東宝 インターン。 東宝の就活対策|企業研究やインターン/説明会情報ならONE CAREER

東宝のインターンシップ募集/選考対策まとめ|ONE CAREER

東宝 インターン

, , 東宝株式会社の18卒採用選考 総合職 について、実際に筆記試験参加した方の選考体験記をご紹介。 「映画によって自分がどう感じて、行動したかというその後の行動にまでフォーカスして映画の影響力を描写できるよう意識した。 そしてただのファンで終わらないために、自分がどの部署でどんなことができるのかを自分の学生時代の経験からイメージさせるように留意した。 」との情報が集まっています。 協力いただいた方の情報 卒業年度 18卒 大学所在地 東京都 大学名 法政大学 文理 理系 性別 男 志望業界・企業 広告業界 選考フェーズ 筆記試験参加 特別選考の有無 恐らくないが、内定者の半分はインターン参加者 この記事の目次• 成果や実績があれば具体的に記入してください B:得意な外国語、その他の資格 C:学業以外での活動 D:学生生活で、あなたが熱中して取り組んだ事は何ですか? 取り組みを通して培った人間関係や失敗談など、具体的なエピソードを交えながら教えてください E:当社で希望する職種 (3つ以内) F:映画・演劇業界でどのような仕事をしたいと考えていますか。 志望動機も交えて記入してください。 H:あなたが日ごろ疑問に思うことと、その疑問に対する自分なりの解決策を具体的に記入してください。 I:好きな映像作品または演劇を3つあげてください。 J:Iの中から一つを選び、その理由を記入してください。 ES記入時に留意した点 映画によって自分がどう感じて、行動したかというその後の行動にまでフォーカスして映画の影響力を描写できるよう意識した。 そしてただのファンで終わらないために、自分がどの部署でどんなことができるのかを自分の学生時代の経験からイメージさせるように留意した。 締切日 4月中旬 結果連絡 一週間後メールにて 筆記試験・WEBテスト 筆記試験の有無 あり 形式 独自の映画エンタメ問題、作文 試験の難易度や対策の必要性について とても難しい。 また時事などとは違って、決まった問題集などが売っていないので、対策の使用があまりない。 キネマ旬報やシネマトゥデイ等、エンタメ関連の情報には常に注意しておくことが重要。 作文に関しては、対策すべき。 実際書き方などは調べればすぐわかることだし、題名は毎年違えど書きようはあるので、それ以上に短い時間で実際かけるかを何度も試すべき。 正直作文が合否の大部分を握っていると私は思う。 映画業界と東宝の志望理由 2. 何の映画が好きか、どんなところが好きか 3. 東宝の志望理由で他の理由はないの 4. 最近の宣伝事例で気になるものは、宣伝されたものは実際見に行きましたか 5. 学生時代がんばったことはありますか 6. 企画ごとは得意ですか 7. なんで理系なのに映画なの 8. 不動産業に興味はあるか 企業研究 OB訪問を実施したか はい OB訪問はいつ実施したか 2月下旬 何人くらい実施したか 競合他社合わせ2人 OB訪問にてどんな話を聞いたか 東宝での働き方や、部署の詳細な働く様子。 働き甲斐や面接のアドバイスなど 宣伝志望であったため、宣伝部の仕事の流れを聞くことができたのは大きかった。 参考図書 キネマ旬報3月下半期 参考図書 2 マスコミ就職読本 その他参考にしたもの 説明会に計4回ほど行った。 学校主催のもの、マスコミ系イベントで2回、企業説明会。 総合商社• 専門商社 コンサル• 外資系戦略コンサル• 日系戦略コンサル• 総合・ITコンサル• シンクタンク系コンサル• 金融コンサル 財務・会計• その他コンサル 金融・証券・保険• 外資系投資銀行• 保険 生保・損保• 資産運用 PE・アセマネ・ファンド• 政府系金融• カード・リース・信販• 信金・労金・信組• その他金融 IT・通信業界• インターネット・Webサービス• SIer・システムソリューション• 情報通信 メーカー• 消費財• 自動車• 精密機械• 電子部品• 食品・飲料• 医療機器・医薬品• アパレル• スポーツ• ゲーム• その他メーカー 広告・マスコミ• 広告代理店• テレビ• 新聞・通信社• 出版・印刷• エンターテイメント インフラ• エネルギー• 運輸・物流 陸運・海運・倉庫• 交通 鉄道・航空 不動産• 総合不動産・デベロッパー• 建設 公務員・団体職員• 国家公務員 人材・教育業界• 人材 派遣・紹介• 教育 その他• 小売業界• 美容 ロンドンに本拠地を置く外資系コンサルティングファーム、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)の17卒インターン選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 志望業界 コンサル… … 日系大手生命保険会社の損害保険ジャパン日本興亜の17卒インターン選考 総合コース の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 性別 女性 選考フェーズ インターン参加 … U-NEXTの18卒インターン選考 U-mobile事業インターン について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「とにかく面接ではありのままを出す事。 面接官側も、当社のことは知らなくて当然といった姿勢なのでそこ… 新宿区に本社を置く菓子メーカーであるロッテの本採用選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 志望業界 メーカー 応募職種 総合職 選考ルート 通常選考….

