乳児 ゲップ 吐く。 嘔吐|吐く時の症状と原因|子どものホームケアの基礎

新生児の吐き戻しの対策!いつまで続く?毎回・大量のときは?|医師監修

乳児 ゲップ 吐く

赤ちゃんにおっぱいや授乳をさせた後、 すごい勢いで吐き戻されてしまうと ママも驚きますよね! 特に新生児は吐くことが多く、 せっかく授乳が終わったと思ったら また授乳・・・ というママも多いのではないでしょうか。 この記事では、 赤ちゃんの吐き戻しの原因 病気による吐き戻し について書いています。 赤ちゃんが吐き戻す原因は何? 赤ちゃんが吐き戻してしまう原因は、 赤ちゃんの体のつくり(特に 胃)が大きく影響しています。 赤ちゃんの胃は、 まだ未熟で、真っ直ぐな形をしています。 少しの刺激が加わっただけで、 母乳やミルクを吐いてしまうのです。 また、 ゲップがしっかりと出来ていないと 吐き戻してしまいます。 赤ちゃんは母乳やミルクを飲むときに たくさんの空気も一緒に飲んでしまうのです。 その空気をしっかりと出してあげないと その空気と一緒に吐き戻してしまいます。 ただ、ゲップをさせる場合にも ゲップと一緒に母乳やミルクが出てしまう場合もあります。 毎日ように吐いている赤ちゃんを見ると 心配になってしまうママも多いかと思いますが 病気ではない吐き戻しの場合は、 運動発達が成長していくに連れ 筋肉もついてくるので吐き戻しも減ってくるでしょう。 胃とゲップ以外の原因として挙げられるのは 母乳やミルクの 飲みすぎです。 赤ちゃんの満腹中枢はまだ未発達なので、 満腹という感覚が分かりません。 そのため、母乳がたくさん出るママの 場合には赤ちゃんの限界以上の母乳を あげてしまうことで 吐き戻してしまいます。 これからの原因の吐き戻しというのは、 成長するとともに減ってきますので、 焦らず長い目で見守ってあげましょう。 吐き戻しの対処方法 授乳後は頭の位置を高くする 新生児の胃は未発達で、真っ直ぐになっています。 そのため、授乳後は平面に寝かせるのではなく、 吐き戻し防止枕や授乳クッション、 タオルなどを使い、 頭の位置を高くする ことが効果的です。 頭に傾斜がつき吐き戻しを和らげてくれます。 授乳の途中でもゲップをさせる 授乳をする度に吐いてしまう赤ちゃんの場合は、 空気を飲み込みやすい飲み方になっています。 そのため、授乳の途中でもゲップをさせてから 飲ませてあげると効果的です。 授乳量を調整する 母乳やミルクを飲み過ぎると、 やはり吐き戻してしまいます。 母乳が多すぎたり、ミルクが多すぎたりすると感じる場合は 1回の授乳量を少な目にして、 その代わりに授乳の回数を増やしてみましょう。 授乳は縦抱きで 赤ちゃんを縦抱きで授乳してあげることで、 吐き戻しを軽減できます。 