保険 証 郵送 方法。 保険証の郵送返却ってアリ? 郵送方法と添え状の書き方を解説

健康保険証を安く送る発送方法と梱包方法!退職時の返却などで活用可能

保険 証 郵送 方法

保険証の返却をする郵送先 保険証を返却する際は郵送で大丈夫ですが、郵送で返却してもよいか、あて名はどこにすればよいかの2点を確認しましょう。 保険ごとの取り扱いについては以下の通りです。 健康保険組合の場合 会社の健康保険組合に加入していた場合、勤めていた会社に保険証を返却します。 郵送をしてもよいかという確認と、宛名の確認を忘れないようにしましょう。 国民健康保険の場合 国民健康保険を返却する場合は市区町村役場にて手続きの必要があります。 しかし、事情によって行くことができないという方は郵送でも大丈夫です。 郵送をする場合は各市町村役場のホームページや電話で郵送について確認してください。 協会けんぽの場合 協会のけんぽに加入していた場合も勤め先の会社に保険証を返却をします。 しかし、退職後も継続して加入していたいと考える場合の返却先は協会けんぽ支部です。 継続したい場合、以前の健康保険証の番号が必要です。 コピーかメモをとっておきましょう。 保険証の郵送方法 郵送方法のポイントについては以下の通りです。 郵送方法は基本的には簡易書留がよい 保険証を郵送をする際は簡易書留にしましょう。 簡易書留とは一般書留の簡易版だと捉えてください。 どの郵便局から出したのかや、どの郵便局に届いたのかなどの情報を記録してくれます。 受け渡しは対面で、相手から受け取りのサインや印鑑をもらえます。 郵便の基本料に310円プラスで簡易書留にでき、賠償金は原則5万円です。 簡易書留にしたい場合、特別な封筒は必要ありません。 窓口に行って簡易書留にしてくださいと伝えるだけで大丈夫です。 詳しい情報を把握したい場合は一般書留で郵送するとよい 一般書留はどの郵便局から出し、経由し、どこの郵便局に届いたのかという詳しい情報を記録してくれます。 受け渡しは対面で、受取人からサインや印鑑をもらいます。 賠償金は10万円までで、郵便の基本料に430円プラスで一般書留に変更できます。 届いた証明が欲しければ配達証明がよい 配達証明は一般書留に追加できるサービスで、いつ届けたのかという情報を記録してくれるため、何月何日に宛先に届いたのかがはっきりと分かります。 保険証在中と記載しない 保険証は身分証として使えるため、保険証を悪用されるケースは数多くあります。 普通郵便ではなく対面で受け渡ししてくれる簡易書留がよいでしょう。 また、中身が分かるようなことを書かない方がよいです。 「保険証在中」と書いてしまうと、第三者にすぐに中身がバレてしまうため、リスクを避けて送りましょう。 添え状をつけると丁寧になる 保険証だけを返却するのは失礼とみられる場合もあるため。 なにか一筆書いて送った方がよいかなと考える方も多いでしょう。 社会人であれば、添え状をつけるほうがよいでしょう。 以下では添え状について解説します。 誰のものか添え状に書くとよい 添え状には誰のものかについて書きます。 どの部門、部署の人間のものか。 社員番号などもあれば記載しておきましょう。 返却するものを添え状に書くとよい 続いて返却するものについて箇条書きしましょう。 保険証以外にも返却するものがあれば記載してください。 返却する理由も添え状に書くとよい なぜ返却をするのか簡単に書きましょう。 「何月何日に退職したため。 」などというシンプルな一文でよいです。 締めのあいさつも添え状に書くとよい 最後は挨拶を書いて終わりましょう。 今までありがとうございました。 今後の発展を祈りますなどという内容です。

次の

雇用保険被保険者資格取得届を郵送提出するときの最低限ルールはこれ!

