そよ だ 八郎。 スカーレット「八郎」役は松下洸平【喜美子の夫に】|Lyfe8

朝ドラ「スカーレット」の八郎役で話題。俳優・松下洸平さんとは?

そよ だ 八郎

NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜午前8時)で十代田(そよだ)八郎役を演じる俳優でシンガー・ソングライターの松下洸平(こうへい、32)が14日、滋賀県甲賀市で開催された同ドラマのトークイベントに出席した。 イベントには約600人が参加。 制作統括の内田ゆきプロデューサーも出席し、松下の大抜てきには「4年間の空白」があったことを明かした。 「ええの見つけたでしょ!」。 内田氏が会場に詰めかけた松下ファンに呼びかけた。 戸田恵梨香(31)が扮(ふん)するヒロイン・喜美子の恋人役。 素朴ながらも熱い演技に女性ファンが急増中だ。 舞台を中心に活動していた31歳はこれまで、ほぼ無名に近い存在だった。 抜てき理由について内田氏は「最初、お願いするときはあまりにもフレッシュすぎて、大丈夫か、大丈夫じゃないのかみたいな感じでした。 出番が増えて、本当に温かいお声をいただいた。 期待以上です」と話し、続けて「4年間の空白」について語った。 「4年ほど前に、ある俳優さんが出演している舞台を見に行った。 その舞台でメインの役の1人を松下さんがやっていた。 なんか、いい若者がいる。 強い印象が残った。 4年間、声もかけず、あたためていた」 女優として豊富なキャリアを持つヒロイン・戸田と対等な立場で話ができ、新鮮さがある同年齢の俳優を探していた。 「4年前の、あの方はどうしているのだろう…。 もう1回、会いたい」。 これまで朝ドラのオーディションを何度も受けたが、結果は出せなかった松下は、自身にこう言い聞かせていたという。 「舞台で一生懸命に力をつけて、いいお芝居ができる俳優になって再チャレンジしたい」。 22歳の初舞台から10年。 強い思いと偶然が重なり、朝ドラデビューを果たした。

