フィロソフィー alexandros。 [ALEXANDROS]川上洋平が語る。人間は死にゆく、だから今を踊る

Philosophy (曲)

フィロソフィー alexandros

楽曲について この楽曲は昨日2019年12月21日にNHKで放送された18祭の為に 書き下ろされた。 2020年年明けにはデジタル配信も発表されており、我々が日常的に [ALEXANDROS]の曲として聴ける日もそう遠くはなさそうです。 18祭についての詳しい内容は以下の通り 「18祭(フェス)」は大人と子どもの狭間で人生の岐路に立つ 18歳世代と、一生記憶に残る、 熱量の高い体験を共に紡ぎたいとの想いから生まれた企画。 [ALEXANDROS]は今回、18歳世代から 「自分だけのかっこよさ」をテーマに動画を募集し、 それをもとに「Philosophy」と名付けられた新曲を制作。 より 18祭は2016年から開催されており、今までのアーティストは 2016年 ONE OK ROCK 『We are』 2017年 WANIMA 『シグナル』 2018年 RADWIMPS 『万歳千唱』『正解』 日本の邦ロック界を牽引してゆく大物揃いですね。 あまりメディアに登場しないワンオクが18祭に出た時はかなり話題になっていたような記憶が。 歌詞 公式HPより先行公開されています。 18祭の1000人へのインタビューでも、 「私なんて…」「自信がない…」 といった 内向きの彼ら彼女らが映されていました。 そんなこんなで 誤魔化してばっかで 感情を平均に保った 「最高」称賛して 「最低」見下して 「普通」に身を隠した 周りと比べて感じる 劣等感や 何物にもなれない 自尊感情の低下 に悩みながらも 「自分ってこんなもんだよな」という半ば 諦念して 自分自身を誤魔化してきた。 自分が傷つかないようにするためには 「 普通」という世界にいる必要がある。 大体の事は 把握したつもりで だけど どうしようもないほどに 抗ってしまう そんな 周りのこと、 自分のこと、 将来のことに対して どうであるか、これからどうなるかは大体 予想がついている。 自分の事を諦めているようで、 まだ何か変わるかもしれないと思ってしまう。 それは 若さゆえの向上心、 人生経験が少ないからこそ湧き出てくる感情。 18祭で 最も重要視されているのは このパワーですよね。 泣きながら歌う子・笑顔で歌い上げる子・複雑な表情をしていた子 1000人全員が自分の様々な バックグラウンドを思い返しながら 歌っている姿は こちらも涙を誘われるほど。 マイナスの感情からプラスへ向かって 一気に変えていこうとする 勢いのある歌詞に 青年期の視聴者だけでなく、 幅広い年齢層が 心を打たれたのではないでしょうか。 ちなみに僕 19 はテレビの前でボロッボロに泣いていました…。 皆同年代とは思えないほどに輝いていた。 2番 下を向いていたら 「上向きなさい」って 無理矢理 「頑張らされた」 でも下向きながら 目線だけ上げて 睨む方が 僕らしいや 18祭でもありましたが、 自分を止めに来るのは「 親」や「 友人」 身近な人ほど、自分の事を思って声掛けをしてくれる。 ありがたいし、 実際に上手くいかないからやめた方がいいのかもしれない。 ただ、それは今の自分からすれば 正直に言うと、 鬱陶しいし邪魔だ。 そんな感情を描いている。 誰かに無理矢理励まされて上を向かされて生きていくくらいなら 下を向きながらでも一歩一歩足を引きずって進んでいく。 「顔を上げず、目線だけ上げる」という 反骨精神こそが自分らしい。 僕の哲学は 揺れ続けるだろう それでいいだろう あてもないまま 抗っていこう 色んな感情が湧き上がってくる18歳世代の 青年期。 自分の 価値観・ 信念・ 目標などの自分の中の 哲学はぶれ続ける。 そんな何も定まらない 不安定な自分だとしても これから夢に向かって抗っていこう。 バンドを始めたころは誰も応援してくれず、もはや批判ばっかり。 親も友人も誰も信用してくれなかったし、応援も無かった。 そんな中でこいつら 白井眞輝・磯部寛之 だけはついてきてくれた。 この歌詞にもあるように、何かに向かって進もうと決意すれば、 批判は必ず伴うもの。 そんなものは無視して 後から見返せばいい。 自分を信じて進んでいれば、いつかきっと[ALEXANDROS]のように 応援してくれる、ついてきてくれる人が周りに出来る。 実際に経験してきた彼らだからこそ謳える歌詞は 説得力がある。 言いたい事は直ぐに口に出すべきだ。 あとは前に進んでいくだけ。 そんな想いは18祭の1000人だけではなく、人間全員感じたことがあるはず。 その想いを忘れることなく、次の行動へのパワーに変えて 何時の日か、 あの日追い越せなかった輝きを越えればいい。 実際に1000人を選考する[ALEXANDROS]の姿。 全員で『 philosophy』を作りあげていく様子が 85分間まとめられていた。 台風で1か月延期となったことにより、スケジュールが合わなくなり、 実際に本番にこられなかった1000人の内の数人もいたことも映されていた。 この曲はもちろん歌詞と曲を見て聴くだけでも 勇気を貰え、前を向ける楽曲となっているが、 18祭で1000人と[ALEXANDROS]がシンガロングした 『philosophy』は 言葉で表せないほど素晴らしいものであった。

