値段は500円程度〜1500円程度 ダイビングペンシル 比較的値段が安いプラスチック製と高価なウッド製があり 値段はプラスチック製で1500円程度〜4000円程度 ウッド製で3000円程度〜10000円以上のも存在する 本格的にショアジギング、ショアプラッキングを地磯や沖磯でしだしたら使用するプラグもどんどん高価なものになっていくと思います。 虎徹はよく和歌山の南紀の磯にショアプラッキングを行くのですが 南紀ではど定番中のルアーです! 南紀のルアーマンの8割は持っているんじゃないでしょうか?笑 虎徹は今でにこの【ローデッド】で ブリ、メジロ、ハマチ、ツバス、シイラ、ダツなど様々な魚をゲットしました。 ほうき掃き ホウキを掃くようにロッドを動かす。 掃く時の力加減や動かし幅、ラインスラッグの取り方などで動きが大きく変わる。 トゥイッチでドッグウォーク トゥイッチをチョンチョンと入れ 水面でドッグウォークさす。 というのが基本的な動かし方 他にもいろいろ操作方法はありますがとりあえず、この2つを覚えましょう! スポンサーリンク.

次の

ショアプラッキングで大型青物を釣り上げよう!おすすめタックルとルアーをご紹介|TSURI HACK[釣りハック]

ショア プラッキング

近年ショアから「ダイビングペンシル」などのトップウォータープラグを使って、青物を狙うショアプラッキングが人気を博しています。 青物が水面を割ってバイトしてくるシートは、アングラーにとってもっとも興奮するシーンの1つですね。 今回はショアプラッキングで使用する、おすすめダイビングペンシルをご紹介させていただきます。 ダイビングペンシルとは ダイビングペンシルはアピール力に優れたトップウォータープラグ。 オフショアのキャスティングゲームでブリ、ヒラマサ、マグロなどを狙う際に使用されていましたが、近年はショアからも使用するようになってきました。 今では青物をターゲットにしたキャスティングゲームにおいて、もはや欠かせないルアーの1つとなっています。 アクションは表層付近をロッドワークにより、ルアーを水中にダイブさせS字アクションなどで魚のバイトを誘います。 ルアーが水面に浮上する際にバイトしてくることが多くあります。 そんなダイビングペンシルですが、大きく分けて ウッド製と樹脂製の2種類のものがあります。 ウッド製のものは非常に高価で入手も困難となり、特にオフショアで愛用されている傾向にあります。 樹脂製のものはウッド製のものに比べ比較的お手頃な価格で入手でき、ショア、オフショア問わず幅広く使用されています。 ダイビングペンシルの動かし方 おすすめのダイビングペンシル マリア ローデッド ボリュームのあるボディで、波動の強いウォブリング主体のアクションをするローデッドは、遠くにいる魚にも存在を気付かせることのできる、アピール型のペンシル。 最もヒットの可能性の高いワンアクション目のスムーズな入水が可能となった。 水中でのスイミングによるサイドフラット面からの強烈な波動は、水深50mまでのターゲットにアピールして水面まで引きずり出すポテンシャルを有する。 フロントフックアイは強烈な反転にも対応するバハスイベル仕様。 直線強力100kg以上の貫通ワイヤー仕様で記録級の大物にも十分対応可能。

次の

ショアプラッキングのタックルとアクション

ショア プラッキング

