ニュース キャスター 英語。 「キャスター」「ロケ」「セレブ」、全部英語でなんて言う?【放送メディア関連の和製英語】

【公式】倉見 慶子(くらみ けいこ)

ニュース キャスター 英語

スポンサーリンク 今回のコラムは、私が先日ふと感じたことのお話です。 日本ではテレビのニュース番組でメインの役割の人を「メインキャスター(メーンキャスター)」と呼んだり、メインではない人も「ニュースキャスター」もしくは「キャスター」と呼んだりしますよね。 それはふとしたことがきっかけだったのですが、今回はそんな「ニュースキャスター」にまつわる英語表現をお届けします! きっかけはエイプリルフール ニュージーランドには『Breakfast』という朝のニュース番組があるのですが、そのメインキャスターやお天気キャスター、ニュースキャスターがエイプリルフールにひっかけられたのが話題になっていました。 それは、これらの人が朝早くに車でテレビ局に出勤してくると、駐車場のカードキーがことごとく作動せず、ゲートが開かないというイタズラでした。 (この記事の最後に、その模様を収めた動画へのリンクがありますので、興味のある方はご覧ください) 困ってそこにあるインターホンを押すと、仕掛人につながり「ここに何しに来たの?」などと聞かれます。 そこで「私はメインキャスター」や「ニュースキャスター」「お天気キャスター」という表現が出てきます。 スポンサーリンク では、これらを英語で言うとどんな表現になると思いますか? 「キャスター」とは言わない そこで使われていた表現は、こうでした。 I host the Breakfast programme. the weather presenter the host of Breakfast そうなんです。 メインキャスター:host, presenter• ニュースを読む担当の人:newsreader• でも「キャスター」だけだと、和製英語になってしまうんです。 スポーツキャスター、リポーター、特派員、アナウンサーを英語で ニュース番組に出てくるのは上で紹介した人たちだけではありませんよね。 スポーツニュース担当の人がいたり、現場からニュースをお届けする「リポーター」や、海外に派遣されて取材・リポートする「特派員」もいます。 スポーツニュース担当のキャスター:ports presenter• リポーター:reporter• スポンサーリンク すでにお気付きかもしれませんが、これらは役割の名前で、職業としての「アナウンサー」を英語で言いたい場合には、• アナウンサー:broadcaster が近いように思います。 アメリカ英語ではちょっと違う ニュージーランドの英語はイギリス英語の影響を強く受けているので、上で紹介した表現もイギリス英語寄りのものになっています。 アメリカ英語では、メインの「ニュースキャスター」は、• anchorman, anchorwoman• anchorperson• anchor などと呼ばれることが多いようです。

次の

世界へ発信!ニュースで英語術

ニュース キャスター 英語

一日24時間、365日いつでも、どこからでもニュースを報道してくれる『疲れを知らないAIキャスター』。 世界で初めてだそうです。 詳しく記事を見てみましょう。 Chinese viewers were greeted with a digital version of a regular Xinhua news anchor named Qiu Hao. The anchor, wearing a red tie and pin-striped suit, nods his head in emphasis, blinking and raising his eyebrows slightly. Vocabulary Xinhua:新華社=中国の国営通信社。 正式名称は 新華通訊社。 中国の国営ニュース社・新華社通信は、今週新しいメンバーをニュースルームに採用した。 すなわちAIのキャスターで、彼は『疲れを知らず』一日中毎日、中国のどこからでもニュースを報道する。 Chinese viewers were greeted with a digital version of a regular Xinhua news anchor named Qiu Hao. The anchor, wearing a red tie and pin-striped suit, nods his head in emphasis, blinking and raising his eyebrows slightly. そのキャスターは、赤いネクタイと細いストライプのスーツを身に付け、強調する時はうなずき、まばたきをし、まゆげをほんの少しあげる。 「私は1日に24時間、1年に365日皆さまとご一緒できるだけでなく、皆さまにニュースをお届けするために、私は際限なくコピーすることができて、違う場所に現れることができます。 」と彼は言った。 The Guardianが伝えるAIキャスターとは 中国で世界初めてのAIのキャスター登場 中国の国営ニュース社・新華社通信は今週新しいメンバーを採用。 それは、AIのキャスター。 新華社通信は、 ニュースの制作費を削減し、速報性の向上も期待できるとそのメリットを説明。 2名のAIキャスターは『疲れ知らず』。 一日中そして毎日、中国のどこからでもニュースを報道することができる。 「私は1日に24時間、1年に365日あなたとご一緒できるだけでなく、皆さまにニュースをお届けするために、私は 際限なく(endlessly)コピーすることができて、違う場所に 現れる(present )ことができます。 」とAIキャスターQiu Haoは視聴者に挨拶した。 中国語と英語の2名のAIキャスターの特徴 中国の国営ニュース社・新華社通信のAIキャスターは2名。 AIキャスターは、まるで人間のような表情で、うなずき、まばたきを人間の様に自然に行い、まゆげもかすかに上がったりする。 AIキャスターの一人は中国語を話す。 名前は、Qiu Hao。 赤いネクタイにストライプのスーツ姿のAIキャスターは、実在するのQiu Hao氏をモデルにしたとのこと。 もう一人は 英語バージョン(English-speaking AI)。 実在のニュースキャスターZhang Zhao氏がモデル。 「 国際的に進歩した技術 international advanced technologies の 統合 integration が メディア産業の発展 the development of the media industry には必要です。 」と付け加え、世界にニュースを発信する意気込みを見せる。 新華社(Xinhua)と搜狗(Sogou)とで開発されたAIキャスター AIキャスターは、中国国営放送の新華社と中国の検索エンジンの会社・搜狗(Sogou)で開発された。 machine learning( 機械学習)を使用し開発。 (machine learningとは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピューターで実現しようとする技術・手法のこと。 )人間の声やしぐさを学習したとのこと。 開催場所は、烏鎮 うちん)。 烏鎮 うちん)には、世界インターネット大会の永久開催施設インターネット国際会展センターがある。 虹彩(iris)認識や 歩行認識(gait recognition)の技術を使って、 活動家の監視(monitor activists)や、 新疆ウイグル自治区(Xinjiang)のような エスニックマイノリティー(ethnic minorities)や 普通の市民(regular citizens)の監視などに使用されないかと懸念する声もある。 AI技術の他の応用 中国のAI技術はAIキャスターだけでなく、Uncle Kai と呼ばれる人気のある本を読んでくれるアプリも紹介された。 搜狗(Sogou)の社長である Wang Xiaochuan 氏は、『将来、物語を読んでくれるお父さんやお母さんにもなれます』と本を読んでくれるアプリ Uncle Kai をインタビューの中で紹介した。 そう言えば 今回記事で取り上げられたAIのニュースキャスターは、原稿を渡されてそれをまるで人間の様に読むことができるAIキャスターでした。 今後のAIの発展で、ネットやその他の媒体から自ら情報を集め分析し、自ら原稿を作って報道するAIが出てくるのかもしれませんね。 私がぼーと生きている間に世界は急激に変わってきています。

