ヒロシ 鉄板。 【おすすめ道具】ソロキャンプに鉄板ってどうよ?ってやめる人、損やわ~!ねっヒロシさん

アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLOを使ってみた

ヒロシ 鉄板

【アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron シリーズ】 アウトドアで美味しく調理をする為の必須アイテム「アウトドア野外鉄板」 ソロキャンプ、ファミリーキャンプでも使えるように様々なサイズをご用意しています。 アウトドア野外鉄板 「WOOPs Iron」とは? アウトドアでステーキ専門店並みの焼き上がり! 6mm厚の極厚鉄板でふんわり美味しくお肉が焼きあがります。 小型バーナー、ウッドストーブでも使える高耐久な鉄板。 そして軽量鉄板、ファミリー鉄板の3種を展開。 WOOPs Ironシリーズは 北海道の職人さんが一枚一枚丁寧に仕上げています。 WOOPs Ironシリーズは、 ヨドバシカメラアウトドアコーナー(札幌、埼玉、横浜、京都、名古屋、梅田、博多)にて絶賛発売中! そして実際に触れるデモを展示しております。 また、インターネットストアの でも御購入頂けます。 ヨドバシドットコムでは商品詳細、使用感もわかる写真も掲載されていますので、是非とも覗いてください。 でも好評発売中です。 動画内では、秋刀魚、ステーキ、アスパラベーコン巻きを焼いております。 取っ手があるので取り回しも容易です。 厚み6mmの極厚鉄板で簡単にお肉などを絶妙な焼き加減に仕上げてくれます。 また、鉄は高温に強く、蓄熱性が高く、熱伝導率が低いという特徴があります。 熱伝導率が低く、蓄熱性が高いことにより食材に緩やかかつ均一に熱が伝わり、お肉や野菜がふんわり美味しく絶妙な焼き加減に仕上がります。 また、使っていくうちに表面に油を含んだ被膜が形成されていき、高温で調理しても焦げ付きにくくなっていきます。 もし焦げ付いても高耐久なのでヘラでガシガシこそげ取って大丈夫。 収納には耐油の紙袋と、通気性のあるクラフト紙袋の2種類を同梱しておりますので収納シーンに合わせて使い分け、もしくは耐油、クラフト2重に入れて保管してください。 ) 出典: 網焼きとの違いと体感してください! アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron MULTI アウトドアでステーキ専門店並みの焼き上がり! 6mm厚の極厚鉄板でふんわり美味しくお肉が焼きあがります。

次の

流行りが来てる?キャンプで鉄板グリルを比較しよう!

