アサリ の 砂 出し。 アサリの砂抜き 死んだアサリは復活するの?食べても大丈夫?

アサリの砂抜き方法は?塩抜きも忘れずに!保存方法は?

アサリ の 砂 出し

スーパーで買ったアサリ、塩水に漬けて砂を抜くことは料理の基本で言われていますが、砂抜きの先にある、さらにうま味成分を引き出すテクニックについては、あまり言及されていません。 アサリの美味しさを最大限に引き出して味わうためにも、覚えておきたい調理テクニックをご紹介します。 砂抜きのポイントを おさらいしよう 01. 塩水に浸す アサリを買ってきたら、バットのような平べったい容器に水を張り、アサリが少し出るくらいの分量で塩水を入れます。 塩の分量は水の3%が目処。 500ccなら15g入れればOKです。 暗くして 2〜3時間置いておく 新聞紙などで覆って暗い環境にすると、アサリはリラックスして砂を出しやすくなります。 また、砂を噴射しても周りに飛び散らないので安心です。 冷暗所(室温)で2〜3時間置いておくのが目安です。 この2点を守れば、砂抜きは完璧です。 が、ここまでは当たり前。 ポイントはこの後にあります。 うま味成分「コハク酸」を引き出す アサリの砂抜きが終わってすぐに調理したり、すぐに冷蔵庫に入れてはもったいない! アサリの持つうま味成分コハク酸をさらに引き出すために、濡らして絞ったキッチンタオルをかけて乾燥を予防し、20度前後の室温で約3時間置いておくのが正解です。 アサリはエラ呼吸ができなくなり苦しくなると、コハク酸を作ります。 ちょっぴりかわいそうですが、強いストレスをかけることで貝類特有のうま味成分が引き出されるのです。 冷蔵庫の方が鮮度が長持ちして美味しい気がするかもしれませんが、冷蔵の温度ではコハク酸が増えにくいと言われています。 こうしてしっかりとうま味を引き出す一手間によって、最高に美味しい状態でアサリを食べることができます。 ぜひ試してみてください!.

