オギノ 式。 排卵日(オギノ式)

オギノ式のメリットとデメリット:オギノ式をためしてみた?

オギノ 式

排卵日を予測するリズム法 女性のからだの中では、卵胞期、排卵、黄体期、月経というように、一定の周期で生理的な変化が起きています。 この周期(リズム)をできるだけ正確に知ることによって、排卵日を予測する方法をリズム法といいます。 リズム法には オギノ式、 基礎体温法、 頸管粘液法などがあります。 オギノ式とは? 月経周期の長さは人によって違います。 また同じ人でも毎回周期が同じとは限りません。 ところが黄体の寿命は、大多数の人が14日でほぼ一定しています。 黄体は排卵直後に形成されて、次の月経がはじまる前に退行します。 そうすると、月経周期の最終日(次の月経がはじまる前日)から逆算して15日目が排卵日ということになりますノこれが オギノ式です。 30日周期の人は月経開始日から16日目ということになります。 もともとは不妊に悩む人たちのために、妊娠しやすい時期を予測するという考え方でした。 実際には、荻野氏の意図とは裏腹に、その時期を避ければ妊娠しにくいという避妊法として受け取られているようです。 月経周期を記録して、周期の長さと排卵日を計算 オギノ式は次の月経がはじまったときに、すでに終わった排卵日を推測し、これを6カ月から1年つづけて記録することで、その結果から自分の排卵日を予測するというものです。 月経周期が不規則な女性の場合でも、1年間記録をとることによって、最短周期と最長周期がだいたいわかります。 その結果に基づいて、月経がはじまってから何日目から何日目の間に排卵が起こるかが計算(予測)できます。 最短周期をS日、最長周期をL日とすると、排卵は(S-14)目から(L-14)日の間に起こることになります。 ただ、通常は15日前ですが、まれに16日前や12日~14日前に排卵することがあります。 そこでオギノ式では、 月経予定日の16日前から12日前までの5日間を排卵が起こりうる期間として、この前に3日間の精子生存期間を加えて、次の予定月経の19日前からほ目前までの8日間を 受胎期としています。

次の

オギノ式で排卵日を予測、産み分けも出来る計算方法を伝授します。

オギノ 式

概要 で悩んでいる夫婦のために、日本の医・博士がとの関連性を研究、に発表したを応用した不妊治療法。 女性ののから、しやすい期間を割り出し、そのタイミングでを行う事で妊娠の可能性を高める。 ……というのが本来の理念である。 もっと広く言うなれば不妊や多産など、の難しかった時代の女性の救済を目的にしていた。 しかしヘルマン・クナウスという人物によりが行われ、逆に「妊娠しやすい期間」を避けて「妊娠しにくい期間」に性交すればいいんじゃね?と提唱された。 やがてセックスを求めてやまない市井のの間では、本来の目的であるはずの「妊娠しやすい日」が「」、「妊娠しにくい期間」は「(妊娠 しない期間)」とすら認識されるようになる。 だが、 本来の目的が不妊治療であるため、を目的として使用するには無理がある。 この学説が避妊法として広まってしまったのは荻野久作博士にとっては不本意な事態であった。 荻野氏は「 女の体に1日たりとも安全日などない」と語り、避妊法としてのオギノ式手法はを増やす結果にしかならないと反対している。 カトリック教会での使用 教会ではオギノ式が認められている。 ちなみにカトリックではだけでなくそのものも否定する。 オギノ式よりは 比較的避妊成功確率の高い等はアウトで、公式には認めていない。 コンドームについては、を防ぐため、特定の限られた局面においてのみ、条件つきで認める、とは発言している。 ただしコンドームが性感染症の問題を根本的に解決するものでないとし、死に至る病への対策でもによる抑制がカトリックの原則的立場である事に変わりない。 そのカトリックが認めている、という事は、オギノ式が避妊法として有効でない事の傍証と言える。 妊娠というが定めた性交の目的を阻害しない、と認識したからこそカトリックはこれを許可している。 妊娠の可能性が十分にあることを踏まえ「禁欲による自然な避妊法」として認める、というのがカトリックの教会の立場。 オギノ式を認めたそもそもの理由からして、「子供が出来てほしくない」「やりまくりたい」とは目的が真逆というわけである。

次の

オギノ式のメリットとデメリット:オギノ式をためしてみた?