ヒロシ 鉄板

今年は暖かくなるのが早く、もうそろそろアウトドアシーズンに突入しそうな気候になってきましたね!以前購入したアウトドア野外鉄板のWOOPs Iron。 やっと使うことが出来ました。 使用中、使用後に鉄板はどんな感じに仕上がるのか?をレビューしていきたいと思います。 この鉄板を使ってお肉を焼くと驚く程おいしく焼けると書いてあります。 実際、鉄板でお肉を焼くことは理にかなっています。 鉄板全体に均一熱を与える事でお肉をムラ無く仕上げる。 そうすることで肉汁と閉じ込めてジューシーに仕上げます。 網焼きでは体感出来ない食感と美味しさ。 お店の味をアウトドアで体感出来る、そんな鉄板になります。 さて今回使う鉄板はコチラ 実は使うのは2回目。 1回目は寒い時にベランダで使用したのですが、写真を完全に取り忘れてしまいました。 今回はレビュー用に写真を取ったので、見栄え度外視でソーセージを焼いています。 まず、使う前はどんな色だったか? こんな感じでした。 かなり綺麗な状態で、良く見れば面取りしてあって怪我が無いように仕上げてありますね。 ここからシーズニング等をして一度使用したのですが、残念ながら写真を取り忘れてしまいました。 そして一度使った後の鉄板はコチラです。 見事に 漆黒な鉄板へ変貌を遂げました。 まだ一度しか使用していないので、油の被膜はまだまだ。 これから沢山使って自分の鉄板に仕上げて行こうと思います。 さて、今回使う前に行った事は鉄板に若干こびり付いていたカスなどをヘラで取って、改めてオリーブオイルをまんべんなく塗る作業から。 そこそこ綺麗な感じに仕上がっています。 ここから早速アウトドア野外鉄板を使用していきます。 2,今回はソーセージを焼いてみます。 今回は使用感を見せたいなと思い食べる前提よりも撮る前提だった為、大した食材を用意せずに実施。 どこのスーパーでも売っているソーセージの香燻を調理してみました。 まずは鉄板を温めてそろそろかな?と思ったらソーセージを鉄板に押し付けます。 そうしたらジューっと音がなります。 ここでソーセージを鉄板へ乗せます。 ちなみに油跳ねも気になったので、ダンボールで壁を作って対策をしました。 サイドの跳ね上げが本当に良い。 何かの拍子に転がり落ちる可能性があるので、その不安を払拭してくれます。 もし外で転がり落ちたらテンション下がります。 しかも地面が砂や土だったら汚れて食材が終了です。 横から見たらこんな感じになります。 重みと大きさのおかげで特に滑る事も無く安定しております。 そして鉄板の厚さが見て取れますが中々の厚みですね。 これは蓄熱しそうな感じがします。 後はコロコロしながらひたすら焼けるのを待つだけです。 ちなみに取っ手を外し忘れて暫く調理をしたのですが、流石に鉄板近くの部分は熱が伝わって来てましたが、この状態で素手で外すことが出来ました。 こんな感じで焦げることは無く焼けていますね。 縁に油が溜まっていますが、特にこぼれることも無く油は止まった状態でした。 まだまだ焼いたほうが美味しいのですが、時間が無かったのでこの辺で食しました。 十分美味しかったのですが、この絵面では美味しさが伝わらないでしょうね…。 そして付属のヘラでカスなどを取り除き、オリーブオイルをまんべんなく縫って鉄板が冷めるのを待ちました。 約30分くらい熱は持続していましたので流石極厚鉄板と呼ぶだけあります。 最後に付属の耐油紙に入れて保管です。 ちなみに見て取れる油の跳ねです。 ダンボールに点々が付いているのが見えますね。 結果的に家で焼き肉をした時もそうですが油は跳ねるってことです。 ソーセージの油は最後まで垂れる事なく鉄板上でガマンしてくれました。 3,使ってみた所感 今回思った事として「 鉄板の面積と跳ね上げが絶妙」だなと思いました。 ヨコザワテッパンは滑り落ちてどうのという記事を見かけましたが、五徳に対してのバランス問題も多少なりあると思います。 この鉄板はほぼ正方形ですので、五徳にかかるテンションが一定です。 まだ使用回数が少ないので一概には言えませんが、使っている最中にバランスが悪くなるという事も無く滑ることもありません。 そんなにガツガツ食べる訳でもありませんので、この大きさの鉄板で正解だったなと改めて思えました。 」という内容でした。 札幌はまだ雪が残っているので、外で使うには後少しって所です。 改めて美味しいお肉を用意してレビューをしたいと思います。 本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。 HAL 今回使った鉄板はコチラ。

次の

てっぱん ひろし(地図/写真/岡山市/お好み焼き)

ヒロシ 鉄板

【アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron シリーズ】 アウトドアで美味しく調理をする為の必須アイテム「アウトドア野外鉄板」 ソロキャンプ、ファミリーキャンプでも使えるように様々なサイズをご用意しています。 アウトドア野外鉄板 「WOOPs Iron」とは? アウトドアでステーキ専門店並みの焼き上がり! 6mm厚の極厚鉄板でふんわり美味しくお肉が焼きあがります。 小型バーナー、ウッドストーブでも使える高耐久な鉄板。 そして軽量鉄板、ファミリー鉄板の3種を展開。 WOOPs Ironシリーズは 北海道の職人さんが一枚一枚丁寧に仕上げています。 WOOPs Ironシリーズは、 ヨドバシカメラアウトドアコーナー(札幌、埼玉、横浜、京都、名古屋、梅田、博多)にて絶賛発売中! そして実際に触れるデモを展示しております。 また、インターネットストアの でも御購入頂けます。 ヨドバシドットコムでは商品詳細、使用感もわかる写真も掲載されていますので、是非とも覗いてください。 でも好評発売中です。 動画内では、秋刀魚、ステーキ、アスパラベーコン巻きを焼いております。 取っ手があるので取り回しも容易です。 厚み6mmの極厚鉄板で簡単にお肉などを絶妙な焼き加減に仕上げてくれます。 また、鉄は高温に強く、蓄熱性が高く、熱伝導率が低いという特徴があります。 熱伝導率が低く、蓄熱性が高いことにより食材に緩やかかつ均一に熱が伝わり、お肉や野菜がふんわり美味しく絶妙な焼き加減に仕上がります。 また、使っていくうちに表面に油を含んだ被膜が形成されていき、高温で調理しても焦げ付きにくくなっていきます。 もし焦げ付いても高耐久なのでヘラでガシガシこそげ取って大丈夫。 収納には耐油の紙袋と、通気性のあるクラフト紙袋の2種類を同梱しておりますので収納シーンに合わせて使い分け、もしくは耐油、クラフト2重に入れて保管してください。 ) 出典: 網焼きとの違いと体感してください! アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron MULTI アウトドアでステーキ専門店並みの焼き上がり! 6mm厚の極厚鉄板でふんわり美味しくお肉が焼きあがります。

次の