次の

東宝株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

東宝 インターン

オリエンタルランドは遊園地・レジャー事業を展開しており、有名なディズニーランド・シーを運営している会社です。 その他にも株式会社任天堂はゲーム事業を展開しており、DSやswitchなど有名なゲーム機を製造しています。 このようにエンタメ業界と言っても、とても広く括られていることが分かります。 今回紹介する東宝は映画事業で有名な会社になります。 東宝とは 東宝はもともと「株式会社東京宝塚劇場」であり、その後東宝映画と合併したことにより東宝という社名に変更されました。 「映画」「演劇」「不動産」の3つを柱とし、それらが互いに支え合うことで経営基盤の強化を図っています。 映画業界で売上1位を誇っており、ヒット作品の数も他社と比べると遥かに多いことが特徴と言えます。 実際の映画業界の売上ランキングと売上高は以下の通りになっています。 ・未来のミライ(2018年) ・君の膵臓が食べたい(2017年) ・君の名は(2016年) 続いては東宝が具体的にどのような事業を行っているのか、下記で紹介します。 映画 ・映画の企画、製作及び製作請負 ・映画の配給及び売買 ・映画その他の興行 ・テレビ及びインターネット等で放送又は配信される番組の企画、制作、制作請負、販売及び賃貸 ・出版物、オーディオソフト、ビデオソフト及びキャラクター商品等の企画、制作、販売及び賃貸 ・著作権、商品化権、商標権その他の知的財産権の取得、使用、利用許諾その他の管理 演劇 ・演劇の企画、製作及び製作請負 ・演劇の興行 不動産 ・土地及び建物の賃貸、管理、売買及びこれらの仲介並びに駐車場の経営 ・プロフェッショナル志向 ・引き出しとアンテナ ・プロデュース能力 ・自分を磨く力 【引用】 上記の4つのポイントについてわかりやすく説明します。 プロフェッショナル志向 現実的な視点で物事を捉え、裏方として支える強い気持ちを持ち、 「映画・演劇業界でビジネスパーソンとして活躍したい」という思いの出発点に、「たくさんのお客様に楽しんでいただきたい」という顧客を第一に考えられる人のことを指します。 引き出しとアンテナ お客様の心を動かし、新たな作品やサービスを創造するために、「好奇心」はなくてはならないものです。 好奇心旺盛な人とはすなわち、情報の「引き出し」を多く持ち、興味の「アンテナ」を広く張っている人のことです。 プロデュース能力 新たな作品やサービスを創造するためには、社内外のリソース(人・モノ・お金)をあらゆる場面で結集させなくてはなりません。 このようなリソースの力を最大化させるために必要となってくるのは、総合的に調整・交渉・説得・問題解決できる能力です。 この能力をプロデュース能力と呼んでいます。 自分を磨く力 自分を磨く力とは、新たな作品やサービスを創造し続けるために、現状に満足することなく、自分を磨き続ける力が不可欠です。 そのため「よりよい自分を目指したい、よりよいものを創り出したい。 」そうした気持ちが重要になります。 上記の求める人材像からで挙げられている内容を踏まえると、求められる素養として特に以下3つが当てはまると推測します。 自分を磨くということは、現状に満足せず、より良い自分を目指すということです。 そのため、「個人として努力し、成果をあげることができる」という素養は必要になります。 また、不確実性の高い映画・演劇ビジネスにおいて世の中のあらゆる物事に興味・関心を持ち時代の半歩先にあるニーズを掴むことはとても重要になります。 そのため、先程述べた「課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことが出来る」という素養は必要であると言えます。 映画・演劇業界は目まぐるしく変化する業界です。 そのため、今までにない仕組みや企画を考えるという素養は必要であると考えます。 東宝のインターン選考フロー 21卒対象の選考フローがまだ開示されていなかったため、以下のフローは20卒対象になります。 東宝インターン選考ESの対策 20卒対象の情報が分からなかったため、以下の設問は19卒対象のものを参考にしています。 