次の

スカーレット十代田(そよだ)八郎役の俳優は誰?松下洸平の経歴など

そよ だ 八郎

毎朝、NHKの連続ドラマ「スカーレット」を見ていると急に知らない俳優さんがあらわれました。 NHKの朝のドラマといえば、若くてまだ作品数の少ない駆け出しの俳優さんをオーディションで選び合格者が主役になれるというものだと思っていました。 でもここ最近の朝ドラでは「まんぷく」のヒロインの安藤サクラさんから前回の「なつぞら」では広瀬すずさん、今回の「スカーレット」は戸田恵梨香さんと、すでに売れっ子俳優さんをオファーしています。 「何で最近のNHKの朝ドラは売れている俳優さんを起用するのだろう?」と気になっていました。 そこに急に現れたのがそよだ八郎役の俳優さん。 「ん?誰だれ?この俳優は!」って思い興味深々になりました。 主役の戸田恵梨香さんはオファーですが、松下洸平さんはオーディションで勝ち取った役なのでしょうか? 久々に気になった俳優さんなので色々と気になったことを調査しました! どんな人なの?年齢は?デビューはいつ?結婚はしてるの? とても気になります。 本名 松下 洸平 まつした こうへい• 旧芸名 洸平• 生年月日 1987年3月6日(32歳)• 出生地 日本 東京都• 身長 175 cm• 体重:60kg• 靴:27. 5cm• 血液型 A型• 趣味 料理、ダンス職業• 俳優・シンガーソングライタージャンル• 舞台・テレビドラマ活動期間 ・2008年 — (シンガーソングライター) ・2009年 — (俳優)• 事務所 キューブ 松下洸平さんが俳優になったきっかけと主演作品 まずは、朝ドラに出演することになった経緯を調べてみました。 幼少期より芸術と音楽に慣れ親しみ、画家である母の元で油絵を、中学からはダンスを始める。 美術系の高校に進学して、高校3年生の時に見た映画『天使にラブ・ソングを2』に感動して歌手を志し、高校卒業後は専門学校東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美ヴォーカル学科へ進学。 何度も見たい映画のひとつです。 2008年より自作曲に合わせて絵を描きながら歌う「ペインティング・シンガーソングライター」の洸平として都内および関東近郊でライブ活動を行う。 同年6月から3ヶ月連続で配信限定シングルをリリースした後、11月にシングル「STAND UP! 」でビクターエンタテインメントよりCDデビュー。 ニッポン放送「THE ラジオパーク 2008 in 日比谷」のイメージソングとして採用される。 2009年には子供番組『Beポンキッキ』(BSフジ)のエンディングに出演し、オリジナル楽曲「おはよう おやすみ」が挿入歌として使用される。 なんと、CD歌手デビューされていました! 絵を描きながら歌うって、斬新ですね。 水森亜土さんを思い出しました(笑) どんな風に描いていたのか、とても気になります。 あのポンキッキでオリジナルの楽曲が使用されたなんて、歌手としても実力があるんですね。 スポンサーリンク 音楽活動のかたわらで俳優として2009年のBROADWAY MUSICAL『GLORY DAYS』で初舞台に立ち、翌2010年5月に所属事務所をキューブに移籍し、あわせて芸名を本名の松下洸平へと改めて、音楽活動を一時休止して俳優を中心に活動を開始する。 俳優活動を始めたのは2009年の初舞台がきかっけで今は俳優さんの活動が中心なんですね。 現在が2019年なので俳優活動は10年目。 instagram. テレビデビューは2012年の『もう一度君に、プロポーズ』。 初々しい松下洸平さんを見てみたいですね。 2018年には三部作最後の1作となる山田洋次監督の映画を舞台化した『母と暮せば』に出演して、同作での演技により平成30年度(第73回)文化庁芸術祭の演劇部門にて新人賞を受賞。 また同作とミュージカル『スリル・ミー』での演技により、第26回読売演劇大賞にて優秀男優賞ならびに顕著な活躍をした新人に贈られる杉村春子賞を受賞した。 引用 Wikipedia 新人に贈られる杉村春子賞を受賞しています。 受賞時の様子です。 これから期待の俳優さんになること間違いないですね! 俳優の高杉真宙さんと仲良し 以前から共演のある俳優の高杉真宙さんとは今でも仲良しのようですね。 菅田将暉さん主演舞台の「カリギュラ」を一緒に見に行った時の様子がインスタに投稿されていました。 instagram. スポンサーリンク 松下洸平さんは結婚している? 調べたところ、結婚の噂は間違いです。 松下洸平さんが「ブログで結婚発表か!?」など書かれている方もいますが 本人ではなく、お兄さんが結婚されたという情報を あたかも本人が結婚しているという風に書いている記事があったので 本当不愉快ですよね。 ここではさらっと流します。 まだ、結婚の事実は出ておりません。 今後、二人の行方が気になりますね。

次の

✅ NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜午前8時)で十代田(そよだ)八郎役を演じる俳優でシンガー・ソングライターの松下洸平(こうへい、32)が14日、滋…