次の

アサリを本当に美味しく食べる方法。ポイントは砂抜きの後に・・・

アサリ の 砂 出し

スポンサーリンク アサリの正しい砂抜き方法は? アサリは鮮度が命ですから、潮干狩りや買い物で 手に入れたら、できるだけ早く下処理をして、 手早く調理や保存をすることが大切です。 まずは、砂抜きの正しい方法を覚えましょう。 普通の容器の底にアサリをベタ置きにしてしまうと、 一度吐き出して底に溜まった砂をもう一度吸いこんで しまうため、いつまで経っても砂が抜けません。 網の2重底なら、吐いた砂が網の下に落ちるので、 再度吸い込んでしまうことを予防できます。 例えば、上記の網付きのバットや、 食器水切り用のプラスチック容器と網容器のセットなど、 そういった物が適しています。 貝殻の外側をキレイにするイメージでOKです。 ポイントは必ず 流水で洗うこと。 容器に溜めた水で洗ってはいけません。 2.死んだ貝を選別して取り除く ガチャガチャと貝を洗いながら、 同時に、死んだアサリの選別もしてしまいましょう。 死んでしまっている貝と一緒に砂抜きをしてしまうと、 水が汚れて他の元気な貝も死んでしまいますからね。 死んだ貝の簡単な見分け方は2つです。 ・口が開いている 又は 開いてしまうもの ・他の貝と違う音がするもの 流水で洗うと元気なアサリはガッチリ口を閉じますが、 開いているのは可哀そうですが死んでいます。 また、ガチャガチャした時に他と違う音がするものは、 死んでいたり中身が砂であったりする可能性が高いです。 こういった貝があった場合は、取り除いてください。 3.容器の中に洗った貝を並べる。 アサリを並べる時のポイントは、 できるだけ貝が重ならないようにすることです。 重ねると上の貝が吐いた砂を下の貝が吸い込んでしまい、 しっかりと砂抜きができません。 また、あまり密集度が高いと酸欠で弱ってしまうので、 量が多くてどうしても密集してしまう場合などは、 複数の容器に分けて行ってください。 4.海水又は塩水を入れる。 潮干狩り会場から海水を持って帰ってきた場合は海水を、 持って帰っていない場合はご家庭で塩水を作って、 貝を並べた容器内に注いでください。 ポイントは3つです。 水の量も重要で、入れ過ぎてしまうと呼吸が出来ずに アサリが死んでしまいますので注意してください。 貝の頭が少し出るくらいの量が適量です。 塩水を作る場合の塩分濃度の目安は海水と同程度の3%。 1リットルの水道水に対し30g(約大さじ2)の割合で 塩を加え、溶け残らないようによく溶かします。 水道水よりもミネラルウォーターやアルカリイオン水の方が 良さげに感じますが、これらではほとんど砂を吐きません。 必ず水道水で行って下さい。 塩も何でもOKです。 一番よく砂を吐くのは、元々住んでいた場所の海水です。 今後もし潮干狩りに行く時には、空のペットボトルを持参して 海水を持ち帰るようにしましょう。 5.新聞紙などでフタをする。 アサリは普段砂に潜っているため、暗いところを好みます。 なので、暗くすると活性があがって砂もよく吐き出します。 というか、明るいとほぼ吐きません。 ですので、フタをして暗くしてあげましょう。 ポイントは、新聞紙などを使い、 密閉しないようにすること。 ラップなどで密閉してしまうと酸欠で死んでしまいます。 また、このフタをすることで、暗くするだけでなく 吐いた砂水で周囲が水浸しになるのも防ぐことができます。 6.しばらく放置する。 ポイントは2つです。 ・放置場所の気温 ・放置する時間 放置場所は、よく冷蔵庫に入れるという人がいますが、 冷蔵庫では水温が下がり過ぎてあまり砂を吐きません。 冷蔵庫や炎天下などの寒過ぎ・暑過ぎはNGなんです。 放置中の水温変化がなるべく少なくなるように、 冷暗所や風呂場、室内などで行うようにしてください。 放置時間については、海水と塩水とで違います。 