次の

[Alexandros] Philosophy (18祭Mix) 歌詞

フィロソフィー alexandros

だから!アナタ、だれ!? フィロソフィとは? フィロソフィ フィロソフィーとも 英語:philosophy とは日本語に訳すと 『哲学』の意味です。 では、哲学とは・・・どのような意味でしょうか? こちらも早速、みてゆきましょう! 哲 学 てつがく 1 世界・人生などの根本原理を追求する学問。 古代ギリシャでは学問一般として自然を含む多くの対象を包括していたが、のち諸学が分化・独立することによって、その対象領域が限定されていった。 しかし、知識の体系としての諸学の根底をなすという性格は常に失われない。 認識論・論理学・存在論・倫理学・美学などの領域を含む。 2 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 現代日本社会で使われている「フィロソフィ」も主に2つの意味で使われています。 ビジネスの分野におけるフィロソフィとは? では実際、どのように「フィロソフィ」が使われているのでしょうか? 京セラの創業者 稲盛和夫氏が掲げたフィロソフィ 稲盛和夫氏は 電子工業用セラミックス製造から始めた総合電機メーカーの創始者です。 彼が 「企業理念」を全社員に浸透させるために作った 「京セラフィロソフィ」が、日本のビジネス界において「フィロソフィ」が使われる先駆けとなりました。 経営戦略の上位概念とされる。 例えば、前述の稲盛和夫氏が、経営破たんに追い込まれた日本航空を再建を任された際に作成した 「JALフィロソフィ」は 「企業理念」の基に展開されています。 【JALグループ企業理念】 「全社員の物心両面の幸福を追求する」 一、 お客さまに最高のサービスを提供する。 一、 企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献する。 JALグループは、この 企業理念を普遍的な経営の目的、経営の基本とし、「JALフィロソフィ」の実践を通じてその実現を目指していきます。 つまり、フィロソフィとは 「全員が共有して持つべき意識・価値観・考え方」のことであり、これを実践してゆくことが企業理念の実現に繋がる、と謳っています。 このフィロソフィは経営破たん後の2011年に社内向けに公開され 「手帳」という形で全社員に配布されました。 会社からの指示により、この手帳は 上司から手渡しされ、 定期的に「JALフィロソフィ」の読み合わせの時間を持つことになりました。 このフィロソフィの教育時間を定期的に持つことにより、より 自社の企業理念の理解が深まり、またフィロソフィを実践することにより、社員の意識や行動が変わり、それが会社の採算効率や業績の向上へと結びつく結果となりました。 この「JALフィロソフィ」の成功事例は日本のビジネス界から注目を浴び、賞賛され、他企業がフィロソフィに取り組むきっかけともなったのです。 2 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 ビジネスの分野におけるフィロソフィとは? 「全員が共有して持つべき意識・価値観・考え方」 フィロソフィはどのように社員に浸透していったのか? フィロソフィの教育時間を定期的に持つことにより、より自社の企業理念の理解が深まり、またフィロソフィを実践することにより、社員の意識や行動が変わり、それが会社の採算効率や業績の向上へと結びつく結果となった。

