ポケモン 範囲技。 テクノバスター

剣盾ランクバトル等倍範囲ランキング【複合タイプの技範囲】

ポケモン 範囲技

技入力欄に技を入力し、相性チェックボタンをクリックすることで技の範囲を確認することができます。 技は「物理技」と「特殊技」が表示され、「変化技」は表示されません。 —技組み合せ診断ツールの使用例— パーティを構築する場合に技のタイプ相性を確認することができます。 相性の表示は以下の通りです。 技入力欄を増やす 07. リセット 同じ属性を重複して診断する ふせたさん ぺんです。 複合タイプについては現在表現方法を検討してます。 (わかりづらい説明で申し訳ありません。 )そうすると、平面上では表現できないんですよね。 対戦ポケモンも選択できるようにして、選んだポケモンに対してどういう風に技の範囲を取れるかってのを見せる方法もあるのですが(技範囲を見る複合タイプを絞ることで表現できないかと考えています。 )、そうすると自分の考えの範囲のポケモンに対してだけでの技とポケモンの相性を見ることになってしまうので汎用的でなくなり、意外な気づきが得られなくなってしまいます。 つまりツールを使ってるにもかかわらず、意外な落とし穴に気づかないということが発生します。 今のままでは単タイプににしか対応しておらず、本当に表現したことができてないのは事実です。 ポケモンは複合タイプが基本なので、複合タイプに対して技の通りが見たいってのがこのツールの趣旨だと思っているので、複合タイプに対する技の通りの表現方法はサンムーン発売までにはなんとかしてみようと思ってます。 劣化パーテイ相性チェッカーのような形になっている感が否めないですので、、、 またツール改良したら、技相性ツールページ上でお知らせしますね。

次の

バインド技(ポケモン)