これまでの学生生活で頑張ったこと(300文字以内) ガクチカを聞かれる意図としては「経験自体のレベル・スペックの把握」「自社に合う・マッチする人材か知るため」の2つがあります。 ガクチカを書く際は、「実績自体のインパクトがどれだけあるか」「書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか」に注意して書くようにしましょう。 また、その際は東宝の求める人材像を意識して書くと良いと思います。 詳しい書き方は以下のフレームワークを参考にしてください。 また、東宝のガクチカは300文字以内と字数が限られているため、フレームワークの内容に沿って簡潔に伝えるようにしましょう。 【参考】 当社のインターンシップ参加希望理由(300文字以内) この設問は志望動機について聞かれています。 企業が志望動機を聞く理由としては、「自社への志望度を知りたい」「入社の際のモチベーションを知りたい」の2つがあります。 ですので、上記2つの理由を網羅する論理的な志望動機を伝え、選考官に「だからこの人は弊社の選考を希望しているのか」と思ってもらう必要があります。 また、志望動機に関しては、ただ単純に「参加したい理由」を述べるだけではなく、「そのインターンで何を学びたいのか?何を経験したいのか?」という内容を述べ、その上で「参加したい理由」を伝えるようにしましょう。 以下のフレームワークに沿って考えてみてください。 回答例が見たい方はを参考にしてみてください。 これだけは誰にも負けない!ということ(300文字以内) この設問は自己PRについて聞かれています。 正しい自己PRをするためには、その企業のビジネスモデルを理解した上で、その企業がどんな「強み」を求めているかを明らかにする必要があります。 例えば東宝であったら先程求める人材像でも述べましたが、好奇心を持ち、世の中のあらゆる物事に興味・関心を持てる人や、「たくさんのお客様に楽しんでいただきたい」という顧客を第一に考えるプロフェッショナル志向がある人材を求めています。 自己PRの構成については以下のフレームワークを参考にしてみてください。 また、文字数が300文字と限られているため、特に下記のフレームワークの「強み」「強みの原点」「具体的エピソード」「強みの活かし方」について書くようにしましょう。 【参考】 好きな映像作品または演劇3つ この設問はESでは作品名を記入するだけで良いですが、面接ではその作品について深掘りされることが予想されるので、好きな理由をうまく話せるように準備しておくと良いでしょう。 東宝のインターン選考面接対策 選考フローにある企画書提出の課題については、詳細がわかりませんでした。 そのため企画書提出の次のフローである面接対策の解説に移ります。 1次面接 ・どうして映画業界という特殊なインターンシップに参加したいのか ・学生時代頑張ったことは 上記の2つの質問は先程も紹介した「志望動機」と「ガクチカ」の考え方と同様で構いませんが、面接ではESと異なり、面接官とのコミュニケーションが重要になるため、面接官の質問の意図に沿って回答することを意識してください。 【参考】 人生で1番心に残った映画 この質問は価値観や人となりを見極めようとしています。 上述した東宝の求める人材像の中でも、特に「プロフェッショナル志向」「引き出しとアンテナ」があるかどうかを採用基準としていると考えられます。 つまり情報の「引き出し」を多く持ち、興味の「アンテナ」を広く張っている、また現実的な視点で物事を捉えられる人材であることをアピールすると良いでしょう。 最後に 本記事では東宝のインターン内容とその対策について紹介しました。 東宝のインターンの受け入れ人数はどのコースも少人数なので、しっかりと選考対策をする必要があると言えます。 また、選考フローはESから面接まで様々な選考がありますが、選考突破しインターンに参加するためにもまずES選考を通過しましょう。 そのためには、本記事で紹介したフレームワークを意識し、また東宝の求める人材像に沿って回答するようにしてみると良いと思います。 本記事を通して「企業理解・選考対策」を万全にしていただき、インターン選考突破を目指していただければと思います。