次の

[ALEXANDROS]、「Philosophy(18祭ver.)」配信リリース決定

フィロソフィー alexandros

[Alexandros](アレキサンドロス)の名前の由来は? 結成は2001年で、本格的に始動したのは2007年。 当時のグループ名は、 [Champagne](シャンペイン) シャンペインはフランスシャンパーニュ地方名産のワインシャンパンの事で、ボーカルの川上洋平さんがシリアにいた頃のバンド名で「シャンパンのように音でみんなを酔わせたい」という意味から名付けられたのだとか。 2014年3月28日の初武道館ライブで [Alexandros](アレキサンドロス)に改名発表。 バンド名の改名の理由は、フランスシャンパーニュ地方のワイン生産同業組合日本支部からの使用自粛によるものだったそうです・・・ が、ボーカルの川上氏はこの改名を前向きに捉えて、バンド名が変わったからといって自分たちは変わらない、強いて言えばひとつ成長した、とコメントされています。 慣れ親しんだバンド名の改名にもこのプラス思考! そして、相変わらず俺らは世界一になりたいと思ってそこだけは絶対崩れないように精進します、と言われています。 世界を目指すことはブレずに、何事も前向きに捉えていけるところがいまの活躍にもつながっているのではないでしょうか? これまでに[Champagne]名義で販売されていた作品は[Alexandros]名義で再発売されているようです。 wikipedia. 大学受験はバンドデビューするためにミュージシャンを多く輩出する青山学院大学に進学されました。 在学中のデビューは叶わず、広告代理店の営業をされていたことがあるそうです。 wikipedia. 彼女との破局で落ち込んでいた時期に川上氏に誘われて[Champagne]に加入されました。 かなりのお酒好きであったり、時折「ロイヤルスマイル」と呼ばれる笑顔を見せてくれます(笑) 卒業後、国内メーカーに勤めていて福岡と東京を週末に行き来していたが、バンド活動を優先するために都内の会社に転職されたことがあるそうです。 wikipedia. 2007年に路上ライブをしていた川上氏と当時のメンバーに偶然再会して、[Champagne]にギタリストとして加入。 趣味はお菓子作り。 デビュー前は、事務職でデスクワークをされていて、運搬もしていたことがあるのだとか。 wikipedia. ツアー終了後の2010年4月1日に正式加入されました。 加入前はショップ店員をされていたそうで、自宅には1000着を超える服をお持ちだそうです。 シンバルを非常に高い位置でドラミングするのが特徴的でファンも多かったが、2019年6月に 「局所性ジストニア」の診断を受けて活動休止。 今日はいろんなことがある日だなぁ。 サトヤス君の気持ちを想うとこみ上げるものがある。 今妊婦でドラムセーブしてるだけで結構辛いのに、本当に本当に大変で辛い想いを経験してその上でのポジティブな決断に頭が下がる。 これからも応援します。 才能豊かなサトヤスさんなので今後も違うかたちで活躍してもらいたいです! まとめ [Alexandros]はCM曲の「ワタリドリ」や18祭フェスの「Philosophy」が有名ですが、2020年5月にデビュー10周年企画のひとつとしてベストアルバムが発売されます!今年10周年を迎えた彼らがどんな面白い企画をされるかとても楽しみです!!.

次の