秋シーズンになるとSNSでは、長崎県、北西部にある平戸へ遠征に行ってきます投稿で賑わいます。 いらっしゃいませロマンの島、平戸へ! 本土から赤い橋を渡りますと平戸島の本島になります。 北西奥には生月島があり、青い橋を渡ると平戸市・生月島です。 ですが、大型連休は観光客がドッとお越しになりますのでホテルの予約は事前に済まされておかれると良いでしょう。 また、隣接する松浦市や伊万里市は火力発電所関連の業者さんでホテルが埋まることもザラなので周辺の街も混雑状態となっております。 平戸島にはホームセンター、ドラッグストア、コンビニが数は少ないですが点在します。 ほっともっともあります。 2019年に地元では人気の釣具屋さんが店じまいされましたので、ルアーや小物の供給が不便になりました。 おかっぱりタックル編~ちゃぶけんの独断チョイスw 青物 ヒラス・ヤズ・シイラ・たまにカツオ … ロッド:9. 4ft~10. 6ft程度のXX~XXX HH~HHH) リール:ツインパワーSW・ステラSWの8000番以上。 出来れば14000・18000位がベスト。 ソルティガは5000H以上、最低でも4500は欲しい ライン:PE4号以上、推奨はPE5号かPE6号。 ルアー:100g前後のダイペン・ポッパー・水平フォールジグ 小さな青物・ヒラスズキ・ショアレッド ロッド:9. 6ftのHクラス リール:シマノリールでC5000XG~SWシリーズの6000HG ライン:PE1. 5号~2号程度、リーダーはフロロ7号~12号 ヤズ・ネリゴ も多いので…9. 6ftのHクラスでスーパーライトジギング ルアー:80gくらいのライトなジグ、TDソルトペンシル・ミノー・クルクル・シンペン シーバス・チヌ・根魚 ロッド:9. 6ftのMクラス リール:シマノリールで4000H ライン:秋はPE1. 0号以上、他はPE0. グラスミノーMがあればなんでも釣れます。 JHは7g以上は欲しい エギング ロッド:8ft前後のMクラス、9ftクラスもあり。 リール:シマノリールでC3000程度 ライン:PE0. 8~1. 0号、リーダーはフロロ4号か5号。 根が粗く根ズレするのでフロロ3号では心細いです。 エギ:年中3. 3号 外道でシーバス・夜の平スズキ、ムツ等が良く釣れるためラインは太めにしておく) ルアー:ジグ単0. 5g~5. 0g ワームはストレートのピンテールがあればOK、他にキャロの7gくらいまで装備 プラグでも釣れる時は釣れます。 タックルは他の地域の感覚よりワンランクもしくはツーランク強いタックルで挑んで頂ければと思います。 手に負えないモンスターが潜んでいます。 ヒラスも4kgでヒラゴ扱いです。 キャンプ場も多い平戸地区。 ソロキャンプも楽しめます 半本キャンプ場、御崎野営場、中瀬草原キャンプ場、大賀キャンプ場といったリーズナブルなキャンプ場もありますので、宿泊施設以外の楽しみ方も良い思い出づくりとなりそうです。 キャンプ道具が揃っていない私ですが、ある程度揃ったら生月島の御崎野営場に行ってみたいという願望があります。 電源と冷水シャワー、炊事場あって便利。 大バエまで車で数分の距離でキャンプ+ショアジギングに最適。 ボウズだったけど。 — Hako1234 Hako1234 まとめ 近年は定置網の数も少なって来ている影響なのか定かではありませんが、青物の回遊が非常に増えて来ております。 エギングでは大手釣具メーカーの平戸島特集も組まれることも多く長崎を代表する釣り場となっております。 ジギング発祥の地としても名高く、ジギングテクニックの最先端を行く地としても非常に興味深い平戸島。 ショアジギングもヒラマサやブリを筆頭に、秋はトビウオを追って来たシイラやカジキが堤防から釣れたりと特色豊な釣り場環境が存在します。 その反面、 釣り人と地元住民の方や漁業者側とのトラブルも多く釣り禁止エリアも近年増えて来ました。 外国人客のインバウンド観光産業と、海に囲まれた平戸市と釣り人のウィンウィンの良好な関係がこれからもずっと続いていけるように、釣り人側のマナーがより一層重要なフェーズであることは間違いないように感じられます。 