保険 証 郵送 方法

今回は保険証を持っていないときに病院で行きたいときの対処法と、保険証の代用となる「健康保険被保険者資格証明書」について紹介したい。 保険証の手続き中は、健康保険被保険者資格証明書で代用できる 【健康保険被保険者資格証明書の使い方】保険証の代用ができる 日本では国民皆保険制度が整えられ、保険に加入することが必須だ。 保険に加入すれば保険証を発行され、医療機関に受診する際に提示すれば自己負担が30%になるのだ。 日本人でも受診の際に保険証を持参していなかった場合は、全額負担となる。 手続き中で保険証が手元になく、保険証が届くまでの2週間の間に病院に行きたいこともあるだろう。 保険証の手続き中でも、「 健康保険被保険者資格証明書」という資格取得証明書で代用できるのだ。 「健康保険被保険者資格証明書」とは 「健康保険被保険者資格証明書」は、全国健康保険協会が管掌する健康保険の被保険者または被扶養者が、保険証が交付されるまでの間に交付される。 保険証の手続きや再交付申請などの理由で保険証を持っていない場合に提示すると、医療費は3割負担に割り引かれる。 健康保険被保険者資格証明書は、保険に入っていることを証明してくれる物で、保険証と同じと見てもよい。 基本的に健康保険被保険者資格証明書は、発行された日(=証明年月日)から 20日以内 が有効期間だ。 保険証が届いた場合や有効期間が経過した場合、健康保険被保険者資格証明書は破棄せずに、忘れずに返却しておいてほしい。 保険証が交付されるまでに医療機関で受診の予定がある際に使える資格証明書• 保険証同様、医療費は3割負担に割り引かれる• 保険証が届いた場合や20日の有効期間が経過した場合は、事業主に返却し、事業主は年金事務所に提出する 健康保険被保険者資格証明書の申請方法とは 健康保険被保険者資格証明書の申請の仕方 事業主あるいは被保険者が「 健康保険被保険者資格証明書交付申請書」を日本年金機構へ提出することで健康保険被保険者資格証明書は申請できる。 提出時期は、被保険者または被扶養者が保険証が交付される前に、早急に医療機関で受診する予定があるときだ。 健康保険被保険者資格証明書交付申請書を、事業所の所在地を管轄する年金事務所の窓口に提出する。 郵送の場合は、事務センターに提出しよう。 健康保険被保険者資格証明書に必要な情報とは? 健康保険被保険者資格証明書の申請には、まず「」を用意しよう。 窓口で健康保険被保険者資格証明書を申請する際は、身分証明書の提示が必要だ。 身分証明書の種類によっては、1つで足りない場合があるので、事前にチェックして欲しい。 また、事業主以外の人が申請しに行く場合は、事業主の委任を受けていることが分かる委任状も必要になる。 健康保険被保険者資格証明書交付申請書• (窓口での申請の場合)身分証明書• (事業主以外の人の場合)事業主の委任状 健康保険被保険者資格証明書交付申請書の書き方について 健康保険被保険者資格証明書の交付には、健康保険被保険者資格証明書交付申請書を記入して提出しないといけない。 健康保険被保険者資格証明書交付申請書の書き方 申請年月日を年号から書き終わったら、事業整理番号と事業所番号を書く枠が最初に出ている。 事業整理番号とは、健康保険証の「記号」の欄に記載されている数字だ。 事業所番号は、適用事業所台帳や雇用保険被保険者資格取得等確認通知書で確認することができる。 そのあとは自分と家族の氏名、生年月日、性別、資格取得年月日を逐一記入する。 資格取得年月日は勤務先で被保険者となった日付けを書く。 最後に事業所の詳しい情報を書いて終了だ。 事業主が記入する場合は事業主氏名を、被保険者は事業主氏名の代わりに自分の氏名を書く。 申請書の下の健康保険被保険者資格証明書の欄は、日本年金機構が記入するので空欄にてしおこう。 事業所整理番号は、健康保険証の「記号」の欄に記載のある数字を書く• 事業所番号は、適用事業所台帳や雇用保険被保険者資格取得等確認通知書で確認できる数字を書く• 資格取得年月日は、勤務先で被保険者となった日付けを書く• 事業主の場合は事業主氏名を、被保険者の場合は事業主氏名の代わりに自分の氏名を記入する 本記事では、健康保険被保険者資格証明書について紹介してきた。 運悪く保険証の再発行期間中に体調を崩した人はぜひこの制度を利用して医療機関に向かいたい。 保険証がないからと言って体調不良を我慢することだけは避けよう。 「仕事を再開したい」「退職してから転職活動を始める」という女性におすすめな転職エージェント「RUN-WAY」 前職はやりがいは感じでいたけれど、体力面できつい面があり体を壊さないために、と退職を余儀なくされる女性は少なからずいるだろう。 また、 出産や育児などのライフイベントが発生した後では、仕事以外の時間をしっかりと確保できる職業を新たに探したいという人も多い。 そんな人におすすめの転職サービスが、 女性専用の転職エージェント「RUN-WAY」。 「RUN-WAY」では 未経験職種もOK、女性特有な悩みもコンシェルジュが丁寧に解決してくれる。 登録も9つの項目を入力するだけであるため、 「転職・就職活動したいけど、何から始めればいいかわからない」「どんな仕事が合うかわからない」という人はぜひ一度登録をしてみるといい。

次の

保険証を郵送で返却する時の注意点はこれ!添え状はこうやって書けば良い!