海水であれば3時間程度で充分砂が抜けます。 水道水から作った塩水であれば5~8時間程度です。 やみくもに長くやれば良く砂が抜けるものではなく、 むしろ長過ぎると水が汚れて貝が弱ってしまいますので、 上記の時間を目安に水から出してあげてください。 7.水から出し、ザルに入れて流水で洗う。 吐いた砂がヌメリと共に貝殻にけっこう付いています。 ザルに入れて流水でガチャガチャ洗ってそれらの汚れを 洗い流してください。 最初と同様に、この時も 流水で洗うのがポイントです。 溜めた水ではやらないでくださいね。 以上でアサリの砂抜きの手順は完了です。 これで口の中でジャリッとすることはもうありません。 ・・・でも、ちょっと待ってください。 アサリを美味しく食べるためには、もう一つ大切なことが あるんです。 それは 「塩抜き」です。 やり方は次章で紹介します。 スポンサーリンク アサリの砂抜き後には塩抜きも忘れずに! 〇「塩抜き」ってナニ?? そもそも塩抜きって何なのかご存知ですか? 砂抜きに関しては一般的にもよく知られていますが、 塩抜きは聞いたことがないという方が多いです。 「塩抜き」とは、文字通り塩を抜く処理のことです。 砂抜き後のアサリの体内には海水や塩水が残っていて、 そのまま調理するととても塩辛いんです。 塩を抜くといっても特に難しいことをするわけではなく、 砂抜きと同様に、アサリに吐き出させるだけです。 作業的にはいたって簡単ですし、 砂抜きが終わったら、そのまま続けてできますので、 忘れずに行って下さいね。 まず砂抜きをした容器内の海水・塩水を捨て、 水がない状態にして、砂抜きと同様に貝を並べます。 次に、先ほど砂抜きで使った新聞紙でフタをして、 そのまま室温で 1時間程度放置してください。 最後にもう一度流水でガチャガチャ洗えば、 塩抜きは完了です。 たったこれだけですので、 コツやポイントといったことは特にないですし、 特別注意することも何もありません。 その方法はというと、 塩抜き後、 水からあげた状態でさらに2~3時間程度 室温で放置する・・・たったこれだけです! なぜ放置するだけでアサリが美味しくなるのか? ちょっと聞いただけでは信じられないかもしれませんが、 そこにはちゃんと理由があるんです。 それは、水からあげた状態で放置すると、 アサリが酸欠状態になって強いストレスを受けることになり、 体内でコハク酸という旨味成分が増加するからなんです。 ちょっと可哀そうですが、いずれにしろ食べるわけですし、 必要なのは時間だけですから、ぜひ試してみて下さい。 ビックリするほど美味しくなりますよ。 アサリの砂抜き後の保存方法は? アサリは痛みやすく、死んでしまうと臭いを発しますので、 保存方法もキッチリ覚えておきましょう。 ビチャビチャに濡らす必要はなく、霧吹きやスプレーを使って 湿らせる程度がベストです。 その濡らした新聞紙などでアサリを包み、 タッパーなどの容器に入れて冷蔵庫に入れます。 この時、密閉すると窒息して死んでしまうので、 容器にフタやラップはしないようにします。 もし冷蔵庫に野菜室があれば、そちらがベターです。 冷蔵温度が若干高めなので、海水との温度差が少ないため、 アサリの保存に適しています。 たまに様子を見て、乾きそうになったら水分を足してください。 活きがいいアサリであれば、 3日程度は美味しく食べられます。 死んだアサリは死んですぐなら食べられますが、 臭いを発しているものは食べられませんので注意が必要です。 どんなに新鮮なものでも、やはり冷蔵庫では3日が限度です。 それ以上保存したい場合は 冷凍保存しましょう。 ただし、冷凍保存は、解凍方法も含めてコツが必要です。 説明が長くなるので、コチラの記事をご参照ください。 特に重要なのは、 アサリを弱らせないようになるべく早く処理すること そして温度管理に気をつかうことです。