先日は地磯から6㎏ちょいのヒラマサ 長崎ではヒラスと呼ぶ ・130㎝はあろう雄のシイラが釣れました。 ヒラスとシイラのチェイスとバイトが沢山ありましたが無事に揚げたのはこの2本だけ。 8月も過ぎて、台風の影響で北東風が強く吹き始めたら平戸島が目覚め始める合図です。 北風で荒れる天気も多くなりますが、きっと思い出に残る釣行になりますよう願っております。 参考資料:平戸市 観光統計 平戸市 HIRADO観光情報 釣れる潮や潮目がある。 朝から晩まで投げ続け結果見えてきたものがありました 私の偉大なるお師匠に「 潮を見たら魚が付いているかどうかがわかる」って常人では理解不能なことを本気で仰る師匠がいました。 実績も飛び抜けていて数年前まではメディアの中の人でした。 最近は見かけないけどたまに聞く釣果は遥かにズバ抜けており、ショアジギの草創期を切り開いた偉大な人物のひとりです。 その方の「 潮を見たら魚が付いているかどうかがわかる」は私の中ではずっと心に残っている名言のひとつで、潮を見る時はこの言葉が真っ先に頭に浮かんで来ます。 これに達していないと言うことはまだまだと言うことで日々精進しています。 自分の中でヨレだったり潮目だったりを自分なりに攻略してきたつもりでしたが、朝から晩まで投げ倒して、やっと青物が飛び出す要素がある潮の違いが最近になって薄っすらと見えてくるようになりました。 釣れる要素がある潮の変化。 上に行くほど重要度・高• 潮が走っている• 潮目がある• 反転流がある ベイトはカマスじゃなくてもOK• サヨリは侮れない• 潮目で小さなイワシが1~2匹でも跳ねたら可能性・大• トビウオがいる時は要注意 カマスがベイトで入るとチャンスだ! 潮目を狙え! ダイビングペンシルはウッド製で1万くらいするブランドものが釣れるぞ! 上の言葉はショアジギでは良く聞くフレーズですよね。 あくまで2年程度ですw 良い潮とは 「潮目」は海釣りをするうえで重要な要素です。 ですが、海の世界で「頭が良い魚」と言われているヒラマサ。 ちょっとやそっとの潮目には付いていることは少なく、良い潮目に寄り添っていることが多い魚だと私は考えています。 私が考える良い潮目とは• 餌が多い潮目• 潮が走る潮目• ブレイクが絡む潮目 最近の釣果では、この良い潮目を意識してショアジギを展開しておりました。 潮目と言っても湾内みたいにゆったりとした潮の潮目だったり、外洋の大きな流れだったり様々です。 ヤズ・シイラに関しては湾内に入って来たらゆったりとした潮目でも釣れますが、ヒラマサとなると困難を極めます。 良い潮目とは、速い流れの潮目にヒラマサが居る可能性がグッとあがります。 ここは急流だなとパッと見で分かるようなエリアは可能性が高い傾向にあります。 これに伴って、流れが速いと反転流が出来る場所も出て来ます。 そんな場所はヒラマサのヒット率がスコブル上がる(気がする)ので、現時点では速い流れの潮目と反転流は欠かすことが出来ない潮の動きとして押さえております。 ブレイクラインに絡む潮目や、瀬際の直ぐ近くに出来る反転流も実は凄くヒット率が高くて、沖でヒットするのより瀬際の反転流やブレイクラインに掛るタイミングでひったくる方が多いんじゃないかと感じるくらいです。 なので、ダイペンは最後まで気を抜かずに引くと良いことが起きます。 ベイトはカマスがいいのか? ベイトに関していえば、ライトタックルでSLJをしない限りカマスが居るかの判断は難しくなってくるので、カマスがベイトだーーー!ってなっていないのが現状ですね。 それより、サヨリが跳ねてヒラスが追っかけ回しているパターンが多いようなので、サヨリも侮れないと気付いた2年目の年となりました。 