恫喝 訴える。 恫喝の意味とは?恐喝との違いや類語は?パワハラや犯罪になる?

訴えるぞ! 警察に通報するぞ! は脅迫になるか?

恫喝 訴える

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 脅迫罪 法律・条文 刑法222条 保護法益 意思決定の自由(争いあり) 主体 人 客体 人 実行行為 害悪の告知 主観 故意犯 結果 抽象的危険犯 実行の着手 - 既遂時期 害悪の告知をした時 法定刑 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金 未遂・予備 なし ・ ・ 犯罪論 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 刑罰論 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 目次• 条文 [ ] (脅迫) 第222条 1 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。 2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。 保護法益 [ ] 保護法益は、決定の自由である。 ただし、私生活の平穏も同時に保護法益となると解する説もある。 行為 [ ] 脅迫罪においての は、人の生命、財産、身体、名誉、自由(通説によれば貞操や信念も含む)に対して害悪する告知を行うことである。 相手が恐怖心を感じるかどうかは問わない()。 脅迫の対象 [ ]• 脅迫の対象となる利益は、から列挙されたものに限定されると解されている。 問題になる利益としては、、(財産上の)信用、交際()などがあげられている。 脅迫の対象となる人物は、被害者本人(1項)か、「親族」(2項)に限られる。 具体的には、「お前の子供を殺す」と言われた場合は脅迫となるが、「お前の恋人を殺す」と言われた場合は脅迫にはならない。 ただし「お前の夫(妻)を殺す」は脅迫になる。 罪刑法定主義の要請である(ただし、養子縁組前の養子又は養親や内縁関係にある人物に対する害悪の告知が脅迫罪を構成するかどうかは講学上争いがある)。 なお、では、「つきまとい行為」の刑事罰について、「その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者」も、対象としている。 に対して脅迫罪が成立するかどうかは争いがあるが、保護法益から考えて、成立しないという下級審裁判例がある。 (ただし、など法人の機関である人物に対する脅迫罪は成立する。 ) 方法 [ ] 判例によれば、口頭や書面に限られず、相手方が知ることができれば成立する。 態度であってもよい。 ただし、審議では、口頭は被疑者の発言証拠が必要であり、書面はなおさらである。 具体的には、集落においてある住民に対して絶交の決議をし(いわゆる)、被絶交者がその決議を知った場合である(大判大正13年11月26日刑集3巻831頁)。 内容 [ ] 「 一般人が畏怖するに足りる」ものであればよい。 「殺す」という言葉のほかに、「刺す」「しばく」「どつく」「殴る」「埋める」「くらす」なども該当し、「何をするかわからない」などと暗に加害行為をすることを告げる場合でも成立する。 これも前々項と同様、審議では被疑者の発言証拠等が必要である。 必ずしも犯罪行為に限られないというのが判例である。 正当な行為を告知して脅迫になるのはおかしいという学説もある。 「お前の不正を告発するぞ」と言った場合、真実の追究が目的ではなく、単に畏怖させる目的であれば脅迫罪は成立する(大判大正3年12月1日刑録20輯2303頁)。 害悪は、告知者が関与できる、と一般的に感じられるものでなければならない(ただし、害悪の告知時に実際に関与できている必要はない)。 害悪をもたらす人間が告知者以外の第三者であってもよい(間接脅迫)。 「君には厳烈な審判が下されるであろう」と告げるのは、害悪の告知に当たらない(名古屋高判昭和45年10月28日刑月2巻10号1030頁)。 「人民政府ができた暁には人民裁判によって断頭台上に裁かれる。 人民政府ができるのは近い将来である」と告げるのは、脅迫罪に当たらない(害悪が被告人自身または被告人の左右し得る他人を通じて可能ならしめられるものとして通告されたのではないため。 広島高松支判昭和25年7月3日高刑3巻2号247頁)。 「俺の仲間は沢山居てそいつ等も君をやつつけるのだと相当意気込んで居る」と告げるのは、害悪の告知に当たる(最判昭和27年7月25日刑集6巻7号921頁)。 関連項目 [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 参考文献 [ ]• 『刑法各論講義-第3版』(、1999年)• 『新版刑法講義各論』(、2000年)• 『刑法各論(法律学講座双書)第四版 』(、2007年)• 『試験対策講座 刑法各論(第3版)』(弘文堂、2007年).