保険 証 郵送 方法

「国民健康保険証」とは? 「国民健康保険証」は「国民健康保険」への加入を示すカード 日本は「国民皆保険」のお国柄、日本に住む誰もが何らかの健康保険に加入する義務があります。 外国人でも1年以上日本に住む場合は、保険に入らなくてはなりません。 勤め先などが提供する保険に加入していない場合には、「国民健康保険」に加入することが必要になります。 この「国民健康保険」に加入していることを証明できる資料が「国民健康保険証」です。 国民健康保険証は以前は紙で発行されていましたが、現在はカード型で発行されています。 「国民健康保険」に加入しており、医療機関の窓口で国民健康保険証を提示することで、医療費の自己負担が3割、年齢や条件によっては1割まで自己負担分が軽減されます。 「国民健康保険証」の発行と有効期限 「国民健康保険」への加入手続き 加入手続きは、自分が住んでいる各市区町村で行います。 「国民健康保険」の加入手続きには、免許証やパスポートなどの「身元確認ができるもの」と自著でなければ「印鑑」、そして「マイナンバー」は必須です。 そのほかの必要書類があるのですが、それは加入希望者によって異なりますので、ご自分がどれに該当するのかご確認のうえ、必要書類を揃えてください。 会社を退職したとき:(会社から発行される)健康保険等資格喪失証明書、銀行のキャッシュカードまたは通帳と通帳使用印• 他市区町村から転入:転出証明書• 子供が生まれたとき:母子健康手帳• 生活保護を受けなくなった:保護廃止決定通知書• 外国人:外国人登録証明書 「国民健康保険証」の発行は当日が多い 「国民健康保険証」の発行は、加入手続きを行った当日に発行されるのがほとんどです。 しかし、後日郵送する自治体もあります。 また必要書類が足りなかったり、代理人によって申請された場合は、郵送されることがほとんどです。 「国民健康保険証」の有効期限は2年 「国民健康保険証」には有効期限があり、2年です。 2年ごとに保健証は更新されますが、特に手続きはいりません。 保険証の有効期限が切れる前に、新しい保険証は世帯主宛てに簡易書留で郵送されます。 古い「国民健康保険証」の処分方法 有効期限の切れた保険証は、自分で裁断してから破棄するか、地方自治体の国民年金課に届けます。 「国民健康保険証」がない!?再発行手続きの方法 「国民健康保険証」の再発行は市区町村の窓口で 国民健康保険証がないと気づいたときには、すぐに再発行手続きを取りましょう。 手続きは、市区町村の窓口で本人か世帯主、または委任状があれば代理人でもできます。 郵送でできるかどうかは市区町村によって異なるので、問い合わせてみてください。 「国民健康保険証」の再発行日は手続き次第 再発行手続きを、写真付きの身分証明書で行なった場合、新しい「国民健康保険証」は当日に再発行されます。 しかし写真付きの身分証明書を提示しなかった場合、または代理人等が再発行手続きを行った場合には、後日、簡易書留で新しい「国民健康保険証」が郵送されます。 手元に届くまでの期間は、手続きから3日~1週間かかります。 郵送で手続き申請を行った場合はさらに日数がかかることが予想されますので、お急ぎの方はご注意ください。 「国民健康保険証」の返却手続き 国民健康保険を脱退する場合には保険証を返却 日本国民はいずれかの1つの公的な健康保険にしか入れないため、就職して別の健康保険に加入が決まった時や、引っ越しにより他の市区町村に転出する場合などには、「国民健康保険」をやめる必要があります。 生活保護を受けるようになったときや、後期高齢者医療制度に該当した場合にも脱退することになります。 また、必要書類もやめる理由によって、必要となる書類は変わりますので、各市区町村に確認してください。 「国民健康保険証」は現物を返却 国民健康保険をやめるときは、「国民健康保険証」を返却します。 「国民健康保険証」は必要書類のひとつですから、必ず現物を提出します。 手続きは本人が窓口で行う必要がありますが、同一世帯の家族や、委任状を持つ代理人、また郵送でも手続きを行うことができます。 「国民健康保険」に加入するときの注意点 退職してから14日以内に申請 会社を退職して国民健康保険に加入するときは、退職した日の翌日から数えて14日以内に国民健康保険の加入手続きを行います。 保険料は、申請手続きをした日から派生するのではなくて、退職した翌日から計算されることになります。 もしもこの14日以降に保険加入申請を行った場合、保険適用が認められずに、医療機関にかかった時に全額負担になるケースがあるので、退職後14日以内に申請するようにしてください。 保険料は世帯状況によって変わる 保険料は、世帯に給与や年金収入などを含めた収入がどれだけあり、その世帯の人の数などのいろいろな項目が考慮されて計算されます。 一概に保険料はいくらとは言えませんので、各市区町村にご相談ください。 また保険料の支払いは、世帯ごとに納付書が年に一回郵送されますので、各金融機関を通して支払います。 原則として、一括納付です。 国民健康保険料の滞納したらどうなる? 厳しい処分が待っている 保険料を何らかの事情で支払えないことがあるかもしれませんが、保険料を支払わないでいると、かなり厳しい罰則が待っています。 できれば、滞納することなく保険料を支払うことをおすすめします。 処分の内容• 納付期限の約一か月後には督促状となる「通知表」が送付されます。 「通知表」を無視すると、短い有効期限の「短期保険証」が送付されます。 保険料をさらに滞納すると、一年後には「資格証明書」に代わり、医療費が全額自己負担になります。 最初の納付期限から1年六か月後には、特別医療費などの保険給付の支払い差し止め。 最後に、財産の差し押さえが行われます。 まとめ 健康保険に加入することが義務付けられている日本では、なんらかの健康保険に加入しなくてはなりません。 その代表格である「国民健康保険」。 「国民健康保険証」はその証となる物ですから、紛失することないように大事に管理するようにしましょう。

次の