ヒラマサはコノシロも大好物みたいですよ。 5㎝くらいの小さなイワシやキビナゴもベイトとして食べるでしょうから、一概にカマスだーーー!と信じ込むと視野が狭くなるので、ヒラスはシーバスの頭が良くて釣れる環境が外洋に面しているお魚バージョンと考えるようになって来ました。 ヒラスズキに似ていますが気難しい感じ。 PE6号を使いまくった感想 去年の10月くらいに船からのキャスティングでPE4号を瞬殺されて以来、PE6号を使うようになりました。 細ライン派、太ライン派が居られますのでラインの号数は各自の好みとなりますが、PE4号が好きだった私的にはPE6号に変更し直後は、太くて飛ばないのが苦痛で仕方なかったです。 ですが、ヒラスの6㎏を根ズレしながらも捕れたのはPE6号の太さからくる揺るぎない安心感のお陰だったなと今では感じております。 コレがPE4号だったら正直分からなかったですね。 他にもPE6号の恩恵は色々ありまして、張りがあってゴツイのでラインの途中に団子になったことがないです。 PE4号だと新しくても結構なりますよね。 PE6号はその面でのストレスは完全フリーです。 PE4号の時は切れて飛んで行って結び替えで時間消費ってロスがとても多かった。 PE6号でもダメージがある時はちゃんと対処しますが、致命傷の傷を負ったことはないです。 とても強いです。 結果、ワンチャンのタイミングを掴む確率が上がって釣果アップ! 釣る人と釣れない人の差は釣りをしている時間の差とも言われております。 ただ、やっぱりPE4号に比べると飛距離は落ちますが、上記のように良い潮目だったり反転流は意外に近かったりするので、届く範囲で太いラインで安心したファイトで確実に揚げれればいいんじゃないのかなと最近は思えるようになって来ました。 PE6号をツインパワーSW10000PGに巻いておりますが、ハイギアリール欲しいです。 ツインパワーSW14000XG PE6号300m かステラSW18000HG PE6号400m もしくは、バーチカルジギング・キャスティング両方使えるステラSW20000PGならPE6号500m巻けます。 ここ数年のヒラマサ用PEは、強いのは当然ながら滑りが良くて圧倒的にトラブルが少ないサンラインのPEライン使っています。 ショアジギでも根掛かりしたら切れないのでブレーカーが必要なレベルです。 まだ使ったことがない方はこのPEの凶悪なまでの強度に度肝抜かれますよwコレを瞬殺するヒラマサってバケモノ。 長崎中部に行ったら、ヒラスオンリーで釣れない可能性が非常に高いので今だけは平戸が激アツです。 気合だけは入ってまして、日の出からスタンバイ。 タックルは前回釣行時のセッティングのまま ロッド・96ft リール・10000 ライン・PE6号 リーダー・ナイロン100lb 団長ジグ120gのピンク・リアにシングル2本仕様 オシア・ロケットダイブのバナナフックでシングルフック仕様 朝一、ナブラが起きるも無反応。 ヒラス? それからというもの、なんとお昼までヘビータックルを振り回してノーバイト、ノーチェイス ヒラスで運を使い切ったのか…お昼にしてボウズを確信しました。 好機は一瞬 それを見逃したら負け。 お昼までボウズ。 居たに違いない感じですがバイトすらない。 個人まりと釣りを楽しんでいるので魚影を見た!って教えてくれる周りの人も居ない。 コミ症なのでw 頼れるのは自分ひとり。 魚が入ってきたか?潮は?風向きは?など、完全に独りで判断しています。 1年前にも書きましたが、ポイントを独りで判断する時の指標にはいくつかのコツがあります。 