次の

「恫喝」の意味と使い方、類語、「脅迫・恐喝」との違い

恫喝 訴える

パワハラは社内での解決が難しい場合や大きな損害を受けた場合、訴訟(裁判)に発展することがあります。 パワハラ訴訟の多くは、パワハラをした上司や止めなかった会社に対して、慰謝料請求をすることになります。 慰謝料の相場は50万円〜100万円程度で決して高くありません。 ただし、ハラスメントによっては働けなくなったり、未払いの残業代があったりする場合は訴訟によって請求できるかもしれません。 訴訟を起こす場合は、証拠が何よりも重要になります。 この記事では、パワハラ訴訟を考えている方に向けて必要な証拠や費用、手順についてご紹介します。 【オススメの関連記事】• パワハラで訴訟するには弁護士にご相談ください! パワハラを証明するには、証拠が重要になります。 しかし、裁判で有効になる証拠がどのようなものか分からない方も多いでしょう。 確かに行き過ぎたパワハラは許されるべき行為ではありませんが、いきり立って訴訟を起こしても証拠不十分で徒労に終わってしまうことも十分に考えられます。 パワハラで訴訟を起こす前に必ず弁護士に相談するようにしましょう。 地域からパワハラ問題を得意とする弁護士を探す 関東 |||||| 関西 ||||| 北海道・東北 |||||| 北陸・甲信越 ||||| 東海 ||| 中国・四国 |||||||| 九州・沖縄 ||||||| 目次• 過去にパワハラで訴訟を起こしたケースは多くあります。 もちろんどんなに酷いパワハラであっても、必ず勝訴になるとは限りません。 今までの実例を見ていくことで、パワハラでの訴訟の傾向が分かります。 まずは、パワハラでの訴訟の実例を見てみましょう。 実例については、厚生労働省が運営する「」で取り上げられた例を参考にさせていただいております。 誠昇会北本共済病院事件 准看護師として勤務していたAが、上司に当たるBから個人的な命令をされたり、飲み会に朝まで無理やり付き合わせたり、「死ねよ」「殺すぞ」などの暴言・メールを受けた結果Aが自殺し、Aの遺族がBと病院に対し訴訟を起こした事件です。 Aの自殺はBのパワハラが原因のものと認められBに対し1,000万円、病院とBが連帯して500万円の損害賠償責任を負うように命じました。 日本ファンド事件 消費者金融の従業員3人が会社と上司に対して、パワハラ訴訟を起こした例です。 原告A、B、CのうちAは抑うつ状態になり休業しました。 Aに対し60万円の慰謝料と治療費、休業補償、Bに対し慰謝料40万円を、Cに対し慰謝料10万円の支払い命令を、上司と会社に命じました。 上司のパワハラの内容としては、本来扇風機が不必要な時期にA,Bに対して当て続けたこと、「給料をもらいながら仕事をしていませんでした」などと理不尽な始末書を書かせたこと、Cに対して背中を殴打したり、叱責しながら足で蹴るなどの行為をしていました。 ザ・ウィンザーホテルズインターナショナル事件 上司から受けたパワハラが原因で精神疾患を発症し、長期間の休業を余儀なくされた末に自然退職扱いにされたとして、自然退職扱い後も会社の従業員としての権利があるとして、賃金を請求する訴訟を起こした事例です。 判決としては、精神的苦痛による慰謝料150万円は認められたものの、精神疾患とパワハラの関連性は認められず、自然退職後の賃金請求は退けられました。 長崎・海上自衛隊員自殺事件 海上自衛隊員が上官からの執拗な誹謗を受け、うつ病の末に自殺したとして、自殺した自衛隊員の遺族が国に対して慰謝料の請求を求めた事件です。 判決は、国に安全配慮義務違反があるとして、遺族に350万円の支払いを命じました。 「馬鹿か」「覚えが悪い」といった発言は、指導の域を超えており、パワハラと認定されました。 大阪府障害者福祉事業団事件 職員のAが職場で利用者に対し虐待が行なわれているという、内部告発をした件で上司が逆恨みし、Aが非違行為をしていると虚偽の報告をされたことで、Aが慰謝料150万円の訴訟を起こした事件です。 更には、別の上司から暴言を受けたり、雇い止めの通知、不当な配置転換、職場での無視などを受けました。 職場で虐待が行なわれており、それを告発したことによる、今回のパワハラは、一見ひどい内容に思えますが、裁判所の判断はAの請求の棄却でした。 理由としては、Aの主張には証拠が少なく、また、日誌にも同僚に対して屈辱的な事を書いていたとして、客観的に判断した結果、職場での人間関係が悪化したAが不愉快に感じていただけという判断がされました。 上記の例を参考に、パワハラでの訴訟の傾向を解説します。 慰謝料請求はパワハラを行っていた本人と会社に行なう パワハラは基本的に個人間の問題です。 しかし、上司から酷いパワハラを受けていて「もう許せない」と訴訟を起こせば、会社にも影響が出ることを頭においておきましょう。 