次の

「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」

ニュース キャスター 英語

アメリカの三大公共ネットワークは、、、。 中でも、一番人気のニュース動画配信チャンネルがこのABC News。 同じく公共ネットワークのも硬派な報道として評価されてます。 英スポくん CNN News ABC NEWSと並び、広く支持されているチャンネルです。 CNNとはCable News Networkの略で、アメリカのケーブル&衛星テレビ向けのニュースチャンネルです。 1980年に世界初の24時間放送するニュース専門のチャンネルとして設立されました。 民主党支持派と言われています(オバマ元大統領の方)。 FOX アメリカ合衆国のニュース専門放送局。 1996年に当時のNBCの経営者ロジャー・アイレスを社長にして設立しました。 こちらは共和支持派と言われています(トランプ大統領の方)。 英語字幕で楽しめるニュース動画チャンネル VICE News 2013年にウェブオンリーのニュースサイトとしてニューヨークに設立。 既存のメディアとは違い、若いジャーナリストによるパーソナルなレポートというスタイルで人気です。 今では大手ネットワークのHBOでもニュースを流すまでになっています。 英語学習者にオススメです。 New Reviewというコーナーでニュースを取り上げてるよ。 英スポくん 英語学習には、アメリカの英語学習に特化した番組、 もオススメです。 The Young Turks 2002年に、YouTubeをメインとして始まったアメリカのニュース&コメンタリー番組。 自ら左翼的な番組と名乗り、保守派と一線を画し、YouTubeで人気があります。 YouTubeの英語字幕のつけ方 スマートフォンで 画面上をタップし、右上のマークから字幕を設定できます。 パソコンで 画面右下の字幕ボタンをONにしましょう。 (字幕が設定されていない動画には、このボタン自体もありません。 ) リスニング学習のワンポイント・アドバイス せっかく時間を使うなら、リスニング力が向上するポイントを押さえて、学びたいところ! いくつかご紹介します。 意識的に聴こう 大人の脳が出来上がっているので、英語初心者に、残念ながら短時間の聞き流しでは、効果はあまりないそうです。 しかし、 しっかり聞き取るように意識することで、リスニング力は上がります。 数分で良いので、英語の音を全てつかむぞ!という感覚が大切です。 文頭の4語に集中しよう 特に、文章の最初の4語をしっかり聞く癖をつけましょう。 主語、時制、否定など多くの大事な情報を含んでいます。 英語は英語のまま、捉えていきましょう。 英単語を日本語訳とセットにせず、英単語とそのイメージを直接につないでで身につけるといいよ。 英スポくん 全体の主旨を掴もう 最初は一文一文を全部理解することは、気にしなくて全然OKです。 イメージで英語を捉えて、全体の主旨がわかるようにしましょう。 最初は細かいことは気にせず「孤独が大きな社会問題になってるんだな」ぐらいの程度で大丈夫です。 最初は、イヤフォン、ヘッドフォンを使おう テレビや、PC付属のスピーカーより、このほうが最初は聞き取りやすいのでオススメです。 さらに、目をつぶるとより集中できます。 まとめ 動画ニュースはスマホ一つで、どこでもいつでも手軽に視聴できるので、 すきま時間の英語学習にピッタリです。 ニュースと聞くと、政治や経済など難しいイメージもありますが、スポーツや文化などジャンルは意外と幅広いもの。 日本のニュースと同じように、気軽に興味があるものを 「情報収拾」のつもりで聞いてみましょう。 1日数分でも集中して聞くと、リスニング力は必ず伸びていきますよ。

次の