キャッツ 映画 吹き替え。 キャッツ(実写映画)の吹き替えキャスト声優一覧?上映はいつまででネタバレ(あらすじ)は?

キャッツのレビュー・感想・評価

キャッツ 映画 吹き替え

2020年1月24日(金)から日本でも公開される映画 『キャッツ』。 その日本語吹き替え版を担当するキャストの<第三弾>として、 山寺宏一、 浦嶋りんこ、 RIRI、 宮野真守、 沢城みゆき、 山路和弘、そして 宝田明が参加することが、このほど発表された。 これにより、既に発表されていた、葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、森崎ウィン、大貫勇輔、藤原聡(Official髭男dism)、そして大竹しのぶと併せ、主要な日本語吹き替えキャストが一通り揃った。 『キャッツ』は元々、作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーがイギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集をもとにミュージカル化した舞台作品だ。 1981年のロンドン初演以来、全世界累計観客動員数8100万人、劇団四季の日本公演も通算1万回に及ぶ。 そんな大ヒットミュージカルを『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が全く新たな実写映画に作り変えたのが、今回の映画版『キャッツ』である。 製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグやロイド=ウェバーら世界最高峰の顔たちが名を連ねる。 出演者も豪華だ。 主人公のヴィクトリア役に、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで本作が映画初出演となるフランチェスカ・ヘイワードを抜擢したのをはじめ、ジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、イドリス・エルバ、イアン・マッケラン、そしてテイラー・スウィフトといった、映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる。 【動画】映画『キャッツ』日本版予告 言語吹き替えのカスタマイズが許されたのは世界で二カ国のみ。 そのひとつである日本語吹替え版には、観客と同じ目線で『キャッツ』の不思議な世界を冒険する主人公ヴィクトリア役に女優の葵わかな、猫たちのリーダーであるマンカストラップ役に俳優の山崎育三郎。 名曲「メモリー」で魂の歌声を響かせるグリザベラ役に歌手の高橋あず美、ふとっちょで紳士的なバストファージョーンズ役にお笑い芸人の秋山竜次(ロバート)、マジックが得意で気弱なミストフェリーズ役に俳優・歌手の森崎ウィン、働きもので鉄道をこよなく愛するスキンブルシャンクス役に俳優・ダンサーの大貫勇輔、美声とダンスですべての猫を虜にする自由奔放な猫ラム・タム・タガー役に藤原聡(Official髭男dism)。 そして、猫たちの偉大な長老であるオールドデュトロノミー役に、女優の大竹しのぶが既に発表されていた。 これに加えて、このほど新たに発表された日本語吹替え版キャストは、日本を代表するレジェンド声優から実力派新人まで多彩な面々が顔を勢揃い。 『アラジン』のジーニー役や『SING/シング』のマイク役でもその美声を披露している声優の山寺宏一は、神出鬼没で恐ろしい力を持つお尋ね者の猫・マキャヴィティ役を。 舞台「レ・ミゼラブル」やミュージカル「メリー・ポピンズ」などで活躍する舞台女優の浦嶋りんこは、昼間はぐうたらで夜は元気なおばさん猫・ジェニエニドッツ役を。 国際的に活躍する実力派若手シンガーのRIRIは、マキャヴィティと行動を共にし、世界的アーティストであるテイラー・スウィフト演じる妖艶な雌猫・ボンバルリーナ役を。 演技&歌唱力ともに実力を兼ね備える声優の宮野真守と沢城みゆきは、イタズラ好きかつ盗みのプロで悪名高きコソ泥カップル猫・マンゴジェリー&ランペルティーザ役を。 ハリウッドスターの吹替えを数多く担当する声優の山路和弘は船が住処の荒くれ猫・グロールタイガー役をそれぞれ担当。 そして、映画「ゴジラ」シリーズから長きにわたり活躍するレジェンド俳優の宝田明は、かつては劇場の大スターで今は過去の栄光を懐かしむ老猫であり、オリジナル版では名優イアン・マッケランが演じているガス役を務める。 また、日本語吹替え版音楽プロデュースは、数々のアーティストの楽曲アレンジ、プロデュースを手がけてきた蔦谷好位置が担当する。 なお、このほど発表された『キャッツ』日本語吹替え版の新キャストたちからコメントが届いたので、以下に紹介する。 ジェニエニドッツ(声・浦嶋りんこ) (C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. All Rights Reserved. ……我慢はしない気質のランペル!解放されるようで心地良かったです。 【ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?】 ……ぱっと、思いついたのは、相方のことが大好きなところ(笑)でしょうか。 宮野さんとこうした間柄は新鮮で嬉しかったです。 左端ランペルティーザ(声・沢城みゆき)、右端マンゴジェリー(声・宮野真守) (C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 選んでいただけて光栄でした。 そして機会をくれたキャッツに感謝。

