手足 口 病 大人 初期 症状。 【写真】手足口病の大人の初期症状は軽い?喉・舌の痛みや口内炎・熱・発疹も!

大人の手足口病は意外と怖い!症状・特徴や似た病気との違いは?

手足 口 病 大人 初期 症状

手足口病とは 手足口病(てあしくちびょう、英: Hand, foot and mouth disease; HFMD)は、コクサッキーウイルスの一種が原因となって起こるウイルス性疾患である。 病名は手の平、足の裏、口内に水疱が発生する英語病名の直訳に由来する。 乳児や幼児によく見られる疾患であるが、成人にも見られる。 乳児ではまれに死亡することがある。 夏季を中心に流行し、汗疹と間違えられやすい。 出典元 手足口病の英名はHand, foot and mouth disease ですので(手)(足)(口)(病)と実に日本らしい ストレートな直訳でイカした名前なので発症する部位は 当たり前ですが 手、足、口なのです。 大人の手足口病の特徴• 40度近い高熱が出ることもある• 頭痛、筋肉痛、悪寒• 手、足、口に発疹が発生• 人によっては発疹の激しいかゆみ• 口の中の発疹は食べる事ができないほど痛い• 後々爪が剥がれる事も 大人の手足口病は、 子供とは比較にならないほど重症化する例があるのです。 手足口病の潜伏期間から発症までの経緯 感染から発症までの期間は3日から5日程度とされる 手足口病の症状 初期症状として発熱と咽頭痛があります。 1~2日後には手掌、手の指、足底、足底指の付け根、 などに痛みを伴う水疱性丘疹が生じ、 口内にも水疱が出現します。 これが1週間位続きます。 ただし、常に全ての症状が出現するとは限りません。 多くの場合、1週間から10日程度で自然に治癒する。 大人の手足口病の特徴 発疹 手足口病では初期症状の発熱と咽頭痛のあとに発疹が出、 そして発疹の水ぶくれの周りが赤くなるのが他の病気と 見分けるポイントともなります。 発生する場所は手の平、手の指、足の裏、 膝の裏や口に赤い発疹が出来ます。 この発疹がかゆみやしびれにつながってゆきます。 かゆみは人によっては強く我慢できないほどです。 大人の手足口病の特徴 しびれ 大人の手足口病では40度近い高熱になる事が多く、 発疹や痛みやかゆみを伴うのでそのピリピリと した痛みがしびれるような感覚になるようです。 実際はしびれているわけではないのですが、 しびれに似た感覚になると言えばわかりやすい のではないでしょうか。 大人の手足口病の特徴 かゆみ 手足口病は発熱の後2日程経過すると 特徴的な発疹が出てきます。 手のひらや指、足の裏やひざ、膝裏、 そして口の周りなどに特徴的な発疹が出、 この発疹は強いかゆみを伴います。 かゆみがひどく寝ることが出来なくなったり、 口の中に出来た場合は食べるのが嫌になる くらいかゆいのが特徴です。 酷い場合ですと水を飲むのも痛い場合も ありますので、 口の中に出来た場合は刺激の少ない食べ物を取るか、 消化に良いうどんやおかゆなど口の中にとどまる 時間が少ないものを選んで食べるのがいいのかもしれません。 大人の手足口病の特徴 喉 手足口病の初期症状では喉の痛み(咽頭炎) があり場合によっては口の中に口内炎が 大量発生する場合もあります。 咽頭炎とのダブルパンチで食べ物を 受け付けなくなる場合もあります ので注意が必要です。 喉の痛みは長引き中々改善しないのが特徴です。 大人の手足口病の特徴 爪 大人の手足口病では爪が剥がれる事が まれにあります。 手足口病のウイルスは数種類ある中の コクサッキーA6型というウイルスは 何と爪を生成する根本に入り込み ダメージを与えることから爪が正常に 成長することが出来なくなる為、 剥がれる事があります。 大人の手足口病の他の病気との見分け方 手足口病と似たような症状の他の病気があります。 ヘルパンギーナ ヘルパンギーナの症状は手足口病に非常に似ています。 ウイルスが原因であることや子供がなりやすい点や 夏に多くなるなど共通点が多いのです。 そして初期症状が喉の痛みや腫れ水ぶくれになる ところが同じですが、 ヘルパンギーナは手や足に発疹が出来る事が 無いのが大きな違いです。 プール熱 プール熱も手足口病やヘルパンギーナに症状が似ています。 ウイルスが原因であることや子供になりやすい事、 夏のプールで感染しやすい事など間違いやすい のも無理はありません。 プール熱の特徴としては発熱、 喉の痛み倦怠感に加え特徴が 目の痛みと充血があるのが 手足口病やヘルパンギーナとの見分け方になります。 水疱瘡 水疱瘡も主に子供がなりやすい病気で、 水痘帯状疱疹ウイルスが原因で 水ぶくれになるのですが、 水ぶくれができる場所が手足口病とは違います。 水疱瘡は全身特にお腹や背中に出るのが特徴ですので見分けるポイントとなります。 手足口病の感染経路 大人の手足口病の感染経路は主にお子さんが発症した後 看病した親に移るパターンが多いようです。 手足口病はウイルスですので患者の咳やくしゃみ から 飛沫感染する場合と おもちゃなどに患者の唾液や鼻水などがついていた 場合感染する 接触感染があります。 又、小さいお子さんの場合完治した と思っても4週間位は便としてウイルスが 排せつされますので、 おむつ交換時などの接触感染 から大人が感染することがあります。 手足口病完治までの期間 手足口病の潜伏期間は約5日間位 発症後3日間位高熱となる場合もあり、 その後微熱が続くと発疹や水ぶくれ などの症状が出始めます完治までは大体1週間位を要します。 手足口病感染防止対策 家族などの感染が認められた場合、手足口病は ウィルス性の病原菌ですので感染を防ぐには 患者も家族もマスクをし、飛沫感染を防ぐ 必要があります。 又、接触感染もありますので、患者が着ていた パジャマや枕、布団やタオルなどの洗濯の場合は 充分気を付けて取り扱う事が感染を防ぐ事になります。 手足口病には予防接種できるワクチンや治療薬がないので とにかく感染しない事が重要になります。 除菌ハンドソープで小まめに除菌する事が 感染防止になります。