言い換えるならば、パワハラ被害を受けたのであれば、先に他の上司に相談したり、人事部、組合に報告して下さい。 そのような方法を取ってみても「全く動いてくれない」「むしろ更に酷い扱いを受けた」というような状況になったのであれば、パワハラ相手だけではなく会社も含め、パワハラでの訴訟を考えて下さい。 証拠が重要 パワハラでは何よりも証拠が重要になります。 上記の例で出した「大阪府障害者福祉事業団事件」の簡単な概要は「利用者が虐待を受けていたので、それを報告したらパワハラを受けるようになった」という、なんとも許しがたい事例です。 しかし、誤解を恐れずに言うと、裁判官は正義の味方ではありません。 客観的な証拠に基づき事実を判断し、法のもと適切な判決を下すまでです。 真実は証拠がないことには理解してもらえません。 上記の例は、証拠がなかったので、原告が過大に訴えていたのか、事業所が隠し通したのかの真実は分かりませんでした。 他の不当性も考えられる パワハラと言えば、受けた被害の慰謝料請求が真っ先に考えられるでしょう。 しかし、パワハラが蔓延している会社には、おおよそ他の問題があったりするものです。 例えば、パワハラを本社に訴えたら、上司に逆恨みされて解雇の通知が来たり、「仕事が終わるまで帰るな」と長時間労働を強いられたりすることです。 この場合、やや他の未払賃金も請求をすることが出来ます。 この場合、さらにそれぞれに応じた証拠も必要になってくるので、リンク先の記事を参考にして下さい。 パワハラで訴訟をするにあたって、非常に重要になるものが証拠です。 特にパワハラは、暴言や態度などの証拠に残りづらいものが多く、いくら酷いパワハラを受けていたとしても、明確な証拠が無く、相手に「そんなことはありません」と白を切られてしまえば、言った言わないの水掛け論になってしまいます。 パワハラを受けた事実を証明する証拠 何よりも重要になることはパワハラを受けたという事実を証明する証拠です。 パワハラは特に暴言による形として残らない方法で行われることがほとんどです。 一番有効な手段としては、ボイスレコーダーによる録音です。 最近では、スマートフォンのアプリでも録音できますので、身を守るためにできる限り録音しておくことをお勧めします。 他にも、パワハラで受けた内容を日記のような形で残しておいたり、同僚の証言を集めることも出来ます。 とにかくパワハラを裁判所に訴えようとお考えであれば、パワハラを受けるたびに形に残しておくことを心がけて下さい。 断続的パワハラを受けていたという証拠 さらにパワハラを受けていた期間が長くなればなるほど認められやすくなります。 「いつ」パワハラを受けたかもしっかりと残しておきましょう。 また、パワハラを会社に訴えたのに、動いてくれなかったり、逆に不当な扱いを受けたのであれば、その時の状況も形として残しておきましょう。 パワハラでの被害を証明する証拠 パワハラよって実害が出たのであれば、そのことを証明する証拠も揃えましょう。 例えば、精神疾患になってしまったのであれば、病院の診断書、部署異動や解雇を強要するような発言があれば、その事実を証明できる証言・通達なども用意します。 更には、パワハラとその実害の関連性を証明する必要があります。 パワハラの訴訟にかかる費用は大きく分けると2種類になります。 1つは訴訟を起こす際に必要となる「手数料」。 もう一つが、訴訟を個人で起こすことは難しいので、弁護士に依頼する際の「弁護士費用」です。 訴訟の際の手数料 訴訟を起こす場合、必ず慰謝料等の損害賠償を請求しますが、損害賠償の請求額に応じて手数料が変わってきます。 わかりにくい方は裁判所のHPにも早見表が掲載されています。 弁護士費用の相場 パワハラでの弁護士費用はおおよそ50~100万円になります。 弁護士費用は高額なイメージが有りますが、その通り高額になってしまいます。 弁護士費用を特に大きく分けると、着手金と報酬金に別れます。 着手金 着手金とは、弁護士に依頼する際にかかってくる費用です。 つまり、訴訟に勝っても負けても支払わなくてはなりません。 相場としては、訴訟額の8%程度ですが、あらかじめ金額を設定していたり、着手金ゼロ円を謳っている弁護士事務所もあり様々です。 報酬金 報酬金とは、訴訟で勝訴になり、受け取ることになった金額に応じて支払う費用です。 基本的に獲得金の割合で設定している弁護士事務所が多く、相場としては16%です。 こちらも着手金はゼロ円だけど、報酬金の割合が高いなど弁護士事務所によって違います。 その他費用 弁護士費用は上記の2つだけではありません。 例えば、面談を行ったら1時間1万円や、書類の作成費用、弁護士が裁判所まで移動した交通費などが加算されることもあります。 弁護士相談は、費用の事も詳しく聞き、こちらがいくらまでなら用意できるかなども費用面の相談もしましょう。 