ガスト ファレミス。 甘党男の幸せ家族計画

FF7のクラウドとセフィロスの関係を詳しく教えてください。お願...

ガスト ファレミス

これは考えれば考えるほど残念だと思う。 無印FF7のゲーム中、ヴィンセントというキャラクターはエアリスの父ガスト博士に対する言及がかなり多い。 FF7のシステム上、パーティメンバーの台詞の全てを読まずともゲームは進められるので見落とす人も多いかもしれないが、ヴィンセントの台詞は読むと非常に興味深いものが多い。 そのヴィンセント自身は隠しキャラであるにも関わらず人気を博し、スピンオフ作品の主役になるまでに至った。 それ自体は悪い事ではないと思う。 ただ、肝心のその内容があまりにも残念。 ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジー7 DCFF7 は、ガンアクションとしての出来の悪さのみならずストーリーも無印との矛盾が多く、設定の壮大さも後日談なのに無印のストーリーを矮小化させてしまうようなものとなっておりバランスが悪い。 さらに一部既存キャラクターの好感度を下げてしまった。 返す返すも残念だ。 ガンアクションとしての出来の悪さのみならずストーリーも無印との矛盾が多く、設定の壮大さも後日談なのに無印のストーリーを矮小化させてしまうようなものとなっておりバランスが悪い。 さらに一部既存キャラクターの好感度を下げてしまった。 返す返すも残念だ。 DCFF7の中ではセフィロスの母ルクレツィアの本命はヴィンセントであり宝条を選んだのも彼を守るため、そして以前はヴィンセントの父グリモア博士を好きだったと語られる訳だが……この何とも言えない残念さ。 ルクレツィアがどうにも気持ちの悪いキャラクターになってしまった。 ヴィンセントはタークスの優秀なガンマンではあっても、彼自身の血縁とかそういうのは別に要らなかったと思う。 順風満帆だった人生がルクレツィアへの想いを気に狂った……その方がよかったと思う。 無印でのヴィンセントの台詞からはガスト博士が率いるプロジェクト・ジェノバの背景や人間関係が読み取れた。 ガスト博士とブーゲンハーゲンの交友関係に関する言及からは、科学と自然がけして敵対するものではなく、人間は自然やモラルを重んじながらも科学文明を発展させていくことができるという可能性が示唆されていると考えられる それは本編のエンディングである緑に包まれたミッドガルの風景にも共通する。 ヴィンセントが語るガスト博士の姿は理性と感性、科学と信仰、両者を併せ持つバランスの取れた人間像だ。 神羅ビルにある、生物学者ガスト・ファレミス著の『歴史の中の古代種』という本。 生物学者という肩書と著書のタイトルからは、ガスト博士が文理両面に優れた頭脳の持ち主であった事が推測できる。 ガスト博士は功罪相半ばする存在だ。 2000年前の空から来た厄災・ジェノバを目覚めさせ、その因子を受け継ぐセフィロスを生み出した。 セフィロスの存在はメテオを呼びウェポンを呼び覚まし、星にも人間社会にも被害を与えた。 しかしこの事件があったからこそ人は自然の驚異を知り、星を大切にするようになったと考える事もできる。 そして最後の古代種エアリスの父でもある。 ガスト博士とイファルナの出会いの具体的な様子は本編では不明だっただけに、何らかの形で語られないものかと期待してもいた。 もしもDCFF7が、無印本編でのヴィンセントの台詞を発展させ、ガスト博士やプロジェクト・ジェノバについて本編と矛盾しないように掘り下げた内容であったとしたら。 その上でプレジデント神羅やブーゲンハーゲン、エアリスの母イファルナなど、本編で十分には語られなかった人物の過去が組み込まれFF7世界を綺麗に補完するものとなっていたら。 きっと良作になっていただろうにと思うとつくづく残念だ。