次の

【写真】手足口病の大人の初期症状は軽い?喉・舌の痛みや口内炎・熱・発疹も!

手足 口 病 大人 初期 症状

引用:NHK WEB-手足口病が大流行のおそれ- このウイルスは、高温多湿の環境を好むので、 5月~8月にかけて流行します。 主に夏に乳幼児の間で流行することが多いですが、大人もかかることがあります。 関連 手足口病の初期症状の特徴 手足口病かも?と疑われるのはどのような症状なのでしょうか。 体がだるくなる倦怠感を伴うため、ただの夏風邪と勘違いしてしまうことが多いようです。 関連 水疱や発疹が出る 夏風邪と違う点は名の通り、手や足や口に 水疱や 発疹が出て、 かゆみを感じてくること。 「手足口病」という名前の通り、• 口の周り• 口の中(主に口の天井部分)• 舌の付け根• 喉の奥• 手のひらや指• 足の裏や指• 足のつけね を中心に症状がでますが、まれに• ひじの裏• お尻 などにも現れます。 【アフタとは】 口の中の皮膚粘膜表面が、灰色から黄白色に変色した膜に覆われた5~6mm以下の大きさの潰瘍のこと 特に発疹が出やすいところ 症状が中程度まで進むと、手足に発疹がみられます。 かゆみや痛みが生じてしまい、とてもつらい状態が 1週間から10日ほど続きます。 関連 喉の腫れ 喉や 咽頭 いんとうが腫れて痛みを伴うと、 食事や水分補給が困難になることもあります。 関連 手足口病の潜伏期間や発症期間 手足口病の潜伏期間は 3~6日間、 発症すると、場合によっては最初の初期症状としての 軽度の発 熱があり、 発症後は 7日~10日ほどかかって徐々に治っていきます。 学校や幼稚園は休めるの? 手足口病については、 インフルエンザのように幼稚園や学校の出席停止や、会社のや出勤停止の期間は設けられていません。 「学校保健法」で予防すべき伝染病1~3種に含まれていないため、基本的にはお医者さんや所属機関の判断に従いましょう。 関連 ネット上の皆さんの声を拾ってみると、おおまかな登園や出社の目安としては• 飛沫感染(つば・くしゃみなど)• 接触感染(手をつなぐ・潰れた水疱に触るなど)• 糞口感染(うんちやおしっこから排出されたウィルスが口を通して感染) などを 無意識のうちに体内に入れてしまうことが主な感染経路となっています。 特に、• 子供のおむつ替えの際に糞口感染によって母親に移る場合• 子供をお風呂に入れて体を洗う際に、潰れた水疱に触ってしまって接触感染 が多いそうですので注意が必要です。 関連 手足口病の予防 手足口病については、今のところ有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。 ですから予防方法としては、帰宅時のうがいや手洗い励行など、基本的な衛生管理が最も効果的です。 殺菌・消毒効果のあるスプレーや石鹼を使うのも有効的です。 ですので、医師に処方してもらった対症療法の解熱剤やかゆみ止めを使って、安静を保つことが一番大切です。 1週間ほどで治ることが多いので、治るまでしっかり休みましょう。 手足口病2017年の感染者・冬も流行 毎年夏に多い手足口病。 国立感染研究所の動向調査を見ると、夏のピークは過ぎたものの、確かに今年は、 過去10年と比較しても患者数が一番多く報告されています。 どの都道府県で流行してる? 2017年47週 11月20日〜 11月26日 の週報では、全国から 3885人もの報告例があり、.