地域からパワハラ問題を得意とする弁護士を探す 関東 |||||| 関西 ||||| 北海道・東北 |||||| 北陸・甲信越 ||||| 東海 ||| 中国・四国 |||||||| 九州・沖縄 ||||||| 手数料は負ければ自費、弁護士費用は自費負担 手数料は訴訟に負ければ自費、弁護士費用は基本的に自費という一般的な傾向があります。 裁判費用は裁判の結果で左右されることは、分かりやすいですね。 一方、訴訟でかかった弁護士費用は、原則的に自費ですが、相手に請求することも可能です。 相手のパワハラの内容や被害が大きく違法性が強い時に、弁護士費用も請求することも可能です。 一方、何の根拠もなく相手を訴訟してしまった場合、相手が用意した弁護士の費用を請求されかねませんのでお気をつけ下さい。 パワハラの慰謝料相場は一概にいえませんが、50~100万円になります。 これは、パワハラの内容が悪質だったり、パワハラを受けた人が自殺してしまった要な場合は高額になり、状況に応じて大きく変わるからです。 慰謝料の金額を左右する要因 パワハラの慰謝料金額を決める要因は様々な観点から考えられ、一概には言い切れませんが、ここで簡単にパワハラの慰謝料を左右することが考えられる要因をご紹介します。 パワハラに明確な定義がないため、何を持って悪質と判断するかは難しいところですが、過去の判例を元に客観的に判断されます。 また、パワハラの頻度が多くても同じことが言えるでしょう。 一方、パワハラを受けた被害者が同期全員といったように多ければ、個々の慰謝料も下がる傾向です。 また、加害者本人に伝えた場合も同じく、パワハラと認識していて更にパワハラを繰り返したことから、慰謝料も上がる要因になるでしょう。 などの実害があり、パワハラとの関連性が認められると、慰謝料も被害に応じて上がっていきます。 それでは、パワハラで訴訟を考えている方にパワハラで訴訟を起こすまでの手順を解説します。 まずは証拠を集める 上記でも既に述べていますが、パワハラでの訴訟は証拠が何よりです。 確かに辛いかもしれませんが、「もう無理」と訴訟を起こしても、証拠が不十分で敗訴になってしまえば、余計な労力と心労で更にダメージを受けてしまいます。 パワハラを受けながらも、「いつかやり返してやる」と心に秘め、証拠を集めていって下さい。 パワハラ相手に直訴する かなり勇気のいることですが、パワハラをしている張本人に「止めて下さい」という訴えを初期段階で行ないましょう。 実はパワハラをしている張本人はそのつもりがないこともあるのです。 当事者同士で解決することが一番良いことでしょう。 なぜ、証拠集めを最初にするかというと、「これはパワハラです。 証拠があるのでこれ以上は止めて下さい。 もし、改善されないようでしたら会社にも報告します。 」と説得力を持って訴えることが出来るからです。 また、パワハラだと相手に言ったことで、逆に「ふざけるな」と余計パワハラがひどくなれば、その内容も相手がパワハラと知っていて行い続けたという重要な証拠になりますので、やり取りを証拠として残すようにして下さい。 一人でパワハラ上司に立ち向かうことは、勇気がいるでしょうから、事前に心の許せる同期などと結束し、味方を増やしておくと良いでしょう。 会社に相談する 次にまだ会社に相談されていない方は、会社への相談です。 ここで言う会社というのは、他の上司であったり、パワハラ上司の上司であったり、人事部、労働組合などで信頼が置ける人を相手に相談しましょう。 こちらでも証拠があるとより積極的な相談ができます。 社外に相談する 会社に相談しても相手にされなかったり、パワハラ相手の耳に入り余計パワハラが酷くなってしまった場合は、いよいよ会社も敵に回すことを考え、社外へと相談します。 「とにかく辛い」「早く止めさせたい」「もうどうすればいいか分からない」と言う、様々な思いがあるでしょう。 状況にあった相談先を探して下さい。 「」 弁護士に相談する これら方法を試してみても、問題は解決しないこともあるでしょう。 その場合、いよいよパワハラでの訴訟を考えます。 パワハラでの訴訟は必ず事前に弁護士に費用面も含めて相談して下さい。 「 労働問題弁護士ナビ」では、労働問題を得意とする弁護士に限って掲載しております。 パワハラで訴訟を起こす際の弁護士選びの参考にされて下さい。 いかがでしょうか。 パワハラでの訴訟は最終手段ともお考え下さい。 あらゆる手を打ってもパワハラが改善されないようであれば、弁護士に相談の上、訴訟を考えてみてください。 地域からパワハラ問題を得意とする弁護士を探す 関東 |||||| 関西 ||||| 北海道・東北 |||||| 北陸・甲信越 ||||| 東海 ||| 中国・四国 |||||||| 九州・沖縄 ||||||| 出典元一覧• 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

木下優樹菜フジモンのディズニー悪態&恫喝の全て!家族も素知らぬ顔でマナー最悪?