次の

エアリス・ゲインズブール

ガスト ファレミス

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新和英中辞典 1• 浜島書店 Catch a Wave 12• 専門的な情報源• 日本語WordNet 2• コンピューター用語辞典 8• Tanaka Corpus 1• 日本法令外国語訳データベースシステム 6• FreeBSD 1• Gentoo Linux 1• JM 20• XFree86 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 27• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 金融庁 52• 財務省 27• 特許庁 5• 特許庁 740• 経済産業省 51• 厚生労働省 5• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 2• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 2• James Joyce『カウンターパーツ』 1• James Joyce『母親』 1• Melville Davisson Post『罪体』 1 ターゲットとなるモジュールにファーム・リストにリスト化されたファームウェアを書き込むCPUモジュールを備えたプログラマブル・ロジック・コントローラにおいて、 前記CPUモジュールは、 前記ファームウェア及び前記ファーム・リストが記憶されたCFカードと、 このCFカードから前記ファームウェア及び前記ファーム・リストを読み出すファーム情報取得部と、 このファーム情報取得部が取得した前記ファーム・リストに記述された書き込み情報とファームウェアに基づいてモジュール書き込み情報を作成する書き込み情報作成部と を備える。 This applies worldwide. プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 e-freetext. This applies worldwide. 原文:「The Return of Sherlock Holmes」所収「The Adventure of the Norwood Builder」 翻訳:枯葉 プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 upp. so-net.

