うちはマダラなのか。 NARUTO

うちはタジマ

うちはマダラなのか

出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ六十五 150ページ 著者:岸本斉史 うちはの伝説 うちはマダラ うちはマダラはうちはタジマの子で初代火影・とともに木の葉隠れの里創設した、当時のうちは一族の長。 木の葉創設後はうちは一族が消されてゆくことを懸念し里と対立、終末の谷での柱間との決戦で敗れ死亡したとされている。 その存在はもはや伝説となって語り継がれており第一部ではほとんど触れられることもなかったが、実は柱間との戦いで命を落としてはおらず歴史の表舞台から姿を消してはいたが、からチャクラを供給することで生きながらえつつ「月の眼計画」を考案していた。 千手柱間との出会い 5人兄弟だったが度重なる争いで弟のを除いた3人を失ってしまった。 人と人が本当の意味で分かり合う方法がないかと考え川に行っては水切りで願掛けをしていたところ柱間と出会う。 すぐにお互いに忍であることに気付くが、二人は会うたびに仲良くなりライバルとして忍の技を競い合いながらも現在の隠れ里のシステムを考案した。 しかしお互いの素性が一族にばれてしまい敵対する千手の忍である柱間を殺すことを覚悟する。 このときを開眼している。 それからは二人で会うこともなく、気づけば互いに一族の長となりうちは一族と千手一族として争い続けていた。 千手一族との和解 うちは一族が劣勢なのは誰の目にも明らかで柱間は何度も停戦協定を提案するがマダラはこれを受け入れず戦い続け、うちはからは千手に亡命する者まで現れ始めた。 そんな中唯一残された弟のイズナを失い、託された眼により永遠のを開眼したマダラは千手に全面戦争をしかけるが敗退し死を覚悟する。 柱間にやられるなら本望だとするが柱間はマダラにとどめを刺さずこの期に及んでうちはと協力することを提案する。 協定は不可能だとするマダラは千手を信用する条件として柱間が自害するか弟の扉間を殺せという無茶な提案をするが、柱間はこれを受け入れ自害を選ぶ。 柱間の腹の内が見えたとしたマダラは寸前でこれを止め柱間と共にかつての夢でもあった忍の隠れ里を創設する。 木の葉への対立 柱間から初代火影になることを提案されこれを受け入れるが、をはじめ多くの人間は柱間を木の葉設立の立役者とし柱間を初代火影にすることを望んだ。 またうちは一族に対する扱いからいずれ一族が消されていくことを懸念したマダラはうちはの者たちに里を出るよう訴えるが誰一人としてついてくる者はおらず、柱間に別れを告げ里を抜けた。 それからはかつての夢を自ら潰すかのごとく木の葉隠れの里を襲い柱間と戦った。 そして終末の谷での決戦で柱間に敗れ、里を守るためなら友や兄弟、我が子をも許さぬとした柱間を本末転倒とし「いずれそれが里の闇になる」と言い残した。 月の眼計画 柱間との戦いに敗れたマダラだったがこの戦いで柱間の細胞を手に入れ培養し、自身は外道魔像からチャクラを供給することで第三次忍界大戦時まで生き延びており、神無毘橋の戦いにて岩宿を崩され地底に落下してきたと出会う。 オビトの手当てをし潰されていた半身に柱間の人造体を移植することでオビトの命を取り留め自身の計画を実行するために利用することを考える。 当初オビトはこの計画を聞き入れようとしなかったが、リンの死をきっかけに世界に絶望し計画に自ら参加する。 計画を伝え終えるとオビトに実行を託し自ら魔像からのチャクラの供給を断ち絶命した。 第四次忍界大戦 その後オビトがうちはマダラを名乗り、による木の葉の襲撃やうちは一族の滅亡、そして暁の発足を行い第四次忍界大戦の宣戦布告を行うがカブトのにより本物のうちはマダラが蘇ったことにより面の男の正体がマダラでないことが発覚する。 その圧倒な強さで五影達全員を相手にしながら余裕すら見せるも、カブトがに穢土転生を解除され昇天しかける。 しかし自ら穢土転生の縛りを解きこの世に留まると五影を全滅させオビトとのいる戦場へと向かった。 忍者としての能力 最強の忍である柱間と並び称されるほどの実力者で、歴史の表舞台から姿を消した後さらに柱間の細胞を取り込み木遁忍術を得たうえ死の間際には輪廻眼を開眼した。 現役五影全員を相手にしてなお余力を残すまぎれもなく作中最強クラスの忍。 うちはの火遁に柱間の木遁忍術、永遠の万華鏡写輪眼、六道仙人の伝説でしかないとされた輪廻眼に加え一太刀ではるか遠くの山をも切断する完成体・須佐能乎とその能力は留まるところを知らない。 使用する術 -友となった柱間と戦うことを決めたとき開眼した。 -弟イズナからの移植で永遠の万華鏡写輪眼を手にした。 -死の間際に開眼したとしている。 火遁・豪火滅却 -巨大な炎を吹き出す高位の術。 火遁・豪火滅失 -炎を広範囲に吹き出し焼き払う。 火遁・龍炎放歌の術 -龍の形をした炎を高速連射する。 -相手の忍術を吸収してはね返す術だと考えられる。 木分身の術 -木で分身を作り出す。 多重木遁分身の術 -多数の木分身を作り出す。 木遁・木龍の術 -かつて九尾をも縛り上げた柱間の術。 -作中最初に完成体須佐能乎(かんせいたいスサノオ)を使用した。