恫喝 訴える

「恫喝 裁判」では、「検察は,警察・裁判所とはそれぞれ独立した存在で検察官は被疑者の供述と警察の証拠を厳正公平に判断し、その刑事事件について捜査及び起訴・不起訴の処分を行う役割を負った存在の筈ですが、その実態は上記のように警察同様に頭から真犯人扱いで、脅迫・恫喝・中傷・自白の強要を迫るのは一体どういうことでしょうか。 」「先程質問させて頂いたのですが、名誉棄損、恫喝による精神的苦痛を受けて訴えをおこした場合、休業保証、医療費、裁判費等は相手に請求できますか? 」「正式にやれ、出るとこ出ろ、裁判すれば安くなるのをわかっている、私の希望との差があるので話合いは無理、無いから払わないでいい、謝ったら悪い事を認めた事になる、悪い事を認めたら払わないといけないから、謝らない、ヤクザ、脅し、恫喝、脅迫と言う夫です。 」「裁判で恫喝による精神的苦痛や勝ち分の取り戻しについて訴える事は出来ますか? 」といった問題が見られます。 民事紛争の解決手続き分野に「恫喝 裁判」に関連する相談が多く寄せられています。 住宅街での深夜の花火を注意したら、数日後その家族の舅と姑に恫喝されました。 2010年09月15日• 1 弁護士回答• 本日、前の会社に辞表を持って行った所、店長に恫喝され、かなりの脅迫を感じたので、走って逃げました。 しかも、既に辞めているとの事で、日にちが間違っている等とも言われ、受理されませんでした。 これは、裁判に出来ますか?... 2014年11月24日• 2 弁護士回答• 奇行が目立つ同僚女性からの恫喝とセクハラに、法的対処を行いたいのですが。 私が季節性のインフルエンザにかかり、療養していましたが咳もなく、熱も下がり、体調も良くなりましたので、2時間ほど出社して、メールチェックでお客様へ... 2014年12月31日• 1 弁護士回答• 先日、デリバリーヘルスをホテルにて利用しようとしました。 店のHPから女の子の写真を選び、その子を指名してお願いしました(何分コースかは会ってから決めると言いました。 この時点では契約していないとは思います)。 指名料は無... 2017年12月18日• 1 弁護士回答• パワハラを受けました。 顧客先で仕事をしており 訴訟にすることはできるのでしょうか? 守秘義務を結ばされています ・メールで罵られる ・日常的につつかれたり身体的な攻撃 ・役ただず等の恫喝 訴訟をする事で有利な対価は見... 2020年01月31日• 1 弁護士回答• スラップ訴訟(見せしめ裁判)で自分の保険会社から地裁に債務不存在確認訴訟で地裁に提訴されました。 反訴で、この先制攻撃的で、圧倒的優位にある外資系の企業から、個人(被保険者)への、恫喝訴訟は棄却出来ないでしょうか?... 2019年05月06日• 2 弁護士回答• 債務不履行を続ける債務者側から「金を返して欲しけりゃ裁判起こせ!」と恫喝されたとして、それに従う義務はあるのでしょうか。... 2017年05月01日• 4 弁護士回答• 直属の上司から死ねなどや、証拠がないのに他部署のお局と私のミスが沢山あるといっきたり、私と他部署の上司が不倫してるメールを伝播させたり、深夜労働を沢山させられました。 もう会社にはいられないので、訴えたいのですが、まずは... 2015年08月24日• 3 弁護士回答• 裁判相手と和解することを考えているのですが、その際気を付けたほうがいいこと,やっておいたほうがいいことなど詳しく教えて頂きたくどうぞ宜しくお願い致します。 裁判相手はいくらでも恫喝してくるタイプの人なので和解した後のことが... 2015年02月02日• 2 弁護士回答• 2年にわたり経営者からのパワハラを受けています。 恫喝、暴言、拳を振り上げ殴る真似、土下座強要などです。 退職予定で、退職後訴訟予定です。 時系列にそったそこそこ細かいパワハラノート、恫喝の録音あり。 鬱傾向、神経性胃炎診断... 2018年07月12日• 1 弁護士回答• 一人暮らしの母親84歳がマンションで突然死しました 心臓発作。 賃貸マンションの不動産会社より事故物件になるため退去後の2年間、家賃の半額を支払えと言われています。 