漁船を探す• 鳥を見付ける• 最後に近寄ってベイトが入っているか観察する シイラは群れをサイトで確認して釣る魚の代表みたいになっていますが、基本はベイトありきなのでトビウオが入って居なかったらシイラも居ないので、エリアにトビウオが飛んでいるかの確認をする事が重要な作業になります。 シングルで釣り回る時は一番大きいな目印である船を探して、次に鳥の数を調べるようにしています。 鳥が5羽くらいで少ない時がほとんどですが、その数羽が重要なヒントを教えてくれることも多いので、ちょっとしたヒントを見逃がさない事が経験の差に繋がってきます。 と、ここまで書くブロガーさんやYouTuberさんってほとんど居ないと思いますので、何言ってるか分からない方ゴメンナサイ。 あの時に、ちゃぶけんって奴がブログ書いてたなと思い出してくだされば幸いです。 あとは現場で経験積むのみ。 と言うことで、半日釣れない中でも集中力が切れない私。 蛇よりしつこいって言われていますw朝から120gのジグを永遠投げているタフさったら普通ではありませんw 過去の経験では、普通の人がヘタばる頃合いにワンチャンスが訪れます。 過去に何度も経験しており竿を置こうとした時こそがチャンス到来です。 ただただ、ひたすら投げ続ける。 この投げ続けることが実は一番難しい。 釣れるという根拠もなく重たいジグやプラグを一心に振りかぶる。 もうね、水の中が見えないから投げ続けるしかないんです。 磯と堤防ではシイラ釣りはまるで違う 有名堤防でコレやっていたら、ただの元気で何も知らないアンちゃんに見られるのでご注意ください。 有名堤防で通に見られるコツは、騒がないで凛としてブルーのフィッシンググローブをプロっぽくはめて強化リングを専用プライヤーでルアーにはめてお手入れしながらひたすら黙々と待つ! シイラが回って来たら周りが騒ぐので、その時は投げずにシイラの進行方向を予測。 集中砲火が始まるが、まだ投げずに待っておいてから、人とワンタイミングを遅らせてから、フローティングタイプのぺンシルなどのプラグを投げる。 すると逃げ遅れたトビウオと勘違いして食ってくるシイラが結構います。 周りが釣れていたら、無理して投げずにギャフ掛けのお手伝いすると高評価。 すると、気分を良くしたその人から、色々とタメになるお話が訊けたりして、その場限りのシイラより貴重なお話が出来たりするのも堤防シイラの魅力。 だが最近は良い噂を聞かないのであしからずw 堤防シイラは連携、磯は投げ続ける。 磯は場所にもよりますが入射角が足りずシイラの群れがまず見えないことが多い。 磯だとにかくワンチャンスをものにしないと一日棒に振ります。 ので投げ続けます。 何年もこんな釣りをやっていたら、ワンチャンが来そうなタイミングが薄っすらと分かってくるようになって来ました。 先日のヒラスもワンチャンでゲット。 魚種は関係なく潮の動きが重要だったりします。 ワンチャン、その時は来た。 怪しい潮目が走っていたので、ダイペン通したら雄のデコッパチが頭を出してクリーンヒット。 旧型のコーラルスター。 古くてもまだまだ粘ります。 雄シイラ125㎝ほど。 激流に乗って走るシイラ。 同じ重量だったらヒラスよりシイラの方が力は強い感じがします。 シイラを水揚げするのはもの凄く久しぶり。 こう見えて昔はダイワ信者だった頃にソルティガで釣りまくっていた以来のシイラ。 半日無反応で帰ろうかしていたところの水揚げでホッと一息。 やはり諦めずに投げ続ける重要性を感じた一本。 それから、夕方にかけてラッシュに突入、投げたら最後シイラ祭り。 1本目の雄シイラで握力と腕力を失って投げるだけで辛いのに次から次にシイラがじゃれてくる。 トビウオが右往左往してもう天国なのか?現実なのか?もう分からない ひたすらシイラのファイトに耐えるが、腕パンで成す術なくバラしの連発。 でも凄く楽しい。 この日は結局1本のみとなりましたがメチャクチャに釣れた気分。 