次の

[医師監修・作成]手足口病の初期症状は水ぶくれだけ?惑わされてはいけないポイント

手足 口 病 大人 初期 症状

スポンサーリンク 手足口病とは? 手足口病とは、手や足、口の中に多くの発疹ができてしまう感染症です。 ウイルス性の感染症ともされていて主に子供が感染しやすいとされていますが、大人でも感染します。 主に夏場に手足口病が流行ったりします。 手足口病が大人が感染した場合、重症化しやすい人もいます。 手足口病の初期症状は? 手足口病の初期症状としては赤かったり、水泡のような「 発疹」ができることです。 発疹ができてしまうのは、手足口病の特徴でもあります。 手足口病は言葉通り、手や足、口の中にでき水泡性の発疹のような発心ができます。 手と足にできる場合は、水泡性の発疹でが多く、 口の中は口内炎のようなものができます。 手や足、口の中にできるものですが、例外として 手の甲、腕、足の甲、お尻などにもできることもあります。 手足口病はなぜできる? 抵抗力があると感しやすい場合だと、免疫力なども落ちているのでできやすくなります。 手足口病は感染症でもあるので、『 うつる場合』があります。 子供さんから大人へ・・と逆もありきなのでうつされた場合もあります。 手足口病には潜伏期間がある 潜伏期間は1~3日ほど潜伏期間があり、手足口病だと3日以降から発疹ができてしまいます。 そのため初期症状が見つかりにくい場合もあり、手足口病の人と触れたり関わったりした場合は、うつっている場合もある場合もあります。 手足口病の初期症状以外の症状 手足口病の場合、初期症状の発疹以外にも人によっては様々な症状が出てしまう場合もあります。 大人の代表的な症状は、発疹による「 かゆみ」や「 痛み」です。 そのほかに、• 倦怠感• 筋肉痛・関節痛 などが起きやすく、普通の風邪と勘違いしやすいですが発疹が多くできてしればかゆみや痛みも生じることも多く、 何割かの人は40度以上の高熱がでる場合があります。 すでに発疹ができていて高熱がでているなどは初期症状ではなく、少し悪化していることになります。 発疹の症状は大人と子供で違う 子供でもできやすい手足口病ですが、大人と子供では症状が違います。 それは「 痛み」の有無です。 子供の場合は手足口病でも痛くないケースが多いのですが、 大人の場合は痛みが生じるなど重症化しやすいこともあります。 特に熱が出ていると患部に痛みがあったり、痛みが強くなる人も多いです。 患部によって痛い場合があるなど、人それぞれによって違ってきます。 足に手足口病ができた場合、靴を履いた時などか発疹を踏んでしまったり、口の中だと食べ物が食べにくい、手だと水洗いが困難など辛い面もあります。 なぜ手足口病でかゆみが起きる? 発疹からのかゆみが起きるのかというと、夏場なので汗をかいたり、体温があがるためです。 また石鹸やシャンプーなどが手足口病の時の皮膚の弱い状態だと合わないことがあり、それが合わずにかゆみが生じてしまう場合もあります。 手足口病のかゆみ対策やかゆみが生じた場合どうすればよい? かゆみが生じてしまった場合、下記の対処方法がおススメです。 ・患部を冷やす ・お風呂はぬるま湯 ・お風呂は石鹸を使わず汗だけ流す ・かゆみ止めを塗る 温かいとどうしてもかゆみが生じやすくなるので、お風呂はできるだけ気持ち塗る湯が手足口病のかゆみケアには良いです。 患部を冷やす場合は、冷やしたものをタオルで巻いて患部に当てた方が安心です。 当てすぎると逆に刺激になる場合もあるので、長くは当てない方が無難です。 