桐生織物 マスク。 群馬・桐生・織物の技術で布マスクを NHK総合【おはよう日本】|JCCテレビすべて

「シルクマスク」を開発/桐生の新ブランド「SILKKI」がスタート

桐生織物 マスク

スポンサーリンク 桐生のシルクマスクの購入方法や販売店は?ネット通販情報も! 2020年4月11日時点で、実店舗で 4か所あります。 近くに寄った際には、探してみてはいかがでしょうか? 道の駅おおた• 電話番号: 0276-56-9350 道の駅 くろほね・やまびこ• 所在地:群馬県桐生市黒保根町下田沢91-4• 電話:0277-96-2575 高崎のいろは• 所在地:群馬県高崎市八島町222 イーサイト高崎• 電話: 027-321-0067 天然温泉湯都里• 所在地:群馬県高崎市島野町890-3• 電話:027-350-8811 桐生のシルクマスクのネット販売は? 欲しいけどさすがに群馬まで行けないよ・・・。 という方向けにネットでも販売されています。 2020年4月11日現在で• の2サイトで販売されています。 しかし、どちらも人気で売り切れてしまっています。 気になる方はブックマークか「再販をお願いする」ボタンを押して、今度こそ確実に手に入れましょう。 普通のマスクも手に入れよう ネットでは徐々にマスクの流通が回復しているようです。 こちらでの購入も視野に入れたほうが良さそうです。 スポンサーリンク マスクを何回も使いたい場合は除菌スプレーがおすすめ 相変わらずマスク不足が続いており、手持ちのマスクを何回も使いたい・・・、という方も多いのでは? そんな時はマスクを除菌できるスプレー 「 キノット」を使って清潔に保ちましょう。 キノットの凄いところは、• キノットをマスクの外側や内側にスプレーするだけで、15秒以内に除菌ができる。 次亜塩素酸水がアルコールでは届かないウイルスの細胞膜を透過、ウィルスや菌へアプローチする。 アルコールと違い弱酸性なので手肌に優しい• 子供やペットにも安心して使える です。 市販のアルコール除菌スプレーより優れた製品と言えます。 在庫がかなり少なくなっているので、気になる方は急いで買いましょう!(詳細は画像をクリック).

次の

「シルクマスク」を開発/桐生の新ブランド「SILKKI」がスタート

桐生織物 マスク

全国有数の織物の産地・群馬県桐生市には織物、染め物の企業が約500社あり、独自の技術を生かしてきた。 新たな産業として30社以上が布マスクの生産に乗り出している。 婦人服の会社の代表は「洋服とスカーフとマスクがセットだったり、ファッションの一部として取り入れてもらえるよう製作したい」と話す。 蚕の繭に含まれているタンパク質で生地に保湿性を持たせ肌荒れを抑える技術を開発した会社社長は「口にあてる物なので安全でなければならない。 繭の特製(保湿)が十分生かされている」と話す。 研究機関・群馬県繊維工業試験場はこれまで新素材の開発、製品の性能試験などで企業に協力してきたが、3月以降はマスク生地の抗菌試験の依頼が急増したという。 石井克明場長は「依頼された抗菌性の試験を確実にやっていく。 涼しく過ごせるマスクなど新しいアイデアなど開発の手伝いができればいい」と話す。 桐生商工会議所はホームページで各社のマスクを紹介。 全国各地から注文が来ている。 ヨーロッパなど海外へも売り込む方針。 桐生商工会議所・石原雄二専務理事は「繊維の町・桐生だからこそ布マスクもあるしマフラー、ストールもある。 そういう多様性がある。 織物の町、繊維の町としての桐生を発信していくべきだと思っている」と話す。 ふるさと納税、たんぱく質に言及。 群馬・桐生市では3密を避けるため利用したい場所が密かどうか事前に可視化できる取り組みを町ぐるみで始めている。 群馬県・山本一太知事は「1日に3名以上の新規感染者が報告されるのは4月27日以来」と述べた。 きのう、群馬県では新型コロナウイルスの新規感染者数が3人報告され、これで164人となった。 桐生市では感染対策としてあるサービスが始まっている。 店主が「やや混雑」のボタンを押すとインターネット上で表示された店の情報も「やや混雑」に。 桐生市では飲食店や施設などがリアルタイムで混雑状況を配信し利用者が事前に混み具合を確認できる取り組みを全国で初めて市を挙げて開始。 来店前に状況を確認することで事前に密を回避することができる。 サービスは飲食店だけではない。 カイバテエラス・齋藤直己代表は「空いているときに安全に来てもらえるのかなと思う」と述べた。 桐生市内にある図書館などの公共施設の混雑状況も可視化できる。 市民有志団体Sukiryu・高久保渉代表は「年齢層が高い市民が多い街。 街一丸となって安心して暮らせる街を目指せれば」と語った。

次の

群馬・桐生・織物の技術で布マスクを NHK総合【おはよう日本】|JCCテレビすべて

桐生織物 マスク

群馬県桐生市の織物メーカー「 桐生整染商事」が、シルクの機能を生かしたライフスタイルブランド「SILKKI」を立ち上げました。 国産シルクプロテインを配合した植物性エタノールや、シルクプロテインが肌を優しく包み込むウレタンマスクを生産し、オンラインショップでの販売を始めています。 シルクの機能を、暮らしの中に は1950年創業。 「織都・桐生」で長年、絹地 を扱ってきたノウハウを基に、今春から、 シルクの心地よさと機能性を備えた生活用品を提案する新ブランド 「SILKKI」をスタートさせました。 シルクプロテイン植物性エタノール(提供: SILKKI ) 保湿効果のある シルクプロテインが配合されたエタノールは、 さらりとした使い心地だそうです。 ウレタンマスクにシルクプロテインを加工した「シルクマスク」も販売しています。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、医療用品をはじめとした国内の資材不足が問題となりました。 その背景にある日本の輸入依存の高さが浮き彫りになり、一時的かもしれませんが、製造拠点の国内回帰といった動きも出ています。 以前、多種多様な繊維技術の息づく桐生産地の可能性について記事を書きましたが、国内に目を向ければ、高い技術力を持つ生産拠点はたくさんあります。 「SILKKI」は今後、シルクの生地を生かした衣類や、 シルクの成分を生かした雑貨なども販売していくそうです。 群馬ならではのシルクブランドと、桐生の繊維技術を掛け合わせて、シルクの需要拡大の新しいビジネスモデルとなれば、ととても期待しています。 皆さんも応援よろしくお願いいたします! 桐生整染商事株式会社 住所:群馬県桐生市巴町1-1123-6 Tel. :0277-22-0541.

次の