次の

【FF7】ガスト・ファレミスについてまとめてみた【エアリスの父親の天才科学者】|サブかる

ガスト ファレミス

ーーガキンッ 遠くでケーキ達が騒いでる。 ーーかいふくのマテリアはっ!? チーズケーキが叫ぶ。 ーー岩の下にいる!早くしろ! チョコレートケーキが大慌て。 ーーお願い!返事をして!! ガトーショコラは涙声だ。 ーー後ろからまだ来るよ!? ベリータルトは焦り出す。 ーークソッ!無理だ!一度引くぞ! モンブランが駆けずり回り。 ーーでもまだ" "はんが! ショートケーキに乗った猫のトッパーが悲痛そうに抗議する。 俺はぺしゃんこになったハンプティダンプティ。 王様でも神様でも宇宙人でも直せやしない。 だから世界にお願いするんだ。 薄っすらと開いた視界の先で振り返りながら逃げる仲間達に笑いかける。 お迎えの幸せウエディングケーキ組が悲しそうに手を伸ばしてきている。 ーーバイバイ。 美味しいケーキ達。 口の奥で天色の飴が砕け散った。 ーーガリッ 「めちゃあま。 」 噛み砕いた天色の飴が口腔内に甘ったるい風味を撒く。 対照的に外の空気はどんよりと鉄臭い。 ここはプレートに遮られたミッドガルの七番街スラム、列車墓地。 行く宛のない怪しい人間には好都合な隠れ蓑。 まだガラスが割れていない比較的ましな列車のシートに寝っ転がる青年は短く切り揃えた紺色の髪を無造作にかきあげる。 片手には口に含んでいるものとは違う橙色の飴玉一つ。 「飴ちゃんいる?」 同居人の濃茶色を持つ猫に近づけてみるがプイッとそっぽを向かれてしまった。 ブッシュ・ド・ノエルからとってノエルと勝手に名付けた彼女は自慢の毛並みのお手入れで忙しいらしい。 フラれてしまったとクスクス笑いながら空になった口に橙色の飴を放り込む。 「ん、オレンジ。 」 今度は噛まずに味わって舐める。 柑橘類のサッパリした味わいが甘いだけの天色を塗り替えていく。 キュッと唾液腺が刺激される感覚になんとも言えない愉悦感を覚えながら、怠惰に身を委ねていた体を起こす。 大きな伸び一つにおまけのあくび。 ポキポキ鳴る背骨に眉を潜めながら足元に転がった二本のククリを腰のホルダーに挿した。 「今日は何年の何月何日?ノエルちゃーん…興味ないねー?」 一瞬ぴくりと反応はすれど答えは帰ってこない。 猫に聞いても無駄だ。 ゴミ箱でも漁れば新聞の一つや二つ出てきそうだがそんな気も起きない。 致し方なくポケットに突っ込まれているであろうボロボロの手帳を取り出す。 古代の遺産かと疑うほどそこかしこが破けて黄ばみ、文字も掠れているそれを指先でなぞる。 最初の一節は向かうべき場所が書かれているはずだ。 「セトラはアイスキャンディー…アイスクリームの方が好き。 ねーノエルー?」 毛繕いを終えたノエルがこちらに歩み寄り、ぶにゃーんと一鳴き。 顔は可愛らしいのに声は野太い。 似合わない鳴き声に再びくすくす笑いながら小さな相棒を抱え上げた。 向かう先はアイスキャンディー。 古代種と全ての元凶たる博士が住まう氷の村。 かつての仲間は暖かなパイに包まれて。 「腐ったケーキにばいばいしよ。 」 スラム街を抜けた先にあるゲートへと向かう。 ミッドガルと言う名の粗悪品ケーキとは今暫くおさらばだ。 アイスキャンディー改めアイシクルロッジ。 一週間かけて陸路を進み、途中で商業船に相乗りさせてもらいながらなんとかたどり着いた。 かつての相棒であった海チョコボが恋しくなる。 何度かノエルに泳げないかと聞いてみたが不細工な鳴き声を上げるだけで浜辺すら歩こうとしなかった。 「さむさむ。 」 永久凍土として知られるアイシクルロッジは大空洞と呼ばれる巨大な穴とその手前に聳える大氷河が有名。 元々ハイネックのノースリーブにダボダボのズボンとブーツという寒いのか暑いのか知ったこっちゃない服装だった青年は道中黒いコートを調達した。 寒さに耐えられないノエルは天然のマフラーと化しているが、首元が暖かいので肩がこる等の不具合は多めに見ている。 目的の人物達の家は村の入り口のすぐそば。 最近建てられたような簡素な家と周りに不審な気配が複数。 レモン味の飴を舐めながら気配の元に目線を送れば一瞬影がブレた。 「たーちゃんはや。 でもすくなー。 」 何かが分かった青年はによによと笑いながら目的の家の前に立つ。 軽くノックをすれば穏やかな女性の声が聞こえてきた。 パタパタとせわしなく動く音がしたかと思えばガチャガチャと金属音。 近づいてくる家の主の足音をゆっくりと待ち、いざ開かれた扉の向こうには美しい女性が出迎えてくれた。 そのお腹はかなり大きく、新たな命を宿しているのが一目でわかる。 「あらあら。 こんにちは。 星に導かれし子。 」 「いっちゃん、こんちゃ。 ぽんぽんの子もこんちゃ。 ファミファミいる?」 「ふぁみふぁみ?…あ!主人のことね!ふふ、可愛らしい呼び方!私もそう呼ぼうかしら。 