オギノ 式

私はオギノ式を活用して、避妊・妊娠をしました。 とは言っても、どちらの失敗してしまったくちなのですが 笑。 オギノ式とは、 原理は、排卵の起こる5日間に、 射精された精子の生存期間を3日とし 8日間を妊娠の確率の高い日と定義します。 次回の月経開始予定日からさかのぼって数え、 12〜16日の間は排卵期間であり、 精子の生存期間を考慮すると 12〜19日前の8日間をコンドーム等を使うなどの方法をとれば、 それ以外の日は避妊はいらないとする方法です。 とあります。 オギノ式って避妊だけではなくて、妊娠したい人も十分活用できます。 確実ではないれど、産み分けも可能です。 そこまでわかっているのに、3人のママの私は使いこなせませんでした。 まぁキチンと基礎体温をつけてなかったのが1番の原因だとは思うんですが 笑 1人目が出来たときは、実は避妊法としてオギノ式を活用していました。 生理がほぼ28周期でくる私は、排卵日が予測しやすかったので、特に基礎体温もつけることなく、 排卵日前後の1週間を危険日と位置付けてやっていました。 なのに! まんまと妊娠。 で、めでたく?できちゃった婚をしました。 今思えば、結婚への踏ん切りがついて良かったのかなぁとも思いますけど 笑。 2人目の時はもちろん妊娠したくてオギノ式を活用! 2ヶ月で出来ました 笑 すぐ出来るタイプだったみたいで、 旦那が、 付き合っている間すぐ出来なかったのが不思議なくらいだなって。 そういう意味では、出来ちゃった婚をするまでは、オギノ式を活用できていた?みたいです 笑 でも、女の子を授かりたかった私としては、2人目もオギノ式を使いこなせなかったなぁと。 3人目も女の子を授かりたくて活用したつもりだったのに、 産まれてきたのは男の子。 もちろん男の子もかわいいんですけど、 出来れば女の子が良かったなぁ。 ちゃんと基礎体温をつけていれば オギノ式もうまく活用できたと思います。 私みたいにズボラだと、こうなってしまいます 笑。 3人とも帝王切開で出産した私は、もう出産出来ないので、 今度こそはきちんと基礎体温をつけて、 オギノ式を避妊に活用したいと思います。 そうそう 帝王切開の手術跡のおかげで、の傷は目立たなくなっています。 関係ないですが。 みなさんもオギノ式で妊娠・避妊を考えているのなら、 ちゃんと基礎体温をつけましょう! 私の友人A子は、もう付き合って3年半の彼がいます。 A子的にはもうそろそろ結婚…と思ってるみたいなんですが、 なかなか彼が結婚に踏み切ってくれない。 自分からプロポーズするわけにもいかないし、 会話に頻繁に「結婚」を出してひかれたら困るし。 なんて勇気のある行動…。 そして、数ヶ月後彼女からランチの誘いがあった。 えー!!あれって本気だったの!? 彼女はオギノ式をうまく利用して、彼女なりに子作りに励んでいたみたい 笑 基礎体温をつけて、排卵日を予測し、彼にはあやしまれないように 「排卵日にすると出来ちゃう」と説明しておいて、排卵日を避けてエッチしてたみたい。 でも彼は排卵日の前後でも出来てしまうことを知らなかった…。 で、無事?妊娠というわけです。 しかも、彼女のすごいところはそれだけじゃない!! 排卵日を避けてのエッチは、彼への対策だけではなく、 あわよくば女の子を授かりたいという思惑もあったのです。 本当に感心しちゃいます 笑。 新婚旅行も安定期に入ってからちゃんと行きました。 オギノ式は基礎体温をつかった避妊法と同じく、 生理的変化にもとづく避妊法といわれています。 たしかに、オギノ式は何かをつかうというのではなく、 自分の体のしくみをしることで妊娠をさけるというものです。 考え方をかえれば避妊ではないのかもしれません。 ローマカソリック協会も 「オギノ式については自然の摂理にも反してなく、神の意思にも反していない唯一の避妊法である。 」とみとめています。 そのため、カソリックの多い地域では今でも絶大な人気をほこる避妊法です。 (まあカソリック色が強い地域では、他の避妊法はみとめられていないので、避妊といえばオギノ式しかないのかもしりません。 ) つまり、オギノ式は他と比べると、あまり積極的な避妊法とはいえないので、ローマカソリック協会も認めたのかもしれません。 他の避妊法はどうかというと、 不妊手術(パイプカットや卵巣結自紮など)は 避妊率がとても高いといわれていますが、 これは母体保護法にもとづいているため簡単にはできません。 