サンチェ 先生。 ジャニーズのダンスの先生(今もサンチェさんですかね?)って、...

【ジャニーズ】振り付け師まとめ

サンチェ 先生

ミュージカルをベースに作られるジャニーズのダンス。 そこに現代的な要素がミックスされるようになったのには振付師のSANCHEこと阿部雄三氏の功績が大きい。 フジテレビの深夜番組「Dance! Dance! Dance! 」の人気コーナー「MEGA-MIX」のメンバーで、初期trfにおいてもダンサーとして活躍していた阿部氏。 ニューヨークでジャニー喜多川氏にスカウトされたのをきっかけに少年隊のバックダンサーとなり、その後ジャニーズ専属の振付師としてSMAPやKinKi Kids、V6、嵐などのダンスを担当。 ジュニアの指導も積極的に行っている。 当時のダンス文化の第一線で活躍していたパフォーマーの彼が振り付け師として加わったことで、ジャニーズのダンスにも近代的なエッセンスが多分に取り入れられるようになった。 』 増田貴久 "PUMPKIN" 増田貴久"Peekaboo" 増田貴久 "SUPERMAN" 田中聖"DANGEROUS CAT〜MAKE ME WET〜" 嵐 全国 TOUR『ALLor NOTHING』 『2002嵐! いざッ、Now Tour!!

次の

いまさら聞けないジャニーズ基礎知識、最強の振付師・サンチェさんとは?|ジャニーズ研究会

サンチェ 先生

サンチェさんは元trfのメンバーです。 大野くん達がJr. 時代はサンチェさん、KABAちゃん、Jr. の子達が「タカ&トシ」と呼んでいたバグズアンダーグルーブの方々が主な振付師さんでした。 サンチェさんに怒鳴られた子、怒鳴られて泣いた子、帰れと言われて泣いて帰ろうとした子はけっこういます。 大野くんはサンチェさんの振付の際、後ろで座って見てる事が多かったそうです。 踊ってる現場を見せないので、怒られるはずもありません。 ただし全員でやるときには完全に覚えているし、踊れるため怒られません。 最初のうちは怒られた事もありましたが、サンチェさんを無言で睨み返すため、注意すらされなくなっています。 大野くんは時々、Mステの出演をさぼるため、サンチェさんが 「大野がいないんだよ!!」 と怒りながら他のJr. の立ち位置変更をしてたのは当時の子達の間では有名な話でした。 大野くん、指定のダンスシューズじゃないのを履いてて怒られた事もありました。

次の

ジャニーズのダンス四天王【踊り上手すぎ】

サンチェ 先生

今や、ジャニーズアイドルグループの中で、トップアイドルとなった嵐。 大野智くんは最年長であり、嵐のリーダーです。 ただ大野くんは、バラエティーでは積極的に話をしないし、どちらかと言うと、櫻井くんが番組の仕切りをしています。 なので、何故大野くんがリーダーなのかと思っている方がおられると思います。 実は、少年隊の番組でジャンケンをしてリーダーに決まったらしいのです。 かつて大野くんは、「リーダーらしいことは何もしていない」、「嵐の影のリーダーは櫻井翔くんです」とNHKの結成15周年ハワイコンサートのドキュメンタリー番組で語っています。 そして本人は、 昔から「リーダーはあだ名です」とも語っています。 本当に大野くんは、ジャンケンで勝っただけのリーダーなのでしょうか・・・。 伝説のジャニーズジュニアだった大野くん ジャニーズジュニア時代から20年以上もっとも、付き合いが長い1歳年下の櫻井くんは、大野くんのことをこう思っています。 「顔も歌も踊りもジュニアの中でダントツなのに、絶対自慢なんかしないでいつも無口でポーカーフェイスな智くんに憧れてた。 」 引用元: 本当に伝説のジュニアだったのですね。 そんな大野くんは、ジャズダンスを極めたいと16歳の頃、親元を離れて2年間、京都で1日5回公演の舞台に出演していました。 ダンスを自分なりに極めたと思った大野くんは、自分の中では満足したのか、京都から帰った時に、ジャニーさん(ジャニーズの社長)に、イラストレーターになりたいという思いもあり、ジャニーズを辞めたいと何回も伝えます。 ジャニーさんは大野くんに、舞台に出演して欲しいとか、レコーディングの手伝いをして欲しいといって、辞めさせることはありませんでした。 嵐としてデビュー! そんな中、ジャニーさんにハワイに行こうと言われて、せっかくだから辞める前に、ハワイに連れて行って貰おうと思っていたという大野くん。 そして直前に、嵐としてハワイでデビューすることを聞かされるというビックリなデビュー秘話を別のハワイでの番組「VS嵐スペシャル」でも語っています。 大野くんは、嵐としてデビューした頃、振付師のサンチェ先生に 「お前のダンスにみんなが合わせるのではなく、お前がみんなに合わせろ。 嵐はお前一人でやってるんじゃないんだ。 」 といわれています。 他のメンバーもデビュー当時、 「歌も踊りも大野くんが頼りだった」 と語っていたそうです。 実はそれほど大野くんの実力は、抜きん出ていたので リーダーとしての資質をもっとも持っていたのです。 慕われるリーダー大野智くん 2016年6月のNEWS ZEROのゼロカルチャーで、大野くんとキャスターの櫻井くんがリーダー論について対談をしました。 その時、大野くんが雑誌で語ったことが紹介されていました。 「必要なのはメンバーを尊敬すること。 みんなを引っ張っていくというよりは、後ろから見守るスタンスでいたい」 大野くんのこの謙虚な思いと、穏やかな性格がメンバーから慕われていて、嵐は仲の良いグループだと多くの方に評価されています。 まとめ 嵐の大野智くんは、「リーダーはあだ名」ではなく、実は伝説のジャニーズジュニアで、京都の2年間の舞台で更なる実力をつけ、その謙虚さと穏やかな性格で、嵐のリーダーとして、メンバーから慕われています。 これからも、リーダーの大野智くんがいる限り、嵐は仲の良いアイドルグループとして、愛されていくに違いありません。

次の