」 初対面の青年を警戒もせず、馴れ馴れしい呼び名や言動に怒ることもなく家へと招き入れた。 青年にとっては"何十回と繰り返されたやり取り"で、欠如した記憶に残る数少ない思い出。 必ず行うようになったのはいつからだったか。 イファルナ・ゲインズブールと名乗った彼女に微笑んで部屋の奥へと通してもらうと暖炉の前で何やら書き物をしている四十半ばほどの男がいた。 彼は"いつも通り"驚いた顔をしてイファルナと青年を交互に見る。 「はじめまちて。 すかいらんらん博士。 リユニオンおめでとうございまーふ?あれ?古ちい?」 「すかい…?人違いではないか?」 「ふぁみふぁみじゃなかったかしら?」 「なんだそのファンシーなあだ名は。 」 「こんびにえんすなんちゃらの入店音。 ふぁみふぁみまー。 」 大量の疑問符を浮かべたファミファミことガスト・ファレミス博士を分かる人にしかわからないネタで揶揄って笑う。 揺れた肩に驚いて顔を出したノエルが暖かい暖炉の前を無遠慮にも陣取った。 マフラーだと思っていたものが突然動き出し、極度に寒いアイシクルロッジでは見られない猫だったことに驚いたイファルナは興味深そうにそろそろと近づく。 青年は図々しい猫をイファルナに自慢するべくガストが座る椅子の足元にしゃがみ込んだ。 妻の好奇心旺盛な姿に頬をかきながらもガストは突然降って湧いてきた青年を注視する。 支離滅裂で二十代前半に見える青年の見た目にそぐわない幼い言動。 魔晄を浴びた者特有の虹彩が特殊な青い瞳。 ガストが逃げ出してきた神羅電気動力株式会社、通称神羅のソルジャーと呼ばれる戦闘員で間違い無いだろう。 まさか古代種と呼ばれる尊い存在であり唯一の生き残りであるイファルナと逃亡者である自分を捕まえにきたのだろうか。 思わず身構えてしまうガストを知ってか知らずか青年はノエルを持ち上げたままこちらを向いてきた。 と、思ったら今度は片手でメモ帳を開いてカンペの如く棒読みを始める。 「拝啓、ガスト博士へ。 こーえーてくもんもんとのリユニオン…違うこれファミレスじゃないや。 兎にも角にも初めまして。 これを読んでいる俺は魔晄中毒に陥っている残念無念な俺です。 けれどご安心ください。 書いているのは完璧で幸福な俺。 名前は無いので付けてくださると今後大いに助かります。 」 「君は魔晄中毒なのかっ!?」 魔晄中毒とは星、言うなればこの土地の命であるライフストリームに極度に浸かることで起こる一種の現象。 魔晄という言葉は神羅が作った言葉でライフストリームを濃縮したものが魔晄である。 ライフストリームそのものは古代種と呼ばれる遥か昔に生きた尊き人々の知識やエネルギーが詰まった星のエネルギー。 ライフストリームの中に人が転落すると、流れ込む膨大な知識やエネルギーによって精神崩壊を引き起こす。 自分がどこにいて何者で生きているのか死んでいるのかも判別できなくなる事例もある。 それが今確認できている言語障害とその他軽微な症状で済んでいるのが奇跡的だ。 青年の魔晄耐性が高いのか、他に理由があるのかは不明のままでも不思議な言動の謎は解けた。 手帳の書き手は魔晄中毒になる前の彼であり、なぜか未来の自分の姿を予想している。 否、自ら選んで中毒になったのか。 「名前がないというのは?」 「質問は読み終わってからうけつけりゅ。 …さて、頭がぱらぱらーの俺があなたの元に訪れた理由は二つ。 薬の製薬とあなたとその家族の保護です。 まずは製薬から。 甘い飴ちゃん見せてあげなさい…あーい。 前の俺ちゃーん。 」 コートの内ポケットから取り出されたのは煌々と輝く天色の飴。 青年の瞳と同じ色なのにこうまで輝きが違うかと、手渡された飴を窓から差し込む日差しに透かす。 薄っすらと何かが混じっているような淀みがあるが見事なまでの輝かしさだ。 「それはS細胞が入った飴です。 」 「なんだとっ!?」 「質問は読み終わってからうけつけりゅ。 にかいめ。 …正確には活性化の能力が備わった特殊なS細胞。 俺にとっては面白い只のお菓子ですがいずれ必要になります。 その飴を複製して欲しいのです。 」 「だがS細胞は…。 」 合わせる顔がなくなり置いてきてしまった少年が脳裏に浮かぶ。 ガストを慕ってくれた幼い少年を裏切るようにここへ逃げてきた原因はそのS細胞に関係する。 過去の過ちを思い出して言葉が出ないガストを無視して、抑揚のない声は続く。 「それは薬です。 何度も研究してやっと辿り着いた最良のもの。 ただの飴に見えるかもしれませんがそれがあるかないかで未来は大きく変わる。 もう一つの理由も含めてこのメモ帳にまとめておきます。 これを読んで決めてください。 頭がぐるぐるする俺。 …あいあい。 お渡しぽーん。 」 ぽすんっと膝の上に置かれたメモ帳を呆然と見つめる。 嵐のような来訪者は飴のような瞳を細めてぺこりと頭を下げた。 「おねがーします。 命が、かかってるの。 星と友達の。 」 拙い口調に強い意志が見えた。

次の