支払う必要があるのでしょうか? 払わないと裁判を起こすと... 2016年10月22日• 3 弁護士回答• 監護権請求について。 監護権請求の裁判で負けました。 未だに子供にたいして精神的虐待が繰り返されています。 離婚後にはなりますが、子供のことを考えますと、親権の再請求をしたいと思います。 過去の裁判で嘘の証言をしたことと、... 2017年07月24日• 2 弁護士回答• また、未払いもあるようです。 信頼関係が損なわれているので、きちんとしてくれるまで直接... 2013年11月15日• 1 弁護士回答• 先程質問させて頂いたのですが、名誉棄損、恫喝による精神的苦痛を受けて訴えをおこした場合、休業保証、医療費、裁判費等は相手に請求できますか?... 2013年02月04日• 2 弁護士回答• よろしくお願いします 2年ほど前から脅迫 恫喝 侮辱 名誉毀損 プライバシー侵害をされていて民事訴訟とする事にしましたが 相手方は反訴出来るだけの証拠も無しに反訴する反訴すると言っています 大して証拠も無い事で反訴は出来... 2019年07月13日• 3 弁護士回答• 前の会社に就職要求をしようとすると親に「何故行くのだ!」と恫喝されます。 これは脅迫罪に値しますか。 また、前の職場に就業要求をしに行っても、恫喝され、「だんだんイライラしてきた」などと言われ、恐怖を感じます。 激しく詰め寄ら... 2015年01月26日• 3 弁護士回答• 分譲マンションに住んでいますが、階下の住人からトイレやお風呂の音、話し声、日中の足音がうるさいと怒鳴り込まれました。 窓は常に締め切ってるし、日中の足音については、日中は家族全員仕事や学校なのでよそのところの音なのではと言... 2016年08月16日• 4 弁護士回答• 損害賠償請求訴訟中ですが、恫喝や脅迫も受けているので訴状には別の住所を記載しています。 しかし、被告が訴状に記載の原告当方の住所に疑問を持ち、当事者適格を争うことを装って氏名住所を記載した身分証を提出するよう主張してお... 2015年04月29日• 1 弁護士回答• いつもお世話になります。 よろしくお願いします。 以前の相談で心神耗弱等で控訴になるかと質問し、その程度では控訴棄却のほうが可能性が高いと回答をしていただきました。 その後、新たに警察の取り調べが恫喝にあたり、裁判所が裁... 2018年07月09日• 2 弁護士回答• 現在、ある訴訟をしております。 そこで当方弁護士より、次の事実を聞き驚愕しております。 現在の訴訟は、相手方が当方の関係人の痴呆を利用して書面を書かせたものと思われます。 そこで相手方弁護士から、先日裁判終了後の通路で当... 2014年12月16日• 1 弁護士回答• 個人間の借金で私は借り主です。 貸し主が借金額と返済内容を従兄弟に相談したらしく、従兄弟が一括返済をするように恫喝してきました。 貸し主とは借用書を交わしておらず、今後の返済についても司法書士を間にいれて、話会う事に決まって... 2014年08月14日• 2 弁護士回答• 個人間の借金で私は借り主です。 貸し主が借金額と返済内容を従兄弟に相談したらしく、従兄弟が一括返済をするように恫喝してきました。 貸し主とは借用書を交わしておらず、今後の返済についても司法書士を間にいれて、話会う事に決まって... 2014年08月14日• 1 弁護士回答• 現在やくざに不倫の慰謝料を請求されています。 金額は5000万円です。 事実関係に争点は有りませんが、金額の折り合いが全くつきません。 恫喝されたテープはあります。 裁判になったら、俺たちのやり方で好きなようにやる。 と、そ... 2010年07月09日• 5 弁護士回答• 離婚調停うん回目。 夫は財産分与含めた合意がなければ離婚を拒否している。 妻側に財産が多いです。 夫は不貞行為有り。 夫はめいいっぱい財産分与に対する主張をしてくるにかかわらず、妻の弁護士は不貞証拠や恫喝をうけていた証拠を裁判... 2020年03月01日• 2 弁護士回答• こんにちは、パワハラについて相談します。 