次の

うちはマダラ

うちはマダラなのか

高スピードで攻めてくる相手には注意しよう。 うちはマダラ[戦いの愉悦]のおすすめ忍具 - - - - - - - - - - - - - - - うちはマダラ[戦いの愉悦]のおすすめ忍道ボーナス スキル発動速度 スキル発動速度1段階アップ うちはマダラ[戦いの愉悦]のスキル・アビリティ うちはマダラ[戦いの愉悦]のスキル(星6) スキル1 うちは返し スキルタイプ 固有 敵単:攻撃 効果 敵単体に耐性を無視して20,000のダメージを与える。 超忍祭限定キャラに対してダメージ10倍。 さらに団扇状態になる。 【特殊状態:団扇】体術と木遁を除く、耐性無視を含む自身対象のスキルを無効化(耐性アップは例外。 キャンセルなど一部効果は無効化不可)、敵からの攻撃を受けるとスキルダメージアップ。 0cm 体重 71. 3kg 血液型 O型 忍界大戦中盤、カブトの"穢土転生"で現世に顕現した伝説の忍。 初代火影"千手柱間"の手を焼かせた強大な力は連合軍を翻弄する。 全てのキャラの信頼度レベルMAXまでの必要な経験値は同じですよ。

次の

【NARUTO】うちはマダラの名言・セリフ集│名言格言.NET

うちはマダラなのか

3kg 声優 内田直哉、少年期は井上剛 初登場 59巻559話「増援到着…!! うちは一族に特徴的な黒髪ストレートで、どことなく幼い時は幼少期のサスケに似ています。 現在でいう傭兵を生業とした一族であったうちはは、傭兵を生業とする一族の中でも一、二を争う実力を持っていました。 そのうちはと肩を並べていたのが千手一族です。 うちはマダラは五人兄弟であり、マダラ以外は全員が千手一族との戦闘により死亡しています。 成長したうちはマダラはストレートの長い黒髪で、右目は前髪に覆われ、赤い鎧を身にまとっています。 その中でも一、二を争う実力を有していたうちはと千手の二つの一族は、敵対する勢力から雇われるようになります。 千手を雇う勢力があれば、敵対する勢力がうちはを雇うようになり、次第にうちはと千手自体が敵対するようになっていきます。 うちは一族の長の息子として生まれたマダラは千手一族と敵対関係ですが、ひょんなことから千手一族の長の息子であると出会います。 お互いの名を伏せて友となり、切磋琢磨し、夢を語り合う仲となりました。 そんな二人は、なんとなくお互いの素性に気づいており、ある日を境に会うことが出来なくなってしまい、そこから成長した二人は敵対する一族の長として、お互いに命を狙う関係になってしまいます。 そして、五人兄弟で唯一千手一族との戦闘で生き残っていた弟イズナも、 柱間の弟 との戦闘で負った傷がもとで死亡してしまいます。 千手への憎しみは日に日に膨らんでいきますが、一族同士の戦争が長期化したことで一族は疲弊し、士気は下がっていきます。 そこに千手一族からの和解の申し出があり、マダラは一族のため憎しみをこらえて和解に合意したのです。 しかし、千手柱間が初代火影となり、里での千手とうちはの力関係は千手が優勢となってしまいました。 うちはが不遇な扱いを受けていると感じていたマダラは、一族に里に里を出ることを提案します。 しかし、戦い続けることに疲弊していた一族の者たちは、横暴な行動を起こしていたマダラにはついてこなかったのでした。 こうしてマダラはたった一人で里を出ていき、一族にも恨みを募らせたのです。 暁の創設 里を出てるときに、マダラは柱間に対して「本当の目的まではお前との戦いを楽しむ」と言い残して里を出ます。 そこからは、九尾を使い木の葉隠れの里を襲撃して柱間と対決しましたが、終末の谷で死亡したとされていました。 しかし、実はこの時、柱間の弟である扉間が自分の遺体を処分せずに保管するであろうことを踏んでいたマダラは、自身の眼にイザナギを仕込んでおり、見事復活を果たします。 こうして表舞台から姿を消したマダラですが、実は弥彦が創設した暁を裏で手を引いていたのはマダラであり、弥彦亡き後に暁を率いていた長門もマダラに操られていたにすぎませんでした。 もともとは「対話によって争いを失くす」ために結成された暁ですが、弥彦亡き後は犯罪者集団になってしまい、マダラは本当の目的である月の眼計画に暁を利用するのでした。 