次の

映画 キャッツ(実写版)評価が酷すぎるのはなぜ?米でゴミ映画と酷評され大コケ?|movie

キャッツ 映画 吹き替え

「キャッツ」は、ノーベル賞を受賞した T. エリオットの詩集を原作としていて、セリフのほとんどが、彼の詩集からになります。 そして、「オペラ座の怪人」、「ジーザス・クライスト・スーパースター」などで知られる アンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲をした作品です。 今回、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督による、彼にとっては 「レ・ミゼラブル」以来2度目のミュージカル作品となります。 同じく「レ・ミゼラブル」のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースを担当しています。 出演者は、「ドリーム・ガールズ」でアカデミー賞助演女優賞を受賞した、 ジェニファー・ハドソンを始め、グラミー賞10度の受賞経験を持つ、 テイラー・スウィフトのほか、 ジュディ・デンチや イアン・マッケランといった、大御所俳優も出演しています。 Not bad, but can she do this? — Cats Movie catsmovie その他にも、今注目の、大人気コメディアン、 ジェームス・コーデンや レベル・ウィルソン、渋い役の多い、 イドリス・エルバ、など多彩なジャンルからの豪華な出演陣となっています。 さらに注目なのは、各ダンス界で、まさにトップを走る、ダンサーたちの起用です。 英国王立ロイヤル・バレエ団のプリンシパル(バレエ団のトップバレリーナ)、 フランチェスカ・ヘイワードを始め、世界一有名なヒップホップダンスデュオの、 レ・ツインズも加わります。 レ・ツインズの二人は、実の双子で、最近では、メンインブラック・インターナショナルにも登場して、世間を驚かせました。 一流のバレエやヒップホップが融合した、ミュージカルという、なんとも贅沢な作品になっています。 あと見逃せないのが「レ・ミゼラブル」同様、フーパー監督のこだわりである、別撮りではない、 「生歌」です。 キャストたちの圧倒的な歌声にも期待が高まる仕上がりとなっています。 これは見たい!早くみたいですね! 猫たちが真夜中のダンスに酔いしれている時、一匹の猫が、観客席に声をかけ、猫たちの部族、ジェリクル族とジェリクルキャットについて説明しだします。 そうすると、舞台の上の猫たちも観客に気がつき、それぞれに猫の部族でつけられた名前をそれぞれが披露します。 そのあと、 白猫 ビクトリアがジェリクル舞踏会の開会の歌を歌います。 — Cats Movie catsmovie そこに登場するのが、ジェリクルキャッツのリーダー マンカストラップの紹介で、長老猫の オールド・デュトロトロノミーが現れ、彼が今夜の舞踏会で、一匹の猫を選びだし、その猫が今夜生まれ変わって、新しい命を授かることを知らせます。 ラム・タム・タガーの歌が終わる頃、汚らしい年老いたグレーの猫、 グリザベラが現れます。 猫たちは怖がって、気持ち悪がり、彼女から離れます。 彼女が自分の不幸を歌います。 続いて、お洒落なタキシードを着て、白いスパッツをはいている陽気な太っちょの バストファー・ジョーンズが、明るい調子の歌を歌います。 大きな破壊音がして、猫たちはステージから逃げ出します。 そこで笑いながら登場するのが、人にいたずらをするのが大好きな泥棒猫の、双子のようなコンビ、 マンゴジェリーと ランペルティーザです。 そのあと、長老のオールド・デュトロトロノミーが猫たちの前に立ち、犬を恐れさせた、グレートランパスキャットの伝説を話してたのですが、彼の言葉を遮るように、2度目の大きな破裂音がします。 今度こそ 大悪党のマキャヴィティが現れたのではないかと、猫たちは辺りを警戒して周りを走り回ります。 オールド・デュトロトロノミーは、マキャヴィティではないと言い、ジェリクル舞踏会の再開を宣言します。 そこに再び、グリザベラが現れますが、やはり他の猫から敬遠されます。 オールド・デュトロトロノミーは彼女を悲しい目で見つめます。 一人で立ち尽くすグリザベラはここで 「メモリー」を歌うのでした。 ジェリクル舞踏会の終わった後、オールド・デュトロトロノミーは、グリザベラを引き合いに「幸せとは何か」を考えますが、猫たちは彼の言葉を理解できませんでした。 オールド・デュトロトロノミーは、代わりに 子猫のジェミマに「幸せの瞬間」を歌わさせるのでした。 ガス(アスパラガス)が次に歌う猫として現れます。 彼はもともとステージに立つ猫でしたが、今は足が麻痺して、上手く歩けません。 ジェリーロラムに付き添われて登場します。 ガスに代わって、ジェリーロラムが彼のステージでの経験を話し出します。 次に登場するのが、鉄道猫の スキンブルシャンクスです。 彼がいないとグラスゴーの夜行列車は運行できないと言われる猫で、非公式の猫の車掌です。 彼が歌う間に、ごみ庫から、鉄道のエンジンが組み上がっていくのでした。 3回目の破壊音と悪役の笑い声とともに、「お尋ね者」 マキャヴィティの登場です。 犯罪界のナポレオンとあだ名される彼は、オールド・デュトロトロノミーをさらってしまいます。 それをマンカストラップが追いかける間、マキャヴィティの悪い噂の歌を、 ボンバルリーナと ディミータが歌います。