赤ちゃんの胃は、真っ直ぐなので、 母乳やミルクは重力で すんなり胃の中に収まるような姿勢で 飲ませてあげましょう。 首がまだすわっていない場合は、 きちんと後頭部を手で支えて ぐらつかないようにしてあげましょう。 寝かせる時は右側を下にする 胃が腸へつながる出口が右側にあるため、 右側を下にすることで 吐き戻しを軽減できます。 授乳後にすぐ寝かせる時などは、 吐き戻しが窒息に繋がってしまう場合もあります。 授乳後は、右側を下にくるようにして 寝かせてあげましょう。 注意しなければいけないのは 病気による吐き戻しです。 次からは病気による吐き戻しについて 見ていきましょう。 病気による吐き戻し 吐き戻しても赤ちゃんが笑っていたり、 元気な様子であったりすれば大丈夫です。 しかし、いつもと違ってぐったりしていたり 熱や下痢、咳、鼻水などの症状がある場合には 病気の可能性もあります。 考えられる病気としては 以下が挙げられます。 ウィルス性胃腸炎 お腹の風邪とも言われています。 ウィルス性のものが多く、 ウィルスが胃腸に入ってしまって、 嘔吐や下痢といった症状が出ます。 ロタ・アデノ・ノロがこちらの ウィルス性胃腸炎になります。 幽門狭窄症 生後 2・ 3週頃から 3ヶ月位までの 赤ちゃんがなりやすいと言われています。 胃にある幽門の筋肉が厚くなり、 胃の出口が狭くなってしまい 胃に留まってしまいます。 そのため、母乳やミルクの通りが悪くなり、 何度も吐いてしまう病気です。 腸閉塞(イレウス) 腸管が閉じてしまって、 排泄物が上手に外に排出されない状態のことをいいます。 そのため、血便が出たり嘔吐をしたりしてしまいます。 アレルギー アレルギーには様々なアレルギーがありますし、 アレルギーがでる症状としても様々な症状があるのですが、 その中に嘔吐もあります。 アレルギーが心配だと思うママは 血液検査ですぐわかりますので かかりつけの小児科で 血液検査をしてみると良いでしょう。 食中毒 細菌が体に入って下痢や嘔吐として現れるものです。 赤ちゃんは、食べ物を食べないから 食中毒にならないと思うかもしれませんが、 ミルクの哺乳瓶や乳首などの消毒 が不十分だったり、 ママの手に菌がいた場合でもなります。 以上のように様々な病気が考えられます。 いつもとは違う様子で ぐったりしている場合には 病院を受診しましょう。 病院にかかる目安としては、 何度も勢いよく吐く ぐったりしている おしっこやうんちが出ない 機嫌が悪い その他、病気の諸症状 があった場合には 病院を受診しましょう。 まとめ 赤ちゃんの吐き戻しはとても心配になりますが、 赤ちゃんも日々成長しています。 内臓も成長と共に発達していきますので 吐き戻しの回数は減少していくと思います。

