知らなくていいコト 1話 ネタバレ。 知らなくていいコト8話あらすじとネタバレや見逃動画無料視聴!pandora、Dailymotionは?

『知らなくていいコト』第4話あらすじネタバレ

知らなくていいコト 1話 ネタバレ

Contents• しかし次の日、出勤途中の野中をカフェに誘う。 せめて別れることだけは考えなおしてもらおうとフランクな感じで 「遺伝子的にまだ乃十阿が父親と決まったわけじゃない」 と野中を説得するも表情は変わらず。 「1度言ったことは言ったことなんで・・すいません」 と先に出て行ってしまった。 野中は編集長の岩谷(佐々木蔵之介)にケイトと別れたことを告げ、自分を他の部署に移すように相談する。 しかし岩谷はそれを断った・・。 夜の職場、ケイトはばったり野中に出会う。 ケイトは仲直りしようと話しかけるも野中のケイトを見る目は険しかった・・。 そんな目線に耐えられなくなったケイトは 「それって差別じゃない・・!?」 と職場を出ていった・・。 そんな時、ケイトは元彼の尾高とたまたま出会う。 ケイトは尾高に乃十阿徹について知っていることを尋ねると尾高は答えてくれた。 「3年前、乃十阿徹が出所する時の写真を撮り、週刊誌に掲載された日、ケイトの母親に呼ばれた。 そこで乃十阿徹がケイトの父親であることを告げられた。 そしてケイトのことをよろしくと・・・。 」 場面はかわり、ケイトは編集長の岩谷に飲みに誘われ、野中と別れた事、そして異動について相談している。 ケイトは「何も気にしていない」様子だった。 岩谷は「尾高のほうがお似合いだったのにな」と告げた・・。 その帰り道、尾高の家に立ち寄る。 そこでケイトは尾高がプロポーズしてくれた時のことを思い出す。 フったのはケイトだった・・。 尾高はフラれたときのことを決して忘れていなかった。 尾高はケイトの父親が乃十阿徹であることを知りながらプロポーズしてくれていたのだ。 ケイトはそのことに気づき、涙を流した・・・。 以上第2話のネタバレでした。 (上のあらすじとは別に「遺伝子の相性でカップリングする婚活パーティ」の取材が同時並行で行われますが、そちらは省きました) 知らなくといいコトの感想。 ネット上では尾高がかっこいいと話題に 今回のポイントは何といってもケイトの父親が殺人犯と分かった時の野中の対応と尾高の対応の違いですね。 話の途中では、尾高はケイトの父親が殺人犯の乃十阿徹と知ったためにフったと思っていたのですが、実はプロポーズしていたことがわかると衝撃でした。 尾高かっこよすぎるでしょう・・・。 また尾高を振ったケイトの気持ちを考えると切なかったですね・・。 ネット上でも尾高の対応や、野中のひどさに言及する声が続出。 知らなくていいコトの尾高さんめっちゃいい…中身も優しいけど喋り方が優しい!っていうことは柄本祐がいいんだけど…今まで柄本祐いい!って思ったことなかったけどいい!!とてもいい!!! — インゴット dfVUAxyVeHlc17L 尾高さんかっこよすぎ。 男はスマートが1番だな…。 泣いてるケイトを安易に抱き締めないところが素敵。 自分だったら、あんな事言われたら理屈では分かっても人間不信になる。 別れたら急に敬語になるの嫌すぎる。 あと元カレさんの優しさがもう・・あんな彼氏さんが欲しい。 全部分かってて、それでも認めてくれる人が。 — 転げ落ちる 0518min ごめんなさい、野中くんクソムカつきます。