物語が進むにつれて暁の名だたるメンバーは戦闘により死亡してしまい、トビとゼツ以外のメンバーは残っておらず、事実上の壊滅状態となっています。 そんなときに、死を目前にしたを発見し命を助け、「月の眼計画」の実行を任せました。 そして、マダラ自身は後にオビトにより輪廻転生で復活することとし、その人生にいったん幕を下ろすことになりました。 マダラの死後、オビトは暁に加入し、長門の統率下で尾獣集めを行います。 暁を利用して各地の人柱力たちを殺害、もしくは誘拐して尾獣を抜き取るという行為は、忍達の危機感を増幅させ、忍連合を結成するに至ります。 こうして、忍すべてがマダラとオビトの敵となり立ち向かうことになったのが、第四次忍界大戦となります。 第四次忍界大戦では、もマダラ側として参戦し、穢土転生で名だたる忍を数多く復活させています。 輪廻転生するはずであったマダラも、カブトによって一時は穢土転生で復活を果たしまが、後に輪廻転生により完全な復活を果たしています。 そして、ついには外道魔像により十尾の復活が成し遂げられ、オビト・マダラは十尾の人柱力となりますが、オビトはナルトやカカシと対峙することで改心し、最後にはマダラ一人で計画の実行をすることになってしまいます。 ナルトは尾獣を引き抜かれたことで瀕死の状態になってしまい、ガイが単身でマダラを食い止めようと死門を駆使して戦います。 最終的に夜ガイを使用してガイも瀕死の状態となります。 この時、マダラはガイに対して「このマダラが、お前を最強と呼んでやる! 」と最高の賛辞を送っています。 十尾を復活させ、十尾の人柱力となったマダラは輪廻写輪眼を使用して「月の眼計画」を実行します。 さらには、神・樹海降誕という術により幻術にかかった人々を神樹に拘束し、チャクラを吸い上げようとします。 サスケの須佐能乎によって難を逃れたのはサスケ・ナルト・サクラ・カカシと穢土転生で術にかからなかった歴代火影達です。 幻術にかかった人々を助け、平和を取り戻すためにナルト達はマダラを倒すため、戦おうとします。 しかし、この「月の眼計画」は実行者であるマダラでさえも知りえなかった真の計画が隠されていました。 この「永遠の万華鏡写輪眼」とは、通常の写輪眼が使用するたびに徐々に視力を失っていくのに対して、視力の低下が無いまま使用することが可能というものになります。 「永遠の万華鏡写輪眼」を使えるようになるには、万華鏡写輪眼を移植することによって使用可能となります。 マダラの弟であるうちはイズナは、千手一族との戦いの中で万華鏡写輪眼を開眼しています。 後にイズナは千手扉間との戦闘で負った傷により死亡しており、そのことがきっかけでマダラは弟イズナの万華鏡写輪眼を移植し、「永遠の万華鏡写輪眼」を手に入れたと考えられます。 実は、イタチによるとマダラが弟イズナから万華鏡写輪眼を奪ったとなっていますが、オビトはイズナが自ら万華鏡写輪眼を差し出したと話しています。 実際の移植の状況は不明ですが、マダラは弟のことを本当に大事に思ってることは作中で語られていますので、イズナ本人から差し出されたという説が有力と考えられます。 うちはマダラの名言・名シーン 長い歴史の中でも最強の忍とまで言われていたマダラの名言・名シーンをご紹介していきたいと思います。 後ろに立たれっと小便が止まる繊細なタイプなんだよォ オレは!!! その「月の眼計画」も黒ゼツにより導かれた結果であり、本当の意味での計画の成功とはいきませんでした。 あまたの犠牲を出した「月の眼計画」の失敗によりマダラの肉体は滅びました。 しかし、第二第三のマダラがこれからも出現するのではないでしょうか。 なぜなら、マダラは人の世に翻弄され、絶望した結果、このような行動をとったにすぎないのです。 ある意味、マダラも犠牲者の一人というわけです。 本当の意味での平和を実現しなければ第二第三のうちはマダラが出てくると考えられます。 圧倒的な力を誇っていたマダラは、NARUTOの世界でこれからも伝説として語り継がれることでしょう。 「BORUTO」でもきっと最大の敵であり、最強の忍として何らかの形で登場する可能性が高いと考えます。

次の