ポケモン 範囲技

はじめに こんにちは、Tです。 久しぶりの育成論投稿になります。 前回はのろいねむかご型の育成論を投稿しました。 その際にコメントや評価を下さった方は本当にありがとうございます。 今回ここで紹介するポケモンはチョッキです。 特性「いかく」と持ち物の「とつげきチョッキ」により、物理、特殊共に安定した耐久力を手に入れた型となっています。 また、ここではステータスを以下のように略して記載しております。 冒頭でも述べた通り、この型は特性と持ち物により対面性能が高いものとなっています。 それに110というアタッカーとしての並み以上の種族値と広い技範囲を組み合わせた型となります。 また、特性が「いかく」というのもあり、サイクル戦においても優秀な性能を持っており、クッションとしての役割も果たすことができます。 更新記録• 特性 コンセプトとして必須なため、「いかく」 場に出ると相手のAを一段階下げる で確定です。 持ち物 これも、コンセプトとして必須なため「とつげきチョッキ」 攻撃技しか選択できないが、D1. 個体値 特殊技は一切使用しないため、Cについては不問とし、それ以外のステータスは全部5Vで確定です。 努力値振り、調整• H204 実数値191... 定数ダメージを最小化するための16n-1調整です。 A236 実数値176... 11n調整です。 ここで説明すると長くなってしまうため、細部までは説明できませんが、性格補正がかかっているところに関しては11nにすることで努力値振りの効率がよくなります。 252振りの方が火力が出るというのは間違いありませんが、与えるダメージの確定数に影響するほどの変化もなく、残りの耐久に回す努力値が増えるため、この調整をしています。 B28D36 実数値B105 D104... 余った努力値で、限界まで耐久に振ります。 S4 実数値116... 余りです。 シンプルな HA252振りの時よりHP実数値が低く、耐久のラインについてこの調整でも大丈夫なのか不安な方も少なからずいらっしゃると思うので、 HA252振りと今回の配分である H204B28D36振りの耐久のラインを比較したものを記載しておきます。 結果から言いますと、耐久のラインについて関しては本育成論の調整の方が高くなります。 物理耐久• HA252... H204B28... HA252... H204D36... とても技範囲が広く、優秀な技が多いため、残りの3つは選択枠とします。 、、にたいしてかなり強く出れます。 次の技から選択技となります。 いろいろな技を覚えるため、できるだけ多くのせておきます。 「ダイフェアリー」により状態異常も阻止することもできるようになります。 しかし、「いかく」と「とつげきチョッキ」により確保した耐久が下がってしまうのがちょっとしたデメリットです。 あなをほる じめんタイプ 威力80 ダイアース130 命中100 や、に対しての打点になります。 しかし、に対しても打点は突けて良さそうにも見えますが、そのターンに特性「リベロ」の「とびはねる」によりひこうタイプに変えられてしまうと、その後の試合展開によくない影響が出てしまうリスクがあるため、慎重にいきましょう。 サイコファング エスパータイプ 威力85 ダイサイコ130 壁の影響を受けず攻撃し、壁を破壊する。 エスパー技の通りがそこまで良くないため、おすすめ度はあまり高くはありませんが、壁を剥がすことで後続のポケモンの通りを良くすることが可能となります。 「しんそく」も合わせて採用する場合、「サイコフィールド」により相性が悪くなってしまうのにも注意が必要になります。 3〜124. 4〜89. 8〜132. 9〜188. 4〜72. 2〜123. 8〜91. 0〜154. 3〜78. 9〜65. 5〜169. 4〜81. 8〜120. 1〜68. 4〜148. 6〜77. 0〜118. 8〜141. 9〜60. 0〜156. 4〜47. 0〜72. 1〜85. 1〜68. 7〜93. 0〜88. 1〜29. 7〜44. 5〜66. 0〜77. 4〜62. 4〜89. 6〜79. このポケモンと相性の良いポケモンとしては、起点をつくるようなポケモンではなく、サイクル戦において活躍する場面もあるため、シンプルに 相性補完が良く取れているポケモンを選ぶことをおすすめします。 例をあげますと、1匹目は、です。 このポケモンは、の弱点である、みず技を半減、じめん技を特性「ふゆう」により無効化でき、それらのポケモンを「リーフストーム」で吹き飛ばすこともできたり、「ボルトチェンジ」も覚えるため、サイクルを回す上でも優秀なポケモンとなっております。 に対してもタイプ一致で4倍をつけるのもかなり魅力的です。 じめんタイプということもあり、みず技の一貫がとれてしまうのがネックですが、あくびステロ展開に「いかく」を組み合わせることで、を安全着地させることができるようになります。 警戒するべき相手 1匹目は、です。 タイプ上有利にも見えますが特性「ミラーアーマー」により「いかく」を跳ね返されの火力が下がってしまい、そこで「フレアドライブ」弱点保険発動のエサになってしまうと、3タテされてしまう可能性があるため、要注意です。 2匹目は、やなどの物理受けポケモンです。 サブウェポンで「ワイルドボルト」をうてば、に対する打点になりそうにも感じられますが、はアタッカーとして最低限の種族値は持っているとはいえ、超火力という程でもなく、タイプ不一致の技でこのような相手を倒すのはかなり厳しいです。 無理に突っ張ると、受けループの沼にはまってしまう恐れがあるため突っ張るのはあまりおすすめしません。 3匹目は、やなどの特性「まけんき」のポケモンです。 「まけんき」とは相手に能力ランクを下げられた場合、Aが2段階上昇します。 つまり、こいつらに「いかく」を入れると、Aを1段階あげた状態にしてしまうということです。 そうなると特にの場合ダイジェット展開に持っていかれる可能性があるため、これらのポケモンが相手にいる場合は、初手に出すのはやめましょう。 立回り 私の使用感になりますが、初手に投げて、最低でもイチイチ交換まで持っていくか、とんぼやボルチェンもちのポケモンと組み合わせてサイクルを回しながら相手を削っていった後に、手持ちに控えてるエースを最後に通すかの2択でした。 場合によっては初手ダイマックスで相手のサイクルを半壊させた後にラスト2匹で積めていくという戦術もありだと思います。 「インファイト」を持たせて「ダイナックル」をうつことにより、自らが抜きエースとなることもできます。 「しんそく」を持たせることで、抜き性能も高くなります。 さいごに ここまで「チョッキウインディ」というものを紹介してきました。 何度も言うようになりますが、とても広い技範囲を持っているため、圧をかけていける範囲もかなり広く、アタッカーとして最低限の火力もあるため対面もこなせて、安定した耐久によりクッションもこなすことができます。 ダメージ計算での追加してほしい仮想敵、努力値振りに関する具申に関してはコメントの方でしていただけると嬉しいです。 ここまで見ていただきありがとうございました。 耐久指数の比較がH204B36D28振りが合計268に対し、H252振りと比較しているところが気になりました。 H252で同じく268振った場合、H252B12D4で物理耐久20094特殊耐久19897でどちらもほんのわずかの差ですが投稿主様の調整より高くなると思います。 もちろん定数ダメを考慮した場合は16n-1である投稿主様の調整が良いと思われますが、耐久指数がこちらの方が高いと記載されていましたので少し気になりました。 H252振りの方はシンプルなHA252振りのものとして計算していました。 これについては説明がちょっと不十分だとじぶんも感じるので、修正しておきます。