手足口病はどのくらい続く? 手足口病は2週間~1ヶ月程度で治るとされています。 初期症状の潜伏期間1~3日で、初期症状の水泡性の発疹ができます。 その後、完全に発疹などが悪化したり、かゆみ痛みが生じて熱が上がったりするのが7~10日程度。 その後熱が下がって発疹が消失という感じになります。 口の場合は剥がれずに体の中に吸収されやすく、発疹も徐々に回復していきます。 ただ大人の場合、子供と違い年齢によっては肌の代謝が遅くなるので、治るには若干時間がかかる可能性もありますが、1ヶ月程度できれいになることが多いです。 手足口病が発症した場合どう対処する? 手足口病は免疫力が低下しているとうつりやすいので、 ・マスクをつける ・タオルなど患部を他の人との接触に気を付ける ・くしゃみなどはハンカチで抑える ・手洗い・うがいをする ・栄養を取る ・病院へ行って薬をもらう などがあります。 口の中に水泡ができている場合、ヘルペスなどの場合もありますが、まずは手足口病っぽい症状が出たら病院で診察してもらうのが安心です。 市販の薬は売っている? 手足口病かはわからないけれど、病院に行くのはめんどいという方もいらっしゃると思って薬局やドラックストアに行かれるのではないでしょうか。 残念ながら、かゆみ止めなどの薬は売っていても、 手足口病の専用の薬は売っていません。 自己判断で別の薬をぬったりするのは危ないので、まずは病院で手足口病かを診察してもらって薬などをもらった方がいいですよ。 もしかゆみ止めが欲しい場合は、薬局やドラックストアの薬剤師さんに説明して選んでもらうと良いですよ。 大人初期症状の状態で病院に行けば、そこまで重症化する確率は下がると思います。 初期症状を超えて悪化している場合は、できるだけ行った方が薬など処方されるので治りも違ってきます。 なので発疹を確認した場合はすぐに病院に行くと良いのですが、手足口病の場合はどこの病院に行けばよいのか? 手足口病はどこの病院へ行けばよい? 手足口病の場合は、• 皮膚科 のどちらかに受診すれば大丈夫です。 発疹がすごいできてかゆみや痛みがものすごく生じている場合は、皮膚科の方が皮膚の専門なので詳しいこともありますが、病院の内科の受診でもOKです。 ちなみに子供の場合は、小児科でもOKです。 手足口病の場合仕事には行ける? 大人の場合「仕事」はつきものですが、手足口病ができてしまった場合は会社に出勤して大丈夫か? 手足口病は子供・大人関わらずうつる場合があるので、疲れている人が会社にいるとうつしてしまう可能性もあります。 初期症状であっても、まずは会社に行っても大丈夫かどうかの 病院で確認してみること。 もしダメな場合は、診断書などを書いてもらえるかもしれません。 万が一大丈夫で薬を塗っているとしても、一応会社と相談した方が安心なので相談してみてくださいね。 まとめ 手足口病は大人でもできてしまう感染症です。 できてしまうと発疹からのかゆみ・痛みなどが生じて熱も出るなど苦しい状態になります。 特効薬というものがないので、初期症状でも発疹が多くできていれば病院で診察してもらった方がいいですよ。 もしかしたら口の中にできている水泡や口内炎は、ヘルペスなどの場合もあるので、手や足、口にしろ自己判断で他の薬などは塗らない方がいいです。 日ごろ栄養を取って体調を管理していれば、他人が手足口病でもうつるリスクは減ります。 ただ逆にうつす場合はあるので、薬と栄養をとって一日でも早く回復できるように休んだりしてくださいね。

次の