次の

アサリの砂抜きに使う水は?忘れてはいけない水の話

アサリ の 砂 出し

すぐにあさりのスパゲッテイーにして食べるつもりで買ったのですが、家に帰って他の物を食べてしまい、あさりをその日にお料理するのを忘れてしまいました。 先程、ふとあさりを買ったことを思い出したので、蒸して食べるつもりで冷蔵庫を開けたら、あさりは口を開いていたので、みんな死んでしまったようです。 前置きが長くなりましたが、お伺いしたいのは、買った時には生きていたあさりでも、その後冷蔵庫の中で死んでしまったのを調理して食べたら、食あたりになってしまうのでしょうか。 死んだ貝類は食べるなと、シェフのお友達に言われているので、火を通しても口が開かない貝は食べないようにしています。 A ベストアンサー 海で採って3日目になって死んだアサリを食べた時の保管方法についてのご質問ですが、インターネットで検索してボール(食器)に指示通りの水と食塩(あらじお!)を溶かして室温暗所保管(4月の関東)しておりました。 二日目くらいまでは、ピュッピュッと水を吹いて砂もはいていたのですが、確か3日目から反応がなくなり、べろりと舌?を出して伸びているのを加熱調理後に食べてしまいました。 テレビで砂抜きしたアサリを冷凍保存すると味が良くなるという番組を見た事があります。 調理の種類は忘れましたが。 ただ、この場合もあくまで元気の良い貝を急速冷蔵が原則だと思います。 死んじまったものを冷凍したり加熱しても食べられない、とお考えなったら(女性はともかく弱い男には)安全かと思います。 Q あさりは口が開いているときは、軽くさわっても閉じないものは食べてはいけない、 と思ってきたのですが、最近はそうではないのですか? スーパーでのことです。 あさりがあったのですが口が開いており、かるくさわっても反応なく、閉じなかったので 連れに「残念だけど買えないね」と言いました。 そのとき、60代くらいの女性店員から、「これは元気な貝です!」と声をかけられました。 結局買わなかったのですが、インターネットで調べてみると、 私と同じように「閉じないものは死んでいる貝だからだめ」とする意見と、 「調理して開いたらどっちでもいい」など大丈夫とする意見とが混在していました。 あさりなどの貝、調理前に口が閉じなくても大丈夫なのでしょうか? 理由も教えていただけたら大変参考になります。 A ベストアンサー <あさりは口が開いているときは、軽くさわっても閉じないものは食べてはいけない、 と思ってきたのですが、最近はそうではないのですか?> 昔も今も変わりません、さわっても閉じないのは、死んでいるか、弱っているものです。 <私と同じように「閉じないものは死んでいる貝だからだめ」とする意見と、> <「調理して開いたらどっちでもいい」など大丈夫とする意見とが混在していました。 > どちらも間違ってはいません、火を通して口を開けば、食べられます、が? 元々、開いて死んでいたものや、弱っているものは、味が落ちます。 軽くさわって見て、すぐに閉じるものを買ったほうが間違いありません。 あなたの、仰る通りですよ。 Q 温めて開いたアサリは生きていたのですか? 潮干狩りで道中1時間袋に入れて持って帰り、その後そのまま冷蔵庫に入れ、 また1時間日中に持ち歩き、その後に砂だししようとして真水に入れた後 塩を適当に振りました。 (絶対に3%より濃くはないくらいの量です) 砂だししようとする前から、固く口を閉じてるなとは思っていましたが、 その後も全く口を開きません。 4~5時間水を替えたりして冷蔵庫で放置しましたが、全く開かなかったので 死んでしまったのかと思い、ためしにレンジで3分温めたら全部の貝が口を開きました。 これって生きていたということでしょうか? 死んでいたなら怖いので捨てようと思いますが、生きていたのなら汁は利用しようかと思います。 (身はジャリジャリだと思うので) ご存知の方、教えてください。 A ベストアンサー 砂抜きの基本的な方法です。 1 ボウルに海水くらい(3%程度)の濃さの食塩水をつくり、金ザルを入れて、その中にアサリを入れます。 金ざるを重ねるのは、アサリをボウルから浮かせ、吐き出した砂をまた吸い込まないようにするためです。 2 ボウルにふきんなどを掛け、少し暗めの感じにします。 アサリは砂の中に住んでいますので、薄暗い環境のほうが活発に動きます。 3 常温(夏場は涼しいところに)で放置します。 冷蔵庫はいけません。 条件がよければ数分で動き出します。 二時間ほどで充分に砂がでますが、あまり長く砂だしをすると弱って死んでしまうことがあります。 *アサリがいつもいる環境に置くようにすることが大事です。 ちなみにシジミはアサリの半分くらいの塩水で砂抜きします。 以上、がんばって試してみてください。 A ベストアンサー No. 1です。 回答へのお礼を読みました。 ありがとう 本来あくまで、あさりは海にいますので塩水 蜆は淡水ですよね。 ですから真水。 蜆がですね、海水に流れている地域に生息 している場合があるそうです。 これはまれだそうです。 この蜆の場合は塩水です。 質問者さんの場合ですね、本来真水にあるべきしじみが 塩水につけたので、しじみがですね、どう呼吸していいか 困っていて仮死状態の場合だと想定します。 ですから死んでいるわけではないのです。 もし死んでいるのであれば、すべてでなく少量混ざっていても 鼻をちかづければ、強烈な匂いがします。 匂いしてないですよね。 泥水が残っているのではと、心配する向きがありますが 今は産地からちゃんとしているので、そう神経質になることはありません。 蜆を調理するさいは、両手で殻と殻をもみ、こすりあわせるように 何度ももみ、それをまた水ですすぐことを繰り返し二回ぐらい してください。 殻についている臭みがとれますので。 私がさきほど書きましたのは、あくまで仮死状態であり 死んでないことを想定して、火にかけてくださいと書きました。 賞味期限ですし、心配ないと判断しますが。 ただ食べ物はですね、心配しいしい食しますと あとで気分的にも具合が悪くなってしまうこともありますので 心配でしたら捨てたほうがよいです。 それから火にかけて沸騰する直前に止めたとしましょうか。 もし死んでいる貝がふくまれていたら、その汁はかなり くさいはずです。 何も死んでなく貝が平気の場合は、その汁はそのままにして 蜆をすくってくださいね。 残った汁で、味噌汁の味付けですよ。 出来た汁に、ふたたび蜆をもどしてくださいね。 貝は火を通しすぎると、身が固くなり、おいしくなくなってしまう ためです。 こんなところです。 また何かあれば書いておいてくださいね。 1です。 回答へのお礼を読みました。 ありがとう 本来あくまで、あさりは海にいますので塩水 蜆は淡水ですよね。 ですから真水。 蜆がですね、海水に流れている地域に生息 している場合があるそうです。 これはまれだそうです。 この蜆の場合は塩水です。 質問者さんの場合ですね、本来真水にあるべきしじみが 塩水につけたので、しじみがですね、どう呼吸していいか 困っていて仮死状態の場合だと想定します。 ですから死んでいるわけではないのです。 もし死んでいるのであれば、すべてでな...

次の