活締めして、脱血して、直ぐに腸抜いて、神経抜いたら見事なまでに綺麗な身でした。 お刺身が食べれるようになって初めてのシイラのお刺身なのですが、個人的には鯛の味よりシイラの味が好きです。 鯛と鯵の中間のような感じでマイルドです。 トロは佐賀牛みたいに脂が乗っていて直ぐに完売。 トロを炙ったら美味かっただろうな。。。。。 わが家は背のブロックを頂きましたが背であれだけ美味しければ合格です。 今回もジグでは無視されて、ダイペンだけは好反応。 波から飛び出しにくく、最大限まで魚を引き付ける安定の泳ぎと、AR-C搭載でズバ抜けた飛距離のロケットダイブ187F、最近の釣果では明暗を分ける存在になっております。 あと何本か増強しとかないとぶち切られた時ヤバい。 今年は釣りたい!平戸の漁師さん曰くシイラのトロは美味い!とのことなのでお刺身で食ってみたい!昔はお刺身食べてなかったので今更です。 ワイパーを回すと海水が伸びてホワイトアウト… これぞ秋の平戸釣行!雰囲気出て来ました。 着くやいなや「平戸名物のヒウオ曳き」の船が5艇ほどゴリゴリ回っています。 しかもアゴ トビウオ が単発だけど飛んでいる! さて、開幕戦は何から投げようかな~?とヒウオ曳きを眺めていると120㎝ほどのメスシイラが飛んでます。 ヒウオ曳きにあっけなく掛かかりました。 ロッド古すぎないか?って思われた方が私は大好きです。 変な趣味なのでニヤニヤしちゃいますw アゴペンはあまり使わなくなりましたが好きです。 ヒラスなど使いまわしが出来るプラグやらジグがボックスに鎮座することが多くなりました。 釣り部屋でひっそりと壁にかかって出動の出番待ちの団長ジグ120gを今回持ってきました。 小粒ながらも飛距離が半端なくて、海面割ったら粒子が細かなバブルが発生するので大好きなジグです。 フックはガマカツのクエ針 チューンドだったかな のアシストフックをリアにダブルで使っております。 伸びること知らずの信用のフック。 過去に「」が事故で起きたりして、平戸は浅瀬でも何が起きるか分からないクオリティーが高い釣り場です。 なので、フックとラインはゴッツイのがおススメです。 シイラ釣りスタート 北東の風爆風。 見渡す限り白波。 吹きすさむ風が私の脳へダイレクトに釣りは最高!クレージーだぜ!ってアドレナリンをバンバン分泌してくれます。 トビウオは時折飛ぶがシイラの姿は目視出来ず。 ヒウオ曳きでは3本揚がったがキャスティングでは全く反応せず。 シイラは居るには居る。 いつも以上に相当数入っている 直感) 何故か団長ジグには食わない。 お話しをしていた方はアゴペンを永遠キャスティング。 同じく無反応 半日釣行のうちの貴重な半分の時間を費やしてしまったが、ここであることに気付きました。 シイラ開幕したばかりなのだが、 予想以上にスレている説 半分ずっと気にかけて疑っていたのですが、たまたまヒウオ曳きの船が5艇入り乱れた現場を見た瞬間に確信しちゃいました。 シイラ、早くもスレている とは言えIQはそこまで高くないとされているシイラですがスレると一転、全く口を使わなくなる「万力」かつ「石頭」の持ち主であります。 スレると手が付けれません。 もう放置するか違う群れを探すほかないですね。 開幕戦なのに予定外にスレたシイラにとった対策 スレたシイラには段階があります。 ジグなどの早い沈下を嫌うシイラ• ルアー自体にスレてしまったシイラ 1の場合はまだ手を替え品を替えで対処出来ます。 2の場合は釣られた仲間が危険サインを知らせるために、体色が黄色の警戒色になって群れ全体がナーバス状態に突入したら釣ることは困難を極めます。 スレ気味のシイラがジグの早い沈下速度を嫌うのは、私のお師匠さんが10年も以上前から仰っておられてました。 