次の

東宝株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

東宝 インターン

オリエンタルランドは遊園地・レジャー事業を展開しており、有名なディズニーランド・シーを運営している会社です。 その他にも株式会社任天堂はゲーム事業を展開しており、DSやswitchなど有名なゲーム機を製造しています。 このようにエンタメ業界と言っても、とても広く括られていることが分かります。 今回紹介する東宝は映画事業で有名な会社になります。 東宝とは 東宝はもともと「株式会社東京宝塚劇場」であり、その後東宝映画と合併したことにより東宝という社名に変更されました。 「映画」「演劇」「不動産」の3つを柱とし、それらが互いに支え合うことで経営基盤の強化を図っています。 映画業界で売上1位を誇っており、ヒット作品の数も他社と比べると遥かに多いことが特徴と言えます。 実際の映画業界の売上ランキングと売上高は以下の通りになっています。 ・未来のミライ(2018年) ・君の膵臓が食べたい(2017年) ・君の名は(2016年) 続いては東宝が具体的にどのような事業を行っているのか、下記で紹介します。 映画 ・映画の企画、製作及び製作請負 ・映画の配給及び売買 ・映画その他の興行 ・テレビ及びインターネット等で放送又は配信される番組の企画、制作、制作請負、販売及び賃貸 ・出版物、オーディオソフト、ビデオソフト及びキャラクター商品等の企画、制作、販売及び賃貸 ・著作権、商品化権、商標権その他の知的財産権の取得、使用、利用許諾その他の管理 演劇 ・演劇の企画、製作及び製作請負 ・演劇の興行 不動産 ・土地及び建物の賃貸、管理、売買及びこれらの仲介並びに駐車場の経営 ・プロフェッショナル志向 ・引き出しとアンテナ ・プロデュース能力 ・自分を磨く力 【引用】 上記の4つのポイントについてわかりやすく説明します。 プロフェッショナル志向 現実的な視点で物事を捉え、裏方として支える強い気持ちを持ち、 「映画・演劇業界でビジネスパーソンとして活躍したい」という思いの出発点に、「たくさんのお客様に楽しんでいただきたい」という顧客を第一に考えられる人のことを指します。 引き出しとアンテナ お客様の心を動かし、新たな作品やサービスを創造するために、「好奇心」はなくてはならないものです。 好奇心旺盛な人とはすなわち、情報の「引き出し」を多く持ち、興味の「アンテナ」を広く張っている人のことです。 プロデュース能力 新たな作品やサービスを創造するためには、社内外のリソース(人・モノ・お金)をあらゆる場面で結集させなくてはなりません。 このようなリソースの力を最大化させるために必要となってくるのは、総合的に調整・交渉・説得・問題解決できる能力です。 この能力をプロデュース能力と呼んでいます。 自分を磨く力 自分を磨く力とは、新たな作品やサービスを創造し続けるために、現状に満足することなく、自分を磨き続ける力が不可欠です。 そのため「よりよい自分を目指したい、よりよいものを創り出したい。 」そうした気持ちが重要になります。 上記の求める人材像からで挙げられている内容を踏まえると、求められる素養として特に以下3つが当てはまると推測します。 自分を磨くということは、現状に満足せず、より良い自分を目指すということです。 そのため、「個人として努力し、成果をあげることができる」という素養は必要になります。 また、不確実性の高い映画・演劇ビジネスにおいて世の中のあらゆる物事に興味・関心を持ち時代の半歩先にあるニーズを掴むことはとても重要になります。 そのため、先程述べた「課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことが出来る」という素養は必要であると言えます。 映画・演劇業界は目まぐるしく変化する業界です。 そのため、今までにない仕組みや企画を考えるという素養は必要であると考えます。 東宝のインターン選考フロー 21卒対象の選考フローがまだ開示されていなかったため、以下のフローは20卒対象になります。 東宝インターン選考ESの対策 20卒対象の情報が分からなかったため、以下の設問は19卒対象のものを参考にしています。 