次の

赤ちゃんのゲップの出し方のコツ&ゲップが出ない時の考え方

乳児 ゲップ 吐く

赤ちゃんの吐き戻しは、出方によって 溢乳と嘔吐の大きく2つのパターンに分かれます。 溢乳とは、授乳後に口から少量の母乳やミルクがだらだらと出てくる状態を指します。 授乳後に乳が吐き出されることに変わりはありませんが、赤ちゃん特有の生理的な現象なので問題はありません。 「吐く」という言葉には病気のようなイメージが含まれるので、このような現象には「吐」という漢字がつかない「溢乳」という言葉が昔から使われています。 一方の嘔吐は、授乳後に多くの量を一度に吐く状態、または飲んだ母乳やミルクを勢いよく吐き出す状態を指します。 嘔吐の場合は生理的なもの以外の要因がひそんでいる可能性があり、その他に見られる症状によっては危険な場合もあるので、注意が必要です。 吐き戻しが起こる原因のひとつに、が考えられます。 赤ちゃんは、哺乳方法によっては母乳やミルクを飲む際に空気も一緒に飲んでしまいます。 まだ飲むのが上手でない新生児期は、よりそうでしょう。 空気を飲む量が多いと、授乳後にしっかりゲップをさせないと吐き戻しやすくなるので、吐き戻しが多い赤ちゃんは、まず授乳後にしっかりゲップをさせてあげるよう心がけましょう。 また、母乳の場合はラッチオン(吸着)がうまくいかないと空気を飲みやすくなります。 飲むときに赤ちゃんがおっぱいを深くくわえているか、唇を巻き込んでいないか、吸うときに舌打ちするような音がしないかなど、正しくくわえられているかを常に確認しましょう。 ミルクの場合は、乳首の形やサイズが赤ちゃんの口に合わなかったり、ミルクを飲み終わった後も吸い続けると空気を飲みやすくなります。 時間をかけてゲップをさせようとしてもゲップが出ない、あるいはラッチオンなどを見なおしたけれど一向に吐き戻しが改善されないというときは、他の可能性が考えられます。 そのひとつが、飲みすぎです。 新生児期の赤ちゃんの胃はとっても小さいので、母乳やミルクを必要量以上に飲ませてしまうと飲み過ぎた分は吐いてしまいます。 飲みすぎになってしまうのには、多くの場合に母乳の不足感が要因となります。 母乳はミルクと違って飲んだ量がはっきりわからないので、授乳したのに赤ちゃんが泣き続けたり、ぐずったりすると、「もしかして母乳が足りてない?」と心配になりやすいです。 不安になって必要以上にミルクを足してしまうと、本当は足りていたとしても赤ちゃんは与えられるままに飲み続け、飲んだ量が多すぎてたくさんの量を吐き戻すことにつながります。 そして、吐き戻したことで再び泣き、また授乳する。 飲みすぎてまた吐く……という悪循環に陥る場合もあります。 そこで母乳の出具合と赤ちゃんの体重増加具合、一日の哺乳回数や一回量をチェックしてトータル的に母乳が多すぎなのかどうか確かめていく必要がありますので、一度助産院や保健師さんに相談してみることをお勧めします。 授乳前後の赤ちゃんの体重の差分で量る。 決して飲みすぎているわけではないのによく吐くという場合は、胃食道逆流(GER)によって起きている可能性があります。 赤ちゃんの頃は胃と食道のつなぎ目にある逆流防止の弁の機能がまだ弱く、逆流したものが口から出ることもあります。 飲みすぎていない、かつ授乳のたびにゲップもしっかりさせているのに吐き戻しが多いなど、もしかして胃食道逆流? という疑いがあるときは、胃の中に入る乳の量を少なくすることが大切です。 1度の授乳量を目安とされる量より少し減らし、その分授乳回数を1~2回増やすよう工夫してみましょう。 また、授乳後は縦抱きの時間を長くすると、重力の関係で吐き戻ししにくくなります。 胃食道逆流(GER)が繰り返し起こる場合は上の対策をほどこしつつ、かかりつけの医師にも相談して検査を受け、今後のアドバイスを受けるようにしてください。 生後間もない新生児期に吐き戻しが多いと、ママは不安になってしまうでしょう。 でも、だらだらと乳を垂れ流す溢乳(いつにゅう)であれば、生理的な現象なので心配することはありません。 特別な対処も必要ないですが、寝ている間に吐いてしまう可能性を考え、授乳直後は顔だけを横に向かすなど対応しましょう。 吐き戻しの場合は主に3つの原因が考えられるので、どのような要因による吐き戻しかを見極め、適切に対応することが大切です。 対策しても吐き戻しが一向に改善されないときは、かかりつけの小児科や地域のサポート施設に相談してみてください。 また、吐き戻しとともに不機嫌、飲まない、発熱、下痢など他の症状が見られるときも、すぐに医療機関を受診しましょう。