次の

技範囲考察

ポケモン 範囲技

その他の仕様については以下の通り。 ねばりのかぎづめを持っていると、そのポケモンのわざによるバインドは必ず7ターン数持続する。 バインド状態のポケモンに別のわざでバインドをかけることはできない。 ターンも伸びないしダメージも増加しない。 がマジックガードならバインドのダメージを受けない。 特性がにげあしならバインドであっても逃走・テレポートができる。 けむりだまを持っていればバインドであっても逃走・テレポートができる。 きれいなぬけがらを持っていれば、バインドであっても交代できる。 ゴーストタイプならば、バインドであっても交代できる XYよりゴーストタイプは交代封じ全般が効かない。 とんぼがえり、ボルトチェンジ、バトンタッチによる交代はでき、またバインドは引き継がれない。 またドラゴンテールやほえるなどの交代も防げない。 こうそくスピン、でバインドを解除できる。 またみがわりを出していればバインドにならない。 バインド技• 第四世代から登場。 のであり、バインド技のくせに素で威力100と言う豪快な技。 が、命中率が酷い上に当初は拘束最低ターンが2ターンだったのでぶっちゃけの劣化。 第5世代で命中率上昇・拘束最低ターンが4ターンになりようやく選択肢の一つに収まった。 第六世代では威力が多少下がった。 ただし第六世代は上記のようにバインドダメージ自体は増加したので、 以前ヒードランの技としては強い技であることは間違いない。 でも採用できるとして選択肢くらいには上がっており、の面目躍如である。 ツボツボの第六世代以降のメインウェポン。 ツボツボのタイプと同じむしで威力も5上…というのはツボツボのACが低すぎるのでどうでもいいとして、 ノーマルでなくなったおかげで相手にもバインドをかけられることが強み。 ゴーストタイプはバインドを無視して交代できるものの、ダメージを嫌って交代するかダメージを受けると分かりつつ居座るかの二択を迫れるので必ずしも無駄ではない。 地味に特殊技のくせに接触技である まあまとわりつくんだから接触技なのは分かる。 むしろなんで特殊技なんだ?。 また命中100のバインド技は地味に初登場で、他のバインド技はタイプや特性で何かしら無効に出来ることもあって、 単純にバインド性能だけで見たら最高峰の技である。 全てのわざの中で最低の威力を誇る。 具体的にはマグニチュード4と同値。 これ以下は「なつき度最大のやつあたり」など威力変動系くらい。 一致で使えるポケモンはドーブルを除けば一匹もおらず、追加効果も一割、シナリオ攻略にすら使えず、もはやどこからならフォローできるのかわからない。 しかもどういうわけかプルリルのタマゴ技になっている。 誰得だよ。 コンテスト技という用途であればそこそこ有用だが、いずれにせよ攻撃技という用途には著しく不向きである。 ちなみにのオムナイトは、攻撃技がこれしかない Lv. 5 状態で復元される。 ひどい。 「からみつく」は縛り技ではない -- 名無しさん 2018-03-21 02:27:50• サクラビスのからではさむはなんかエロい -- 名無しさん 2018-03-21 08:49:42• マグマストームだけ威力が高すぎる。 さすが伝説 -- 名無しさん 2018-03-21 10:21:18• ノブナガの野望とかポケダンとか外伝作では優秀なほのおのうず -- 名無しさん 2018-03-21 15:21:49• マグマストームが大文字の上位互換って描き方だけど普通に昔からだいもんじのほうが使われてなかったっけ? -- 名無しさん 2018-03-21 15:41:36• だいもんじは命中と火傷、ストームは拘束とスリップダメージ。 選択だからどっちがってことはない -- 名無しさん 2018-03-21 16:36:19• 敵の拘束技を抜けるのは瞬間移動の十八番なのに、なぜテレポートで抜けられないのやら -- 名無しさん 2018-03-21 17:29:29• ポケスタではまきつくやしめつけるはカイリューやカイロスとかも使えるせいで「口から糸みたいなのを出して拘束」という謎演出だったんだよなぁ…w -- 名無しさん 2018-03-21 21:42:02• 昔4コマでオニドリルのオウムがえしでマダツボミにまきつくしてたなぁ 体物凄いグネグネさせて -- 名無しさん 2018-03-22 06:09:44• 映画でマンタインがうずしお使ってるのがカッコ良くて、対戦で使ってみたかったんだよなぁ。 断念したけどw -- 名無しさん 2018-03-22 13:50:53• ……特殊技だとあんま関係ないか。 -- 名無しさん 2018-03-22 17:09:52• からみつくはポケダンだとフワンテ系で結構お世話になる -- 名無しさん 2019-07-21 17:17:13• この手のわざをバインドなんて表現するの初めて見たが…意味的にはいいけど、まきつく系とかしめつけ系のわざみたいに行ったほうが伝わりやすくないかな -- 名無しさん 2019-07-21 17:40:23• あっ、第7世代からの状態表示でそう表記されるようになったやつか -- 名無しさん 2019-11-04 02:04:19• 「ほのおのうず」「うずしお」はアニメでは大技として扱われることが多い。 -- 名無しさん 2020-06-02 08:05:59.

次の