ならどうするべ?ってなるのですが、私はペンシルだったりポッパーだったり、ミノー等のプラグを使って対処しております。 ジグは食わないけど、プラグは食うシイラって結構多いです。 ジグからダイビングペンシルへ作戦変更 ひと昔のダイペンと違って最近のペンシルは良く飛ぶ!!!!! 一番お気に入りで使っているのが、シマノのAR-C・ロケットダイブ187F 足場が高かったり、波が高かったりしても、色々投げたダイビングペンシルの中で一番安定して綺麗に泳いでくれます。 ガンマ引きの時に波から飛び出たりしたら魚は興味を失って引き返していくので、波から飛び出ない事を一番重要視したらこのペンシルにたどり着きました。 波から飛びだしちゃうとお困りのプラッキング初心者の方におススメです。 他のプラスチックのダイペンより重めに作られていますので飛距離も抜群。 北東風に負けずぶん投げてました。 やっぱり、 信用して投げ続けられるルアーは必然と釣れるチャンスが増えるので結果が出しやすくなりますね。 諦めずダイビングペンシルの誘い出しでアピールしていたら、荒れ狂う波間に一瞬背中をモジらせる黒い物体のチェイスを確認。 シングルフックを前後2本だったためかフックには触れず感触なし。 だが、明らかにジグと違って反応してきたので、更に誘い続けます。 タックルハウスのダイビングのフィードポップもローテーションしましたが、誘い出しに乗ってくれたのは謎の黒い影1本のみ。 お話していたアングラーさんが離脱からの 「上げの舘浦、下げの白浜」 釣り人には言わずと知れた平戸に伝わる言い伝えがあり 干満のピークに近づき緩む潮で、知り合ったアングラーさんが離脱 私が投げているところがパッとしなかったので、気分転換にアングラーさんが死守されていた潮が通す釣り座移動してみました。 ヒウオ曳きの船は潮目ばかりでヒットしていたので、ここの釣り座は潮目までの距離が最短で可能性があると願っての移動です。 ダイペンを投げていたのですが潮目が遠くて太刀打ちできず、団長ジグに戻して飛距離重視の作戦に切り替え。 本日はジグでは釣れない日と分かっていたので、この時点では10㎏詰めた氷はどうしようかと頭に中で考え始めたタイミングでありました。 動いた。 魚みたい。 ツインパワー10000PGの7割ほどに掛けたドラグが引き吊り出されます。 始めからドラグテンションを掛けると、いとも簡単に身切れするので7割くらいがおススメです。 あとドラグテンションを掛け過ぎるとシイラがジャンプしまくります。 ドラグテンションを控えめに抑えると、ひたすら沖へ走ろうとしますのでバレ防止になります。 掛けてから猛ダッシュさせる筈が、沖へロケットダッシュや豪快なジャンプどころか、あろうことかそのまま真下に突き刺さりました 汗 アレっ、お魚が違うみたい。 根にラインがスレていてググググっととてもヤバい糸鳴りが伝わって来た。 アラカブ等の根魚と同じ要領でテンション抜いたら根から離れるの繰り返しで、騙し騙しのファイトです。 九州の秋場所で1キロ1万円のとても美味しい茶色いあの方だ!きっとそうだ! もしくは、鹿児島や沖縄で釣れる茶色いヒレ長な怪物青物か? どっちにしろ面白いヤツと対峙していることには変わりないので、せめて姿だけでも拝みたいもんだと頼むからバレるなと懸命のファイトが続きました。 20年近いオールドキャスティングロッドまだまだ余裕 ラインはサンラインのPEジガーULTの6号 リーダーはバリバスのナイロン100lb リールはツインパワー10000PG ロッドは20年近いコーラルスター10620・20lbクラス 9. 