上司の恫喝的な発言をボイスレコーダで 録音し相談されでいます。 また、上司は部下社員に差別発言をしたとの 言い寄り精神的に責められでいます。 訴訟の際のボイスレコーダの効力と日々... 2020年03月09日• 2 弁護士回答• 悪質な交通事故の裁判で勝訴した分を請求していますが、本人は居留守、家族も共謀し 電話しても直ぐに切る、逆に恫喝するなど侮辱・隠蔽を繰り返しています。 このような場合、 現在の法で、侮辱罪・隠匿罪・詐欺罪・財産を家族名義... 2017年01月11日• 1 弁護士回答• 前にセクハラの申し出を受けていると相談しましたが、その際に会社からセクハラについて事実確認をされました。 私の話は信用せずに、以下のようなことを言われました。 被害者と申し出ている者を家に送る時、自分だったら下心いっぱい... 2016年08月19日• 3 弁護士回答• よろしくお願いいたします。 表題のサービスを受けようとしましたが、待ち合わせ時間前にキャンセル意向を伝えました。 先方はキャンセルを承っていないと回答。 女性が行くので交通費のみ渡せばよいとのこと。 その後店側から店長と思しき男... 2015年03月03日• 1 弁護士回答• 詐欺にあった会社に告訴状を送りつけてしまいました。 これは脅迫になりますか。 私は相手に就業のお願いもしていたので、業務妨害と言われ、警察に二回捕まっています。 しかし、電話では、お前の家に行くぞ、お前ホンマに日本人なんかコラ... 2016年04月13日• 1 弁護士回答• 私が離婚調停不成立にしました 3ヶ月前。 別居して、一年です。 調停に出ない旨、家裁に伝えた後、弁護士から会いたいとか、調停に出て欲しいと言ってきました。 私は、離婚しないと言っているのに、最初の手紙で「夫が希望すれば、訴... 2012年01月13日• 1 弁護士回答• 私はコンサルティングの会社を経営しています。 現在、N社のITプロジェクトの営業コンサルティングの仕事を、S社、D社の2社を経由して業務委託を受注していますが、ピンはねが多すぎるため、契約形態を変更したいと考えています。... 2018年02月01日• 3 弁護士回答• 親の会社から、給料で購入した個人名義の土地ですが、会社のものだから返せ(会社名義に変更しろ)と恫喝され、話し合いたい旨を伝えたのですが、訴訟を起こされる事になりました。 不当訴訟だと思ったので、反訴しようと思ったのです... 2019年09月25日• 2 弁護士回答• 告発文の中に、私が社内で不倫しているとかかれており、会社は探偵を雇って、徹底的に調査をするらしいです。 完全な、プライバシーの侵害ですが、もし訴訟したら、何をするかわからないぞと恫喝されました。 それも怖いので弁護士に相... 2015年09月01日• 2 弁護士回答• 妻の両親から脅迫恫喝され子供の監護権の放棄を強要されたということで本人訴訟で慰謝料請求の訴訟を提訴しています。 慰謝料請求には陳述書が必要と聞きました。 陳述書て自分がこんな被害を受けたとか被害感情を文章にして裁判官に訴... 2011年06月13日• 1 弁護士回答• 医薬品医療機器等法違反(輸入、所持)及び覚せい剤取締法違反(所持、使用)にて逮捕勾留中に捜査官から譲渡の疑いの上申書を書けと恫喝され書いてしまいました。 裁判にて懲役2年執行猶予3年の判決が下りました。 譲渡を疑われる様... 2018年04月20日• 1 弁護士回答• 以前に管理会社とのトラブルにより家賃滞納から退去に至りました。 退去の際に違った金額で請求が来たり、メンテナンス費用でも折り合いがつかず全く信用出来ない為に、こちらからお願いしたことを無視され、話し合いの最中に保証会社へ委... 2015年10月21日• 3 弁護士回答• パチンコ屋で5円スロットのメダルを出来心で20円スロット機で遊び店に発見されて警察に突き出されたくなければ買っている4万円分のメダルを放棄しろと言われ示談書に無理矢理に署名させられました。 勝ち分を取り戻す方法があれば教え... 2014年04月02日• 3 弁護士回答• 友人にお金を貸しました。 