そのため、あまり一般的な避妊法とはいえないでしょう。 この他に避妊率もたかく比較的容易な方法なものとして、 ピルやコンドームをあげることができます。 ピルに関しては避妊率は大変高いものの、 医師の診察や人によっては副作用があるというデメリットもあります。 また、コンドームに関しては、ピルほど避妊率も高くはありませんが、手軽におこなえるというメリットがあります。 しかし、正しい使用をしなければ妊娠の危険にもつながりますし、 その上男性の同意が必要であり、性交渉の一時的中断もさけられません。 この他避妊法としては、 ペッサリーやミレーナや殺精子剤などたくさんの種類がありますが、 あまり一般的とはいえないかもしれません。 値段も比較的高めです。 そして、これらの避妊法はオギノ式のような生理的変化に基づいているわけではないので、100%副作用がないとはいいきれません。 ですから、避妊率と手間と副作用とコストと、 とにかくすべてを総合して自分にあった避妊法をみつけることが大切なのかもしれません。 オギノ式では月経期間の長短や月経周期にかかわらず、 次回月経前の12日から16日の5日間が排卵日であり、 この時期がもっとも妊娠しやすい時期であると考えられています。 そのため、このオギノ式を避妊法にとりいれるとすれば、 精子の生存期間3日間と卵子の生存期間1日間をくわえた 9日間の性交渉をさけなければいけません。 これは具体的にいうと、 次回月経前11日から19日までの9日間の性交渉をさけなければいけないということになります。 (もしくはその期間、コンドームなど別の避妊率のたかい避妊法をもちいなければなりません。 ) 例をだすとすれば、 月経周期が28日の場合、 前回の生理が1月1日から始まったとすると、 次の月経の予定日は1月29日なります。 ここから、排卵期を含む妊娠の可能性が高く性交渉を避けなければいけない日は月経前11日から19日なので、 1月10日から18日の9日間になるというわけです。 月経周期が30日の場合でも性交渉を避ける時期は同様で、 月経予定日が1月31日なので、 1月12日から20日は性交渉をさけなければいけない9日間になるわけです。 オギノ式ではこれらからもわかるように、 月経の周期や月経の長短は関係ありません。 ただ、次の月経がいつ来るのかを確実に知ることが大切なのです。 最近ではインターネットでこの計算をオギノ式計算機などをつかい 自動的におこなってくれるサイトもいくつかあるようです。 「オギノ式」や「オギノ式 計算方法」などで検索すると、 容易に見つけることができるので、 利用してみるものいいかもしれません。 サイトによっては、妊娠率までだしてくれるところもあるみたいです。 オギノ式をおこなうにあたって どうしても注意しなければならないことがあります。 それは、まず 「オギノ式は避妊の成功率がそれほど高くない避妊法である。 」 とういことを理解することです。 避妊の成功率が高いものにはピルやコンドームがあげられます。 ピルであれば約5%の失敗率であり、 理想的な状態で使用していれば失敗率は約0.1%程度だといわれています。 また、コンドームであれば失敗率は約14%で、 理想的な状態であれば約3%といわれています。 しかし、オギノ式の失敗率は約25%です。 荻野博士の理論には落ち度もなく 排卵期の前後に妊娠の可能性があるという考え方も まちがってはいません。 ですから、もしオギノ式を理想的な状態で行うことができるとすれば、失敗率は約1〜9%程度までに下げることができます。 しかし、 女性の体というものは理論では解決できない部分も多くあるため、 どうしてもこれだけの方法では正確に排卵期を 計算することは難しいといえます。 荻野博士はこのことも理解していたため、 オギノ式を避妊法に取り入れようとする意見には最後まで 反対されており、 「女性の体には100%安全日などというものはない!」 とまでおっしゃっていました。 ですから、オギノ式を避妊の目的で使うとするならば、 かならず他の避妊法と併用することが望しく、 100%この方法だけに頼ることは危険といえましょう。 これらの点からもわかるように、 オギノ式は避妊目的ではなく懐妊目的として用いるほうが、 本来の趣旨にそっておりより効果的なのかもしれません。

次の