6ftカスタム・ティップチタンフレームの大口径ガイド化 タックル面で一番早く限界が来そうなのは、古い年代物のコーラルスター ブランクスのカーボン接着も経年劣化で剥離しボキっと行きそうな感じですが、しなやか且つ芯があって粘り強いパームスがなせる芸当で、根に張り付く謎魚が一瞬泳いだタイミングを見計らって根から引き吊り出してウインチ状態に成功しました。 まだまだ粘る10kgは余裕でイケそう。 古いロッドなだけに色々参考になる箇所が多すぎます。 最後の最後まで抵抗する謎魚。 思っていた以上にデカいw 3~4kgのアラ クエ かカンパチだと思っていたけど、イエローラインが入った釣りたくてもなかなか釣れない憧れのあの方でした。 拳が入るサイズをどうにかこうにかゲット。 ただ巻きの事故で釣れたこのヒラスちゃん。 何を隠そう自己新記録w おおよそ85㎝~90㎝、6キロちょい ダイペンの誘い出しで出て来た黒い影も恐らく5kg前後のヒラスっぽいです。 今回はシイラ釣りの予定でしたが、ヒラスのミスバイト1発と1キャッチ なんやかんやで上出来過ぎる釣果となりました。 このまま時化が続きますと平戸はますますお魚天国と化す気配が濃厚ですよ!来週の3連休はマジでヤバいです。 今年もイイ! 去年あたりからヒラスがショア近海をゴリゴリ回遊していて北部九州のショアジギマンは理性が飛んで狂喜乱舞! ショアライン沿いの水草も回復しきっていない磯焼け状態ですし水温も高い。 大雨で各湾内に流れ込んで来ている堆積物も年々増えて湾内が浅くなっている傾向にある。 海中環境の改善は見えていない中だったので偶然にイイ年だったのだろうという見方でしたが、どうやら今年もイケているみたですね。 佐賀~長崎の外海は広範囲のエリアで、それはもうハチャメチャ過ぎるくらいにお魚が釣れまくっているらしい。 クソッwwwこんな時に船は完全沈黙してるし 泣 バルスの呪文を唱えてもいいですか? 何が要因なのか未だ検討が付いていないのですが、何かがそうさせているのは確か。 しばらくはこの流れのトレンドが続きそうですので、秋はショアジギに参入してみるとスッゴイ大きな青物が釣れちゃったりするかもですよ。 去年は青物系ヘタッピな私でもPE4号を瞬殺でぶち切っていくヒラスと出会えましたから。 センスがいい人だったら1年でグッと成長出来ます。 さて、サゴシのことに戻ります。 9月から10月にサゴシをショアから釣ろうとすると、朝マヅメ・夕マヅメの時間帯が勝負の時間帯になります。 秋も深まり次第に日射しが弱まってくる10月も後半で11月に差し掛かる頃になりますと、マヅメに関係なく日中にバンバン釣れるようになります。 ですが、前回のネリゴとヤズの釣行時から、朝・夕マヅメのゴールデンタイムは無反応で、まだ9月でありながらも日中の日射しが強い時間帯に11月・12月のように釣果が集中しているのが今年のライトショアジギの傾向になっております。 季節も進んで11月~12月頃にはサゴシもベイトをたらふく食べて9月の頃よりサイズアップしております。 走りの時期は40㎝くらいだったのが60㎝を超えるサゴシに成長しており、寒も入って脂が乗ってピンク色の身に変わり寒ブリと並ぶ高級魚と肩を並べるほど美味しいお魚です。 9月のまだまだ小さい 45㎝ほど のサゴシのトロの部分だけ試しにお刺身にしてみました。 もちろん、釣った瞬間に活き締めして、脱血、1分後には内臓も除去してほぼほぼ下処理完了状態で6面真空のクーラーでキンキンに冷却保管。 氷水保管ではありませんがやれる分はやりました。 神経抜きは道具を忘れててやってないのが悔やまれます。 一晩寝かしたらもっと美味しかったでと思われますが、即席の味見目的のお刺身でも青臭くなくてなかなかの美味! サゴシくっせーって言っていた過去に反省です。 下処理を施して45㎝くらいのサゴシでも結構な美味魚に変身してくれました。

次の