そよ だ 八郎

NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜午前8時)で十代田(そよだ)八郎役に大抜てきされた俳優松下洸平(こうへい、32)が報道各社のインタビューに答え、社会現象化の気配を見せる「#八郎沼」などの人気急上昇ぶりに「いま応援してくださる人たちが変わらずに、ずっと応援し続けていただけるようにがんばらないと」と決意を新たにした。 戸田恵梨香(31)が扮(ふん)するヒロイン・喜美子の陶芸と人生に大きな影響を与える八郎。 松下の全身全霊をかけた好演は大きな反響を呼び、ツイッターには、その人の魅力や趣味にどっぷりハマっている意味の『沼』を使ったハッシュタグ「#八郎沼」が発生。 ファンが日々、魅力をつぶやいている。 「凄すぎる…!! #八郎沼にハマった私はもう地上に上がれないですね」「松下さんのお芝居、好きやなぁ。 はじめから、ずっと。 毎日しみじみ感じるどんどん感じる。 揺らぎと、独特のテンポと間合いと。 すごく生っぽくて体温が滲んでいて、心にすっと沁み入ってくる」。 「ああやってお見送りをされるのは、こっ恥ずかしいですね」と照れ笑い。 人生最大の? モテモテぶりには「いま応援してくださる人たちが変わらずに、ずっと応援し続けていただけるようにがんばらないといけないなと思います」と気を引き締めた。 朝ドラのオーディションにはこれまで3回、挑戦したが、書類審査で落選したこともあった。 1次審査より上の段階には行ったことがなかった。 「自分に何が足りないのだろう。 朝ドラに出演するにはどうしたらいいのか…」。 自問自答を重ねた。 壁は高く、順風満帆の道程ではなかった。 08年に絵を描きながら自分の曲を歌うパフォーマンス「ペインティング・シンガー・ソングライター」としてライブ活動をスタートし、同年11月にメジャーデビュー。 「最初、音楽はまったく売れず、お客さんが4、5人のところでライブをしていました」。 22歳のとき、ミュージカル「GLORY DAYS」で初舞台。 「こんな楽しいことがあるんだ」。 演劇の魅力にとりつかれ、音楽活動を休止して俳優業に専念した。 俳優として前向きな気持ちが途切れそうになるときもあった。 朝ドラのオーディションの落選が続き「自分はこの仕事には向いていないかもしれないなと思う瞬間は何度もあった」。 スカーレットの劇中、八郎が陶芸展に出品するために製作した作品を丸熊陶業の若社長がダメ出しをするシーンがある。 松下は当時の俳優としての心境をこのシーンに重ね合わせ、こう説明した。 「人に評価されて自分の価値を知る。 作品を否定されると、自分自身を否定されるのと同じ気持ちになってしまう。 その気持ちがよく分かる。 がんばってもがんばっても結果が出ない。 何が原因? できない自分を責めるんですよね。 それをやっていくうちに心が削れていって、マイナスな方向に行ってしまう。 自分には向いていないじゃないか。 そこで何度もあきらめようと思った経験はあります」 心が折れそうな松下を後押ししたのは周囲の人たちだった。 新しい舞台の仕事などサポートに心血を注いでくれたという。 舞台で俳優としてキャリアを重ねていくうちに、気づいたことがあった。 朝ドラのオーディション落選もバネにした。 「合格、そんな方法はなく、答えはない。 何度もトライして、単純に自分が納得できる芝居をする。 それしかない。 そう思った。 自分をよく見せようとか、着飾る必要はなく、真剣にお芝居と向き合っていれば、いつか結果が出る」 スカーレットのオーディションでは不思議と、気負わずに臨めた。 「余計なことをせず、純粋にいただいたせりふを読むことを心がけた。 それが八郎につながったのなら、なにか、自分が10年やってきたことは間違っていなかったんだな」 18年には「文化庁芸術祭」の演劇部門での新人賞、今年2月には舞台「母と暮せば」とミュージカル「スリル・ミー」での好演で「第26回読売演劇大賞」で優秀男優賞、顕著な活躍をした新人に贈られる杉村春子賞を受賞した。 朝ドラの出演を一番、喜んでくれたのは母だった。 陶芸のシーンでは八郎の細くて繊細そうな指が映し出されるシーンがある。 「#八郎沼」では演技だけなく、手をほめるつぶやきもある。 「『指が長いね』とはよく言われますね。 母も兄もまったく同じ手です。 みなさんが手をほめてくださるので、最近はハンドクリームを塗るようにしてます」と笑わせた。 クリエーティブな感性について「母からもらったものがすべて」とほほ笑んだ。 俳優業専念のため、音楽活動は休止したが、年に1回はライブを行ってきた。 ここ2年は開催できていない。 「スカーレットを通して、得た気持ち、出会った人たちのこともいろいろ考えて、これを形に残したい。 そのツールの1つとして、ボクには音楽がある。 みなさんとの出会いを歌にしたい」。 伝えたい思いはいっぱいある。 来年にはライブを再開することを誓った。

次の