これまでの学生生活で頑張ったこと(300文字以内) ガクチカを聞かれる意図としては「経験自体のレベル・スペックの把握」「自社に合う・マッチする人材か知るため」の2つがあります。 ガクチカを書く際は、「実績自体のインパクトがどれだけあるか」「書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか」に注意して書くようにしましょう。 また、その際は東宝の求める人材像を意識して書くと良いと思います。 詳しい書き方は以下のフレームワークを参考にしてください。 また、東宝のガクチカは300文字以内と字数が限られているため、フレームワークの内容に沿って簡潔に伝えるようにしましょう。 【参考】 当社のインターンシップ参加希望理由(300文字以内) この設問は志望動機について聞かれています。 企業が志望動機を聞く理由としては、「自社への志望度を知りたい」「入社の際のモチベーションを知りたい」の2つがあります。 ですので、上記2つの理由を網羅する論理的な志望動機を伝え、選考官に「だからこの人は弊社の選考を希望しているのか」と思ってもらう必要があります。 また、志望動機に関しては、ただ単純に「参加したい理由」を述べるだけではなく、「そのインターンで何を学びたいのか?何を経験したいのか?」という内容を述べ、その上で「参加したい理由」を伝えるようにしましょう。 以下のフレームワークに沿って考えてみてください。 回答例が見たい方はを参考にしてみてください。 これだけは誰にも負けない!ということ(300文字以内) この設問は自己PRについて聞かれています。 正しい自己PRをするためには、その企業のビジネスモデルを理解した上で、その企業がどんな「強み」を求めているかを明らかにする必要があります。 例えば東宝であったら先程求める人材像でも述べましたが、好奇心を持ち、世の中のあらゆる物事に興味・関心を持てる人や、「たくさんのお客様に楽しんでいただきたい」という顧客を第一に考えるプロフェッショナル志向がある人材を求めています。 自己PRの構成については以下のフレームワークを参考にしてみてください。 また、文字数が300文字と限られているため、特に下記のフレームワークの「強み」「強みの原点」「具体的エピソード」「強みの活かし方」について書くようにしましょう。 【参考】 好きな映像作品または演劇3つ この設問はESでは作品名を記入するだけで良いですが、面接ではその作品について深掘りされることが予想されるので、好きな理由をうまく話せるように準備しておくと良いでしょう。 東宝のインターン選考面接対策 選考フローにある企画書提出の課題については、詳細がわかりませんでした。 そのため企画書提出の次のフローである面接対策の解説に移ります。 1次面接 ・どうして映画業界という特殊なインターンシップに参加したいのか ・学生時代頑張ったことは 上記の2つの質問は先程も紹介した「志望動機」と「ガクチカ」の考え方と同様で構いませんが、面接ではESと異なり、面接官とのコミュニケーションが重要になるため、面接官の質問の意図に沿って回答することを意識してください。 【参考】 人生で1番心に残った映画 この質問は価値観や人となりを見極めようとしています。 上述した東宝の求める人材像の中でも、特に「プロフェッショナル志向」「引き出しとアンテナ」があるかどうかを採用基準としていると考えられます。 つまり情報の「引き出し」を多く持ち、興味の「アンテナ」を広く張っている、また現実的な視点で物事を捉えられる人材であることをアピールすると良いでしょう。 最後に 本記事では東宝のインターン内容とその対策について紹介しました。 東宝のインターンの受け入れ人数はどのコースも少人数なので、しっかりと選考対策をする必要があると言えます。 また、選考フローはESから面接まで様々な選考がありますが、選考突破しインターンに参加するためにもまずES選考を通過しましょう。 そのためには、本記事で紹介したフレームワークを意識し、また東宝の求める人材像に沿って回答するようにしてみると良いと思います。 本記事を通して「企業理解・選考対策」を万全にしていただき、インターン選考突破を目指していただければと思います。

次の