次の

【助産師解説】新生児の吐き戻しはなぜ起こる?考えられる3つの原因と対策

乳児 ゲップ 吐く

早い子なら4ヶ月ごろから片足を持ち上げ、体をひねってうつぶせに。 視点が変わると見える景色も変化し、赤ちゃんにとっては楽しい運動のようです。 ところが、寝返りすることでおっぱいやミルクを吐いてしまう赤ちゃんがいます。 吐くといっても、大人がイメージするようにオエッと胃の内容物をぶちまけるようなものではありません。 おっぱいやミルクがタラタラと口から流れ出てくるのが、よく見られる「吐く」様子です。 吐く量の多い少ないはありますが、赤ちゃん自身は気にする様子がなく、苦しそうにすることもまずありません。 体の発達は嬉しかったのですが、寝返りをするたびにおっぱいを吐くのには困りました。 寝返りをしても吐かなくなってきたのは7ヶ月になるころ。 それまで、常にベッドシーツがおっぱいで濡れているのが気になりました。 (1歳・男の子) 寝返りのたびに吐いて栄養不足が不安でした 寝返りが早く、4ヶ月であおむけからうつ伏せをマスターしました。 それと同時に、寝返りをするとおっぱいを吐くように。 あまりによく吐くので栄養不足にならないかと保健師さんに相談しましたが、「赤ちゃんは、自分に必要な栄養はきちんととります。 吐いたのが栄養不足になるほどの量なら、おっぱいを飲む量も増えるから心配いりませんよ」と言われました。 離乳食が始まった5ヶ月ごろから、寝返りのたびに吐くことが減っていきました。 離乳食完了に近づいた今は、まったく吐きません。 大人にくらべるとくびれが少ないため、少し体勢が変わるだけで吐いてしまうことがあるのです。 このような状態を「溢乳(いつにゅう)」といいます。 文字通り、おっぱいがあふれ出てしまうわけです。 胃の形の変化のイメージ図。 大人になるに従い、くびれができてきます。 まだ寝返り前ですが、生後1~2カ月ごろも少し動いただけで吐くことがよくある時期です。 おっぱいやミルクの飲み過ぎの可能性が高いのですが、たとえ勢いよく吐いても発育曲線のカーブに従って体重が増えていれば問題はありません。 腹筋が強いとそれだけ腹圧がかかりやすいため、女の子よりも筋肉量の多い男の子の方が吐きやすい傾向があります。 寝返りで腹圧がかかると、おっぱいやミルクがあふれ出てしまうことが。 心配な「吐き」もある 【ウイルス性胃腸炎などの感染症】 ウイルス性胃腸炎にかかると下痢に先立って嘔吐の症状があらわれます。 この場合は普段とは違った様子で機嫌が悪く、食欲も落ちてしまいます。 発熱することもあるでしょう。 下痢と嘔吐のダブルで体から水分が奪われていくので、十分な水分補給を心がけましょう。 できるだけ早く病院を受診してください。 【ミルクアレルギー】 ミルクを飲むたびに吐く、血便や下痢といった胃腸症状があるなどの場合は、ミルクアレルギーの可能性もあります。 育児用ミルクに含まれるたんぱく質に反応してしまうもので、治療が遅れると発達に影響が出ることもあります。 アレルギー用のミルクもありますので、かかりつけ医に相談しましょう。 ただし、ミルクアレルギーの場合は寝返りの時期を待つまでもなく、生後早い段階で「おかしい」と気づくでしょう。 【幽門狭窄症】 幽門とは、胃の出口の部分です。 ここの筋肉が厚くなる病気が幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)です。 幽門が厚くなっているのでおっぱいやミルクを飲んでも逆流してしまいます。 これも寝返りの時期より前、生後2~3週間から見られ、噴水のような嘔吐が続きます。 圧倒的に男の子に多い病気で、男女比は4~5対1。 飲ませてもどんどん吐くときは、できるだけ早く受診しましょう。 治療は、厚くなった幽門部分の筋肉を切って広げる手術が一般的です。 だからといって、学童期まで寝返りのたびに吐くわけではもちろんありません。 溢乳は生後6ヶ月ごろまでが多く、その後は次第に減ってくるでしょう。 胃の内容量は1回の哺乳量程度です。 哺乳量が増えるにしたがい胃はだんだん大きくなり、くびれも少しずつですができてきます。 溢乳も、時期が来ればだんだん減っていくので心配する必要はありませんが、いくつか家庭でできることもあります。 飲み過ぎを避ける 寝返りのたびに吐くようなら、おっぱいやミルクを少し飲み過ぎているのかもしれません。 胃の内容量は1回の哺乳量程度なので、この量を超えて入ってくるとどうしても吐きやすくなります。 おっぱいやミルクの量をむやみに減らすことはよくありませんが、体重の増えが順調ならミルクの量を少し減らしてみる、授乳時間を短くしてみるなどして様子を見てもいいでしょう。 ただし、くれぐれも赤ちゃんに過度な「ダイエット」はさせないこと。 溢乳が発育発達に悪影響を及ぼすことはありませんが、栄養不足は場合によっては深刻な悪影響を及ぼします。 授乳のあと、少し上体を起こしておく 背中の下にたたんだバスタオルを入れるなど、少し上体を高くしておくことで胃の内容物が落ち着き、吐くことが減る可能性があります。 授乳直後の10分ぐらいを目安に、ベビーラックの背中を少し起こして寝かせておくなどしてもいいでしょう。 イラスト/福井典子.

次の