額は55,000円です。 返却日に返してくれないので、本人からは少額訴訟の同意を得ました。 ですが良く聞くと、父親に言われて借りた。 ほとんど恫喝に近い様子でした。 また住所は父親の住所を... 2020年02月08日• 1 弁護士回答• お互い相手の事を全く知らない状態で、第三者も個人を絶対に特定出来ない匿名掲示板で言い争いになり、相手から「名誉毀損で弁護士に個人情報開示を依頼した、訴訟をする。 弁護士は必ず勝てると言っている。 」との旨の書き込みがあり、そ... 2020年03月05日• 1 弁護士回答• 民事訴訟の裁判官の心証 私は被告の立場でした。 弁論期日1回目と和解期日1回目に、原告から裁判に食って掛かる場面(裁判官の発言に抗議)がありました。 和解期日の場面では、具体的に、裁判官の和解案が気に入らなかったようで、... 2020年05月23日• 1 弁護士回答• 離婚裁判で被告側の証人喚問で証人として証言をしました。 その裁判は原告側の勝訴で結審しました。 それからまもなく警察署から偽証の取り調べを受けました。 神経が衰弱するほどの厳しい取り調べでした。 恫喝同然でした。 顔写真、身長... 2019年09月20日• 1 弁護士回答• 4月に新規オープンする温泉施設のオーナー夫婦より設備工事を請け負いましたが、工事代金が支払されません。 2015年06月17日• 1 弁護士回答• 新築4月完成予定知り合いの電気屋さんに工事お頼んだところ引き戸枠に傷お付け床にも照明器具お落として傷お付けられた問いただすと知らないの一点張りで請求書が来ると見積もりや約束した値段と違い書面で送ったところ相手方の弁護士か... 2018年04月25日• 1 弁護士回答• (経緯) ・配偶者に不貞行為が発覚 ・相手方に連絡 ・相手方が弁護士を立てて連絡 ・こちらは民事訴訟の意図を連絡 ・先方の弁護士から、訴訟せず示談したいとメールで連絡がありました (相談内容) *下記の内容を含む文面は... 2018年05月16日• 1 弁護士回答• 知人から相談された件ですが… 知人は民事裁判の証人喚問で偽証として警察に告訴され警察の聴取で記憶違いだったと話すと刑事が「全部証拠は揃ってるんだ!シラを切るらなこっも徹底的にやるぞ!警察をなめるな!てめえがやってるのは... 2019年09月23日• 1 弁護士回答• パワハラで訴訟を起こす場合、下記の全てを組合せる事で、証拠としては有力でしょうか?録音はありません。 2018年08月11日• 3 弁護士回答• 妻の浮気が原因で・妻に怪我をさせました。 その後妻の父に包丁を胸元に当てられ恫喝されました。 私は警察を呼んでくれと大きく叫びましたが・妻の実家(室内で)中は身内ばかりでした。 その後・やくざまがいの見知ら人に・(小指の第一関... 2016年02月01日• 2 弁護士回答• 業務委託にて働いています。 2年前から半年間毎日に渡り、恫喝が行われました。 同じ上司からセクハラにも会いました。 上記の事を、本社に訴えた所、仕事を干されてしまいました。 辞めるにも泣き寝入りしたくなくて、弁護士に相談... 2017年10月16日• 2 弁護士回答• 会社の同僚に度々殴られ、恫喝されております その同僚に殴られるようになってから頭痛が続いております 頭痛の無い時は脳に鈍痛を感じるような気分です 殴られた日は全てではありませんが手帳に書いてあります 録音の類は一切あり... 2013年03月20日• 5 弁護士回答• 職場の同僚 独身30代女性 が突然辞表を出して退職することになりました。 退職時部長に退職理由を言ったようなのですが、どうも個人攻撃していたようで、後日課長から詳細報告を求められました。 彼女とは、入社当時からそりが合わ... 2011年08月05日• 1 弁護士回答• 私の好きなアーティストに対し一年以上に渡る人格攻撃や誹謗中傷、捏造情報の流布 拡散 執拗なネットリンチを行う人物がいます。 私は自由にSNSを見る権利があり情報を得るためや仲間と話すためにSNSを使用していますがこれらの... 2018年12月04日• 1 弁護士回答•

次の