次の

映画『キャッツ』の日本語吹き替え版<第三弾>キャストとして山寺宏一、宮野真守、沢城みゆき、山路和弘、宝田明らが参加

キャッツ 映画 吹き替え

まず声優は豪華なラインナップになっています! 実力派の声優陣と話題性を考慮した組み合わせが絶妙です。 この中で特に気になるのは、 ラム・タム・タガー役の藤原聡さんでしょう。 人気沸騰中のOffcial髭男dism通称ヒゲダンのボーカルとして活躍している方です。 この方は今作が声優のデビュー作となっています。 すごいですよね! 飛ぶ鳥を落とす勢いです!!! 映画「キャッツ」の吹替版では歌は日本語の歌詞になる Sponsored Link 「キャッツ」ブロードウェイのミュージカルが原作となっていて今回その名作は映画になりました。 ミュージカルといえば、 歌とダンスですよね! 「キャッツ」も例外ではありません。 「キャッツ」がここまで世界的にヒットしたのは歌の力がかなりのウェイトを締めています。 そんな歌ですが、吹き替え版になると歌も変わります。 吹替版の歌は日本語の歌詞で歌われます。 「キャッツ」の名曲「メモリー」は字幕版ではグリザベラを演じるジェニファー・ハドソンが歌いますが、 字幕版では高橋あず美さんが日本語バージョンを歌います。 またこの映画のために テイラー・スウィフトが作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェバーと共に作った新曲をヴィクトリア役の葵わかなさんが歌うことも明らかになっています。 理由は2つあります。 ・歌のクオリティが格段に下がるため ・吹き替えだとミュージカルらしくなくなるため 一つずつ補足していきます。 歌のクオリティが格段に下がるため 理由はやはり、 名 曲の「メモリー」はジェニファー・ハドソンが英語で歌い上げたものが本物だからです。 英語の曲に日本語訳をつけるとどうしてもメロデイーや音符の数の関係で完璧に歌詞表現を 再現は出来ません。 それにやはり歌詞がわからなくてもジェニファー・ハドソンの歌唱力は世界のトップクラスです! 高橋あず美さんは昨年ビヨンセの「listen」をアメリカの路上で歌ったのがTwitterに挙がって話題を呼びましたが、それはおそらくこのためにの話題作りでしょう。 路上で話題を生んだのと、世界のトップクラスは桁が違います。 吹き替えで質が落ちてしまうのは明確だと考えれます。 吹き替えだとミュージカルらしくなくなるため ミュージカルは歌とダンスなのだから吹き替えで歌変わったら別の作品になるじゃん。 涙 世界で吹き替えしてるのってドイツと日本だけだし・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp ミュージカルは歌とダンスが中核にあるためにテンポや流れがとても大事です。 外国のミュージカルを日本語訳にした時にチグハグして感じるのは英語で作られたものに日本語をつけているからです。 それにすべての言葉や表現を訳せるとは限りません。 文化が違うので存在しない表現もあります。 普通の映画なら、まだしも ミュージカルではかなり違和感を感じることになると考えられます。 まとめ ・映画「キャッツ」は吹き替えよりも字幕で見ることをオススメします。 理由は ・歌のクオリティが格段に下がるため ・吹き替えだとミュージカルらしくなくなるため だと考えてます。 多少言葉の意味が分からないところがあっても ミュージカルは歌とダンスで楽しめるように作られているためだと思ってます。 合わせて読みたい!.

次の