次の

『知らなくていいコト』全話のネタバレ感想・まとめ【最終話まで更新】

知らなくていいコト 1話 ネタバレ

お母さんから亡くなる直前に「あなたの父親はキアヌ・リーヴス…」と言われて戸惑う吉高由里子さんの話でした。 春樹は今までシゲが演じたどの役よりも一番等身大の「普通の人」なのかなと思ったよ。 1話目はね!今後が楽しみ 知らなくていいコト 重岡大毅 第2話のあらすじと感想 母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。 事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・ あと重岡くんの目の演技が良い…!このシーン特にゾクッとした。 1話と2話で違いすぎて、野中…お前って奴は…ってなったけど重岡くんかっこいい。 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。 早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。 フランケンシュタインの恋(?)から気になる俳優さん。 第4話のあらすじと感想 正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。 しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。 予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。

次の

知らなくていいコト3話あらすじネタバレ!殺人犯の父親とついに対面(1月22日放送)

知らなくていいコト 1話 ネタバレ

Contents• しかし次の日、出勤途中の野中をカフェに誘う。 せめて別れることだけは考えなおしてもらおうとフランクな感じで 「遺伝子的にまだ乃十阿が父親と決まったわけじゃない」 と野中を説得するも表情は変わらず。 「1度言ったことは言ったことなんで・・すいません」 と先に出て行ってしまった。 野中は編集長の岩谷(佐々木蔵之介)にケイトと別れたことを告げ、自分を他の部署に移すように相談する。 しかし岩谷はそれを断った・・。 夜の職場、ケイトはばったり野中に出会う。 ケイトは仲直りしようと話しかけるも野中のケイトを見る目は険しかった・・。 そんな目線に耐えられなくなったケイトは 「それって差別じゃない・・!?」 と職場を出ていった・・。 そんな時、ケイトは元彼の尾高とたまたま出会う。 ケイトは尾高に乃十阿徹について知っていることを尋ねると尾高は答えてくれた。 「3年前、乃十阿徹が出所する時の写真を撮り、週刊誌に掲載された日、ケイトの母親に呼ばれた。 そこで乃十阿徹がケイトの父親であることを告げられた。 そしてケイトのことをよろしくと・・・。 」 場面はかわり、ケイトは編集長の岩谷に飲みに誘われ、野中と別れた事、そして異動について相談している。 ケイトは「何も気にしていない」様子だった。 岩谷は「尾高のほうがお似合いだったのにな」と告げた・・。 その帰り道、尾高の家に立ち寄る。 そこでケイトは尾高がプロポーズしてくれた時のことを思い出す。 フったのはケイトだった・・。 尾高はフラれたときのことを決して忘れていなかった。 尾高はケイトの父親が乃十阿徹であることを知りながらプロポーズしてくれていたのだ。 ケイトはそのことに気づき、涙を流した・・・。 以上第2話のネタバレでした。 (上のあらすじとは別に「遺伝子の相性でカップリングする婚活パーティ」の取材が同時並行で行われますが、そちらは省きました) 知らなくといいコトの感想。 ネット上では尾高がかっこいいと話題に 今回のポイントは何といってもケイトの父親が殺人犯と分かった時の野中の対応と尾高の対応の違いですね。 話の途中では、尾高はケイトの父親が殺人犯の乃十阿徹と知ったためにフったと思っていたのですが、実はプロポーズしていたことがわかると衝撃でした。 尾高かっこよすぎるでしょう・・・。 また尾高を振ったケイトの気持ちを考えると切なかったですね・・。 ネット上でも尾高の対応や、野中のひどさに言及する声が続出。 知らなくていいコトの尾高さんめっちゃいい…中身も優しいけど喋り方が優しい!っていうことは柄本祐がいいんだけど…今まで柄本祐いい!って思ったことなかったけどいい!!とてもいい!!! — インゴット dfVUAxyVeHlc17L 尾高さんかっこよすぎ。 男はスマートが1番だな…。 泣いてるケイトを安易に抱き締めないところが素敵。 自分だったら、あんな事言われたら理屈では分かっても人間不信になる。 別れたら急に敬語になるの嫌すぎる。 あと元カレさんの優しさがもう・・あんな彼氏さんが欲しい。 全部分かってて、それでも認めてくれる人が。 — 転げ落ちる 0518min ごめんなさい、野中くんクソムカつきます。

次の